« 滋賀県立大学の夕暮れ | Main | 浪乃音酒造の新酒 »

2008.02.06

冬の余花朗 粕汁御膳

 先日の朝市に出すお酒決めの蔵めぐり、平井商店に続いては、浪乃音酒造です。

200825y1genkan
 でも、その前に余花朗(よかろう)でお昼ごはんを頂きます。今まで夏だけの営業だったのですが、今年からは1月から3月まで完全予約制で平日のみ営業されているのです。

200825y2niwa
 冬のお庭もすてき。

200825y3robai
 玄関に入ると、お香が焚かれ気持ちよく、また蝋梅が活けてあって早春らしさが感じられます。

200825y4gozen
 テーブル掛けとお弁当の容器の色合いがきれい!

200825y5syakkei
 お庭の借景は琵琶湖。冬なのでよく見渡せる気がします。

200825y6bento
 お弁当のフタをあけると、またかわいい!手まり寿司に、蕪の炊いたん、魚卵の煮物、魚(湖魚なのですが、何かわかりません)豆、わけぎとイカのぬた、焼き魚とはじかみ、卵焼き。どれも上品な味付け。

200825y7up
 拡大してご覧ください♪

200825y8sake
 お酒は、食前酒はカボス果汁と普通酒のブレンド「かぼスッキリ」、そして大吟醸「雄町」、「愛山」など。おいしうございました。

200825y9omigyu
 そのうちに近江牛が焼けるよい香りが!バター焼きをダシで割ったポン酢醤油で頂きました。うふふ。

200825y10kasu
 近江牛を食べてから、ご飯と粕汁、お漬物。ご飯はつやつや! 大津市の伊香立(いかだち)のお米だそうで、日野菜のお漬物もそこの農家さんの手作りだそうです。この組み合わせが最高においしかったです。粕汁ももちろん、浪乃音酒造の粕を使ってあって、具にはちくわや薄アゲ入り。温まります。
 お漬物のお皿も、とっても古そうなすてきなものでした。塗りのお椀も古いものだそう。ため息……。

200825y11cafe
 デザートには大津市のヤマダヤさんの日本酒ケーキ。イチゴは、ご近所さんの朝摘みイチゴです。この大きさと、甘さにはびっくり!イチゴの花も可憐ですね。

200825y12cakeup
 酒をほとんど感じない、しっとりしたカステラ。材料を見ると、酒粕も使ってあるようです。これならお子様でもOK。
 はあ、幸せ~!うっかり目的を忘れて食事だけして帰りそうになりました(笑)。危ない危ない。

200825y13okusamas
 中井さんの奥様と、魚屋さんの奥様。本当にいつもすてきなお料理と時間をありがとうございます!

冬の余花朗(よかろう)
[営]1月~3月 11:00~、13:30~ 土日祝休
[場]大津市本堅田1丁目6-16
[¥]3500(余花朗弁当)、日本酒「浪乃音」

[P]有
[問]077-573-0001
※4名以上、完全予約制、前日15:00までに連絡を。

|

« 滋賀県立大学の夕暮れ | Main | 浪乃音酒造の新酒 »

お店」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

滋賀の地酒【湖南】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 滋賀県立大学の夕暮れ | Main | 浪乃音酒造の新酒 »