« 馬刺し  | Main | 能登川の水車 »

2006.12.02

猫又作品展(能登川博物館)

2006122neko0notogawa
今日は、東近江市の能登川博物館に行ってきました。

2006122neko1kanban
猫又作品展の取材です。猫又さんとは、滋賀県立埋蔵物文化センターの職員でいらしゃった、顔出し看板を9枚作成されているMさんのこと。

2006122neko2zentai
昨年夏、センターに顔出し看板について取材に伺ったとき教えていただき、Mさんに直接連絡を取ろうとしたのですが、携帯は全く通じず。1年後、再チャレンジしたのですが、その時既にMさんは鬼籍の方となっておられたのです……。

2006122neko3yakimono
取材の折、仏画を書かれているというお話は伺っていたのですが、今回の展示会を見ると陶芸や木工、絵画など、多彩な作品群に驚きました。

2006122neko4usagijpg
これは木彫りのウサギです。思わずさわりたくなるぬくもりのある作品です。

2006122neko5usagijpg
今日は、奥様もいらっしゃっていて、Mさんについてのお話を伺うことができました。

2006122neko6isu
木彫りのイス。

奥様のお話で、顔出し看板は金剛綸寺(こんごうりんじ)に隣接する、愛荘町立の歴史博物館に2枚設置されていることが判明!

2006122neko7neko
さっそくJRで湖東三山を回るバスに乗ろうと、稲枝駅で降りました。しかし、土日祝は運休、タクシー片道3600円……。出直すことに。

2006122neko8neko
また、改めて取材に伺うことにして帰宅しました。

2006122neko9momo
これは漢詩の額。擬人化された動物が楽しい。

2006122neko11usagi
ウサギの陶器の置物。なんともいえず、存在感のあるウサギです。

もっと、必死でアポを取っておけば……悔やんでももう取りかえしがつきません。残念でなりません。

顔出し看板の本ができあがったら、Mさんの墓前かお仏壇にお供えに伺おうと思いました。


「猫又作品展」
明日2006年12月3日(日)まで開催中。
場所:滋賀県東近江市 能登川博物館
電話:0748-42-6761
http://www.town.notogawa.shiga.jp/

|

« 馬刺し  | Main | 能登川の水車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 馬刺し  | Main | 能登川の水車 »