« 「琵琶の長寿 蔵人」生原酒 | Main | 『鋼の錬金術師』8-15 »

2007.02.16

飛び鉋の杯

 これ、inugaoさんから頂いた、飛び鉋(かんな)模様の杯です。

2007215tobi
北九州の、小鹿田焼(おんたやき)だったか、小石原(こいしばる)焼だったか。inugaoさん思い出の品を頂いたのです。

飲んでみると、手に焼き物の重みが感じられて「琵琶の長寿 蔵人」の味わいが深まりました。錫とは違う、土の重さです。しみじみ飲む夜にうれしい杯です。

inugaoさんありがとうございました! 


いつか、焼き物の里に行ってみたくなりました。

|

« 「琵琶の長寿 蔵人」生原酒 | Main | 『鋼の錬金術師』8-15 »

」カテゴリの記事

Comments

あ~、どっちなんだろう。
良い器ですよね~。
見るだけで掌で包んだ感じが思い浮かんでしまいます。

Posted by: じゅんちゃん | 2007.02.16 at 06:51 AM

>じゅんちゃん

 そうなんです、
 持った感じを楽しんでいます。

 確か、おんたやきのほうだったはず……。

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.02.16 at 09:09 AM

はい、小鹿田(おんた)焼が正解!です。
バーナード・リーチはんも愛したこちら、とのこと。
お気にいっていただけたようで、うれしいで~す♪

あの辺りは自転車で走るといいですよ。
(今も変わらないかはわかりませんが…)
ま、ワタシはあひるさんにお話したとおり、こちらではハプニング&、へたれなツーリング、でしたが(汗;)

Posted by: inugao | 2007.02.17 at 09:02 PM

>inugaoさん

 ありがとうございます!

 やはり、おんたやきでしたか。

 この素朴な味わいが大好きです。
 ほんと、できればチャリで行ってみたいですねえ。

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.02.17 at 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「琵琶の長寿 蔵人」生原酒 | Main | 『鋼の錬金術師』8-15 »