« 朝市で佐知のお弁当 5月 | Main | 韓国のじゃがいもラーメン »

2008.05.20

「大治郎」滋賀渡船6号 純米吟醸 生

 朝市の日の晩酌は「大治郎」滋賀渡船6号 純米吟醸 生と、佐知さんのお惣菜で豪華!

2008518asa1ban
 筍とコンニャクの木の芽和えは少し甘い白味噌仕立て。青菜のゴマよごしは、ゴマがすごく濃厚で健康にいい感じ。大橋さんのウスアゲはカリッと焼いて少々醤油をかけて。
 ブロッコリー、ジャガイモ、キノコのチーズ焼きはベーコンも入っています。
 「大治郎」に一番相性がいいと感じたのはチーズ焼きでした。少し感じる苦味や渋みは複雑なふくらみになり、太い酸味と甘みがチーズのこってりした味わいと溶け合う後口。乳酸つながり~。(ほんまか?)
 もっちりした炊き込みご飯も、薄い醤油味で、栗がうれしい。

 しあわせ~。大治郎さん、いつもおいしいお酒をありがとうございます。また来年もおいしい「大治郎」をよろしくです。

|

« 朝市で佐知のお弁当 5月 | Main | 韓国のじゃがいもラーメン »

滋賀の地酒【湖東】」カテゴリの記事

酒と肴の相性」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 朝市で佐知のお弁当 5月 | Main | 韓国のじゃがいもラーメン »