« 七草粥 | Main | ゾロ3笛流 »

2008.01.06

「鷹勇」純米吟醸 強力の郷 なかだれ

200816takagoお正月に封を開けたのは、「鷹勇」強力なかだれでした。「鷹勇」も最近お気に入りです。

このお酒、今回はひやで頂きました。味が濃い。中身がぎゅーっと詰まった味。不思議なことに、なんだかしょっぱく感じました。ただ、ちょっと体調が悪いせいで、正しく感じているかどうかは不明。ごめんなさい。一升なので、これから時間かけて飲んでみますね。

塩は関係ないのに、しょっぱく感じる酒ってたまにあって驚きます。辛いってわけじゃないのに。そして、一番大事なのが、しょっぱくてもおいしいこと。

200816takago2
 えっ、ちょっと待って、これって13BYなの? ちょうどいい熟成ぐあいでしたわ。古く感じない。うわーっ。
 って、確認のうえ注文したはずですが>自分

いまごろ、どの蔵でも寒い中、酒造り真っ最中なんですよね。皆様お風邪などひかれませんように。

|

« 七草粥 | Main | ゾロ3笛流 »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

今頃ですが、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

あひるさんのブログを読んでいると食べているもの、飲んでいる酒がけっこうかぶるんですよ!

「鷹勇 強力の郷 純米吟醸なかだれ」も年末に大阪の蔵朱さんで頂きましたよ。
生もとのどぶも。

正月には鴨食べました。
不思議ですなぁ(笑)

Posted by: KAN | 2008.01.08 at 01:54 PM

KANさん

 おおー、今年もどうぞよろしくお願いします!
 
 鴨、冬においしい食材ですねえ。
 鍋には、かんずりで~す!
 近所のスーパーにおいてあるので、常備薬味として重宝しています。

 「どぶ」も、「鷹勇」もおいしいですね!
 もちろん滋賀のお酒も飲んでま~す!
 おいしいシンクロ大歓迎♪
 

Posted by: あひる@滋賀 | 2008.01.08 at 08:06 PM

自分も正月に強力50%の酒を開けました。
鷹勇ではなくて『亀齢萬年・純米吟醸・線状心白米』の無濾過生原酒16BYですが。

レーズンのようなフィネスで、味が濃く、やっぱりちょっとしょっぱいようなミネラル感がありました。
酒米の特徴でしょうか?

休み中に湖西を走ると雪景色でした。
今年は寒さも一定して、酒質に期待できそうですね。

Posted by: ぽんちゅう | 2008.01.08 at 09:36 PM

ぽんちゅうさん

 「強力」という酒米、ちょっとクセあるかもですね。
 まあ、そうでないとおもしろくないですが。

 寒くないと困りますよね、酒造りの時期は。
 これから新酒のできが楽しみです!
 

Posted by: あひる@滋賀 | 2008.01.11 at 05:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 七草粥 | Main | ゾロ3笛流 »