« 町家まちなか萬塾「近江酒蔵めぐりの魅力」のお知らせ | Main | 旬・炭火焼 んまい »

2006.11.07

11/4 吉田酒造 雪月花の会 霜月 酒・料理編

11/4 吉田酒造 雪月花の会 霜月 酒・料理編です。

2006114s6sakiduke
前回は、桜尽くしだったお膳。今回は紅葉尽くしでした。花冷え・フルートグラスの「雪花(せっか)」斗ビン取り発泡性オリ酒2006年が食前酒です。先付は、鮒寿司のともあえ。鮒寿司を小さく切ったものと、飯(いい)がいっしょにあえてあります。ここの鮒寿司、酸味も香りも食べやすいマイルドタイプ。腐りもの系というイメージがありません。

2006114s7sakiduke
前菜は ごり山椒、鴨山吹、栗渋川煮、手長海老、サーモンロール、鴨ロース、鮒寿司寒露漬け。お酒は「竹生嶋」本醸造原酒2006年を、常温・きき猪口で。

2006114s8kabura
御椀:鯛蕪。お酒は「竹生嶋」純米大吟醸2004年を日向燗。ワイングラスで。

2006114s9sasimi
造里:鮪と鯛。お酒は金紋「竹生嶋」本醸造をぬる燗・昭和40年代風グラスで。

2006114s92agemono
油物:甘鯛いりだし。お酒は「吟花(ぎんか)」純米吟醸生原酒2006年を日向燗・ブランデーグラスで。

2006114s10kaki_1酢の物:柿釜。お酒は「雪花」ひやおろしを日向燗・ワイングラスで。

2006114s11dobin
蒸し物:マツタケの土瓶蒸し。

2006114s12moroko
焼肴:本もろこ。御酒は「竹生嶋」特別本醸造からくちを、あつ燗・お銚子で。

2006114s13hunadusi
御飯:鮒寿司茶漬け。お茶と香の物も。

2006114s14mizugasi
水物:ラ・フランスとブドウ。食後酒は「鬱金(うこん)」常温熟成純米大吟醸1996年。

全て、燗温度もお酒全部、サービスは吉田専務さん自ら。温度が絶妙で、グラスの効果も実感しました。日向燗されたお酒の香りの逃げないワイングラス。同じお酒を買って自宅で飲んでいても、普段飲んだことのない味わいでしたよ!

すみません、後ろめたいくらいおいしくて幸せでした。ありがとうございます。

▼雪月花の会・第一部 笛観賞編はこちら

|

« 町家まちなか萬塾「近江酒蔵めぐりの魅力」のお知らせ | Main | 旬・炭火焼 んまい »

イベント」カテゴリの記事

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

うわ~っ!!美味しそうですねぇ、お食事もお酒も…。
この時期はスイッチが切り替わっていて、ウチにお酒がある今でも、誘惑にかられることはないのです。が、さすがにこれは羨ましい…次の機会には、是非!

Posted by: inugao | 2006.11.07 at 07:38 PM

>inugaoさん

 ほんと、個展準備で忙しいinugaoさんには
 目の毒ですね~。
 すまん!

 また次回に!!

Posted by: あひる@滋賀 | 2006.11.07 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 町家まちなか萬塾「近江酒蔵めぐりの魅力」のお知らせ | Main | 旬・炭火焼 んまい »