« 「七本槍」純米にごり ぎゃれ楽座にて | Main | 煮込みハンバーグ »

2008.01.15

「ますむらひろしのファンタジーゾーン」

  『マンガ少年』という月刊誌で連載されていた、「ますむらひろしのファンタジーゾーン」という作品がありました。不思議な世界で起こる不思議な出来事が描かれていました。
 ますむらひろしさんは、後に『アタゴオルは猫の森』という作品や、「銀河鉄道」などを描かれた作家さんです。

 一番最初印象に残っているのは、人間が植物になって、地面に根を生やし、みんなつながるというもの。
 どこか、『結晶世界』に通じるような、真崎守さんの作品で感じたような、そんな作品でした。

 人間が植物になってしまう、ある意味、死を意味するかもしれないのに、静かで、お互いがつながりあうっていう。

 私には、それが現在のインターネットでつながっている人間社会を連想させるのでした。

 『アタゴオル』の主人公ヒデヨシという猫は、ビートルズの歌を、ひらかなで歌っていました。「ざろんがんわいんでんろー……」ってね。

 あ、あれ?なんでこんなこと書いてんだろ?きっとテレビ版の「ハチミツとクローバー」見てしまったからでしょう。(笑)
 

|

« 「七本槍」純米にごり ぎゃれ楽座にて | Main | 煮込みハンバーグ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「七本槍」純米にごり ぎゃれ楽座にて | Main | 煮込みハンバーグ »