« 1/22「龍力」蔵見学1 | Main | 椎名師匠一門の会 »

2007.02.03

1/22「龍力」蔵見学2 きき酒編

蔵を一通り見せて頂いたあとは、事務所のビルの一番上の見学用の部屋に戻り、きき酒をさせていただきました。

2007123t10tana
まるで酒屋さんみたいなすごい冷蔵庫!

2007123t11haki
団体さんもOK! 流れる「吐き」。しかし、使ったのは本田さんだけで、見学のうちら4人、誰も吐く人はいなかった……(笑)。

2007123t12kome4
これこれ! これぞ「龍力」らしさがよく出ているシリーズだと思う。特別純米、氷温熟成、無ろ過生原酒、酵母は9号系。去年のもの。米違いで、あとのスペックは同じなんです。江戸魔女さんによると、搾りたてのときからすると、かなり変化しているとのこと。時間の経過も楽しめます。米によって全然違うので、4種類比べるとすごーくおもしろいです!

「山田錦」あっさり、一番クセがなくて「うまい」「飲みやすい」。新酒の頃は、まだ若くてここまで味がのってなかったそう。熟成に時間がかかるんですね、「山田錦」は。
「神力」1年経ったところだというのに熟成が早くてびっくり。カラメル系の印象。当初日本酒度プラスマイナスゼロだったそう。
「山田穂」甘い香り。味があっても余韻が少なくキレる。
「雄町」カラメル系の香り。辛口+5。こってりしているのに、後口がだんだん辛くなってきた。

で、私はこの中の「雄町」と「山田穂」を買いました。やっぱ、全部買うべきでした。今になって後悔。

2007123t13sake
「米のささやき」生 酒蔵の春 酸味を感じます。吟醸香高し。うう、私の苦手なタイプぎりぎりでした。
「山田錦」しぼりたて生 ワインの香り。味の印象もフレッシュな白ワインっぽい。私は好みで、これも購入。ただ、グラスに飲み残しを置いてたのを飲むと、気が抜けていました。たった20分くらいの間に。なぜ?
「純米 しぼりたて」特別純米 五百万石 くっきり濃い味。
「蔵出し新酒」特別本醸造 五百万石  

2007123t14gion
「祇園」生もと 2002年 アルコール度19-20度 精米歩合92% これ、不思議な酒です。味はアミノ酸を感じました。味が多すぎるので、本田さんは割り水したらいいとおっしゃっていましたが……。何にあわせて飲むのかなあ。

そして左側のラベルなしは、本田さんのお酒! 大吟醸、酵母はヒミツ、吟醸香がすごくて、私はダメでしたが、江戸魔女は嫌いじゃないとのことでした。

2007123t15allkoji
3年以上経った全麹のお酒。これは、オリびきしてないのと、したのを比べさせていただけました。オリびきしてないのは、底に黒いオリが沈殿してて、フルーツ系の甘ったるい印象。ところがオリびきしたもののほうは、隠れていた酸が出てきてキリリと引き締まった印象なのです。こっちは私の大好きなタイプ。この二つ、同じ酒だというのですから驚きました。オリびきがこんなに大きく味を変えるとは。

本田さんは、麹番明けの睡眠不足なのに、長時間私たちにおつきあいしてくださり、熱心に説明してくださいました。最後に、ボトルの携帯ストラップまでお土産に頂いてしまいました。本当にありがとうございました。

帰りの網干駅キオスクで、龍力のカップ酒もゲット。電車の中ではちくわをかじりつつ、ビールを飲むオヤジテイストな江戸魔女と私でした~。あ~、楽しかった♪

|

« 1/22「龍力」蔵見学1 | Main | 椎名師匠一門の会 »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1/22「龍力」蔵見学1 | Main | 椎名師匠一門の会 »