« 10/22「弁天娘」を味わう会(蔵朱) 料理編 | Main | 10/23 吉田酒造蔵訪問 »

2006.10.31

10/22「弁天娘」を味わう会(蔵朱) お酒編

10/22「弁天娘」を味わう会(蔵朱) お酒編です。もうお蔵にもないお酒も!

20061022m2musume_1

マック次郎さんが、ご自分で寝かせてたり、開封して常温で熟成させていたりした娘たち。

にごりが一番印象的でした。ひやで飲んだときと、燗をしたときの表情の違いには驚き! すごくバランスがよくなって思わず「うまっ!」と飲む人ごとに叫ぶのでした。まるで、スッピンの女の子が化粧後、ベッピンになってしまったみたい。……ちょっと例えが違うかな~。でも、決してケバくないんです。ハデでもない、よーく見ると美人って感じ。そしてどこにいても孤立せず、周囲とうまくやってゆける子。

これって私にとっての「弁天娘」の印象そのものかもしれません。ひやで飲んだときは、「え?」と思うくらい薄っぺらに感じたのに、燗をするとバランスがよくなってふくらみ、なにか食べたくなる!そんなお酒。

なにか食べて完結する酒です。特にシカ肉なんかいいな。野性味ある肉の鍋なんかいいだろうなあ。

あ、無ろ過生原酒の「槽汲」だけは印象が違って、酒だけで飲める酒でしたわ。燗もよかった。

会では、マック次郎さんが一生懸命燗をつけてくれはって、私たちは矢継ぎ早に「これ燗して!」と発注ばかり。なんて幸せだったことでしょう。とっくりの首に数字を点けてあるので、間違いようがありません。これはいいですね。使おう(笑)。ありがとうございます。

20061022m11tojishacho
蔵元さんも、杜氏さんも飾らず気負わず、自然体そのもののお話を伺うことができ、ファンになってしまいました。お蔵に伺いたい! 周囲のみんな、蔵見学希望者となりました。行きます!(行方不明者も探しに行こう)

ふう、やっと画像をUPすることができました。蔵元さん杜氏さん、マック次郎さん(こちらのブログにお酒一覧あり)蔵朱さん、会ご参加の皆さんありがとうございました。主催者の最高の笑顔をUPできないのが残念です。

|

« 10/22「弁天娘」を味わう会(蔵朱) 料理編 | Main | 10/23 吉田酒造蔵訪問 »

イベント」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

とても楽しそうな会でしたね。
僕も是非行きたかったです。

弁天娘の濁りはさらむむさんで呑んだことがあります。
冷やで飲んだときはそう感じなかったのに、燗にしたとたんに味わいがガラッと変わったのには驚きでした。

正直 え・え・え・え・エーッ!!ていう感じ。
それほど、あの味わいに惚れましたね。

Posted by: マーキー | 2006.10.31 at 11:03 PM

>マーキーさん

 でしょでしょ?
 わかっていただけますよね。

 なんであんなに変身するんでしょうね?
 とってもおいしかった~。
 あれを燗しないで飲んでしまった人は
 気の毒。

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.11.01 at 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 10/22「弁天娘」を味わう会(蔵朱) 料理編 | Main | 10/23 吉田酒造蔵訪問 »