« 雪の近江大橋 | Main | 晩酌は熱燗で »

2008.01.17

牡蠣の昆布蒸しと「日置桜」強力生もと

 牡蠣が食べたかった。だからいつも行かないスーパーに寄って、生食用を1パック買いました。でも、なぜか「カキフライ、鍋に」ってポップに書いてあって、180円と、異常に安い。だから火を通したほうがいいかと思って、昆布蒸しにしてみました。

2008117kaki
 昆布を敷いて、その上に生の牡蠣を置き、酒を少々振りかけ、4分ほど蒸気のあがっている蒸し器で蒸す。
 たれは、ショウガをすったものと、ネギをみじん切りにしたものを、酢醤油、そしてかんずりを混ぜたものに漬けておきました。火を通しすぎないので、ふっくら大きいままで食べられます。

 これ、あったかいうちに食べると、めちゃめちゃおいしい!昆布のダシと、牡蠣の旨みが溶け出した汁と、タレが絶妙!
 
 この牡蠣には、「日置桜」強力生もとの熱燗があうんです!これはいける~!

 あっという間に食べちゃって、「もう無い~」と思って昆布をひっくり返したら、一個牡蠣が隠れてました。ラッキー♪
 ▼参考:クックパッドの牡蠣レシピ ありがとうございます!

|

« 雪の近江大橋 | Main | 晩酌は熱燗で »

酒と肴の相性」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雪の近江大橋 | Main | 晩酌は熱燗で »