« 雨降りランチ | Main | 晴れた日の花壇 »

2008.04.10

映画『容疑者Xの献身』のキャスト

 映画『容疑者Xの献身』のキャスト発表、ずーっと待っていたんです。原作は東野圭吾。
 ドラマでは主人公の湯川学は福山雅治、女性(原作では男性だったはず)刑事は柴咲コウでした。それは映画も同じだと早くからわかっていました。
 私が知りたかったのは、この作品のもう一人の主人公ともいうべき石神哲哉を演じるのが、誰かということ。

 そして今月、それが堤真一だというニュースが。

 ちょっと待ったーーー!

 石神という人物の外見、私の記憶にある原作での設定は、頭髪は年齢相応より薄く、開いてるかどうかわからないくらいの細い目、柔道やレスリングなどの格闘技をやっている証のカリフラワーのような耳、太い首……。湯川と同期なのに老けてて、めちゃめちゃ風采があがらない人物だったんですけど。

 堤さんでは違いすぎないですか?伏線、なくなりませんか?

 もっと渋いバイプレイヤーを期待してたのになあ。「えっ?この人か~。凄みがあっていい演技しそうだ(喜)」みたいなことを、つぶやいてしまうようなキャスティングを。だって、石神という人は一見うだつのあがらない数学教師でありながら、単なるお隣さんのために考えられないことをやってのけるんですから。鋭い推理をする湯川も一度はだまされかけるくらい。

 この配役でストーリーにも変化がありそうだし、なんだかなあ……。

  確かに堤さんなら、華があります。それに存在感たっぷりの役づくりをする人です。凄みも色気も狂気も役によって演じ分けられます。だから堤石神、それはそれで楽しみではありますが。

|

« 雨降りランチ | Main | 晴れた日の花壇 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雨降りランチ | Main | 晴れた日の花壇 »