« 10/27 お疲れ様会(辻一) | Main | オープンセサミでランチ »

2006.11.02

「琵琶の長寿」「花嵐」「大七」

10/27、姉御とFさんへのお疲れ様のお酒として、語る∞学芸員さんの冷蔵庫から「琵琶の長寿」ラベル無しと「花嵐」2004年生原酒が。私は「大七」自然酒生もと1992年 500ml(1890円)を。

「琵琶の長寿」は、2年チルドルーム保管。これ、おいしいお酒でした。全然へたってない太さがありました。

「花嵐」も2年目の酒です。上品に熟成していてはかない甘さ。おいしい~。


「大七」は、すごい酒でした。16年熟成、全く老(ひ)ねてない。穏やかな歳のとり方をしています。酸と甘さが何ともいえない。夏のカンカン照りではない、小春日和の日差しのように心地よく穏やかな甘さ。もちろん、燗をしても熱燗からぬる燗、燗ざまし、どれもうまい。バランスが崩れません。全然、びくともしない安定感がありました。このお酒については、みんな、意見が一致しました。「うまい」。

あー、こんなお酒を飲むことができて幸せ~。

「16年経ってる!腐ってるんじゃない?」「黄色いし、変質してるよ」なーんて、わざと冗談で言ってる人がいましたが。(笑)

今回、この3種類とも、美味く熟成したお酒でした。新酒もええけど、熟成酒はたまりまへんな~。

|

« 10/27 お疲れ様会(辻一) | Main | オープンセサミでランチ »

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 10/27 お疲れ様会(辻一) | Main | オープンセサミでランチ »