« 「七本槍」純米粕仕込みパン | Main | 「緑山」純米吟醸 »

2008.04.25

岡山の県立高校の酒「興陽」

2008425o2先月岡山の実家に帰省したとき、飲んだお酒です。県立興陽高校の農業科で育てた「雄町」を使って、県立久世(くせ)高校の学生が醸したお酒「興陽(こうよう)」です。

醸造・販売元は辻本店。「御前酒」の蔵元さんですね。

味見してみました。父や弟、みんな「辛口じゃ」と言っていました。私もアミノ酸少なっ!って思いました。それに、まだ若すぎるし。もうちょっと寝かせてから出荷したほうが味が出るのではないかと思われました。そっけない印象です。これって高校生が造った、という先入観に左右されているのかなあ……。

2008425o3
 このラベルは興陽高校の先生がデザインされたものだそうで、高校の航空写真が岡山県のシルエットに切り抜いてあります。

2008425o4
 裏ラベルを見ると、純米酒なのがわかります。精米歩合65%。ビンが透明なのは、早く飲んでね、っていう意味なのでしょうか。ヒモで結んであるところなんてとっても凝ってますよね。

 弟なんかは「高校生は造っても味見できん。意味ねえがな」と言ってました。自分たちの作った米でできた酒、そして自分たちが関わった酒という経験を持っている高校生は将来日本酒に対してビールなどよりも身近な感覚を持ってくれるんじゃないかと、私は期待します。
 どの程度酒質の設計や造りの現場に関わらせてもらったかにもよるでしょうけどね。

 市販はされてないのではないかと思われますので、こういう酒もあるってことでご紹介。

|

« 「七本槍」純米粕仕込みパン | Main | 「緑山」純米吟醸 »

岡山」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「七本槍」純米粕仕込みパン | Main | 「緑山」純米吟醸 »