« ツワブキの花 | Main | 毎日新聞しが「湖国の人たち」 »

2006.11.10

ピヨ彦抱っこプロジェクト

ピヨ彦が卵を抱いている時は、手でさわれる、と飼い主さんから教えてもらいました。巣に座っているときしかさわれないので、その時がピヨ彦を抱っこするチャンスです。

20061030uko1su
「今座っている」という連絡をもらって駆けつけると、確かに座っていました。↑は白ウコッケイさんたち。この隣の小屋でピヨ彦も座っていたのです。小屋に半分入り込んで、「せーの」と手を伸ばそうと思った瞬間、ピヨ彦は私の肩を飛び越えて外へ逃げてしまいました。

20061030uko3piyo
巣に卵はありませんでした。外に出てほかのウコッケイといっしょにエサを食べるピヨ彦。「あー、もう座ってるの飽きてたのよね~」みたいな感じ。文字通り、羽を伸ばしてましたよ。

20061030uko4piyo
ずいぶんピヨ彦も母鶏らしい体型になってきました。

20061030uko2sinchan
手土産のミルワーム缶、最後の最後までつついていたのは、ピヨ父シンちゃん。頭の羽毛がえらくさびしくなってイメージが変わってました。シンちゃんくらい馴れたらいいのになあ、ピヨ彦も。

というわけで、ピヨ彦抱っこプロジェクト、略してピヨプロ、続きます。抱けるのか?

|

« ツワブキの花 | Main | 毎日新聞しが「湖国の人たち」 »

トリさん」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ツワブキの花 | Main | 毎日新聞しが「湖国の人たち」 »