« April 2007 | Main | June 2007 »

2007.05.31

「秋鹿」千秋(せんしゅう)純米酒

 「秋鹿(あきしか)」の人気ワンカップ、通称「バンビカップ」に入っているのと同じお酒だそうです。

2007527akisika
 アミノ酸たーっぷりの鯖のなれ寿司にあわせると、ちょうどよい熟成ぐあいでした。
 すこーし、色がついています。
 
 これだと一升瓶で買っておいても、そう変化しないで置いておけそうな味でした。
 お値段もお手ごろだし、晩酌にぴったりだわ~。なんでもあいそうなお酒。

| | Comments (0)

野口整体 初体験


 マイミクsallyちゃんちで 先日
 野口整体の先生に指導していただき、
 初めて、野口整体というものを体験しました。
 6人くらいで集まって。

 整体って、
 骨をボキボキいわせるイメージを持っていましたが
 全然違うタイプ。

 ツボ(というのかな)に手を当てて
 呼吸を深くして、自分の体が求めるままに動かすというもの。
 自分のもともと持っている自然治癒の力を引き出すのだそうです。

 最初は、
 呼吸をしました。

 それから仰向けに寝転んで
 足の中指と薬指の間のツボに指をあててもらい、
 「体を開いていく」というのを体験しました。

 片方の足だけしてもらったあとで
 立ってみると、
 片っ方だけがリラックスしていて
 まだのほうが緊張しているのがわかりました。

 おもしろかったのは、
 腰の後ろのツボ。
 
 正座した状態で、後ろから
 sallyちゃんにツボに手を当ててもらって、
 息を合わせて呼吸を深めていくうちに
 自然に体を動かしたくなりました。

 気持ちいい動きを自分の体が勝手に探していきました。

 私は左肩が、上がりにくいのですが
 深呼吸をしながら肩を開き、
 息を吐きながらお辞儀ポーズという繰り返し、
 その左肩が痛気持ちいい運動をしていました。

 「もうええわ」と思ったら
 自然に動きを止めて
 頭は覚醒しているのに
 体は眠っている感じの呼吸をしていました。

 あんなに深く呼吸ができるなんて
 不思議。
 過呼吸にもならないし。

 眠くてあくび連発でした。

 とってもゆったりした時間でした。
 指導してくださった先生と、
 皆さんに感謝です!!

| | Comments (0)

マグロの山掛けソバよもぎ風味

 先日、sallyちゃんちで整体体験しながら
 お昼ごはんもみんなでいっしょに頂きました。

 あとからよんちゃんが
 伊吹蕎麦のヨモギ味に、
 マグロの山掛け風豪快盛りと、
 大きな焼きガンモ、
 ゆでスナップエンドウを足してくれました。
 豪華!
2007528soba
 最初の素麺のメインのおかずは
 朽木のサバのへしこ&なれ寿司♪

 へしこは、塩が効いてて
 かなりコナレタ味でした。
 
 あたりには、
 醗酵食独特のディープな香りがただよい、
 その後の整体で深呼吸するたび、
 ムネ一杯にへしこの香りを吸い込む私でした。

 しあわせ~♪

 よんちゃん、ありがとうございました!
 みなさん、ごちそうさまでした!

| | Comments (0)

サーターアンダギー

サーターアンダギー
仕事行って準備していると、「あひるさん、ぼく作ったんです。どうぞ!」といただいた、お菓子。

黒糖味とプレーンがあって私は黒糖味が当たりました。

それがおいしいの!

若い女の子と「料理できる男子ってポイント高いよね〜!」と言いつつ。ご馳走さまでした!

| | Comments (0)

2007.05.28

朽木の鯖のなれ寿司

朝市で仕入れたサバのなれずし、

今夜は「不老泉」大古酒燗と。

サバのなれずしの味の濃いこと!

アミノ酸の塊です。

2007527saba
そして食べ過ぎてしまいました。うう、頭全部スライスできるくらい柔らかいのです。

3切れくらいで十分ですね!

酒ももっと若くてもよかったですね!

2007527saba1
1匹1300円くらいでした。

| | Comments (2)

2007.05.26

チーズソムリエ和泉由加里さんセレクトイタリアのチーズ

 小川酒店から、チーズの予約販売のお知らせが

 見てるとおいしそうで、がまんできない~。
 注文しちゃおっと♪

| | Comments (0)

2007.05.25

「かにゴールキーパー 」

 今更ですが、
 映画「かにゴールキーパー」見ました。

 ううう、たまらんセンス。

 どこか少林サッカーに通じるものが……。

 熱い!
 最後は自分も思わず「かにー!」と叫んで
 ばんざいしてました!!

 しかしこれから
 かに味噌食べられなくなりそう!


| | Comments (0)

オープンセサミでランチ


 えへへ、ヘロヘロで
 腰もちょっぴり痛いなと思いつつ
 オーガニックデリ・オープンセサミさんへ。

 おいしいランチで元気になるのだ。
2007524o
 カウンターの中には
 久々にオーナーのクラリセージさんの笑顔!

 おおー!
 このお店には やっぱり彼女がいないとね。

| | Comments (0)

笛の器と「山笑ふ」其の弐

 この前、inugaoさんから岐阜のお土産とともに頂いた、骨董のお煎茶茶碗です。

2007524hue
 よく見ると、お囃子が描かれています。笛を吹く人もいて、それで私に「どう見てもお猪口でしょ?」、と下さったのです。かわいいイラスト。

 お酒を入れてみました。「山笑ふ」其の弐です。
 古酒なので琥珀色がきれい。
2007525hue2
 inugaoさんありがとうございました!
 お酒がおいしくいただけます! これで飲めば、口に運ぶたびに「笛も練習しなくちゃ」、と思いますね。


| | Comments (0)

2007.05.24

池本酒造の田んぼと酒

 池本酒造さんで
 今年は田んぼから関わってお酒までの、
 一般消費者の参加を募っておられます。

 田んぼには、マック次郎さんとこでも
 野良師さんとこでも
 去年少しだけ参加させてもらって楽しみました。

 今年は池本さんとこにも行ってみることにしました。

 一口15000円、
 田植え、草取り、稲刈りに参加し、
 そして酒造りの場面を見学できます。

 っていうか、
 ついている4合10本の酒につられたのでした……

| | Comments (0)

おうちでベーグルサンド

 天然酵母パンのあるくさんで買ったベーグルサンド
 忘れられず、うちで作ってみました。

 朝市で買って来たサースフェーさんのプレーンベーグルを
 半分に切ってトーストし、バターを塗る。

 ハムをそれぞれの半分に載せる。
 それでフレシュトマトスライスと
 オープンセサミで買って来たグラッセレタスを挟む。
2007524b
 味付けは、なし。

 ミルクたっぷりのコーヒーといっしょに。

 誰も見てないから、
 遠慮なくかぶりつく。

 口いっぱいにベーグルと具。
 歯ごたえ満点で、最後まで食べてしまう頃には
 おなかもいっぱいに。

 はあー、幸せ。


| | Comments (0)

「日置桜 山笑ふ」其の弐

2007524yamawarafu 古酒豊含 燗あがり純米酒

 と、ラベルに書いてあります。

 5BYと16BYの古酒を25:75でブレンドしてあります。
 米は「玉栄」と「山田錦」、
 酵母はどちらも9号。
 精白歩合は平均で56%。
 限定330本。


 色は琥珀色、 味はうまみ豊かな古酒のまろやかさ。
 
 ひやで丸く、 燗したら逆に酸が前に出てきて 少しとんがった感じに思えました。

 気取らない普段のご飯といっしょに飲みたい 食中酒ですね~。
 油っこいおかずでもどんと来い!

 って言いつつ、ゆうべはひやで ついつい飲み過ぎました。

| | Comments (6)

白熊とホットコーヒー


 真夏でも、カキ氷カップを1個、
 全部食べるとおなかをこわしてしまいます。
 だからカキ氷カップには手を出しません。

 でも、でも、白熊のカップは別!
 食べたいときは、必ず
 熱々のホットコーヒーをマグカップに並々と注ぎます。

 それと交互に白熊を食べればおなかも大丈夫。
 ああ、白熊
 そこまでしてでも食べたい♪

| | Comments (0)

『ライラの冒険』公式HP


 ファンタジーの大作『黄金の羅針盤』が映画化!

 3部構成なので、これも『指輪物語』のように
 3本で完結するのかも……。
 魔女もフツーに箒に乗って空を飛んで出てくるしなあ。
 
 1部読んで、おなか一杯になって
 あとの2部は読んでません(笑)。


 ライラという少女の冒険物語で、
 相棒に不思議な生物が出てきます。

 姿形が変化する生き物で、
 子ども一人に一匹、いっしょに成長するんだったと思います。

 その中に、フェレットか、アーミン(オコジョ)みたいなのが
 出てきたことは覚えています。

 あれも映像化されるんだったら、
 見ないとですね。(結局いたちかよ!!)

 ▼『ライラの冒険』公式HP
 

| | Comments (0)

楽しかった!朝市

 2ヶ月とんでの参加になった朝市、
 すごーく楽しかったです。

 常連の皆さま、
 ほんまにありがとうございました。

 皆さんのお顔をみられて、
 お話できて、楽しかったです。
2007520asaici3

 『カオダス』もお買い上げありがとうございました!!

 肌寒いくらいの風に吹かれつつ、
 「竹生嶋」菌紋ちゃう、金紋の熱燗と
 inugaoさん差し入れの岐阜のハムとブルーチーズのパテを
 クラッカーに塗ったものが
 ベストマッチ。
2007520asaici2
 うひょひょ。
 
 こういう出会いに立ち会えて楽しいな!

 「かじや村」がどんどん出ましたが、
 「吟花」もぬる燗にしてみると、燗あがりすることを発見。
 それから「吟花」の追い上げが始まり、
 結局どちらも売り切れ。
 

 個人的にも自分のぶんとして
 上原さんのお母様の浅漬け、
 朽木のサバのなれ寿司、
 サースフェーさんのベーグル、
 かたぎさんのお茶、
 マイ箸、
 栗東浪漫卵と鶏肉、
 など、おいしいもんいっぱい仕入れました!

 お昼は朽木の(普通の)サバ寿司だもんね。
 ナメコと豆腐とわかめの味噌汁にあわせて、
 ああ、贅沢ランチ。 感謝です!

| | Comments (0)

2007.05.18

今度の日曜は朝市です

 今度の日曜5/20は、浜大津こだわり朝市です。

 今回は、吉田酒造のお酒!
 
 場所は京阪浜大津駅改札出てすぐそば。
 午前8時から12時です。

 試飲あり・量り売りです。

| | Comments (0)

伏見 油長で9種類きき酒

 伏見の招徳酒造さんの帰り道、長年行ってみたかった、酒屋の油長(あぶらちょう)さんに!
 こちらのお店では、伏見酒造組合加盟全22軒+準会員2軒の計24蔵のお酒が全て有料できき酒できるのです。
 常時約70種類はあるそうで、季節限定の「しぼりたて生酒」なども更にプラスされ、私たちが伺ったときは80種類以上とおっしゃっていました。

 ショットグラスで1種類250円~800円。

 利き酒セットは好きな3種類を小さなきき酒チョコで。 付き出しが1種類とお豆腐が付いています(200円)
 きき酒は1種類150円~420円。

2007514a1daigin
 最初に、メニューを見ながらシステムと、お酒について簡単に説明をしていただき、それからそれぞれにお酒を選びました。
 写真は、おーちゃんセレクトの大吟醸セット。
 左から「都鶴」しずく酒 限定大吟醸 生原酒 370円(山田錦35%精米を袋吊りしたもの)、
 「富翁」大吟醸 たれくち 生原酒 山田錦 300円(1~3月に限定100本のみ瓶詰めし、直営店と油長さんのみしか販売しないお酒)、
 「英勲」古都千年 純米大吟醸 無ろ過生原酒 300円(油長さん限定200本)。
 はい、私にとっては苦手な香りオンパレードで、味もよくわかりませんでした。↓↓ 
 全体的に軽めの味でしたけど。

2007514a2gentei
 これは、姉御セレクトのお店限定酒セット。
 左から「英勲」井筒屋伊兵衛 純米大吟醸 祝米 三割五分磨き 420円(2003年全国日本酒コンクール年間グランプリ)、
 「富翁」斗瓶採 大吟醸 原酒 山田錦 420円(袋吊りしてしずくを集めたお酒の原酒)、
 「月の桂」琥珀光 大吟醸 550円(10年甕で寝かせた古酒。軽めの印象の古酒)。

2007514a2gentei2
 姉御セレクト3種類は古酒も入っているので明らかに色が違いますね。

2007514a3koshu
 私、あひるセレクトは古酒。
 左から「富翁」鮒屋三右衛門 大吟醸古酒 300円(老ねた香りもなく、コクがあって飲みやすい古酒でした)、
 「英勲」伏水 七年古酒 純米大吟醸 220円(かなり古酒っぽい香り、軽く感じた)、
 「月経冠」秘蔵古酒十五年 純米吟醸 400円(力強さがなく頼りない古酒)。

2007514a3koshu3
 突き出しのふきのとう味噌がうまい!
 ものすごくキャパの広い肴で、今回のきき酒でどの酒をも盛り上げてくれました。
 豆腐は豆の味のするおいしいものでしたが、これは舌をリセットしてくれるだけで、酒の味にプラスもマイナスもしません。よく考えられた突き出しセットです。

 古酒は、吟醸や大吟醸だととても線が細くなるようで、私の好みからすれば、もうすこし太さがほしかったです。
 ただ、酒だけきいた時の印象と、ふきのとう味噌をあわせた印象では全然違いました。どの酒も、ぐっとうまさが引き立ち、おいしくなりました。特に古酒は肴とあわせて飲むべきなんでしょうね。

 普通なら高くてとても1本買うことができない酒でも、ここなら少量なので気軽にきくことができます。ありがたい!
 保管にも、ワイン用の栓を取り付けてあり、空気を抜いて冷蔵庫へ入れておられました。さすが。
 姉御とおーちゃんと3人で、わいわいと楽しくきき酒できて、本当に行ってよかったです。また行きたいです。

▼吟醸酒房 油長 
京都市伏見区東大手町780
075-601-0147
営業:10:00~22:00
定休:火曜

きき酒コーナー
カウンター:12席
営業:午前10時~午後10時
定休日:火曜日(祝日は営業)
※年末年始等は飲食コーナーがお休みということもあるそうです。ご確認下さい。
肴もおいしそうなのがいくつもありました。

| | Comments (0)

2007.05.17

カボチャのスープ

カボチャのスープ
オープンセサミでランチ。

チキンパテ、大豆とヒジキのサラダ、キノコのグリル、ブロッコリーのパスタ。

嵐のような風の吹く日です。

| | Comments (0)

2007.05.16

悲しい時~!(懐)

ランチ後にホットが飲みたかったけど我慢して自販機で買おうと行ってみると

缶コーヒーが全部「冷たい」に変わっていた時~!

あうう…… (T_T)

| | Comments (2)

2007.05.15

雪月花の会  水無月/観蛍(かんけい)の宴のお知らせ

 高島市マキノ町の吉田酒造から、雪月花の会のお知らせをいただきました。
 季節はもう蛍狩りです!
 わくわくしますね。

 笛のわが師匠のライブもあります~。
 お申込は吉田酒造へ直接どうぞ!

----------------------------------
杜氏と蔵人が夜昼なく手をかけ
厳冬の仕込みをへて生まれた酒。
何百年の食生活の中で形づくられた近江の食材と、
それを生かした近江懐石。
幽玄の世界にいざなう能管の調べ。
主人が心くばりする、献立とお酒、提供温度、酒器。
さらに四季折々の季節感が宴をいっそうもりたててくれます。

雪月花の会では、日本の酒宴の原風景をみなさんとともに
楽しんでいきたいと思います。

水無月にはいりますと、マキノ町でも「源氏蛍」が飛びはじめます。
希望者の方は宴会終了後、蛍狩りにいきましょう。


第4回 雪月花の会

日 時 6月10日(日) 午後4時受付開始

会 場 湖里庵(滋賀県高島市マキノ町海津2304) 
     http://www.korian.net/       

午後4時30分~5時30分 
第1部 能管演奏 左鴻康弘(能楽 森田流笛方)、
     謡 宇高竜成氏(金剛流シテ方)

6時00分~8時00分 
第2部 近江懐石と地酒の宴

   宴会終了後、希望者のみ「蛍狩り」を計画いたしております。
   なお、風の強いとき、雨天のときは蛍が飛びませんので中止します。
   (車の手配が必要なので、希望される方は、お申し込みの際、「蛍狩り参加」
   とお書き添えください)
   
   蛍を見る方については、マキノ駅発午後9:20分(京都着午後10:34分)に乗れるよう
   に手配いたします。


会 費 10.000円(当日受付にて御支払いください)

申込み 1)必ず御予約ください。飛び入りの参加はできません。
     2)やむを得ずキャンセルされる場合は前日までに御願いいたします。
       当日キャンセルされる場合、会費全額を請求する場合があります。
     3)御予約は 吉田酒造有限会社 専務 吉田肇あてメールかファックスで。
      (専務は事務所にじっとしていませんので、せっかくお電話をかけていただ
      いても不在の場合があります)
      メールアドレスkaizu@pastel.ocn.ne.jp
      FAX 0740-28-1390
     4)会場のサービスが充分にいきわたるよう定員を20名程度に限定させて
     いただきます。
-------------------------------------------------
▼前回の報告

| | Comments (0)

「純米にごりゆず酒」招徳酒造

 伏見の招徳酒造さんできき酒させていただいた3種類のお酒です。
 今度のお酒の会に出す予定なのは、右の「純米にごりゆず酒」です。

2007514s3kikisake
 真ん中は、きもとの酒。昨年のものを1年寝かせて今年初出荷だそうです。コクがある、素直な飲みやすい酒でした。燗して、食中酒としていけそう。

 左は、綾部の農家と契約した無農薬での酒米「祝」を使ったもの。あっさり軽い味わいで、他にない風味でした。「祝」という米の持つ特色でしょうか。

 純米にごりゆず酒は、盛夏、仕事が終わって帰ってきたら、氷を入れて飲みたい!
 ゆずの果汁たっぷりで、上品な酸味があり疲れが吹っ飛びますよ。

| | Comments (0)

伏見 招徳酒造訪問

 今度のお酒の会に出すお酒を買いに、伏見の招徳酒造を訪問しました。
 姉御&おーちゃんが、エスサーフのきき酒会でこちらの女性杜氏さんにお出会いしたのがご縁です。

2007514s1gaikan
 周囲にもたくさんのお蔵があって、ちょっと迷ってしまいましたが、電話して無事到着しました。

2007514s2gaikan_1
 事務所入り口にて記念写真です。

2007514s4kura
 造りの蔵の入り口。

2007514s5sinseki
 酒米を浸漬する機械。ベルトコンベアで蒸し器まで運ばれるようになっています。

2007514s6musi
 これが米を蒸す機械。甑よりでっかい。

2007514s7oshamoji
 蒸す機械のとこで見つけた、でっかいしゃもじ!

2007514s8muro
 蔵の2階にある、麹室です。

2007514s92f
 2階の室と逆方向はこんなふう。麹を入れる箱がありました。箱に入れて冷ますのだそう。初めて見ました。

2007514s10tan
 中二階みたいなところに上がって、仕込みタンクの並んでいるところを見せていただいています。安全に作業しやすいですね。

2007514s10tan2
 ふと上を見ると、断熱材(?)に櫂棒の当たった跡がいっぱいありました。ちょっと天井が低いので当たってしまうのだそうです。

2007514s11tojisan
 製造部の大塚さんにご案内いただきました。杜氏の役をされている方です。とても穏やかな方にみえましたが、きもと造りに昨年の造りでは初めてチャレンジするなど、情熱を持って酒造りされているようです。

 お忙しいところ、招徳酒造の皆様ありがとうございました!

▼招徳酒造


| | Comments (0)

ゴーヤちゃんぷるー「不老泉」入り

 初夏を感じる今日この頃。
 なんとなく食べたくなったのはゴーヤの苦味です。
 そこで、ゴーヤちゃんぷるー。

2007514goya
 ゴーヤの薄切りに木綿豆腐、豚肉の薄切り、そして卵。
 冷しゃぶで豚肉をゆでた後のダシ汁も使いました。

 それと、調味料として「不老泉」雄町 火入れ。
 実は、前夜の飲み残しです。
 風味付けにゴマ油、塩はカンホアの塩でした。

 それだけで、アッサリおいしかったです~。珍しく晩酌は、無し。

| | Comments (0)

2007.05.14

伏見 酒粕アイス 油長にて

 伏見の蔵元さん訪問のあと、酒粕ラーメンを食べ、その近くの油長(あぶらちょう)さんへ。
 ずっと気になっていたのに、行ったことがなかったのです。
 伏見の全てのメーカーの酒が試飲(有料)できる酒屋さんです。

 もちろん、試飲しましたよ!
 それは、また別途UPします。その試飲の〆に食べたのが、この酒粕アイス(イートイン300円)です。 

2007514kasuice
 食べれば食べるほど、まったりとした酒粕の味が前に出てきました。
 アイスクリームなのですが、粕のコクがあるのです。これならお酒の飲めない方でもOKですね。

 おいしうございました。

 カップ入りを買って帰ることもできます。

▼吟醸酒房 油長 
京都市伏見区東大手町780
075-601-0147
営業:10:00~22:00
定休:火曜

| | Comments (6)

伏見 酒粕ラーメン「玄屋」

 伏見の蔵まで、今度のお酒の会に出すお酒を仕入れに、姉御&おーちゃんと行きました。
 蔵の報告は、また別途UPしますが、その前にお昼ご飯に食べたラーメンをご紹介。

 蔵元さんで教えていただいて、少々汗をかきつつ歩いてお店まで。
 しかし、酒粕ラーメンて、ほんまにおいしいのでしょうか? 蔵元さんのご推薦とはいえ、みんな少し不安。
 
2007514kasura1
 酒粕ラーメンの玄屋(げんや)さんです。
 辛味酒粕ラーメン750円。生の唐辛子入りなので、少しピリリとしていました。

2007514kasura
 スープは味噌味(だと思ったけど、店の名刺には醤油で味付けって書いてあります)で本当に粕汁系。粕の存在感は粕汁。ダシはトンコツかな?(鶏がらとトンコツスープベースだそう)
 でも、それがラーメンに違和感なく、おいしく調和していました。麺は博多の長浜ラーメンより少しだけ太いかな、というタイプでした。
 
 そして、なぜか、ウスアゲが! 姉御の説によると「やっぱり、伏見稲荷のおひざもとやからかな?」。 それがまた、ダシがしみて妙においしいのでした。
 酒粕ラーメン、アリです!!
 
 ただ、すごく体がポカポカになるので、できれば寒い冬に熱々をすすりたいと思いました。

▼玄屋
京都市伏見区東組町698
075-602-1492
営業:11:30~19:30 売り切れ御麺
定休:木曜、時々臨時休業アリ

| | Comments (4)

2007.05.13

冷しゃぶと赤の「菊水」

 豚の冷しゃぶと、赤い「菊水」缶。熟成ふなぐち菊水一番しぼり、吟醸1年熟成です。

2007513reshabu
 冷しゃぶはユズぽんで。
 赤い「菊水」缶は常温で。
 とろりと甘くほどよい熟成。純米じゃないけどアルコールは気にならないです。1本飲んでご機嫌さん。

 

| | Comments (0)

「時効警察」考察続き

 普通のドラマには
 なにかしら「対立」があるんだけど、
 
 「時効警察」には見事に無い。

 主人公の霧山に対する矢印はいくつか向っています。
 三日月ちゃんから淡いハートマーク、
 同期のトレンチ刑事十文字疾風からライバル意識。

 でも、霧山からそれに返す矢印は出てない。
 興味が無いんですね。

 そして周辺の人たちも
 霧山に対して特に働きかけることもない。

 事件の犯人たちも
 既に時効を迎えてしまうくらい時間が経ち
 生々しい恨みや憎しみは消えてしまっている。
 
 お約束の場面が出てくる安心感、
 裏切られない安心感、
 誰も傷つけない安心感。
 
 
 ドラマチックなストーリーより、謎解きの快感より、
 キャラや小道具、小ネタで見せるドラマ。
 そのあたりは、かなり力を入れて作られていると思います。
 まんまとはまってますから<自分

  
 どっかで同じようなパターンのドラマが無いかと
 考えたのですが、今のところ思い浮かびません。
 アニメ「タイムボカンシリーズ」で
 「今週のびっくりどっきりメカ」を繰り出すところが似てると思ったけど
 ヤッターマンとドロンジョたち一味には明確な対立関係がありますね。

| | Comments (0)

2007.05.12

「帰ってきた時効警察」考察


 今回も見ました♪
 見終わって「あー、今日もおもしろかった!」と
 にっこりしたんですけど、
 何がおもしろいんだろう>自分


 (1)謎解きのおもしろさ

  これ無いと番組が成り立たない。


 (2)こだわったディテール

  例えば歌手デビューしたという妄想に取り付かれた
  三日月ちゃんが歌う歌を、
  出演している犬山イヌコさんが作詞作曲している、とか。 
  (しかも今度CDに収録されるらしい……欲しい)
 
  毎回、そーぶくんが違うイラストで登場するとか。
 
  細かいところにちりばめられたグッズやキーワードに
  反応できる自分がうれしかったりする。

  
 (3)キャラクターのおもしろさ

  明らかに「こんなヤツいねえ!」というくらい
  デフォルメされたキャラ満載。
  「刑事はトレンチコート命」の人とか。


 (4)テンポのよいアホな会話

  明らかに通じ合っている仲間だけにできる会話が
  ポンポンと進んでいくおかしさ。
  ネタの中には、
  中高年世代しかわかりそうにないものも含まれている。
   例:落花生→ザ・ピーナッツ→双子
   例:エコエコアザラ~シ
  逆にごく新しい話題だったりする。


 (5)豪華なキャスト

  毎回ゲストで個性的な俳優さんが出てきます。
  今回は「引越しのサカイ」のCMでおなじみの俳優さん。
  そして鶴田真由さん。


 (6)やむをえない背景のある殺人事件
 
  謎を解いても誰も傷つかない。
  本当は犯罪だから許せないわけなんだけど、
  「それじゃしょうがないよな……」と毎回思わせる。
 
 
 最初、時効課の一体感に入っていけず阻害された気がしてたんです。
 ところが回を重ねるうちに、
 自分もあの会話の中に自然に入っていけそうな、変な仲間意識が芽生え……。
 来週も仲間に入りたくなる。


 ありえへん世界をまじめに作っているのをヒシヒシと感じます。
 このへんが自分のツボなんだな……。

| | Comments (0)

2007.05.11

鮭の粕漬け定食

 夕食のメインには母の日にと、子どもが送ってくれた、鮭の粕漬けを焼きました。

2007511d
 ナメコとアゲと青菜の味噌汁、ホウレンソウとシメジの海苔のおひたし。海苔をいれると、塩味が薄くても、不思議なことに大丈夫なんですよ。
 ご飯はおこげ、うまいことできました。

 鮭おいしかった、ありがとう>子ども

| | Comments (2)

おひゃらボロボロ

昨日は笛のお稽古でした。

「中之舞(ちゅうのまい)」、ボロボロです。覚えてたはずの4くさりまで間違えます。

悔しい。

息がうまくできてないので、すぐに頭がクラクラして練習できなくなるのです。やはり、どこか無理しているんでしょう。本当はもっと息の配分を押さえないと長くは吹けません。

上手くなりたいです!


吹くべし
吹くべし
吹くべし

| | Comments (2)

けらもす 

 アフター笛のお稽古、またまた師匠とごいっしょ。今回は 先日場所も移転し、店名も変えてリニューアルオープンされた「けらもす」さんへ。以前の「瓢」に伺って以来初めてです。

2007510k1hakuraku
 胃が痛かったので、「燗でおいしいやさしい酒」をお願いしました。
 「伯楽星」はぬるめの燗で。生詰なので一回火が入れてある……。落ち着いた辛口で、突き出しといっしょにおいしくいただけました。あっという間になくなりました。

2007510k2stukidashi
 突き出しは、鯛の皮(?)の松かさにしたものの細切りが、柔らかくしてあって、それとワサビの葉と茎がほろ苦くピリリと春の味。わーい、幸せ。

2007510k3takosu
 勢いがついたので、おいしそうな酢の物を。春の野菜とタコを柔らかく酢であえてあります。あんまりにもやさしい酢だったので何の酢か伺ってみると、ライムとのこと。なるほど~。

2007510k4kinomeae
 もう一品、春らしいものを。筍などの木の芽あえです。甘すぎない味噌がお酒にあいます。

2007510k5master
 次の燗は……と、師匠に選んでいただいたのは、「八仙」。青森の八戸酒造です。これも燗で。
 オーナーさんにもいっしょに写っていただきました♪ ありがとうございます。

2007510k5master28sen
 肴をつついているうちに、熱々燗になりましたが、これもバランスを崩さず、おいしくいただけました。
 
2007510k6chochin
 「長珍」は、どうも、その日搾りの商品らしく、当日の新聞で包んであるようでした。数年寝かせておいたら、おもしろくなりそう。「こんなことあったなあ」なんて思い出しながら飲めるし。
 このお酒も熱々燗で本当に「煮酒」になってしまいましたが、全然味のバランスが崩れず、さめてきてもおいしく飲めました。しっかりしてるんですね。「少し残りだから」とサービスしていただいちゃいました。ありがとうございます♪

2007510k7on
 こっ、この酒!!
 きもと・きおけ・精米90%なのです。色も、新酒なのに琥珀色。日本酒度+11!!
 味は、甘さがなくて、風味も味も、まるでウイスキーか何かのよう。日本酒、しかもきもとというイメージでは全くありませんでした。ブラインドで飲んだら、日本酒じゃないと判断してしまうかも……。燗したら、風味の濃い焼酎のお湯割り、みたいな。

2007510k7on2
 これは賛否分かれるお酒でしょうね。インパクトはある……。何とあわせたらいいのかなあ……。
 
 以上、初けらもす、とっても季節感のある肴2種と燗酒で大満足でした。
 一人2500円。ありがとうございました。
 京阪(地下鉄)三条駅と京阪(地下鉄)東山駅の真ん中あたりなので、どっちの駅からも徒歩10分少々で行けます。 

▼けらもす
日本酒Bar けらもす

日本酒バー 瓢が変わりました・
日本酒バー&スローフード・ダイニング。

京都市東山区新門前通大和大路東入中之町244-1-102
075-525-5125
DINNER:19:00〜22:00 
BAR:22:00〜26:00
毎週日曜日定休

| | Comments (0)

2007.05.10

オープンセサミにて

オープンセサミにて
艶やかな緑!

| | Comments (0)

2007.05.08

おひゃらをうたう


 「中之舞」の練習

 まずはリズム打ち。
 どうも、変なクセが付いてしまってるような……。
 
 正しく吹くために
 まずは 
 おひゃらをうたいながらリズムを打ちます。

 ちょっとわかった気がしました♪


 しかし、実際に笛を吹く練習をすると、
 長いから頭がクラクラする~!

| | Comments (0)

産ませてよ

 姉御のお宅では、アミで囲った庭に鶏たちを放し飼いにすることもあります。そのうちの一羽が、木の茂みの間に、うずくまっていました。

200754umaseteyo
 てっきり卵を抱いているのだと思って「自然の中で産ませてよ!って言ってるのかも」「自然分娩派だ(ってオイ!)」と言ってたら、しばらくして立ち上がってすたすた。ただ単に座っていただけでした。なあんだ。

 「産ませてよ」というのは、昔、ダウンタウンの番組のコントで、松本さんが半魚人のメスになって叫んでいたセリフです。人間の浜ちゃんが思い当たる節がないので面食らっていると、その目の前で松本さんはぬるぬるとカエルのような卵を産むのです。

 すごく好きだったなあ~。

| | Comments (0)

シャモ一家

 姉御のお宅の鶏軍団に、また新たな一家が加わっていました。本シャモです。

200754pdaiou
 手前のオスが、クニマツ大王。ゴッツイ! 爬虫類っぽい! トサカが小さい。
 普通の鶏のオスの威張りの基準はトサカの大きさなのですが、シャモはそれを超越しているらしいです。
 ま、いくらゴイシチャボがトサカが立派でも、これだけ背丈の差があったらねえ……。

200754pyuki
 シャモの初のヒナ。ユキちゃん。(笑) さすがにシャモといえども生まれたてはほわほわの黄色。

200754panego
 後ろのメスはアネゴ。どうもクニマツ大王をいじめているらしい(笑)。

 怖いくらいでっかいですが、シャモは人を攻撃することはないそうです。ほっ。
 しかし、これも食用なんでしょうか。興味深々です。

| | Comments (0)

蔵元のもろみ味噌


 inugaoさんの岐阜みやげに、日本酒蔵元のもろみ味噌を頂きました。

200758miso
 食べてみると、これが塩っぱすぎず、柔らかくてうまい!粒粒がそのまま残っているのです。その食感がまたいいです。
 ゆうべは「そまの天狗」とあわせてついつい食べすぎ。半分近くなめてしまいました~!

 inugaoさん、ありがとうございます。予想通り、これさえあれば、ですわ。

▼母情 蔵元 もろみ味噌

| | Comments (4)

2007.05.07

「パン屋さん あるく」のベーグルサンド

 草津駅から琵琶湖方面へ、まっすぐ進んで行くと、道の右側にある小さなパン屋さん、あるくさん。天然酵母パンを手作りしています。
 朝市にも出店しているツェルマットさんのお弟子さんなんだそうです。

200755aruku
 歯ごたえのしっかりしたベーグルに、たっぷりのバター、ボリューム満点の若鶏の香り醤油揚げ、フレッシュトマト、レタス。320円。

 カミカミしてると、ほんとにお腹もいっぱいに。

 このベーグルサンドを持って、湖岸の公園に行き、琵琶湖を渡る風に吹かれながら食べました。
 甘い菓子パンも買って食べる、ふわふわで甘~い。
 ううー、幸せ。この際、カロリーには目をつぶろう~!

 パン屋さん あるく
 滋賀県草津市下笠554-6
 007-568-3050

| | Comments (0)

子どもの日 三大神社の2色の藤

 この前は、いまひとつの咲きぐあいだったので、再度チャレンジ。子どもの日に草津市の三大神社に藤見物に行きました。

2007553dai6
 かなり房の先まで咲いていました。

2007553dai2
 アーチがきれい!

2007553dai1
 薄紫の世界へどうぞ。

2007553dai3
 今回はピンクの藤も咲いていました。2色の取り合わせもきれいです!

2007553dai4
 ピンクの藤、清楚な感じ。

2007553dai5
 花は無心に咲いているんだな、紫の藤よりもキレイに咲こうとか思ってないんだろうな。

 ▼滋賀県観光情報サイトの三大神社のページ

| | Comments (2)

2007.05.06

水玉フウロ?


 ストロベリーキャンドルのそばに咲いていた、名前がわからない花です。
 私には「これ何?水玉模様?」と衝撃的でした。あまりにオシャレに思えて……。

200754kmizutama
 フウロ系かなと思うのですが、わかりませんでした。
 どなたか教えてください。

| | Comments (0)

カキ


 黄昏時のカキの葉。

200754kkaki
 カキの新緑も、蛍光色だと思うのです。


| | Comments (4)

ピヨ彦一家


 ピヨ彦一家と会うために姉御のお宅に、伺いました。

200754piyo
 奥のほう、黒いのがママになったピヨ彦です。ピヨ彦は、卵を抱いていました。真剣です。
 手前はゴイシチャボです。トサカはめっぽう立派ですが、地面からすぐに胴体か? と思えるくらい短足なのです。かわいい!

200754p13wa
 一番奥の黒いのが、ピヨ彦の夫、クロスケです。
 手前の2羽は、クロスケとピヨ彦のヒヨコたち。立派に成長しています!
 真ん中のでっかく見えるのが、第一子のマメタン!! 大きい。

200754pgm
 灰色の子がギンちゃん。そして黒いのが備長炭か練炭か? あああ、名前がわからなくなってしまいました~。

200754pb
 この2羽のちっこいのが備長炭か練炭か?

 それにしても、ヒヨコたちの成長の早いこと。このぶんだと、ひ孫が生まれるのもすぐですねえ。
 あ、私がひいばーちゃんです。(笑)。

| | Comments (0)

草むら

 草むら。 

200754kkusamura1
 草とスギナが混ざっています。ちょっとアクアリウムの世界をながめているみたい。

200754kkusamura2
 バターカップの黄色とカラスノエンドウの赤が混ざる草むら。

| | Comments (0)

草むらの緑と紫

 草むらの緑色も、透明感があって好きです。
 風で揺れるところとか、背丈の違う草や、小さな花が混じっているところとか。

200754kstunigane1
 この紫の花、何でしょうね~?

200754kstunigane2
 忘れ去られたヒヤシンス???
 ツリガネニンジンかと思ったけど、違うし。

| | Comments (0)

ファミリーれすとらん ひろせ

 北小松の駅周辺をぶらぶらして写真を撮ったあと、駅前のファミリーれすとらん ひろせ 寿し正さんへ。

200754frh2eki
 駐車場をはさんて北小松駅の向い側にあります。

200754frhgaikan
 でっかい看板(笑)。でも、この「ファミリーれすとらん」にだまされてはいけません。本当は「寿し正」のほうに近い内容だと思います。

 今日は久々に、マツさん&姉御、おーちゃん、inugaoさんたちと宴会なのです♪ ああ、うれしい(涙)。

200754frh3nizakana
 最初は煮魚。ホウボウやらマトウダイ?やら。おいしかった! 魚の卵も上手に煮付けてありました。

200754frh4tukuri
 お造り。サケ、スマカツオ、マグロ、タイ、あと何だっけ。

200754frh5suji
 牛スジ煮込み。これ、すごく時間と手間がかかってて、おいしい! とろとろ!
 一回焦げ目をつけてあるので、とっても香ばしい。上にかけてある西洋ネギもあわせて食べるとさっぱりしてもっとおいしい! だから、食べすぎました~。

200754frh6negi
 こんなに大きな西洋ネギ。

200754frh7kisu
 キスの梅フライ。

200754frh8karaage
 ハゲ系のカラアゲ。身がほろほろ離れて、これがまたおいしかった!

200754frh10mushi
 ウナギのしんじょう。とろっとしたアンがかかっています。味は上品なダシがきいています。

200754frh11susi
 最後にこれ。そして、熱いソバ椀。

 これで3000円のコースです。食べ切れませ~ん!
 でも、おいしいので、ついつい食べすぎて恐ろしいことになりました。私はわりとピッタリした楊柳の半そでシャツを着ていましたが、おなかの部分だけ、シワが伸びきって楊柳らしくなくなっていました!! ショーック!

200754frh9sake
 inugaoさんの旅行お土産。郡上八幡のお酒です。燗したくなったです。
 それと、特別な酒。「不老泉 生原酒」13BY、「そまの天狗」13BY。どちらも魚のお造りや牛スジ煮込みにバッチリ! うふふ。笑うしかな~い!

 皆さんと楽しくおいしい時間が過ごせました。GWらしい豪華な宴会になりました。ありがとうございました!!


▼ファミリーれすとらん ひろせ 寿し正
 宴会中に気がつくとお店には行列ができていました。大将は徹夜続きだったそう……、お疲れ様です、おいしい料理ありがとうございました。

| | Comments (0)

映画「ゲゲゲの鬼太郎」

 見てきました!
 実写『ゲゲゲの鬼太郎』。
 子どもといっしょに見るとなると、これかコナンくらいしか。

 確かに配役はよかったです。
 妖怪のイメージはこわれなかったですねえ。

 鬼太郎が原作では丸顔だったのに
 ウエンツくんが細面だったのは違ってたけど。

 とにかく私は、大泉さんの
 ビビビのネズミ男を見られただけでよかったです。
 実写なのに、原作のイメージぴったり。

 ヒゲが自然!
 大泉さんって、ほんとは最初から生えていたかも、って思えてきました。
 人間なのに、ネズミ男の存在感をあれだけ再現できるというのは
 もしかしたらもしかしたらそうなのか、どーでしょう。
 
 残念だったのは、次長課長の河本さんが出てないこと。出演してほしかった……。
 あんなに「水木先生の描く日本男性」にぴったりの人はいないのに。


 あとは……、ま、こんなもんでしょ。

 ▼映画「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

 うちの子は、なぜか「ゲゲゲのゲタロウ」と言う。なんでやねん!!
 それと、うちでは髪の毛が寝癖で立っていると「妖怪アンテナ立っとる!!」と指摘します(笑)。

| | Comments (0)

北小松駅前 現場に咲くストロベリーキャンドル

 事故現場(ひろせ すし正さんから北小松駅まで、終電に間に合おうと走った人が花壇につまずいてコケた地点)にはこんな可憐なストロベリーキャンドルが咲いていました。

200754ksk1

 かわいいな、と思ってふと、目をあげると、こんなに!! 

200754ksk2
 まるで流血の惨事のあとのよう……、な~んて言ってみたりして。(笑)


| | Comments (5)

たそがれの北小松

 上原酒造をおいとまして、北小松へ。

200754kitakoma2
 晩春の湖西の山並み、なんともいえない気持ちよさ。

200754kitakoma1
 山が重なってまるでモナリザの背景に描かれた景色のようになってます♪

 空気が、春なんですよね。
 あたりは緑と青の世界。

 


| | Comments (0)

テーマ「サバ寿司とあうのはどれ」

 上原酒造のお母様が、手作りのサバ寿司を差し入れしてくださいました!
 青が美しい。

200754u3saba
 これはすごい課題です。
 「不老泉」のどの酒とあわせると、一番おいしいのか!?

 私は最初、「雄町 火入れ」を選んでみました。さっぱり系のほうがええと思ったのです。
 でも、サバの生臭みが残る……。

 姉御が選んだのは「純米吟醸 中汲み」。試してみると、確かに甘いほうが合うようです。
 サバの生臭みがきれいに洗い流されます。

 それで盛り上がっていると、績専務さんが「これもあうと思いますよ」と出してくださったのが「寿扇」です。
 試してみると、サバの生臭みが洗い流されたあとに、苦味と酸味が残ってさわやか。洗い流すだけでなく、盛り上げてくれる感じ!(by inugaoさん)
 
 すごいぞ「寿扇」!(速醸)

 ところが、「寿扇」だけの味をみてみると、「物足りない!」「サバ寿司がほしくなる!」のでした(笑)。
 
 お酒と食べ物っておもしろいです……。

200754u3sabajusen
 本日のウイナーとサバ寿司とのツーショット記念写真。
 
 本当においしいサバ寿司でした。
 久しぶりに蔵に伺えて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。上原酒造の皆様、ありがとうございました。

| | Comments (0)

「不老泉」試飲

 上原酒造さんで、試飲をさせていただきました。

200754usiin1
 ずらっと♪

200754usiin1omachi
 一番左の「不老泉 山廃仕込 純米吟醸 備前雄町 火入れ 17BY」裏ラベルです。
 これは火入れも加水もしてあります。これの生原酒バージョンもうまいですが、こっちのほうが飲みやすく感じました。いま、お気に入り♪

200754usiin1yamaten
 左から2番目「不老泉 山廃仕込 純米吟醸 うすにごり 18BY」裏ラベルです。
 これ、通称「山天(やまてん)」。「そまの天狗」の山廃バージョンなんだそうです。今年からお目見えしました。まだ若いですけど、味は結構のってる。若いだけにパワフルで、チーズパテなどともあうのでは、との姉御のお見立てでした。

200754usiin1kame
 左から3番目「亀亀覇 山廃仕込 純米吟醸 亀の尾仕込 13BY」裏ラベルです。醸されてます! 熟成してきた年月をさりげなく主張(笑)。

200754usiin2
 ずらっと並んだものを試飲してしまうと、次にこれを出していただきました。今年のものだから、まだ出荷されてないんですよね~。やっぱ熟成した酒と比べるとめちゃ若い。これからが楽しみです。

 ほかにも、いろいろ出していただきました。最後はものすごい数に!
 それらが冷蔵庫から出てきてすぐのときと、常温になった時の味、比べてみると、また全然違ってておもしろいです。

 結局買ったのは~あれとこれ。(笑)
 飲むのが楽しみです。

 さて、次は食べ物とあわせてみるとどうだったか……。
 続く!

| | Comments (0)

上原酒造訪問

 久々に、滋賀県高島市 新旭町の上原酒造さんを訪ねることができました。

200754u5genkan
 GWの玄関はこんな感じ。

200754u5genkan2
 酒林もこんなに茶色になっています~。三輪大社の札がさがっています。角度がちょうど見えにくいですが。

200754u5genkan3
 見上げると、軒の下はこんなふうなベンガラ色でした。グレイと赤がおしゃれです。

200754u4mistuba
 奥に入らせていただき、冷蔵庫の前で、お母様のお漬物発見。そして、季節らしく三つ葉も!
 これは自生しているものらしいです。

 さて、お漬物もチェックしたあとは、「不老泉」の試飲をさせていただきます~!
 続く。


| | Comments (0)

ナチュールのチーズケーキ

 姉御のお宅に手土産として大津市のナチュールのチーズケーキを持参しました。
 いつもピヨ彦たちがお世話になっております(笑)。

200754chee

 少し固めのさくさくタルト生地と柔らか~いクリームチーズがほどよい甘さとねっとり感で、ぱあちゃんにも好評。
 チーズケーキ好きな犬のじろうさんも大興奮でした。

 じろうさんは、「チーズ」という言葉にだけ、敏感に反応!
 ほかに「バター」「サワークリーム」など類似語(って乳製品つながり)で実験。でもピクリとも耳を動かしもしませんでした。(笑)

「ナチュール」

住所:大津市大将軍3-10-20
営業:10:00~19:00
定休:火曜
電話:077-548-1112

http://naturecake.jp/

| | Comments (0)

2007.05.05

パエリヤとトマトスープ


 姉御のお宅に、ピヨ彦一家と会いに伺いました。
 お昼をご馳走になりました。

200754l
 シーフードパエリアと、ソーセージ入りトマトスープ。ミニ玉ねぎはマツさんの作品。甘い汁がたっぷり。
 あまりにおいしくて、いつしか無言に(笑)。ごちそうさまでした!!

| | Comments (0)

2007.05.03

アザレア


 道路沿いの植え込みのアザレア。

200753azarea
 どんどん伸びて、夏前からずっと長く白い花を咲かせるのです。
 ものすごい生命力です。こんな四角い刈り込みなんてすぐにわからなくなるくらい。伸びます、咲きます。

| | Comments (0)

メタセコイア

 お天気のよい日のメタセコイアの緑は、深く輝きをもったものでした。

200753meta_1


200753meta2


200753meta3


200753meta4


| | Comments (0)

ツツジ


 真っ赤なツツジ。

200753stustuji


| | Comments (0)

ハナミズキ

 白いハナミズキがきれいでした。

200753hanamizuki1

200753hanamizuki2

| | Comments (0)

チェリー

 真っ赤なサクランボの葉、初めて見ました。

200753cherry1


200753cherry2


| | Comments (0)

なぎさの「」じゃないけど

 今日の大津市なぎさ公園は、すごい人でにぎわっていました。

200753nagisa1

200753nagisa2
 外輪船ミシガンが出て行きました。釣り人多し!

200753nagisa3
 ここはドコ?私はダレ?
 まるでキャンプ場かと思うくらい、バーベキューの人がすごい! 浜辺が肉クサイ! もう気持ち悪い。

200753nagisa4
 ビュルツブルクハウスは、犬連れOKのオープンカフェエリアがあります。今日は外のほうが気持ちいい!

| | Comments (0)

稲の苗

 田んぼのそばに置いてあった、稲の苗です。もうすぐ田植えなんですね。

200753ine


| | Comments (2)

モミジ

 お天気最高、光が透けるモミジの葉も最高!
 
200753momiji


200753momiji2
 大津市のなぎさ公園近くで。

| | Comments (0)

2007.05.01

「天地の唄」冨田酒造

2007428amestuchi1「天地(あめつち)の唄」冨田酒造、飲みました。

余呉(滋賀県の北)の野良師こと前田壮一郎さんの田んぼのお米は「天地の唄」というブランド名です。そして昨年は酒米の「玉栄(たまさかえ)」を栽培し、その米で仕込んだお酒「天地の唄」が誕生しました。

前田さんは冬の間、冨田酒造で蔵人として働いています。だから米から酒になるまで、一貫して関われたわけですね。すごいことです。蔵元の冨田泰伸さんも、酒米の田んぼでいっしょに働いていました。

そして、酒米作りには、たくさんの人が田植えから稲刈りまで関わりました。農薬は1回だけなのだそうです。

私も、稲刈りには参加しました。少しだけぬかるんだ田んぼに、田植え長靴で入り、鎌を借りて刈り取りました。「玉栄」の丈の短いことに驚きました。米の改良というのは、こういうことなんだと体感しました。

手で稲刈りしたのは、コンバインの入れないスミだけ。あとは機械があっという間に刈り取ってゆきました。刈り取った稲穂は、コンバインに手で送り込み、脱穀。自動的に稲藁は切り刻まれて出てきました。それを田んぼに振りまいたり。

秋の一日、山に囲まれ、川のそばで、風を感じて、みんなとわいわい過ごしました。

そんな思い出と、感覚がいっぱい詰まった酒なので、私には味や香りを客観的に評価できないのでした。ただただ、「うまい!」としか。確かに、土とお天道様と雨と人間の協力が酒になりそれは唄に似ている、とでも。

酸が結構きいていましたね。それと、まだ若いので苦味も残ります。もう少し熟成させて秋の収穫祭に燗つけてみたいです。(懲りてない)

まだ、この酒が構想でしかなかったとき、名前をどーするって話で「いい名前がもうあるやん!」って言った。それがこうして本当にお酒になっている。コトダマでしょうか。

2007428amestuchi2

裏ラベルに関わった人の写真が。

| | Comments (0)

可憐な花


 オープンセサミのカウンターに飾ってあった花です。

2007426ohana
 白い花びら一枚一枚、ピンクの縁取りがあります。
 なんか、乙女を感じるわあ。

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »