« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.29

「萩乃露」活性にごりとおでん

 久々に手作りおでん。大根、サトイモ、赤コンニャク、卵はいつもどおりですが、出回っている生ワカメも入れてみましたよん。

2008228oden
 今回は、練り物がスペシャル。西部ショッピングセンターのデパ一階(地下が存在しない……)で買った、大寅の平天とネギ天。パックをひっくり返して、裏の原材料を確認し、アミノ酸も甘味料も保存料も入ってないものを選びました。何がスペシャルって、そのお値段ですわ。2枚で250円。4枚で500円です。写真でも撮っておけばよかった(笑)。
 厚揚げも、いつもと違う三之助豆腐。これ、関東に住んでた頃、いつもポラン広場のお店で買ってたんで懐かしくて。

 大根、サトイモ、コンニャクは下ゆで。厚揚げ、練りもん、ワカメは熱湯をかけて。

 味付けは塩、淡口醤油、日本酒のみです。写真は煮えてすぐなので、あんまり味が染み込んでいませんでした。翌日の夕食にした時が最高でした~♪やっぱ、練りもんの味と歯ごたえが違ってたし。本当は、自分で魚をすり身にしたいと思いましたが、その日はそんな気力が出ず、製品を買うことにしました。
 ワカメはとろとろに味が染み込んでました。大根も、サトイモも柔らかくなっていました。

 お酒は、高島市の「萩乃露」活性にごり。熱々おでんに~。ご飯代わりみたいな~。めちゃめちゃすすみました。

| | Comments (2)

2008.02.28

本日の琵琶湖

 今日の近江大橋のたもとの気温は6度、風速は5m。

2008228hashiondo
 たもとよりも、真ん中あたりは風がもっときつい気がします……。

2008228hashihie
 雪が多い2月にしては珍しく晴天! 比叡山がよく見えます。

2008228hashihira
 比良は白く雪が。

 もうすぐ3月。あったかくなるのかな。

| | Comments (0)

ホウレンソウのナムル風

 オープンセサミさんでランチを食べました。カキも旬ですが、ホウレンソウも旬!

2008228ol2
 厚揚げカレー、大豆とヒジキのサラダ、カキの白味噌あえ、カキとホウレンソウのキッシュ、ホウレンソウのナムル風。パンもお願いしました。

2008228ol
 カキもうまいけど、ホウレンソウの甘みもうまうま!
 ランチが出てくるまで見ていた本は、短角牛という和牛の肉と、その牛を育てている村に魅せられた料理研究家の、牛肉を使ったレシピ本です。走り回る元気な子牛と、美しい自然の写真。牛肉のレシピってことは、この子牛が育ったら肉を食べるわけで……。だけど、できればこんな幸せな生活をしてきた牛を食べたいと思いました。 

 おいしい食事をいつもありがとうございます。

| | Comments (0)

「雪花」吉田酒造

2008228sekka2006年の「雪花(せっか)」。

熟成されたやわらかい甘さが全面に出てくる~。新酒もいいけど、熟成したお酒の味わいもまたいいですね。

知人が、マキノで吉田酒造の蔵を訪問し、タンクからお酒を汲んで飲ませてもらったそうです。

「おいしいなあ!あんなお酒初めて飲んだわ、サイダーみたい!」と驚いていました。

| | Comments (0)

2008.02.26

粕マッサージ

 この前、酒粕でマッサージしてみました。
 まさにお肌つるっつる!

 石鹸で洗顔したら、冬は小鼻がカサカサすることが多い私。
 いつも通りに洗顔して、きれいに石鹸を洗い流した後、粕マッサージしてみたんです。
 すると、全然カサカサしないで、お肌しっとり。当然ファンデーションがきれいにつく。

 酒粕をほんのひとかけらちぎって手の上でぬるま湯に溶いて、それで顔をマッサージし、すぐにまたお湯で洗い流しました。

 それだけで気持ちいい~。
 これは、江戸の姉御から教えてもらった方法です。ありがとー!
 
 ただし、マッサージは軽く、後はよーく粕を洗い流してください。
 また、お酒に弱い体質の方は、やめておいたほうがよさそうです。
 酒屋さん(煮酒どん)から、これに注意して、とアドバイスを頂きました。ありがとー!

 お風呂に粕を持ち込んで、しばらく続けてみたいで~す。
 即効性あるから、仕事やデートの前の洗顔なんかにいいかも♪

 うっ、自分で書いたのに、なんか商品モニター体験談CMみたい……。

| | Comments (2)

瀬尾養蜂園のレンゲハチミツ

 大津市内にある瀬尾養蜂園さんに仕事で伺いました。
 瀬尾さんとお出会いしたのは、もう10年近く前のこと!でもまだハチミツは食べたことがなかったので、買う気満々でした。滋賀県内でも、県外に移動して蜜を集める養蜂家は瀬尾さんだけだそうです。早春は鹿児島、春は大津、滋賀、夏から秋は北海道と、花を求めて旅する蜜蜂と瀬尾さんとお父様なのです。

2008225seo1
 蜂の巣箱。今、防腐剤を塗ってシーズンに備えているところだそうです。蜂さんたちは鹿児島でキャンプ中(笑)。本当に、群を大きくして、働ける大人の蜂を増やし、帰ってきた大津の桜でさっと仕事に取り掛かれるように南国で調整するそうです。プロ野球選手のキャンプと似てるでしょ?と瀬尾さんはおっしゃっていました。

2008225seo2
 巣箱のふたを開けると、板が並べてあり、蜂の巣がびっしり!

2008225seo22
 これは、蜜の詰まった状態の巣です。蜜蝋のフタをナイフではがし、遠心分離機にかけて蜜を取り出します。それを漉して、蜜だけにする、それで完成。瀬尾さんのハチミツは、ほんまもんのハチミツなのです。

2008225seo3
 瀬尾さんのお母様が、タンクからレンゲハチミツをビンに入れてくださっています。寒いと結晶してしまうのだそうです。

2008225seo4bin
 ビンに詰めて、ラベルを貼ってくださったのが、このレンゲハチミツです。2400円。滋賀県南部とされていますが、大津市内のレンゲ蜜だそうです。仰木や伊賀立の田んぼのレンゲから取れました。この地域はお米もおいしいんですよ!県内の花の蜜が欲しかったので、すごくうれしい。

2008225seo5bin
 色もまさにハチミツ色♪

2008225seo6t
 朝食はハニートースト。パンも、葡萄からとった酵母で作ったパンで、ちょっぴりハードタイプです。素朴ながっちりしたパンのほうが絶対あうって思ってたんです。
 食べてみるとやっぱり絶品!
 ハチミツだけなめてみたら、まるでレンゲ畑にいるみたいな香り。味は、甘さにちょっぴり苦味……よく味わうと違うのですが、独特のクセ(変なクセじゃない)があって、子どもの頃になめたハチミツの味が一瞬よみがえりました。「この味だ!」と。実家のオカンはハチミツを大きなビンで買ってた時期があって、冬になると結晶してジャリジャリしてました。でも「本物のハチミツじゃけん結晶するんじゃ」と自慢げでした。

 ああー、幸せなハニートースト。思わずもう一枚!(食べすぎだよ~!)

 関係ないけど、日曜日に聞いたラジオ「山下達郎のサンディソングブック」は甘いものソング特集。海外では「ハニー」などと恋人のことを甘いものに例えるが、日本では「お蜜っちゃん」などとは言いません。と山達さんはおっしゃっていました。そんなことを思いつつ、口いっぱいにハニートースト。

 ▼瀬尾養蜂園
 滋賀県大津市国分二丁目931-42
 TEL 077-537-2671
 FAX 077-534-6004
 サイトで直売あり。あとは大津市内のJA直売所(石山・堅田)で買えます。
 電話してからなら、瀬尾養蜂園に直接買いに行ってもOK。でも、初めてだと道がわかりにくいっす(笑)。

| | Comments (2)

2008.02.21

「風の葡萄」草津店

 ふらっと寄った草津駅前の近鉄百貨店で夕食時間となりました。お店を探して歩いてみると、素朴な雰囲気の垣根が。入り口に回ると、モクモクファーム直営のバイキングレストラン「風の葡萄」でした。

 ディナーの時間のバイキングは大人1人2100円。た、高い!
 でも、店員さんに動揺した顔色をさとられないよう、平静を装いつつ入店。

 普通のバイキングと同じで、お皿を持って自分の欲しい料理を取っていく、というものです。当たり前か。

 内容は洋風・和風のお惣菜や料理、ご飯3種類(白米、雑穀、麦)、味噌汁、洋風スープ、カレー、和洋デザート、コーヒー、ほうじ茶など。品数は十分すぎるほどでした。

 ここで出てしまうのがボンビーな私の悲しいサガ。まず、元を取ろう、という頭があるだけに、必死で品数を多く取りました。

 サラダ2種、ソーセージ2種、ハム2種、豚とリンゴのグリル、大豆の煮物、切干大根の煮物、ゆで野菜、人参、ヒジキの煮物、テビチ、三重の干物(魚3種)、麦ご飯、具たくさんの味噌汁、梅びしお。

 どれも自然な味付けで、特にソーセージは変な味がしない。中でもうまい!と思ったのは、干物。塩の塩梅がよくて、本物でした!これ、酒の肴にしたらいいだろうな~。それと、

 テビチ~!もう一度食べた~い!(絶叫)

 皮と脂肪が、もうプリプリのゼラチン質。全然臭くない。軟骨も柔らかく煮てあるし骨の髄まで食べられました(もちろん骨は食べられませんけどね)。手に持ってかじるので、「肉を食べた!」と満たされた気持ちになりました。店員さんに聞いてみると、モクモクファームで育てた豚なのだそうです。

 お腹いっぱいなのに、コーヒーと豆乳プリン、信楽の丁稚羊羹(水羊羹)、野菜の寒天と、デザートをしっかり食べました。

 お酒は今回は飲みませんでしたが、メニューをチェックしてみると、草津の地酒「天井川」と、竜王の「松の司 楽」、三重の「若戎」、もう一種類三重のお酒でした。あとは思い出せない……。このレストランのある滋賀と、モクモクファームのある三重、どちらもちゃんと選んであって、うれしいです。お酒のアテになるお惣菜も豊富なので、ゆっくり時間をかけてもう一度行きたいです。(土曜日は時間制限90分とのことでした)

 2100円、元とったど~!でも写真はとってないど……。

 ▼農場レストラン風の葡萄 草津店のサイト

| | Comments (4)

2008.02.20

カキのキムチ鍋と鶏とセロリの炒め物

 カキとキムチを鍋で~!

2008219kaki
 最近、近所のスーパーにアミノ酸添加無しのキムチが入るようになったので、大喜びです。豆腐メインでネギとキムチ、ダシは昆布、味付けは、日本酒・キムチ・塩です。最後にカキを入れてフタをして少ししてから火を止めました。熱々うまうま!あったまる~。キムチの酸味が少し加わり、ほどよい辛さ。塩味なのでカキの味が引き立つ気がしました。

2008219serori
 栗東浪漫卵の鶏肉と、セロリ・シイタケを炒め煮にして、あんかけ風にしてみました。油を使ってません。味付けはこちらも酒と塩。ただそれだけなのに、セロリの香りがきいてて、うまいわ~♪

 この料理には、キリンの一番搾りまろやか酵母をあわせたのです。しかし……、このビールを「薄っ!」と感じる私って……。前はそうじゃなかったのにぃ~。ビールじゃなく、私のほうが変わったのでしょう。

| | Comments (0)

彦根からみた多景島

 湖岸(湖周)道路を通る路線バスの窓から見える、多景島(たけしま)です。ちょうど、犬上川の河口にかかる橋を渡っているときに撮りました。県立大学に行く途中です。

2008219takesima
 多景島には、ずっと前に家族でヨットで行きました。

| | Comments (0)

「琵琶の長寿」純米吟醸無ろ過

2008216biwachojungin 先日の東京マラソンの前夜、「琵琶の長寿」を飲んで、東京のほうへエールをおくりました。

味はおとなしめかな……、お酒だけでもいいけど、やっぱ湖魚の炊いたん、焼いたんをあわせたくなります。丁子屋さんに今年も行けなかったなあ。あの鴨鍋と「琵琶の長寿」の「蔵人」生をあわせたいです。

2008216biwachojungin2
 ラベルの裏に書かれた言葉、じっくり読み直しました。お酒を愛する気持ちが込められています。

| | Comments (0)

2008.02.19

雪の滋賀県立大学

 先日、滋賀県立大学に行きました。湖南はそうでもないけど、やはり近江八幡を過ぎると雪がたくさん!

2008219kendai
 キャンパスを渡る風は冷たい。しかしキャンパスでかまくらを作って無邪気に遊ぶ女子大学生の姿はほほえましいものでした。

| | Comments (0)

にごりであそび酒2

 「白川郷」(つい、心の中で「しらかわ・GO!!」とつぶやく私……とほほ)と、清酒を混ぜて「何でもにごり~」。遊びその2です。

2008216nigori2
 刺身には合わないから、オープンセサミのテイクアウトのデリを肴にしてみました。

 焼き豚、ヒジキと根菜のサラダ、カボチャのサラダです。
 焼き豚など、お肉にはにごりはいいのかなあ。

| | Comments (0)

「奥播磨」山廃純米17BY

2008216okunharima17by 「奥播磨」、去年蔵見学に伺って購入したものです。やっと封を切りました。
 箱に入れた状態でひと夏、うちの台所の床に置いたままにしてました。

 熟成されて、燗にむく感じです。熱燗で飲んでいます。飲みやすい……。

| | Comments (0)

2008.02.18

秋田のいぶりがっこ

2008216iburigakko草津市の金澤酒店さんで、秋田名物のいぶりがっこを発見!

ああ、食べたいな~。久しぶりだな~。

たくあんの燻製みたいな感じなんですよね。

このいぶりがっこは、「ハチミツ入れ」で甘めです。

香りがたまらん。。。

2008216iburigakko2

| | Comments (0)

「天井川」古川酒造

 草津市の金澤酒店さんに初めて伺いました。すると、「今日届きました」という「天井川」の新酒が。薄にごりは初めて見ました。すぐに買うことに。

2008216tenjogawa
 当然味は若い!冷蔵で寝かせるといいかも……。無濾過生原酒なので、フタに穴が開いています。アルコール度20度?ひょえ~!飲み過ぎには気をつけよう。

| | Comments (0)

2008.02.17

官能的なチョコレートの誘惑

 浜大津こだわり朝市に、またすてきなお着物姿でおいでくださった、inugaoさんからの差し入れチョコレート。赤い粒々はラズベリーか何かの果実だそうです。

官能的なチョコレートの誘惑
 このチョコ、しっとり柔らかくて見た目は和菓子の練りきりみたいなのです。しかも爪楊枝を刺して食べたので、ちょっと酒のつまみっぽかったのですが……。
 食べてみると、口の中で柔らかくとろけて官能的。なんとも色気のあるチョコレートでした。

 東京の有名パティシエの作品で、関西では某デパートにしか入ってないということだそう。貴重なものをありがとうございました!>inugaoさん

| | Comments (0)

佐知’Sポケットのピタパンセット

 浜大津こだわり朝市で仕入れてきた、佐知’Sポケットのピタパンセットです。

2008217sachi
 チキンと野菜がサンドされたピタパンと、ポテトフライとチキンドラム1本のセット。オーブントースターで熱々に温めて食べたら、うっま~い!

| | Comments (0)

浜大津こだわり朝市「薄桜」

 さっぶ~い雪交じりの風の吹きすさぶ中、浜大津こだわり朝市がいつも通り開催されました。
 お酒は「薄桜」の18BY純米酒無濾過生原酒、15BY吟醸無濾過原酒、18BY純米吟醸原酒(みんなで選ぶ滋賀の酒知事賞)でした。ぬる燗でおいしいのは吟醸。純米はひやONLY。お好みで、それぞれ人気は分かれましたよ~。

2008217asaichi
 しかし、燗すけを擁する小川酒店ブースは強い。今日もお客様がひっきりなしにおいでくださり、お酒もよく売れました。ありがとうございます!ほんまに寒い中、常連さんも多数おいでくださいました。heart01感謝です!

 助っ人のぱあちゃん、お友達のくみちゃん、ありがとう!

 しかし、パフォーマンスコーナーの大道芸人さんのステージを飛び入りでお手伝いされた姉御、ハッキリ言って芸人さんより目立ってましたよ~!大受け!
 おーちゃん作のラベルはバレンタインデーを意識したハート付き!かわいくて女性に大受けでした。

| | Comments (0)

2008.02.16

安井酒造場「初桜」新酒しぼりたて

 今年も安井酒造場さんから、新酒しぼりたてのお知らせが届きました!安井さんとこ、行きたいなあ……。

2008216yasuihatu
 

| | Comments (0)

明日は朝市「薄桜」!

 明日、2月17日 日曜日朝8時~お昼は 浜大津こだわり朝市です。
 今回は増本さんの「薄桜」を扱います。みんなで選ぶ滋賀の酒で知事賞を受賞したあのお酒も売ります。試飲会で味わった方は、特に、どう変わったか、ご自身の舌で確かめてください。

 ▼増本さんに伺ってお酒を選んだ時のブログ記事はこちら

 浜大津こだわり朝市 小川酒店よいかもブースについてのお問合せは
 小川酒店まで。
 滋賀県大津市浜大津2丁目1-31
 電話077‐524‐2203 FAX077‐524‐2212
 ogawa.l@chive.ocn.ne.jp

| | Comments (0)

「自分で作る樽酒」小林酒造

2008216taruzakecup
 北の魔女こと、北海道のじゅんちゃんから頂いた、樽酒の素。杉の巨木の薄切りが一枚、カップの中に入っていて、これにお酒を注いで30分待つ。すると、香りのよい樽酒のできあがり!

 ということで、オトンから送ってもらった「白鶴」本醸造を使ってチャレンジしてみることに。

 ちょっと温めた「白鶴」を注いで、しばし待つ。やはりよい杉の香りがしてきました。20分過ぎたくらいで取り出し、熱燗にして飲みました。確かに香りはいいな~!でも、ちょっとお酒が甘く感じて、イマイチ香りとのバランスが悪いように思えました。説明書には、常温の酒を使うように書いてあるので、温めたのが悪かったのか?

 この樽酒の素は3回は使えるとのこと。今、洗って乾かしています。次回は、うま~い樽酒にするぞ。

 じゅんちゃん、楽しんでます!ありがとう!

| | Comments (0)

本日搾り!

 池本酒造のみんなで田植えをしたお米で仕込まれたお酒が、今日の午後から搾られるそうです。

2008216ikemototanbo_2
 結局、コイを放す日しかうかがえませんでした~。搾りも残念ながら仕事が入っていて伺うことができません。

 どんなお酒になったのか、また後日対面する時を楽しみにしておきましょう。

| | Comments (0)

2008.02.15

にごりで遊び酒

 最近、夜、にごり酒が欲しくて。でも、近所に酒屋さんがなく、スーパーで仕入れることになります。そこで「白川郷」純米にごりを買ってきました。

2008214nigori
 手持ちの地酒で、香りが苦手なタイプと、「白川郷」を混ぜれば、あっという間にオリジナルにごり酒ができました。
 もろみの香りが、苦手な吟醸香を消してくれま~す♪「白川郷」のにごりはどろりとして濃すぎるのですが、ブレンドすると薄まって、いい感じ。って、よく見たら混ぜたお酒は原酒だ~。アルコール度は高くなってるやん!
 ってことで、水を混ぜてみました。うう、しかし割合が難しい。水っぽくなってしまいました。
 たまにはこんな遊びもね~。

 にごり酒に刺身はあわないなあ。甘エビには「萩のながれ」をあわせました。厚揚げをオーブントースターでカリッと焼き、しょうがと大根のおろしを天盛りに。厚揚げは、男前豆腐の「銀銀」という商品名でした。おいしかったです。

| | Comments (0)

ミートローフ

 オープンセサミでランチ。カキのキッシュを今回はやめて、ミートローフにしました。

2008214o
 カキの白味噌あえは、やっぱりうまい!ひとつ丸ごとほおばると、口いっぱいの幸せ♪

2008214oc
 淡い色合が春らしいチューリップ。すてきなのでアップで。

| | Comments (0)

2008.02.14

バレンタインデーもやっぱりコレだ!

 仕事先で、独身女性お2人からバレンタインギフトを頂いてしまいましたheart01
 もー渡す日だってことすっかり忘れてた私と比べて、さすが現役の心配り!仕事先でもちゃんとポイントを絞って男性に渡しておられました!

2008214v1
 何が入っているのかな~♪

2008214v2
 中身はなんと、とちらも酒だっ!
 左は日本酒で、「白雪」江戸元禄の酒の復刻版だそうです。原酒、「山田錦」100%と書いてあります。アルコール度18度、純米のようです。柱焼酎の添加はしなかったのね(笑)。
 右は、ゴディバのホワイトチョコレートリキュール。カクテルの素材や、コーヒー・アイスクリームのトッピングにも、と書いてあります。

 お2人とも、私のことをよ~く理解してくださっているわ、うるうるsweat02

 ありがとうございました! ホワイトデーは忘れません!

| | Comments (4)

バレンタインデーに日本酒「とりゅふ」

 ちょっと~!バレンタインデーって今日だったの?
 チョコだけ仕入れて満足してしまい、すっかり渡すのを忘れてた私。アホやん!今年は失敗だわ。(何がやねん>自分)

2008213namibonbon
 大津市の洋菓子屋さん、ヤマダヤがオリジナルで作っておられるのが、浪乃音の純米吟醸を使った「吟醸とりゅふ」と「吟醸ボンボン」です。4個入り700円(だったと思います、確か……)。

 中身は右のようなチョコです。おいしかったです~♪ただ、酔っ払って味見したので、一気に食べてしまって……微妙な香りや味の表現はできません。

| | Comments (0)

2008.02.13

「萩のながれ」福井弥平商店

 いただきものの「萩のながれ」無ろ過生原酒。すごく香り立つフルーティなお酒なんですが、これは昨年のもの。平成19年1月31日上槽(じょうそう、搾ること)だそうです。全然、変な熟成香はないですよ!

2008213hagino
 「山田錦」60%精米。
 味わいはすっきり、無濾過生原酒ですが、1年熟成されて優しく上品な甘さ。
 今回は豚の水炊きと、占い姉さんに頂いた菜の花の辛子和え、サバのへしこ(姉さんの福井土産)をあわせてみました~♪
 香りは高くても水炊きの邪魔にならず、かといってへしこにも負けない太さがあります。翌日は、酢ガキ(大根おろしあえ)とあわせてみましたら、これが一番あうようでした。カキが生臭くない。お約束の飲み過ぎで~す。

 ありがとうございました!>ごんたさん

 萩のながれ、というのは、確か琵琶湖の浜の名前だったと思います。福井弥平商店のすぐ近くのはずです。とても歴史があって優雅な名前ですね。

 ……って、全然違いました~!
 福井専務さんに教えてもらったら、草津市の金澤酒店のお客さんのグループが独自に囲ったお酒で、命名も「どのように熟成するものか、3年同じ酒を追いかける」という意味の「ながれ」なのだそうです。
 昨年1月末の搾りたてのときに蔵を訪問して、味をみて選んだものを一升ビンで置いておき、必要な分だけ4合ビンに詰め替えてグループの方に出しておられるそうです。ラベルもオリジナル。

 なるほど~!市販されてない貴重なお酒だったんですね。

| | Comments (0)

2008.02.12

辻一(つーじー)

 先日、辻一(つーじー)で、すごーくお久しぶりの方と飲みました。何年ぶりかな~。お互い、杜氏ちゃう、当時は日本酒好きということを知らなかったので初めてごいっしょすることに。

2008210t1minnna
 「不老泉」の丸喜屋さんオリジナル、雄町無濾過生原酒。
 裏ラベルはこちら↓。去年のものなので、お店にもありませんでした。
2008210t2minnnaura
 穏やかに上品に熟成していました。

2008210t3oden
 すごーくダシが染みてました。焼き豆腐特に!

2008210t4asahi
 「十字旭日」。あー、もう味忘れてるし!とほほ。

2008210t5suna
 砂肝。カウンターに座っていると、ニンニクを炒める香りがしてきて、たまりません!

2008210t6mukade
 「無風(むかで)」。これは、純米大吟醸なのに燗酒のところに入ってました。確かに燗がうまかったです。
2008210t7mukadeura

2008210t8aiyama
 酒米「愛山」の酒?
2008210t9aiyamaura
 いえいえ、違いました。「新千本」って確か飯米だったはず。これは熟成しててチョコレートのような味わいでしたよ。

2008210t10jabara
 最後は「じゃばら酒」。和歌山のじゃばらという果実を使った酸っぱい酒。とっても酸味がきいているので、目が覚めます。私は好み♪

 ほかに料理は、長芋のバターソテー、鶏肝煮、さつまあげなど。(辻さん料理の説明間違ってたらごめんねheart01
 お会計は3人で1万円で百円玉が少し返ってきました。おいしかったです。ありがとうございました~。


四辻の辻一(よつつじの・つーじー)

大津市長等3の3の12
TEL:077-522-8932
 090-8237-4616
営業:17:00~24:00
 ※予約すればお昼もOK
定休 不定休

席が少ないので、予約しておくと安心です。

| | Comments (4)

作品展「猫又の世界」多賀の自然と文化の館

 顔出し看板の本『カオダス』で私が取材させていただいた、猫又さん(ペンネーム)の作品展が、多賀町の博物館で開催中です。

 もちろん、顔出し看板も展示されています!
 「鳥獣戯画」に出てきそうな、かわいい猫やウサギの彫刻、仏画など、すごい数だそうです。
 猫又さんの奥様からお誘いいただいたのです。私ももう少し暖かくなったら見に行きますね~!

2006122neko8neko
↑これは、前に能登川博物館で展示会があった時のもの。

文化財センター企画展「猫又の世界 ~敏満寺を発掘した人~」
2月9日(土)~4月6日(日)

多賀の自然と文化の館

〒522-0314 
滋賀県犬上郡多賀町大字四手976-2 
あけぼのパーク多賀内TEL:0749-48-2077

開館時間:9:30~17:00
休館日:月曜日・祝日の翌日
観覧料: 16才以上200円 16才未満無料

| | Comments (0)

お別れの言葉よりも

 昨日はお通夜、今日のお昼に告別式があり、伺ってきました。

 ゆうべ、滋賀のこの地域にしては、雪のない暖かいくらいの不思議な夜でした。細い月がかすんでいました。「直接お別れを」と勢いで伺ったものの気後れして、玄関でお焼香だけして帰りました。

 今日の告別式は凍える雨の降る中、やはり不思議でした。ご本人が、笑いながらひょこっと現れはるのではないか、と。ずっと信じられないのです。

 2001年に滋賀のお酒で日本酒のすばらしさに目覚めて、ご縁があって最初に伺ったのが、こちらの蔵でした。それは雪の残る真冬、きっちりとした研修会でした。それから6年……。

 お蔵の酒を飲めば再会できる。お見送りをしながら心に浮かんだのはお別れよりも、感謝の言葉でした。本当にありがとうございました。

                               合掌

| | Comments (0)

2008.02.10

「びぃめ~る」10周年記念特集「発達障害って何?」

 元気情報発信基地びぃめ~るの発行、なんと10周年。
 みんなが総力をあげて取り組んだ記念特集を読んでみてください!(私は特集には関わってないですが……)

▼特集「発達障害って何?」(pdfファイル)

 これ、60号です。創刊準備号(0号)を手にした時のドキドキが、今の私を作りました。

 

| | Comments (0)

いわしちくわ

 占い姉さんからの差し入れ、いわしちくわ!久々にちくわ笛にチャレンジ!

2008210chikuwa
 な……鳴りませぬ~sweat02

 はっ!能管の練習をしなきゃ。

| | Comments (0)

「若鶴」特別純米とデリと突き出し皿

 オープンセサミさんのランチが絵になることを、オーナーのつぼやまさんに言ったら、「白い皿だと、少量でも見栄えがするよ」と。その言葉が頭に残ったまま雑貨屋さんに寄ったところ、この突き出し皿が目に入ってきました。

2008210wakatsuru
 こんなお皿が欲しかったの~♪
 と、いっぱい買いました。この3連をはじめ、四角くてくぼみが4つのもの、2つのもの、1つだけのもの。
 全部並べるとしつこそうだけど……(笑)。オープンセサミのデリをちょこっと置いても、肴らしくていいでしょ?

 さすがにカキのキッシュは入りきらないので、丸いお皿に。

 「若鶴」ひやで、キッシュと合わせ、居酒屋気分満喫しました。もちろん、カキの味噌あえもあいます♪

| | Comments (0)

師匠一門でお鍋の会

 昨日は京都で笛の師匠の一門が集まり、お鍋の会が開催されました。
 お稽古場は京都と大阪にあるので、両方で習っている弟子が集まるのは年に一度です。だから、師匠はこの会をとっても大切にされています。
2008291yuki
 会場は京都の町家を利用した宿泊施設です。雪の降る寒い日となりました。

2008292junbi
 昨年は準備ができったころ食べに行って、片付けもせずに帰った私ですが、今回は準備から関わりました。

2008293botan
 お鍋はボタン鍋。持ち寄った味噌3種類をブレンド。

2008296yosenabe
 寄せ鍋は、生タラ、ハモ、サワラ、ブリ、そして、一羽分の鶏。とっても新鮮でおいしかったです。
2008294yosenabe
 お皿の間のビンは、このわた!これを1本ずつ、つる~っと食べつつ熱燗。うまいっ!

2008295potesara
 足や頭もダシにして大根を煮ました。これがまたうまい~!ポテトサラダも山のように!占い姉さんの作品!おいしうございました。ほかにも、山形県出身の人が作ってくれた、本場の芋煮もおいしかったですよ。


 私は日本酒担当で、滋賀の3種を持って行きました。「不老泉」うすにごり 純米吟醸 山廃仕込、「大治郎」迷酒(まよいみず)、「萩乃露 芳弥」純米 2002山廃仕込です。「芳弥」は熱燗にして喜ばれました。
 さすが、能管をたしなむ皆さん。日本酒の差し入れが多く、うれしい私。
 差し入れは占い姉さんの吉野土産「しぼりたて」。ラッキョ兄さんの「梅錦 大吟醸滴」、「玉乃光」。
 残念、写真に撮るの忘れました~!

 準備は3時集合、でもあっという間に開始時刻となり、楽しく食べて飲んで笑って、解散時間に。片付けを途中までして、電車の時間が気になるので早めに帰らせていただきました。

 最寄駅からの帰り道は、雪が溶け残って、凍りかけ、しゃりしゃり。うちの近所の道路はツルッツルに凍っていました。明日の朝が怖いよ~。

 笛、お稽古しなきゃ!という気持ちを新たにしたあひるなのでした。

 あ、そうそう、占い姉さんに、ちくわを6本頂いたので、また吹いてみようかな♪ありがとうございます。

| | Comments (0)

「若鶴」

200827wakatsuru これは、先日丸喜屋さんで買った「若鶴」です。
 1年ものの「雄山錦」のお酒。燗にしたらおいしいだろうな~。と言って買ったのに、ついひやでほとんど飲んでしまいました。もったいない~。

| | Comments (0)

2008.02.08

スペアリブ

 オープンセサミでランチ。すっごくお腹空いていたので、肉とかいっぱい。セレクトセットに別注でスペアリブ。

スペアリブ
 チキンパテにカキの味噌あえ、ヒジキと根菜のサラダ、ポテトサラダ。今回はニューフェイスとして切干大根の煮物が!気がつくと、カキの味噌あえも、ヒジキのサラダも和風だわ。
 パンも別注です。
 スペアリブのお肉を口いっぱいにほおばって、幸せ。お腹いっぱい。いつもおいしい充実した時間をありがとうございます。

| | Comments (0)

「浪乃音」特別純米にごり生とカツオのたたき

 「浪乃音」特別純米にごり生とカツオのたたきをあわせてみました。にごりもあっさりめ。甘口ですが、炭酸もピリリとしているので、そうベタ甘くなく後口は切れます。香りは麹のよい香り。先日丸喜屋さんで買って来たワイングラスだと、香りが逃げないのでとっても楽しめます。

200827nami
 この酒、なんぼでもいけるわ~。
 今回はカツオのたたきサラダとホタテの刺身にあわせてみました。菜の花のおひたしも。生ワカメとチシャと菜の花、グリーンスプラウトの色が、「浪乃音」の緑のラベルとおそろい♪緑一色、一気通貫、ドラ3くらいの気分で。(おっと、魚貝より鶏のほうがイーソーらしいか……)

 カツオのたたきサラダに欠かせないのはショウガと玉ねぎスライスとごま油です。カツオに合います!海草類を取り合わせてもおいしい。

| | Comments (2)

2008.02.07

ホタテのマリネ

 オープンセサミさんでホタテのマリネ発見!これも季節限定なのよ~♪大好き。
200827ol_2
 奥のカップに入っているのは、ひじきと根菜のサラダ、フルーツサラダ(ヨーグルトであえてある)です。あとは、キノコのグリルと、カボチャとナッツのサラダです。5種類のデリを選べるオープンセサミセット、980円(税別)です。パンは別注で~す。100円くらい。

 カキはテイクアウトなのさ♪

| | Comments (2)

大津市の酒屋 丸喜屋

 先日、浪乃音酒造の後で、大津市の酒屋、丸喜屋(まるきや)さんに初めて伺いました。おーちゃんは同業だしよく知ってはるようでしたし、姉御は以前、酒造組合のイベントで顔を覚えておられたようでした。私はよくお名前は聞いていたのですが、お店は初めて♪

200825m1omote
 最近、移転され、新しい建物にされたのだそうです。

200825m3reji
 中に入ると、すてきな木の香り!天井はなく、吹き抜けで棟木が見えます。蔵のようです。
 ご主人、こだわってはりますねえ!奥様との二人三脚で蔵訪問などもいっしょにいらっしゃっているそうです。(奥様、ブレてすみません!)

200825m2reizoko_2
 入って左手一面冷蔵庫!滋賀の地酒は奥のほうに、ほかの地域の地酒も充実。右手には、その3分の1くらいの冷蔵庫があり、ベルギービールがそろっています。

200825m4siinomote
 ずらりと並んだ試飲のビン! これは、「雄山錦」という酒米を使ったお酒を比べさせていただいたものです。初めて聞く酒米に興味津々。新酒より、昨年のものがうまい……。そして、「山田錦」の酒とも比べると、「雄山錦」の酒のほうがずっとおもしろい。「山田錦」の酒だと、どこにでもありそうな、キレイ系のおいしい酒でしたが、「雄山錦」のほうは、もっと深まりがあって複雑な旨みがあります。一年熟成のものは燗したくなる苦味と酸味があるし。

200825m5ura
 裏のラベルも写しました~。拡大してみてくださいね。

200825m6sakebag
 4合ビンを包む、布製のバッグ。丸喜屋さんオリジナルの500円。かわいい!一升瓶が2本入る布製バッグや酒燗器などの、お酒周辺グッズも。

200825m7wine
 こちらはワインコーナーです。他にも自然食品コーナー、ワイングラスのコーナーなどいろいろ見てて楽しい!
 今は、季節のバレンタインチョコもありました。焼酎ボンボンなどね♪

 ご主人のお話もお酒に関することは尽きない!サイトを拝見すると、年に数回お酒の会を主催されたり、蔵見学会を行っておられます。特に無ろ過生酒好きが行くと、すっごく楽しいお店です~!ありがとうございました!

 詳しくはサイトにアクセスしてくださいね。リンクしておきます。

丸喜屋

営業時間  AM 10:00~PM 8:00
定休日   木曜日
大津市衣川3丁目1の9
ご注文専用電話:0120-39-2364
Tel:077-573-2364
Fax:077-573-6939

| | Comments (0)

2008.02.06

光化完了

 インターネットの接続環境をついに光shineに変えました。長らくADSLだったのですが、IP電話がブチブチ切れることも多くて、いやになったのです。
 今日工事が完了し、もう使用を開始しています。設定も前より簡単にできるようになっていました。

 ネットが前よりサクサク見られる気がします~♪

 ただ、料金については、どこがお得かよくわからず仕舞い……。電話も光電話にしましたが、安いんだか、高いんだか?

| | Comments (0)

浪乃音酒造の新酒

 さて、朝市のお酒決めです。余花朗でお昼を頂いているとき、中井さんがお酒を持ってきてくださいました。

200825n1nakaisan
 この前のBBCのテレビの特集のお話など伺いつつ。

200825n2sake
 今年の新酒3種類です。左から「渡船」50%精米斗ビン取り。無ろ過生原酒、「雄町」中汲み生原酒、特別純米のにごり生です。今年の酒米は全体的に溶けないと、平井さんも中井さんもおっしゃっていました。
 「渡船」は、去年搾りたてのときは、あまり味がない感じでしたが、今年はもうかなり味があるようでおいしく感じました。酒が激しく変化することが多い「渡船」ですから、このお酒もこれからどう変化するのでしょう。
 で、私が個人的に買って帰ったのは、特別純米のにごり。えへへ、にごり好き、炭酸味好きなもので~。
 
200825n3kura
 今年の新酒をきかせていただき、朝市に出すお酒を囲うことにした、おーちゃん。こちらは浪乃音酒造の玄関です。毎月、第4金・土曜日に、お酒の量り売りを継続されています。これが最初一日だけだったのに好評につき2日になったのだそう。確実にお蔵のファンが増えているようですね!

 甑倒しまでもう少しという、お忙しい中、中井さん、蔵の皆さんありがとうございました!

 3月、「源氏物語千年紀」特集をお楽しみに~♪

 あ、そうそう、テレビで謎だった「日本酒を底上げする会」とは、京都のYAOYAさんで行われた「蔵元を囲むに囲まれる会」のことだそうです。やっと、かぼスッキリ!

| | Comments (0)

冬の余花朗 粕汁御膳

 先日の朝市に出すお酒決めの蔵めぐり、平井商店に続いては、浪乃音酒造です。

200825y1genkan
 でも、その前に余花朗(よかろう)でお昼ごはんを頂きます。今まで夏だけの営業だったのですが、今年からは1月から3月まで完全予約制で平日のみ営業されているのです。

200825y2niwa
 冬のお庭もすてき。

200825y3robai
 玄関に入ると、お香が焚かれ気持ちよく、また蝋梅が活けてあって早春らしさが感じられます。

200825y4gozen
 テーブル掛けとお弁当の容器の色合いがきれい!

200825y5syakkei
 お庭の借景は琵琶湖。冬なのでよく見渡せる気がします。

200825y6bento
 お弁当のフタをあけると、またかわいい!手まり寿司に、蕪の炊いたん、魚卵の煮物、魚(湖魚なのですが、何かわかりません)豆、わけぎとイカのぬた、焼き魚とはじかみ、卵焼き。どれも上品な味付け。

200825y7up
 拡大してご覧ください♪

200825y8sake
 お酒は、食前酒はカボス果汁と普通酒のブレンド「かぼスッキリ」、そして大吟醸「雄町」、「愛山」など。おいしうございました。

200825y9omigyu
 そのうちに近江牛が焼けるよい香りが!バター焼きをダシで割ったポン酢醤油で頂きました。うふふ。

200825y10kasu
 近江牛を食べてから、ご飯と粕汁、お漬物。ご飯はつやつや! 大津市の伊香立(いかだち)のお米だそうで、日野菜のお漬物もそこの農家さんの手作りだそうです。この組み合わせが最高においしかったです。粕汁ももちろん、浪乃音酒造の粕を使ってあって、具にはちくわや薄アゲ入り。温まります。
 お漬物のお皿も、とっても古そうなすてきなものでした。塗りのお椀も古いものだそう。ため息……。

200825y11cafe
 デザートには大津市のヤマダヤさんの日本酒ケーキ。イチゴは、ご近所さんの朝摘みイチゴです。この大きさと、甘さにはびっくり!イチゴの花も可憐ですね。

200825y12cakeup
 酒をほとんど感じない、しっとりしたカステラ。材料を見ると、酒粕も使ってあるようです。これならお子様でもOK。
 はあ、幸せ~!うっかり目的を忘れて食事だけして帰りそうになりました(笑)。危ない危ない。

200825y13okusamas
 中井さんの奥様と、魚屋さんの奥様。本当にいつもすてきなお料理と時間をありがとうございます!

冬の余花朗(よかろう)
[営]1月~3月 11:00~、13:30~ 土日祝休
[場]大津市本堅田1丁目6-16
[¥]3500(余花朗弁当)、日本酒「浪乃音」

[P]有
[問]077-573-0001
※4名以上、完全予約制、前日15:00までに連絡を。

| | Comments (0)

2008.02.05

滋賀県立大学の夕暮れ

 先週、滋賀県立大学に行きました。ちょうど夕暮れ時にバスを待っていたら、景色がきれいだったので。

200823ku

 この高い棟は、エンピツ塔と呼ばれているらしいです。

 しかし、やっぱり観光施設に見えてしまう私……。
 

| | Comments (0)

「浅茅生」平井商店へ

 昨日は、朝市の三月のお酒を決めるために姉御&おーちゃんと、大津市の平井商店さん訪問をしました。

200825a1kura
 大津市の商店街にある、平井商店。このすぐ奥が仕込み蔵になっています。

200825a2hiraisan
 蔵元杜氏の平井さんです。「浅茅生(あさじお)」昨年の「吟吹雪」の純米酒をきかせていただきました。

200825a3sake
 これが、「源氏物語千年紀」のお酒です。ラベルは同じ絵をもとに作られていますが、福井弥平商店のものとはまたイメージが違っています。大津市の浪乃音酒造をあわせ3種類の「源氏物語千年紀」のラベルの酒が朝市にそろいます。お楽しみに!

200825a4window
 春らしいお花が活けてあるショーウインドウです。

 平井さん、奥様、仕込み中お忙しいところ、ありがとうございました!

▼平井商店のサイト

| | Comments (0)

スカシカシパン

 アイドルのしょこたんがテレビで言ってたので記憶にあった、スカシカシパンを買いました。125円。ローソンです。

200825sukasi
 しかし、このパッケージデザインはどうかと思いました。だって手を出すのがためらわれましたからね~。レジに出すのもちょっと恥ずかしい(笑)。さっそく、携帯サイトにアクセスし、スカシカシパンマンのアニメムービーを見ました。とほほでした。

200825sukasi2
 中身はこんな菓子パンです。くぼみの中に、ハチミツみたいな甘いクリームが入っていて、ふわふわで、フツーにおいしい菓子パンです。
 スカシカシパンって、小学校の時、貝殻の採集標本を作ったときとかに本物を拾ったことがあるかも。いや、図鑑で見たのか?それともタコノマクラだったか?
 スカシカシパンに目をつけるとは、さすがだ。しょこたん、がんばれhappy02

| | Comments (0)

カキのキッシュと味噌和え

 オープンセサミさんでランチです。冬の味、カキのキッシュと味噌和えは外せません。

200823l
 旬のホウレンソウも甘くておいしい。ブタバラと大豆のトマト煮は、ほかほか。やさしい味。

 カウンターには菜の花が。春らしいですね~。本当は雪もよく降って寒いけどね……。
200825nanohana


open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084

OPEN 11:30~20:00
  定休日  日 月 祝日

| | Comments (0)

2008.02.03

居酒屋 加夢居(かむい)

 先日の久々の笛のお稽古のアフターは、居酒屋 加夢居(かむい)さんでした。姉弟子お2人とともに♪
 推パン店(地酒バーパンチさんの推薦店の意味)なので、期待できます!

200823k1tukidasi
 お通し。最初は生中だったんですが、日本酒が欲しくなるアテでした。ワサビの粕漬けなど。

200823k2sasimi
 そして、「とれたてその日の旬のお造り」盛り合わせ、このお刺身は生マグロとハタハタと、なんとかダイでした(忘れてしまいました)。どれも新鮮で、脂がのってて甘い! こんな刺身、めったに食べられない! もう大喜びです! 日本酒が欲しくなります!幸せです!

200823k4maguro
 本マグロのタルタルユッケ(840円)、だったと思います。いろんな具と、混ぜ混ぜしていただくのですが、たぶんクリームチーズとかアボカドがあったと思います。これもあまりにもおいしいので、日本酒が欲しくなりました!
 
 燗酒1合を注文したら、まず「竹鶴」。次の1合は「不老泉」の赤ラベルと「常きげん」のどちら?と聞かれました。普段飲まない「常きげん」にしました。
 かなりの熱燗で、「竹鶴」は酸味と旨みが両方出てました。「常きげん」も酸味が最初くる。ちょっとさめると酸がおとなしくなってバランスよくまろやかになる気がしました。もちろん、どちらも熱燗にしても、アルコールがツンツンくるような酒ではありません。寒い夜にはうまい燗です~。

200823k5nikudofu
 この日のアフターお稽古のテーマは「鍋」。ということで、ミニ鍋を2種類注文。写真は肉豆腐です。甘辛いダシで、牛肉と豆腐と三つ葉を煮て、溶き卵をつけて食べます。そしてもうひとつは、豚肉のピリ辛味噌鍋でした。これも、ピリッとした味噌味のダシで豚肉、豆腐、春菊などを煮て食べます。どっちもおいしかったです。肉豆腐の溶き卵が余ったので、豚肉の味噌味のダシで少し煮てみたら、おいしかった~!

200823k6yakioni
 〆には焼きおにぎりでした。一人一個注文したので、出てきた時にはちょっと大きめかな?と思いましたが、香ばしく焼いてあっておいしいのでぺろり。
 
 メニューには滋賀の甲賀市の「北島」で日本酒に目覚めた、とあり、うれしい限り!

 4人で1万円ちょうどでした。お一人は酒・ビール無しのお茶だけ、〆のおにぎり無しだったので1300円、あとの3人は2900円にしました。うう、どれもうまいけど、ほんまにお刺身最高なお店です!しかも日本酒のラインナップも充実しててうれしい!パンチさんと師匠に感謝です~。

京都市中京区東洞院 六角下ル東入 
ロイヤルプラザビル2F
075-211-6122
営業:月~土17:30~23:30
※事前予約で時間外でも営業可

200823k7mise

| | Comments (4)

守山駅に猫

守山駅に猫
夕べ帰りの守山駅に猫がいました!

電車が来ない線路をゆうゆうと横断してホールに飛び上がってました。

餌があるようです。

電車に気をつけてね…!

| | Comments (0)

2008.02.02

布袋寅泰コンサート

 HOTEI and The WANDERERS FUNKY PUNKY TOUR 2007-2008  ということで、守山市民ホールに行ってきました。

080202_21450001これは守山駅前のイルミネーション。

 布袋さんの曲で知っているといえば「バンビーナ」、デュオでの「ビーマイベイビー」くらいしかないのに、ケイミーさんと2人で行きました。

 全然知らない曲ばかりだけど、いきなり会場はオールスタンディング状態。
 乗り遅れ。しかし座ってたら見えないので、一応立つ。少し前の席に子連れカップルがいて、2歳くらいの子もいっしょに人差し指を振り上げてノリノリだったので、私もマネしました~(笑)。

 しかし、布袋さんのカッコいいこと!
 次第に引き込まれ、中盤のアコースティックなアレンジの「バンビーナ」など知ってる曲で、もうたまらんなって、トランス状態に(汗)。

 アンコールでやっとMCがあり、「ロック一筋25年」「46歳」「守山にロックバンドが来たのは10年前のハウンドドック以来」、大受けでした。
 3時間のステージでほとんど動き続けてステップを軽やかに踏んで、足を高く上げて、疲れを見せない、あんな46歳いないし。
 お誕生日だったのか、会場からバースデーソングが歌われていました。そして、布袋さんがアコースティックギターで一人で歌った曲、めっちゃよかった!

 今まで、布袋さんの曲は正直言って、ノリはいいけど歌詞は軽いな、って思ってたんです。でも、今回のコンサートでは、この人の音楽は演奏ひっくるめて聞かないといけないんだ、歌詞だけでは完結しないんだと感じました。


 バンドのメンバーも不必要なくらい踊る踊る!すごい人たちでしたよ。
 あ~、楽しかった~♪

| | Comments (0)

2008.02.01

「直」北島酒造

 去年の2月5日に蔵出し、と手書きがあるお酒です。蔵出しの、その日の朝搾って出荷された普通酒の無濾過生原酒です。私は最初に出た年に飲んだきりですが、冷やしてみると、飲みやすくなったお酒という印象を持っていました。搾りたてですから、当たり前ですが、若かったのです。でも、一年近く冷蔵庫で小川酒店で熟成させただけあって、旨みがふくらんでいます。添加されているアルコールも、とがってなくてまろやかに。

200821choku1
 カツオのタタキと。カツオの生臭みを消してくれたネギの強烈な味にも負けない。太くていい感じのお酒です。

200821choku2
 熱々の豚の水炊きと。白菜は、姉御のダーリンマツさんの畑の甘いもの、そして水菜はびぃめ~るのコミさんの畑の元気一杯のもの。おいしかったです!ありがとうございます。

 ついつい、飲み過ぎ~。

| | Comments (4)

オヒャラ再び!

 長らくお休みしていた、能管のお稽古に行きました。京都のお稽古場は、町の中の神社の会館。そのお座敷に上がるのも何ヶ月ぶりでしょう。

 音がきれいに出ない。 ドキドキして音がふるえる。指を忘れる……。
 笛を当てている下唇の下のアゴが汗びっしょり。

200821fue
 これがマイ笛です。今はinugaoさんに頂いた、神社の鳥居とおキツネさんのデザインの風呂敷で包んでいます。とってもかわいい。(inugaoさんありがとうございます♪)
 
 そばにおいているのは、楽譜です。お調べ(チューニング)の次に習ったもの。中之舞の取り掛かりのところまで行っていたのに、ここからやり直しです。とほほ。
 
200821hurosiki

 でも、笛を吹くとすっごく気持ちいい!これから練習するぞ~!

 私は師匠の社中の「ちくわ部」らしいです。他に「自転車部」もあります。

| | Comments (4)

« January 2008 | Main | March 2008 »