« オオイヌノフグリとハテナ | Main | 本日の琵琶湖 »

2007.02.23

和知

ゆうべは久々~に笛のお稽古でした。お稽古はなんとかカンを取り戻せて、充実感とともに終わりました。そして、アフターお稽古も楽しみのひとつ。今回は師匠を誘って和知さんへ。

やっとやっと、和知さんに伺うことができました! 何年ぶりでしょう~(涙)。

2007222wachi1
まずは「ハートランド」生ビールと、お通し。これ、おいしかった! マグロ?か何か魚の切り身を霜降りにして、玉ねぎのスライスと酢の物にしてあったんです。これ食べたら、「料理食べたい!」と食欲を刺激されちゃって、メニュー表を手にとってしまいましたよ。

2007222wachi2kusi
選んだのは、炭火焼きセット1200円。串5本とサラダと料理1品と生ビール1杯のセットです。

まず玉ねぎスライスのサラダと鶏のムネとレバーと皮の串焼き。ムネは、霜降りで、中はレア。ほんの少しワサビもつけてあって、最高! 口いっぱいの幸せです~。

もう一本のほうは、私はレバー。師匠は皮でした。串の内容はお任せなのですが、苦手なものを伝えれば、ちゃんと対応していただけるのです。この細やかさがうれしい!

2007222wachi3kusi
つくね、もも、砂肝。どれもボリュームがあって新鮮でうま~い!

2007222wachi4suji_1
牛スジ煮込み。もうほろほろほぐれる柔らかさ! 下の豆腐も味が染みておいしい!

2007222wachisake1huyu酒は岡山の嘉美心の「冬の月」。酵母が白桃というところにそそられました。味わいも香りもフルーティで、繊細。食中酒、燗には向かない。少なくとも焼き鳥には合いませんでした。食前酒として、酒だけで飲むほうがいいですね。日本酒をあまり飲んだことのない女性向け、なのか?

2007222wachisake2huyu


2007222wachisake3mie師匠が選んだお酒は「三重錦」の、「八反錦」のにごりでした。オリがらみでおいしい。炭酸味は感じませんでした。カルピスみたいな風味だったかなあ……。

2007222wachisake4momo
雨後の月の「桃色にごり」。色がとってもキレイなピンク色です。上品なのでお雛様の白酒みたいなイメージで飲んでみると、もっと酸っぱい、すっきりしすぎていました。うーん、もっと甘くて酸っぱい普通の味が飲みたかった……。

串焼きは炭火の香りがほのかに。すごくおいしくて、大満足! これだけ食べて飲んで一人2500円! ありがとうございました!

焙りもの燻りもの 和知 (わち) 
京都市中京区高倉通四条上ル帯屋町571 さたけビル 4F
075-212-6342 
   

|

« オオイヌノフグリとハテナ | Main | 本日の琵琶湖 »

お店」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

私も和知さんに顔出さないとなあ・・・と思いつつ・・・(。。; です。(最近、和知のマスターとはお店の外で逢う方が多いかも)(汗)

岡山の嘉美心の「冬の月」・・・私も去年だったかおととしだったか失念ですが、和知さんで呑みました。
味は覚えてないんですけど、ラベルが印象的で覚えています。(笑)

「三重錦」も結構好き。 ^-^

でも、「桃色錦」は呑んだことがありません。
どんな味なんでしょ?
興味シンシン・・・。
見ようによっては、子供の頃に呑んだお薬の色。(笑)

Posted by: はんな | 2007.02.23 at 08:28 PM

>はんなさん

 あっ、そういえば
 はんなさんのブログで「冬の月」の写真が載せてありましたね! 思い出した!
 
 マスターのお話では
 昨年のほうが白桃らしかったそうですよ。
 
 おいしい、けど、自分の好みは
 もっと太っい酒なんだと再確認(笑)。

 桃色にごりはね、
 スッキリしててニゴリらしさがあまり感じられないです。
 見た目のシロップっぽさからは想像できませんよ。

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.02.24 at 02:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オオイヌノフグリとハテナ | Main | 本日の琵琶湖 »