« 「オカン楽しそうやな」 | Main | アダレバエのマクワウリ »

2006.08.30

「鷹勇 濁り酒」大谷酒造

2006830takaisami純米酒が飲みたくて、一升瓶を開けてしまいました。うちに届いてから、数ヶ月(?)常温で置いてたもの。

フタに穴が開いてるんですが、ぜんぜん吹きませんでした。

初日、上澄みみたいな感じを飲むと苦味が強く、うまいとはいえなかったのに、翌日になると、丸い甘みが出てきました。もろもろとしたものも、味があっていいなあ。冷やしもせず、燗もせず、常温で飲みました。

|

« 「オカン楽しそうやな」 | Main | アダレバエのマクワウリ »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

 このお酒、私も昨冬に頂きました。
 少々硬いかも?と思いつつ、喉越しは良いので開けて一晩で半分飲んでしまいました。
 濁り酒、最高っす!!

Posted by: ごんた | 2006.08.30 at 09:48 PM

>ごんたさん

 おおー。
 もっとできたてを飲まれたんですね。
 もう、かなり熟してますよ~。
 たぶん4日で飲んでしまうと思います。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.08.31 at 01:47 AM

生だよ、それ。
あひるさんの家に火落ち菌がいなくて良かったね。
しかし、これの常温保管は夏場は止めたほうが良いですよ。

Posted by: 煮酒 | 2006.08.31 at 04:52 PM

>煮酒どん

 ええええーっ、ほんまにぃぃーー!?
 知らなかったぁーー!

 何ともなくてよかった……。
 おいしく飲んでます。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.08.31 at 05:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「オカン楽しそうやな」 | Main | アダレバエのマクワウリ »