« 上原酒造初呑み切り | Main | 上原酒造でコレ買いました »

2006.08.07

カバタ

上原酒造の初呑み切りから、引き上げる前にお酒を購入。パンチさんを先頭に、駅ふたつ南の、ふぁみりーレストランひろせ すし正さんで飲むためです。

すると、ちょうど上原酒造のお母様がカバタで野菜を洗っておられました。

200686uhastunomikiri5uri
自噴する冷たい水で冷やされるトマトとマクワウリ。なんておいしそうなんでしょう。

200686uhastunomikiri4kabata
お母様が丹精こめて育てられた自信作のトマト、切ったものを頂きました。健康的な夏の味が口いっぱいに。しみじみうまい。マクワウリは買ってきたとのことですが、これも、甘すぎなくておいしく、あいさつもできないくらい口いっぱいにほおばってしまいました。

カバタの夏の味。

ありがとうございます。

|

« 上原酒造初呑み切り | Main | 上原酒造でコレ買いました »

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

 「カバタ」の4段(所により5段)活用、真直で拝見できて、とてもうずうず(?)
 取水口からの清涼度で、用途が違う。よく出来たシステムですよ~。
 トマト、まくわ、とても美味しかったぁ~。

Posted by: ごんた | 2006.08.10 at 12:58 AM

>ごんたさん

 なんですか、4段活用って。
 教えてください!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.08.10 at 01:32 AM

 地下水の取水口から、

  飲用水→冷やし水→洗い水→鯉の泳ぐ小川へ

 という、かばたの水の利用目的別のプロセスを、「4段活用」という言葉で端的に表現してみたのです。
 上原さんの所でも、取水口からまず先に落ちるのは、仕込水を抜くポンプを置いたたらいでした。そこから樋を伝って、トマト・まくわ・薬缶を冷やしてある盥へ、溢れた水は、その下の洗い場へ。洗い場の先には、道端に見られたような小川へ流れるようになってて、生ゴミやらは、ここに住む鯉やフナなどが食べてくれる。
 えぇ~なぁ~、完璧な循環リサイクルシステムじゃないかぁ~。

Posted by: ごんた | 2006.08.10 at 11:29 PM

>ごんたさん

 なるほど、そういう使い方のことだったんですね!

 琵琶湖博物館に、
 民家を移築してきた展示がありますが、
 まさにカバタがあって、
 生きた鯉が泳いでいますが、
 その働きをしているんですね。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.08.11 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 上原酒造初呑み切り | Main | 上原酒造でコレ買いました »