« 「かっぱ」「扶桑鶴」 | Main | 夏の終わりのポトフ »

2006.09.02

地酒BAR膳で熟成生三昧

ゆうべの続き。魚紳さんを出て、今度はパンチさんのお店へ。歩いてすぐの近さです。姉御ご一行も途中から合流。カウンター一列、全員女子~(笑)。

2006917panch
絵になる! パンチラベル。「春乃峰」純米生5年熟成。うま~い!

パンチさんは、「白ワインっぽいから、これが合うだろう」と、生ハムを出してくださいました♪

確かに、香りが干しぶどう系。甘さもまるでドイツの白ワインのようであいました! ひやのほうが、よりおいしく感じました。

2006918okuharima
「奥播磨」10BYかな。これは、香りも比較的控えめで、私でもOK。

2006919taturiki
「龍力」の「美酔香泉」。まったりした甘さが特徴。しずく酒なんですが、かなり熟成してて、軽さはどこにもない。

20069110okuharima
「奥播磨」袋しぼり。

20069111aoitenka
出た~!「葵天下」。このラベル、銀色に横線のような模様が入ってますが、実は腐食してできたもの。それだけ古いってことを表しているんですよ。これぞ、まったりとした味わい。

20069112yasubee
「忠臣蔵 安兵衛」。これは初めてです。

20069113sayogoromo
「小夜衣」斗びん囲い。これ、おいしかった!

20069114humei
ラベルが光ってて見えません。何だっけ?

20069115syosetu
「正雪」これも静岡でした。

うーん、どれがどうってほとんど覚えてないっ! 楽しかったし、生の熟成酒をひやと絶妙な燗でおいしく頂いたことだけは確かです。パンチさん、ありがとうございました!!


▼地酒BAR膳

|

« 「かっぱ」「扶桑鶴」 | Main | 夏の終わりのポトフ »

お店」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

う、うらやましいぃ
私、399円のワイン。悪酔いしまっす。

えぇーい もっと働け。儲けるんだ。と自らを鞭打ち。

おいしいお酒のためなら、元気でそうで~す。

Posted by: やばばあ | 2006.09.03 at 02:16 AM

>やばばあさん

 うーん、そういう時期もある、ってことで。
 また美味しいお酒を飲めるよう
 ファイトです~!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.09.03 at 11:17 AM

中魔女様ありがとうございました。
まだまだ飲んでいただきたいお酒が沢山あります、今度ご来店の時にはもっと唸っていただきます。

Posted by: パンチ | 2006.09.03 at 06:08 PM

>パンチさま

 また、次回も楽しみです!
 お世話になります!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.09.04 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「かっぱ」「扶桑鶴」 | Main | 夏の終わりのポトフ »