« みんなで選ぶ滋賀の地酒大賞の会報告 | Main | 彦米酒(げんまいしゅ)の会 »

2007.10.09

きき酒しながら考えたこと

今回(みんなで選ぶ滋賀の地酒大賞のきき酒会)は自分の好みとそうでないものを短時間に判断しました。

きき酒するときは、たいてい何種類もきく必要があるので吐き出します。

だけど、本当に美味しいかどうかは一升買ってぼちぼちご飯と一緒に晩酌してみないとわかんないなあ…。

と思ってきき酒してました。

あと、燗酒してみないと本当に一番美味しい状態で飲んでいるかもわかんない…。

とはいえ、出会いの機会としては、こういうブラインドでたくさんの種類をきくこともいいですね。自分の好みの傾向がよくわかりました。(私はアルコール添加の大吟醸・吟醸は苦手なようだ……)

|

« みんなで選ぶ滋賀の地酒大賞の会報告 | Main | 彦米酒(げんまいしゅ)の会 »

イベント」カテゴリの記事

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

きき酒は「お酒の出来不出来をきく」ためのものですからねぇ。
自身の好みを外して、できるだけ第三者的評価をしなければならないから、
結構たいへんなんですよ。
喉を通して味わってみたい酒を見つけ出す喜びがあるから
耐えられるんですけどね。:-)

Posted by: 燗酒おやぢ | 2007.10.09 at 05:55 PM

そうそう!
私もずっと思ってました。

お酒って温度もそうだし、一緒に食べてるものによっても違って感じるし、量にもよるし・・・

例えば同じお酒でも、きき酒するときと、実際に飲むときでは違うわけで・・・

だからどうってこともないんだけど、
きき酒ってなんだろう・・・とか、なんとなーくずっと思ってました。

漠然と思ってたことが、そのまま書いてあったので思わず久々のコメントでした(笑)

Posted by: KAN | 2007.10.09 at 07:00 PM

きき酒は商売。
味見は楽しみ。

Posted by: 煮酒 | 2007.10.09 at 08:05 PM

燗酒おやぢさま

 そうですね~、
 今回のは、好みで判断するから
 ほんとはきき酒とはいえないんでしょうね。
 
 出来と不出来を
 判断するきき酒なんて……
 どれだけ修行したらできるようになるんでしょう。
 きっと一升、ちゃう一生できへんですわ~。
 
 それができる酒屋さん、尊敬します!

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.10.09 at 11:44 PM

KANさん

 競技のきき酒って
 最もおいしくないお酒の飲み方の中のひとつだと思っています。

 きき当てゲームで
 出品されていたお酒が大嫌いになってしまった経験があります。
 そのお酒を初めて飲んだのがきき酒で、
 ものすごくマイナスイメージを持ってしまったのです。
 
 出会いが悪かった……。

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.10.09 at 11:50 PM

煮酒どん

 私がきき酒する機会は少ないです、
 たいてい「味見」ですね~。
 

Posted by: あひる@滋賀 | 2007.10.09 at 11:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« みんなで選ぶ滋賀の地酒大賞の会報告 | Main | 彦米酒(げんまいしゅ)の会 »