« 8/4龍野納涼花火大会 | Main | 一瞬の虹 »

2007.08.07

日本酒とあぶったイカの相性がいい理由

 先日NHK 「解体新ショー」を見ていたら、
 お笑いコンビの麒麟がラーメンのうまさの秘密を解明していました。

 ダシに、煮干しや鰹節、豚骨、トリガラなどの動物性のものと、コンブなど植物性のものを混ぜると、旨みが増すしくみを説明していました。

 それは、人間の舌にある味らいが、動物性と植物性の両方のうまみ成分で刺激されるので、脳はうまみを普通よりも増幅されて感じるというのです。

 そして、植物性アミノ酸1+動物性アミノ酸1= 
      なんと、答えは7.5!

 だから、日本酒とうるめ干しやらイカの一夜干しやら、とにかく動物性の肴をあわせると、うまいと感じるわけなんですね。


 ごめんなさい、「7.5」という数字うろ覚えで~す!
 とにかく、2よりかなり大きかった、ということで。
 それと、アミノ酸も、それぞれに何か名前が書いてあったんですが、覚えられませんでした。
 もしかするとその組み合わせが最も倍率が高いのかもしれません……。
 
 この説、正しいのでしょうか?話のネタとしてはおもしろいんですけど。

|

« 8/4龍野納涼花火大会 | Main | 一瞬の虹 »

日本酒全般」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 8/4龍野納涼花火大会 | Main | 一瞬の虹 »