« April 2008 | Main | June 2008 »

2008.05.30

笛のあとの笛

 火曜日、能管のお稽古が早めに終わったので、辻一のあとにパーンの笛によりました。

2008530p1
 まだこの時間なら1杯くらい飲めるな、と
 ふらっと立ち寄りました。

 すると、このお店を紹介してくれたトラちゃんとばったり。
 えらく盛り上がって、あっという間に
 ビール2杯、終電まで走るはめに。

 笛の後の笛、楽しい夜でした。


 このお店は略して「パン笛」というらしい……。
 こっそり行くと「こそパン」?


2008530p2
 ビール、おいしい!

パーンの笛

住所:滋賀県大津市中央2丁目2 たぶん
    中央2丁目交差点角
営業:17時~23時

| | Comments (0)

辻一さんでアフター笛

 火曜日、能管のお稽古のあとはいつもの辻一さんへ。

2008530t1nasu
 ズッキーニとナスの素揚げをだしに漬けたもの。これ、だしがよくきいてておいしかったです。

2008530t2mizuna
 水菜とジャコのサラダ。ジャコのカリカリと、薄揚げのカリカリが香ばしくておいしい。

2008530t3ebi
 エビのマヨネーズあえ。レモンがきいてます!

2008530t4kurousi
 「黒牛」、どしっとした味わい。安定してるイメージ。

2008530t4kurousi2


2008530t5neko
 ジャコと高菜のねこまんま。これ初めて注文してみました。シンプルなんだけど、高菜の酸味とピリ辛がいいんです。

2008530t6rocomoco
 和風ロコモコ丼。これ大好き。でも、今回はちょっと欲張って注文しすぎました。

2008530t7sekka
 師匠と占い姉さんは「雪花」斗ビン囲い。私は「山吹極」。どっちもおいしうございました。
 最初は生ビール、ほかにも、コロッケ、揚げのギュウギュウ(?)も食べたし、満腹です~。
 みんなで割って一人2700円でした。辻さん、いつもおいしいお料理とお酒、ありがとうございま~す!


四辻の辻一(よつつじの・つじ)

大津市長等3の3の12
TEL:077-522-8932
 090-8237-4616
営業:17:00~24:00
 ※予約すればお昼もOK
定休 不定休

席が少ないので、予約しておくと安心です。

| | Comments (0)

2008.05.29

中之舞 初段~ヲロシ

 火曜日は大津でのお稽古でした。

 「中之舞(ちゅうのまい)」掛りはなんとか、どっこいしょみたいな感じで通過。
 次は初段です。前回、「ヒウィ ヒャラァリ」の部分がちゃんと理解できてなかったんですが、今回は腑に落ちました。これで次回は次のヲロシに進みたいものです。師匠がここが「中之舞」の山場というか、難しいところだとおっしゃっていました。

 一名、見学の方がいらっしゃるも、メロディのある曲(たとえば唱歌のような)を吹く笛でない、ということで失望されたご様子でした。もういらっしゃらないだろうな…。しかたないけど残念。

 いよいよ、今度の日・月曜日は平安神宮の薪能
 お天気が崩れませんように。みんなで誘い合って見に行く予定です。
 今年のテーマは源氏物語。師匠が共作された、新作能「紅葉賀」披露が楽しみです。

| | Comments (0)

酒と料理はせめぎあい

 この前、懐石を食べてみて「酒を選ぶなあ」と感じました。
 あまりに個性的な酒だと、料理に勝ってしまうな、と。

 その感想をある蔵元さんに話したところ、こんなお返事がかえってきました。

 「酒と料理は、常にせめぎあいでしょう?勝つか負けるかでしょう?」

 なるほど。
 このお蔵のお酒は常勝!(笑)
 和食の中でも、懐石などのだし中心のものよりも、すき焼きなどのように味の濃いものや天ぷらなどがあう気がしていました。

 料理に遠慮することなく酒を造る。だってその酒にあう料理を作ればいいんだから。

| | Comments (0)

馳走 いなせや本店

 先日、雨の夜に京都の馳走いなせやさんに。

2008524c1mon
 こんな入り口、わくわくします。

2008524c2genkan
 いなせやさんといえば、旬・炭火焼き んまいさんと同じ厨房のお店には一度伺ったことがあります。つい数ヶ月前に本店がオープンしたのです。

2008524c3tukidasi
 突き出し。小さい器に入った、真っ黒い肝のようなもの、これ「めふん」というものだそうです。初めて食べたので、何だろう?と不思議でした。鮭の血合いを塩漬けしたものなんですって。ごま油で風味がつけてあって、生臭くありません。貧血の私にはご馳走です。これぞ酒の肴って感じ。

2008524c4kimo
 鶏肉の刺身。肝が甘い!そして、醤油皿がかわいいハート♪大歓び。

2008524c5taisho
 よっ、大将!ええんですか?このポーズで(笑)。楽しませてくださる大将に、カウンターには笑いが絶えません。といっても、連れ同士の雰囲気を邪魔するお店ではありません。本当にさりげなく楽しませてくださいます。

2008524c6sake
 お酒~!これもしっかりしたお酒でした。

2008524c7asupara
 野生アスパラの卵とじ?
 フランスのアスパラはまるでツクシみたいな形で、野生的な味でしたよ。おいしい。

2008524c8hurosen
 「不老泉」純米大吟醸、昔の。

2008524c8hurosenura
 「データなし」って……。

2008524c9sukiyaki
 鶏すき。これもうま~い!玉ねぎは甘いし九条ネギはほどよい程度のクセがいい。肉は歯ごたえがあって旨みが深い。幸せ。つける卵は、初卵。もちろん、「不老泉」純米大吟醸があうんですよ。

2008524c9sukiyaki2
 最後に卵とじ。卵はとろっとろふわふわ。お腹いっぱいだけど、ご飯にかけてぺろりです。ご飯も卵も、スキヤキのダシもメチャメチャおいしい……。

 ほんま、お酒も料理も上質なものを選んであって大満足なのです。調味料も京都府産を使ってるそうです。今回3人で、ほかにお酒も何種類か飲みました。一人5400円なり。
 おいしいものを食べることができてうれしい。そんな気持ちになりました。ありがとうございます。


馳走(ちそう) いなせや本店

京都市中京区柳馬場通三条上る西側の路地の奥
電話075-255-7250           
営業 11:30~14:00(LO)、17:00~22:30(LO)
定休 月曜日 
カウンター10席、1階テーブル27席、個室 8席、2階座敷 20席前後

| | Comments (0)

2008.05.28

重曹でお掃除簡単

 デパ地下風お弁当手作り講習会で、姉御が重曹の使い方を教えてくれました。

2008524emi17juso
 魚をグリルで焼くとき、水を入れたところに重曹を入れてから魚を焼きます。すると、魚の脂が落としやすくなるのです。
 焼いた後の金網も、しばらく受け皿に漬けて置くと、汚れが落ちやすくなるそうです。
 ミニミニ重曹講座でした~♪

| | Comments (0)

5/24デパ地下風お弁当講座報告その5 八方だし

 5/24、生協のゆめふうせんで開催した、デパ地下風お弁当手作り講座、報告その5です。

2008524emi12nimono
 煮物の味付けには、八方だしを使いました。だし8、淡口醤油1、味醂1。これが関西の煮物用だそうです。淡口だから色が黒くならないんですね。写真では大きさをそろえて切ったカボチャと筍をそれぞれきれいに並べてキッチンペーパーをかけ煮含めているところです。もっと色をつけたくないものには、塩八方といって淡口醤油のところを減らし、代わりに塩で味付けすることもあるそうです。また、甘くしないときは味醂を酒に替えるとよいそうです。

2008524emi13nimono2
 煮えたら、キッチンペーパーの上に並べて汁を切ります。これもお弁当に入れる具なので、汁が出ないようにひと手間かけているわけですね~。なるほど。ちょっとしたことで差がでてくるなあ。

2008524emi14morituke
 さあ、できあがったご飯や具をテーブルに並べて、いよいよ盛り付けです。

2008524emi15norisui
 食べる直前に、取り置きしておいた昆布だしを温め、海苔と梅干を入れたお椀に注いで、海苔吸いのできあがり。梅干しは講師えみちゃんの手作り!簡単だけど滋味あふれるお吸い物になりました。

2008524emi16kansei
 自分のは自分で盛り付けました。青いモミジもあしらってみました。いかがでしょう?
 お酒は「大治郎」渡船、「北島」、「浪乃音」特別吟醸の3種類。

お品書き

豆ごはん
黒豆ごはん
筍 木ノ芽あえ
枝豆がんも含め煮
カボチャの含め煮
蕗の信田巻き
鯖の柚香焼
姫大根(お漬物)
海苔吸い

 このお弁当のどれも、香りがとってもよくて、味のメリハリがきいていました。実は砂糖を一切使ってないんです。お酒と合わせるから、とのこと。確かにどのおかずを食べても、ご飯を食べても、どのお酒とも寄り添う感じ。お酒とけんかしないんです。
 一番だしの花鰹の香りの華やかさは、もしかしたら香り高い吟醸酒だとケンカするかもしれないくらい。驚きました。素材は身近に手に入るものばかりなのに、だしの上質さと味付けの上品さで見事にグレードアップしていました。さすが、えみちゃん!

 楽しくて、実のある会になりました。ありがとうございました。 

 報告その1はこちら
 報告その2 一番だし
 報告その3 豆ご飯2種
 報告その4 鯖の柚香焼と木の芽味噌

| | Comments (2)

5/24デパ地下風お弁当講座報告その4 鯖柚香焼と木の芽味噌

 5/24、生協のゆめふうせんで開催した、デパ地下風お弁当手作り講座、報告その4です。
 
2008524emi9saba
 鯖の柚香焼です。鯖は塩鯖、それをまず柚子酢でマリネしておきます。酢で〆るわけですね。果実酢なのでやさしくて上品な香りと味が鯖に加わります。特に鯖の脂を、さっぱりさせてくれる効果もありますよね。〆たあとでだしと味醂と醤油を混ぜたタレに浸けて焼きました。右手のボールに入っているのがタレです。ただし、焼く時はすぐに焦げるので注意。目が離せません。

2008524emi10suru
 これは木の芽味噌のために、山椒をすっているところです。すりこ木は上を押さえて中ほどを回すといいよ、と講師えみちゃんの実演披露中。すり鉢を押さえているのは、参加された方です。積極的に調理してくださいました!

2008524emi11misoneri
 一方、味噌のほうは白味噌に卵の黄身を一個入れて弱火にかけてよく練ります。だし、味醂、酒が入っています。この味噌、卵入りなのでまるでカスタードクリームみたいでした。できたら、すった木の芽と合わせ、筍の煮物に塗ります。甘すぎず、ちょうどよい味噌でした。こちら、じっくり時間をかけて練ってくださったのは、ご参加の男性Oさん。かなりおうちで料理をされているらしく手馴れておられました。


 報告その1はこちら
 報告その2 一番だし
 報告その3 豆ご飯2種
 報告その5 八方だし

| | Comments (0)

5/24デパ地下風お弁当講座報告その3 豆ご飯 

 5/24、生協のゆめふうせんで開催した、デパ地下風お弁当手作り講座、報告その3です。
 ふだん豆ご飯って、どうやって作っていますか?私はえんどう豆を生のままご飯といっしょに炊いてました。豆がくしゃっとしても、それはそれで気にしてなかったのですが……。

2008524emi8endou
 今回、えみちゃんの指導ではえんどう豆は塩茹でし、ゆであがったら冷水に放ちます。豆が冷えたら、海水くらいの濃度の塩水に浸けておきます。豆のゆで汁は捨てないでご飯を炊くのに使いました。そして炊き上がったご飯にえんどう豆を混ぜてできあがり。
 この方法だと、ご飯には水と塩だけで、だしを使ってないのにじゅうぶん旨みがあるんです。豆の旨みですね。しかも、ご飯を口に含んだとたんに豆の香りが!

2008524emi7kuromame
 こちらは、もう一種類の豆ご飯用の黒豆を煎っているところ。乾物の黒豆をフライパンで煎っただけで、香ばしくて甘いお豆さんに変身しました。姉御が「これで酒が飲める!」と叫ぶくらい、おいしいんです。
 煎った黒豆と塩を加えてご飯を炊くと、できあがりは藤色。えんどう豆の緑と、味も香りも違う、すてきな2色ご飯になりました。
 今回はお弁当のためのご飯なので、冷めてもおいしいようにと、もち米を混ぜています。なるほど!
 
 その4に続く!

 報告その1はこちら
 報告その2 一番だし
 報告その4 鯖の柚香焼と木の芽味噌
 報告その5 八方だし

| | Comments (0)

2008.05.27

歩くことから始めよう

 先日、取材で滋賀県立スポーツ会館に行きました。インボディという体成分分析装置に乗るためです。裸足になって、両手にグリップを握るだけで、体内の脂肪や筋肉の状態がわかるというもの。

 はい、一瞬のうちに私の体をお見通しになり、インボディは「脂肪過多」と宣言してくれました。両腕は標準ですが、体幹と両足の筋肉は標準以下で「バランス悪」。

 悔しい~!機械のくせにそんなにハッキリ言わいでもええやろ!腹がたつから運動しちゃる!


 というように、単に体内の状態を数値に表してくれただけでなく、見事に運動する動機付けにも成功したインボディ、あんたはエライ!

 「走りたいんだけど」とフルマラソンを何度も完走している先輩ランナー江戸魔女さんに相談したところ、「いきなり走ったらケガするよ、歩くことから始めたほうがいいよ」とのことです。
 そして、「姿勢をよくして背筋を伸ばす。おへそを斜め45度上に向ける気持ちで。蹴りだしもちゃんとね」というポイントを教えていただきました。

 この教えに従ってとりあえず、買い物に行くとき歩いてみると、結構ええ運動になります。おへそを意識すると、腹筋も緊張しますね。万歩計の電池も入れ替え、準備OK。歩くぞ。
 
 みとれよ!インボディ。体脂肪率下げちゃるけん。3ヶ月後、再試合じゃ!(なぜか啖呵は岡山弁)

| | Comments (0)

5/24デパ地下風お弁当講座報告その2 一番だしを取る

 5/24、生協のゆめふうせんで開催した、デパ地下風お弁当手作り講座、報告その2です。

2008524emi0kanban
 これはおーちゃんの手作り看板。やっぱり、こういうのがあると講座らしい!

2008524emi1sozai
 今回のメイン素材は、生協で買ったものです。もちろん素材を選んで、値段の張るものにすればおいしいものができます。でも、そうじゃなく、身近なものでも、本格だしの力でおいしく仕上げられることを知るのがテーマなのです。しかも、見た目も料亭風に。

2008524emi2ha
 お弁当箱も、飾りも講師のえみちゃん(長塚恵美さん)が一工夫してくれました。箱は紙ですが、竹の皮風、そして庭から緑の葉をたくさん。

2008524emi4chomiryo
 調味料をケチらない。それがえみちゃんの主義です。1本1000円する調味料だとしても、Tシャツ1枚だってそれくらいします。買っても気に入らなくて着ないTシャツ、1枚分できちんと作られた調味料が買えるのです。それもそうすぐに使い切るわけじゃないでしょ?と。
 柚子酢は、えみちゃんの手作りです。柚子がたくさんとれた時、果汁を絞って同量の米酢と混ぜて保存しておくのだそうです。

2008524emi5kobu
 さて、一番だしを取ります。昆布は前日午後から、上原酒造の仕込み水に浸してありました。それを弱火にかけ、泡がぷつぷつ出てきたところ、沸騰する前に火からおろします。今回は、あとで海苔吸いを作るので、かつおを入れる前の昆布だしの状態のものを取り置きしておきました。

2008524emi5katuo2
 昆布を取り出し、今度は強火で沸騰させます。沸騰したら、花かつおをぶわっと入れ、沈んだらすぐに火からおろして漉します。えみちゃんは、キッチンペーパーをザルにひいて漉していました。

2008524emi5dasi3
 一番だしのできあがり!
 かつおの華やかな香りが漂います。

 その3へ続く!

 報告その1はこちら
 報告その3 豆ご飯2種
 報告その4 鯖の柚香焼と木の芽味噌
 報告その5 八方だし

| | Comments (0)

2008.05.26

ホテル日航プリンセス京都 嵯峨野

 先日ホテル日航プリンセス京都 嵯峨野でお食事をしてきました。姉御&おーちゃんとともに、京都の懐石と伏見の酒のお勉強!

2008523hnpk1
 先付、この美しさはまるで絵のよう。また、おダシの味がきいてて、散らしてある小さなお花は紫蘇。口に入ってかんだら、ふわっと紫蘇が香るんです。まるで香りのミニ爆弾。
 枝豆の味と雲丹の味、最初生ビールを頼んだのですが、あわてて日本酒をお願いしました。これにビールではあまりにもったいない!

2008523hnpk3sake
 「京の純米吟醸 呑み比べ 3種セット」(各60cc)1350円です。メニューには5種類があって、その中から好きな組み合わせを選びます。「月の桂」の「柳」と「琥珀光」のはつしぼり、「平安のしらべ」の3種類。塗りの容器に盛られたクラッシュアイスに埋もれて、ちゃんと酒の名前がわかるようにグラスを変え、札もついています。こういう演出は、まるでお酒がスターみたいでいいですね。ただ、氷の中に置いておくと、すぐに冷えすぎるので、飲むときはテーブルに置いておきました。温度的には常温がよかったです。
 
2008523hnpk2wan
 煮物椀、鱧、生麩、ウド、ズイキ。これもダシの香りが華やか。やっぱりあわせるなら日本酒でないとね。

2008523hnpk4sasimi
 造り、トロリとしたマグロには、「月の桂」の「琥珀光」はつしぼりが相性がよい。マグロの脂に負けない太い酒。はつしぼりのフレッシュさによって、後口がさわやか。

2008523hnpk5
 八寸、見るからに五月の演出がすてき。花ショウブが目にもご馳走です。どれも凝った一品です。長芋は矢に、クルリと巻いた魚は的に仕立ててあります。チマキの中身は鯛のお寿司。コイノボリに見立てた紅白の鮎の揚げ物。兜に見立てた車エビ。ジュンサイは酢の物でさわやかに、そして一番驚いたのが、アワビの小豆寄せでした。歯ごたえのあるアワビを一切れ、淡く甘みをつけた煮小豆とともに寒天で固めに寄せてありました。それでも酒のアテになる絶妙な甘さ加減。

2008523hnpk6ebi
 炊き合せ、伊勢えび、ずいき、スナップエンドウ。ずいきのおいしさに感動。ずいき自体よりもやはり、ダシの味わいなんでしょうね。エビのダシを吸い取っている感じすらしました。

2008523hnpk7aburame
 焼き肴、あぶらめ、お赤飯と卵焼きの揚げもの。あぶらめがまた、上品に焼いてありました。お赤飯もこうして一口大に丸めて衣をつけて揚げると、立派な肴に。卵焼きも。これ、おうちでもできそう。
 お酒は「英勲」の本醸造をぬる燗にしてもらいました。やはり、守備範囲が広く、こんなあっさりの魚も、こってりの次の料理にもOK。

2008523hnpk8kamokimo
 合い肴、フォアグラの蒸し物。これも、驚きです。フォアグラなんて洋食の素材じゃないですか。それを茶碗蒸しに仕立てて、和風にしてしまうなんて。フォアグラには焦げ目がつけてあるので、とても香ばしく、やさしい茶碗蒸しのアクセントになっていました。山葵(どの料理に添えられていたのも、本物のすりおろし)が、油っこさを消してさっぱりさせてくれています。おーちゃんは、「かわいい!」と、この器にも心を奪われていました。

2008523hnpk9sunomono
 酢の物、ホタテ、トマト、キュウリ、若布酢。フォアグラの後にこのさっぱりとした酢の物の順番はさすが。酢がさわやかなんですよ。トマトはその甘さと酢がとても合っていました。

2008523hnpk10takemesi
 筍ご飯と味噌汁、香の物。とっても上品な味付けの筍ご飯、お腹いっぱいなのに残せない!

2008523hnpk11melon
 水菓子、メロン。どうしようもなくお腹いっぱいなのに、完食。

2008523hnpk12kasiwa
 最後に、料理長のお手製という、柏餅が。見た目、フツーの柏餅みたいですが、開いてみると、

2008523hnpk13kasiwa
お餅のまわりに、粟か何かカラリと揚げた実がまぶしてありました。とっても香ばしい。黒ゴマ(たぶん)の餡とお餅とのハーモニーが、食後の幸せを噛み締めさせてくれます。甘いものは別腹……。あまい上質の新茶とともに完食(笑)。

 器もお料理もバランスを考えられていて、とても勉強になりました。どの料理にも、どこかに「おっ!」とひねりのきいたポイントがあり、楽しかったです。それに、お料理について尋ねると、どのお店の方もすぐにちゃんとお答えくださるのです。そういうところはさすがですね。ありがとうございました。
 姉御、おーちゃん、ありがとうございました。

ホテル日航プリンセス京都

日本料理・鉄板焼 嵯峨野
〒600-8096 京都市下京区烏丸高辻東入ル
TEL 075-342-2111(代)
FAX 075-342-2410

| | Comments (0)

2008.05.25

「琵琶の長寿」頒布会のお酒1

2008525biwacho 昨年「琵琶の長寿」の「みんなで一緒に米から造る 琵琶の長寿」の頒布会に一口参加していたので、そのお酒がドン!とまとめて届きました。
 
 本当は、自分が蔵に伺って作業のお手伝いなどをした折に頂くはずだったのに、結局参加したのは鯉の放流のみ。とほほー。

 生酒で、オリがらみなので、まだまだ炭酸がピチピチしてます!
 

| | Comments (0)

連パン「不老泉」山廃特別本醸造原酒

 実は、ゆうべ(5/24)もパンチさんのところに伺いましてん。(連日パンチ=連パン)
 激しい雨脚をものともせず、祇園へ!
 
2008524p
 その夜の気分は、山廃燗。「燗酒劇場」の話をしながら、この燗をいただき、にっこりしていました。
 深く、濃いこの味わい。他にない酒。再び、イカの肝の塩漬けをちびちびつまみながら、そのまったり濃いコクをさっぱり洗い流す強い酒。
 うふふ。

 でも、今回もあまりゆっくりできず、この1杯でおしまいとなりました。またゆっくり伺いたいです。パンチさん、ありがとうございました。

 ウコンの力を突き出しに出されたので、飲み干したのはいうまでもありません(笑)。

地酒BAR膳
〒605-0073  
京都市東山区祇園北側347-55番地 
ぎおんグランドビル 一階 どんつき  
TEL:075-531-2507

お仕事 当分の間 PM 6:00~深夜  不定休

| | Comments (6)

5/25近江の酒を楽しむ会atマンボウ報告

 今日は近江の酒を楽しむ会atマンボウでした。
 大阪の黒門市場のすぐ近くの、お好み焼き屋さん、マンボウさんでここ数年、毎年1回滋賀のお酒を紹介する会をさせていただいています。

 今回のテーマは「滋賀渡船6号」でした。

2008525manbou
 全部で9種類と、「山田錦」を1種類です。近年の滋賀県内の動きをご紹介しながら、皆さんにマイペースで飲んできき比べていただきました。

 毎回、マンボウさんでお会いする懐かしいお顔に再会。本当にうれしく、ありがたく感じました。inugaoさんも、お着物で参加してくださいましたし。また、〆のおソバが一段とおいしくなっていました!マンボウオーナーNさんの手打ちなんです。芥子の実入りは、塩で頂くと、とっても香りがよくわかってびっくり。それと、黒い色のプレーンソバ。お酒のあとのおソバって、ほんまに幸せですね。

 ご参加の皆さん、マンボウさん、本当にありがとうございました。おーちゃんも、差し入れの粕クラッカーと「萩乃露」奈良漬ありがとう!

お好みハウス マンボウ 

〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-21-18
地下鉄・近鉄日本橋駅10番出口より堺筋を南へ1分
電話06-6632-7728(予約・注文) ファックス06-6632-7731
manbou-1@mte.biglobe.ne.jp

営業:平日夕方6時より深夜3時まで
     日祝夕方6時より夜12時まで

| | Comments (0)

薔薇の木に薔薇の花咲く

 何事の不思議なけれど。
 
 それはそうなんだけど。

 咲いた薔薇は美しく、見ているものの気持ちをやさしくしてくれます。
 こうして、咲いている。それだけで、奇跡のように思えてきます。

20085214bara
 先日、昔の仲間が集まったとき、Aちゃんがくれたバラです。丹精こめてお世話をしてお庭にやっと咲かせたものを、みんなで会う前に切り取って渡してくれました。とても大切にしているバラを。帰るまでの時間、しおれてしまわないように、ちゃんと切り口に水をつけてくれているんです。

 その気持ちが、薔薇の花となって咲いているようでした。ありがとうございます。

| | Comments (0)

地酒BAR膳、移転後お初

 23日金曜日の夜は、移転後初めて、地酒BAR膳に伺いました。
 場所は祇園会館の裏の方向へ、小さな神社のすぐ横のビル1Fです。

 初めてなのに、まるでずーっと前からこのお店で営業されているかのように落ち着く雰囲気は、パンチさんがいらっしゃるから。パンチさんのおもてなしの行き届くお店だからなのでしょう。
2008523newpanchi1
 以前のお店にも増して、「不老泉」の品揃えが充実していたのには驚きました。上原専務さん公認の「不老泉の一番多く置いてあるお店」となったのだそうです。

姉御&おーちゃんとともに、遅まきながらニュー地酒BARで珍しい「再発酵」の「不老泉」や「不老泉」「備前雄町」の「中汲み」と「責め」の比較をさせていただきました。肴も、イカキモやお肉屋さん手作りビーフジャーキーなど、酒にぴったり。「主税」ってお酒も、温度が常温に近づくと、急においしくなって驚きました。
2008523newpanchi2
「不老泉」「備前雄町」の「中汲み」と「責め」、「中汲み」は軽やかに、「責め」はどしっと濃い酒。同じBYなのにこんなに違うなんて!自らの重みで搾れて最初に出てくる「あらばしり」の次に、安定した酒質で一番品質がよいといわれる「中汲み(あるいは中取り)」、そのあとに圧力をかけて搾った時に出てくる酒が「責め」です。どちらかといえば、「責め」の酒には雑味があるとされて、あまり高い評価がされないことが多いのです。でも、「責め」のこの力強さ、バランスのよさを一度知ってしまうと、一般的なことが言えなくなってしまいますね。

また、ゆっくり伺いたいです、パンチさんありがとうございました。それにしても、なぜに「ウコンの力」が突き出しに?


地酒BAR膳
〒605-0073  
京都市東山区祇園北側347-55番地 
ぎおんグランドビル 一階 どんつき  
TEL:075-531-2507

お仕事 当分の間 PM 6:00~深夜  不定休

| | Comments (0)

2008.05.24

5/24デパ地下風お弁当手作り講座報告

 今日は、生協のゆめふうせんを会場に、デパ地下風お弁当手作り講座を行いました。
 
 講師は、出張料理人の長塚恵美さんです。今回は、滋賀の地酒にあう、行楽弁当を手作りでデパ地下風におしゃれに仕上げるというもの。今までと一味違う、お料理講習会です。

 まずは、一番だし。
 2008524emi6hanakatuwo
 これを使いまわして、淡口八方だしの煮物、塩八方の煮物、(花鰹を入れるまえの昆布だしで)海苔吸いまで。
 ほかに、豆ご飯と黒豆ご飯の2種類。

 これが、出来上がるとそれぞれに香りのはっきり違うお料理に仕上がりました!
 もう、お酒がめちゃうまい。しっかりとだしがきいていて、しかも砂糖を使わず味醂にしているので味が薄味でも物足りなくない。それが酒を引き立てるんですよね~。

 ああ、なんて幸せなお弁当タイムだったことでしょう。

 ご参加の皆さん、ご指導の長塚さん、本当にありがとうございました。
 姉御&おーちゃん、前日からの準備もお疲れ様でした!

 よいかも会のお酒企画、次回もお楽しみに~! 

 報告その2 一番だし
 報告その3 豆ご飯2種
 報告その4 鯖の柚香焼と木の芽味噌
 報告その5 八方だし

 明日は、大阪でマンボウさんを会場に、近江のお酒を楽しむ会で~す♪

| | Comments (0)

写真載せました 鰹のタタキ

 先日の鰹のタタキ、ワラで焼くところなど写真を掲載したので、見てください。
 やっぱり炎はすごいです。
 古いおうちのくつろぐ感じもどうぞ。

▼ワラ焼き鰹のタタキ

| | Comments (0)

2008.05.22

トマトの冷製パスタ

 オープンセサミさんでランチ。暑いくらいの陽気、ちょっと夏気分で。トマトの冷製パスタがぴったりです。

トマトの冷製パスタ
 じゃがいもとチキンのマスタード焼きは、アツアツで、その温度差もいい感じ。
 カボチャとナッツのサラダは、久しぶりです。ひじきと根菜のサラダ、ポテトサラダは私の定番。

 今日も元気の出るランチをありがとうございました。
 オーガニックデリ オープンセサミさんでは、6/22(日)午後1時から、コーヒー豆屋さんのグリーンアイズ、氣楽堂社長 森口鍛さんの「安全でおいしいコーヒーのおはなし」という講習会を開催されます。
 おいしいコーヒーのいれかた講習や、フェアトレードについてのお話があります。

 会場はJR大津京駅前のカフェ・フーク。会費は700円、ランチ付きチケット(要予約。食事A付き1500円、食事B付き1400円)も選べる♪食事付きの場合、始まりは12時からになります。

 詳しくはお問い合わせを。
 オーガニックデリ オープンセサミ
 tel:077-521-0084

| | Comments (0)

ワラ焼き鰹のタタキ

 昨日は懐かしい仲間が集まっての宴会でした。会場は、築百年くらいらしい古い町家。町家といっていいのか、昔ながらのおうちです。今日はこのうちの主(といっても借家ですが)がホストとして、彼女と二人でお料理でもてなしてくれるのです。
20085213genkan
 道路に面した庭、玄関。
 玄関を入ると左手に応接間、まっすぐ伸びる廊下、その奥には中庭、中庭の奥にトイレ(水洗に改装済み)やお風呂(使えない五右衛門風呂!)など。渡り廊下みたいなところをスリッパをはいて通る。
 間口は狭いけど、奥ゆきのある間取りです。

20085211green
 床の間がありふすまのお座敷は、初めて来たのに懐かしい。いきなり、くつろいでしまいました。縁側の向こう一面に緑色が透けて見えて、時折さわやかな風が吹き抜け、いるだけで癒されるんです。
20085212chabudai

20085216kastuo1

20085216kastuo2_2
 庭先で七輪にワラを燃やし、その火で鰹を焼いて、温かいうちにお皿に盛りつけてくれました。
 氷水で〆ない。
 
20085216kastuo4
 ミョウガ、ネギ、おろしショウガの薬味、ぽん酢しょうゆでいただきました。

20085216kastuo5_2
 ワラでいぶされた鰹は、その香りがよい!口に入れると、燻製のような香りがします。
 ガスの火で焼いたのとは、全く別物でした。

 そして冷やさないからか、身がとろけそう。この温度も大きいですね。
20085215nasu
 一番のごちそうは、ワラを買って前もってこのタタキを練習してくれていた、ホスト役の彼のその気持ち。
 そして、彼をサポートして、ずっとサービスを担当してくれていた彼女の細やかな心配り。
 本当においしかった、ありがとうございます。
20085217pizza
 手作りのピザ。これもおいしくて出てきたらあっという間に無くなったのです。2~3種類あったのに。マグナムサイズの発泡白ワインといっしょに。
20085218pan

 なんか、炎を見てると飽きないんですよね……。 
20085216kastuo3

| | Comments (0)

2008.05.21

「大治郎」とホタルイカの干物

 子どもから送ってもらった、ホタルイカの干物をあぶって、「大治郎」純米吟醸 滋賀渡船6号 生にあわせました。こ、これは~!

2008521himno
 うまい!うますぎる!
 ホタルイカの干物は、スルメイカの干物に比べて、キモがあるのがキモ!(笑)
 身が薄い代わり、キモの味がからむので、ほろ苦さとコクが加わるんですよ。
 生のスルメイカをさばいて、刺身にした残りのゲソなどを、キモといっしょにホイルに包んで蒸し焼きにします。熱々のところキモをゲソと混ぜて食べると、これがまた酒の肴として絶品なんです。口の中いっぱいに、そのスルメイカのキモ焼きを凝縮したような味、そこへ「大治郎」を流し込むと、たまりません。酒の若さ、苦味なんかが旨みに変身します。

 あぶっただけで食べられて、手間いらずだし。
 ホタルイカの干物、これは酒の肴の女王様かも~。ありがとう、子ども。

| | Comments (0)

2008.05.20

韓国のじゃがいもラーメン

 カムジャミョンというのでしょうか?
 インスタントラーメンなんですが、じゃがいもから作られているらしい麺が独特。

 ハングルが読めないので、本当の名前はわかりませんが、絵でわかるじゃがいもラーメン。
 じゃがいもの皮をむいたところから、ラーメンが伸びているのでした。

 この麺、もちもち感がたまりません。
 クセになりそう。

 大津市のキムチのほし山さんで買いました。写真撮るのすっかり忘れていました。また今度。

| | Comments (0)

「大治郎」滋賀渡船6号 純米吟醸 生

 朝市の日の晩酌は「大治郎」滋賀渡船6号 純米吟醸 生と、佐知さんのお惣菜で豪華!

2008518asa1ban
 筍とコンニャクの木の芽和えは少し甘い白味噌仕立て。青菜のゴマよごしは、ゴマがすごく濃厚で健康にいい感じ。大橋さんのウスアゲはカリッと焼いて少々醤油をかけて。
 ブロッコリー、ジャガイモ、キノコのチーズ焼きはベーコンも入っています。
 「大治郎」に一番相性がいいと感じたのはチーズ焼きでした。少し感じる苦味や渋みは複雑なふくらみになり、太い酸味と甘みがチーズのこってりした味わいと溶け合う後口。乳酸つながり~。(ほんまか?)
 もっちりした炊き込みご飯も、薄い醤油味で、栗がうれしい。

 しあわせ~。大治郎さん、いつもおいしいお酒をありがとうございます。また来年もおいしい「大治郎」をよろしくです。

| | Comments (0)

2008.05.19

朝市で佐知のお弁当 5月

 昨日の朝市にお久しぶりの佐知さんが出店されていました。

朝市で佐知のお弁当

 とっても贅沢なお昼ご飯。朝市の後で小川酒店でお茶とともに頂きました。ありがとうございました。
 1000円です。炊き込みご飯の上の青大豆や、筍、青菜のゴマよごしに季節感が。

●お弁当:おそうざい・ケーキ工房 佐知 
      077-522-0639・090-4643-1006
      毎月第3日曜日午前中 浜大津こだわり朝市にも出店

| | Comments (0)

朝市で「大治郎」「一博」

 昨日の5月18日は浜大津こだわり朝市。今回の朝市では「大治郎(だいじろう)」と「一博(かずひろ)」を扱わせていただきました。

2008518asa1l
 さわやかな五月晴れの日曜日ですが、朝市会場を吹き渡る風は肌寒いくらい。もうこの季節、燗はええやろ、と燗すけを準備してなかったのに。こういう日に限って燗酒がほしくなるもの。

2008518asa11hiro
 今回は、蔵元さんも来てくださり、自らお客様に試飲をすすめてくださいました。
 まずは中沢さん。人が少ないうちに記念写真。

 少し遅れて、畑さんがおいでになりました。でも記念写真は撮り忘れ(苦笑)。最後にお買い上げくださった、お着物姿のinugaoさんと3人で記念写真を。(無理やりですんません)
 そうそう、畑酒造さんと冨田酒造さんが参加されている、関西の8蔵で構成する末廣(広?)会が主催する「燗酒劇場」が今年9月7日日曜日に大津プリンスホテルで開催されるそうです。6月から滋賀でチケット先行発売とのこと。滋賀の蔵元さんも多数参加されるそうですから、滋賀の地酒ファンの皆さんはぜひご参加くださいね。また詳しいことが分かり次第、このブログでもご案内しますし、朝市でチラシも配布する予定です。
2008518asa1djiro

 「大治郎」渡船、これを蔵で選んだ時の印象は、まだ若い、というだけだったんですが、朝市できいてみると、若さを感じさせる苦味・渋みが甘さや旨みといっしょになって、逆にいい感じにバランスがとれていました。甘みと旨みだけでない複雑なふくらみのある味わいの印象。これ、寝かしておいたらもっとおいしくなりそうです。

 今回も、おいでくださったお客様、本当にありがとうございました!人が少なめだったので、蔵元さんと直接お話できる朝市をじゅうぶん楽しんでいただけたと思います。また次回6月15日の日曜日の朝市においでください。

| | Comments (2)

生ホタルイカと「吟醸り」

 母の日が過ぎて一週間、子どもから荷物が届きました。中にはサイフとホタルイカ。

2008517hahanohi
冷凍と沖漬けと干物の三種類です。さっそく、自然解凍して生ホタルイカをそのままで、そしてゆがいて頂きました。こんなの食べたことない!ありがとう!

2008518hahanohi
 器は、おーちゃんがGWに産地まで買い付けに行った小石原焼きと小鹿田焼きです。お土産に頂きました。右手、ゆでホタルイカを盛り付けたほうは真ん中に刷毛の模様が飛んでいます。手前、生ホタルイカを盛り付けた器の飛び鉋の模様は大好きなのです。そして酒器にはinugaoさんに頂いたぐい飲みを。こちらもまた、九州旅行中に現地で買ったという飛び鉋模様です。今回は九州飛び鉋でまとめてみました、と一人で悦にいる。おーちゃん、inugaoさん、ありがとうございます。

 お酒は「吟醸り」大吟醸です。生のホタルイカの後口をきれいに洗い流してくれるだけでなく、お酒自体がよりおいしく感じる組み合わせとなりました。やさしいんだけど、しっかり酸と旨みがあるからですね。一口食べては酒を飲み、うふふと笑う私。あ~あ、もう4合あいちゃった……。

| | Comments (0)

2008.05.17

「吟醸(ぎんつく)り」大吟醸 池本酒造

 「吟醸り」大吟醸 池本酒造を頂きました。さすが大吟醸という、やさしい、繊細な酒。なのにしっかりと味がある。

2008517biwacho
 肴に多少クセがあっても、お酒の味と香りが消えてしまうことはありません。ミミンガ(豚耳のキムチ)と飲んでも負けないのでびっくりでした。でも、ちょっと気合を入れて作った和食とあわせたい。上等なダシを使った煮物などといっしょに飲んでみたい。

2008517biwacho2しみじみと頂きました。ありがとうございます。

| | Comments (0)

ホタテのマリネ

 おなじみオーガニックデリ オープンセサミでランチ。今回はホタテのマリネがメインでした。

2008517o
 ホタテのマリネ、これもあると注文しちゃう旬の味。口いっぱいにひろがるホタテの旨みを噛みしめます。うーん、幸せっheart01
 ほかは、ホウレンソウのナムル風にズッキーニのソテー、ツナと野菜の和え物、トマトの冷製スープです。

 初夏の味を満喫しました。ありがとうございます。

open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084
email opensesame@mbg.nifty.com
OPEN 11:30~20:00
  定休日  日 月 祝日


 

| | Comments (0)

ほし山のミミンガ

 大津市膳所駅から坂を下りてきて、西部百貨店の手前のところにある、キムチのほし山に初めて行きました。

2008517miminga_2
 豚耳のキムチ、ミミンガを買ってみました。
 それほど辛くもなく、プリンプリンした煮汁とコリコリした歯ざわりの耳。いかにもお肌によさそうなコラーゲンがてんこ盛りです。汁は室温でも溶けず、固形として食べられるくらい固まっています。

 見た目はちょっと……かもしれませんが、味わい深くて焼酎のおつまみなんかによさそうです。

 ミミンガ1袋370円

| | Comments (0)

大津のお稽古場はこんなところ

 昨日、能管の大津でのお稽古場の前を通りかかりました。お天気のよい日だったので、山の新緑の美しさに改めて感動です。

2008516ostuyama
 新緑に囲まれた建物は、大津市歴史博物館です。

2008516ostudento
 そして、左手手前には、われらがお稽古場でもある大津市伝統芸能会館がっ!中には立派な桧皮葺の能楽堂ホールがあります。
 いつもお稽古が始まるのは夜なのでよくわかりませんが、花や新緑に囲まれたこんな美しいところなんですよね。

 月2回、主に火曜日の午後、能管のお稽古やってます!
 お問合せください。
  お稽古についてのお問い合わせは電話 090-6242-6767(左鴻)
           mail : sacoy@w9.dion.ne.jp
              (@を小文字に直してメールしてください)

お稽古場
大津市伝統芸能会館
〒520-0036 
大津市園城寺町246-24
077-527-5236
定休:月・祝日の翌日

京阪石山坂本線「三井寺」「別所」より徒歩5分
JR湖西線「西大津駅」より徒歩15分

| | Comments (0)

2008.05.16

チーズケーキでほっこり

 オーガニックデリ オープンセサミさんでチーズケーキとチャイを注文しました。久々のティータイムです。

2008516oc
 チーズの下には、ざくざくした食感のクッキーベースが。ねっとりチーズとの組み合わせがいいんですね。

 ほっとする時間をありがとう!

| | Comments (0)

辻一にて「七本槍」渡船

 火曜日のアフターお稽古は、毎度おなじみ、三井寺駅から歩いて数分の辻一さん。

2008513t1che
 まずは焼きカマンベールです。表面がこんがり焼けて焦げ目が食欲をそそります。表面カリッ、中はとろーりうまうま。

2008513t2co_2
 続いていつも注文してしまうコロッケです。オカンの手作りコロッケを思い出す素朴でボリュームたっぷりの一品。熱々でサクサクほくほく。

2008513t3cha
 これは初めて注文した!チャーシュー。肉の下にはゆでもやしがあって、そのシャキッとした食感が柔らかなお肉と相性がいいんですね。大人気。

2008513t4tohu
 豆腐とゴボウの揚げ物。見た目はさつま揚げですが、中身はどちらかというとガンモに近いのかな。豆腐の味でした。ゴボウの香りがいいの!七味をかけた大根おろしをつけると、さらに風味が増してグッドです!

2008513t5tako
 タコのガーリックソテー。これも初めてかも。ガーリック風味のタコは地中海風(なぜ?)になって魅力的ですわ♪

2008513t7tori
 辻さんとこに行ったら、地鶏料理は食べなきゃ!ってことでこれは地鶏のマスタード焼き。クリーミーでおいしかったです。
 
2008513t67yari
 メニューに「七本槍」渡船を発見して、即座に注文しました。冨田酒造さんは今年初挑戦なのです。まだきいたことがなかったんで、興味津々です。一口め、二口目くらいは冷えた状態だったためか、もう味が結構乗っていると思ったんですが、時間が経ち常温に近づいてくると、苦味か渋みかが浮き上がってきてとっても若い印象に変わりました。これも、夏を越すとどう変わるんでしょう?楽しみです。

2008513t67yari2

 私が飲んだのは最初に生ビール、それから「七本槍」半合。みんなで分けて食べたのは写真以外に、和風ロコモコ丼。それで1人2500円でした。次のお稽古もがんばろうって思えます。辻さん、おいしかったです。いつもありがとう!

四辻の辻一(よつつじの・つーじー)

大津市長等3の3の12
TEL:077-522-8932
 090-8237-4616
営業:17:00~24:00
 ※予約すればお昼もOK
定休 不定休

席が少ないので、予約しておくと安心です。

| | Comments (0)

初夏のランチ グリーン

 またまた、オーガニックデリ オープンセサミで初夏の色のランチ。

2008516o
 薄い緑色は、エンドウ豆のスープです。これも豆の味が濃厚な初夏の味わい。うーん、幸せ!
 それにズッキーニのソテーワインビネガー。さわやかな酸味があり、独特の歯ざわりの逸品。なんとなくグリーンなイメージのランチになりました。
 
 パンも別注でおいしかったです。いつも元気をありがとうございます。
 

open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084
email opensesame@mbg.nifty.com
OPEN 11:30~20:00
  定休日  日 月 祝日

| | Comments (0)

2008.05.15

エスサーフきき酒会 行きました その2

 5月11日日曜日に行われた第14回エスサーフきき酒会の報告その2です。

2008511emishiki
 笑四季酒造さんは、蔵元の娘さん加奈子さんと、お婿さんのあっくん、そして新人の若い衆3人で来ておられました。加奈子さんのお着物姿、ますます美しい!着物シスターズも半襟のセンスのよさを指摘してましたわ♪

2008511fujimoto
 藤本酒造の専務さん、ほんまにがんばってはります!今回は「あひるさん!コレどうですか?」と次々にきき酒をすすめてくれはってこちらタジタジです。「神開」直汲 純米吟醸酒は、18号酵母を使った吟醸の香り高いお酒。例の「寒い蔵でひとりさびしくずーっと手で汲んでました」というやつですね!「神開」さわやか、これはあっさりアルコールも15度と低めの吟醸。グラス4個つきで贈り物におすすめ。専務のお話ではええグラスだということです。

2008511ota
 草津の太田酒造さん。社長さんもおいでになっていました。Tさんは「道灌」特別純米生原酒と15BY山廃大吟醸原酒「道灌」がいいとおっしゃってました。それと、「特別純米道灌」フクノハナ六割磨きは、吟醸香がすごい。

2008511suzumasa
 矢尾酒造の「鈴正宗」。今年の「しぼりたて」生が……うまい!4合で1050円ですよ、うひょひょ。7年古酒の純米吟醸「鈴正宗」生は、9号酵母、変わらないうまさ。信じられないですよ、これ7年経ってるのに全然老ねない。まあお値段はそれなりにいたしますが。それでも7年経っての値段としては、「いいの?」って感じ。

2008511taga
 多賀酒造の「多賀」。鈴鹿山系からのミネラルたっぷりの水が自慢!

2008511taiko
 滋賀第一酒造の「大湖」。ここのにごり「吟どぶ」、ちょっと危険な「飲み過ぎ」の香りがする酒でした。吟醸酒の生にごりなのです。口当たりはどろりとしてて、生のせいか炭酸もからんでピリリ。期間限定なんですけど、もう一度飲んだら飲み過ぎそう。4合1600円。

2008511tomituru
 愛知酒造の「富鶴」。ここの「富鶴」あらばしり生原酒は、4合1200円と原酒なのにコスパもよくて味乗りしてて今飲み頃!

2008511ususakura
 増本酒造場の「薄桜」。ここだけは全種ききました!(なぜ?)
 増本専務&藁科コンビ、いいっすねえ~(それかい!)。
 「薄桜」純米吟醸は、味よし、おうち飲みしたい吟醸。でも、それよりも「薄桜」純米酒が好みでした。冷やして飲むとスキッといけます。
 藁科さんはギャル相手にニコニコ。うちら魔女相手には見せたことない顔でしたよ。きき酒しながらチェックしてる私も私だけど(笑)。

 川島酒造の「松の花」では、吟醸「SORA 宙」が、パンチはないけどバランスよかったです。純米大吟醸「西近江路」は4合4077円、1升10194円。磨き35%、「山田錦」。原料がいいので高いんですって。いわゆる吟醸香が高いお酒でした。

2008511mifukuk
 あと、お酒じゃないんですが印象的だったのが美冨久さんのカンピョウで作られたアテ。カンピョウ会用の酒じゃなくて、カンピョウなんですよ、夕顔の実から作る。。。カンピョウって、普通は甘辛く煮付けてあるじゃないですか、それがサラダ味なんですよ。フレッシュな。これは意表を衝かれましたね~。蔵人の峠さんが作ったというのもね(笑)。

 以上で、滋賀の蔵ブース全部巡ったはず。今年は人が多くて写真もなかなか撮れませんでしたよ。撮れなかったお蔵には申し訳ありませんがそれだけ人だかりしてたってことでお許しを!

 真剣にきかせていただき、本当にありがたかったです。また来年も楽しみです~!

| | Comments (0)

エスサーフきき酒会、行きました その1

 5月11日(日曜日) に行われた、第14回エスサーフきき酒会に行ってきました。

 おーちゃん、辻さんと出会ってからは、おもにその後ろをくっついて回っていました。お二人は一般タイムの1時間前に入場開始する業界タイムから来ていたのです。
 その情報を気にしつつ、滋賀の蔵のブースには全部立ち寄りました。
2008511kitas
 今回のマイテーマは「滋賀渡船6号」と「夏に飲む酒」でした。なにしろ、すごい数のお酒ですから飲み込まなくても酔いが回ってしまいます。自分なりにきく酒を選んでいかないと。


 今年は従来500円だった入場料が倍の1000円になったというのに、参加者の多いこと!日本酒コーナーは人ごみの中を縫ってブースに行き、写真を撮るタイミングも難しいほどでした。

 時々、知り合いと出会うとごあいさつしつつ、情報交換。それがまた楽しいんですよね。今回は大学生のBくんの好みのお酒をきいて回り、おもしろかったです。好みによって評価が高い酒のタイプは本当に違うものですね!
 竹内酒造「風凛(かぜにりん)」「一雫一善」は、食事を邪魔しないけど薄っぺらではない、食中酒としてBくん絶賛。福井弥平商店も「萩乃露 山廃純米 芳弥」を絶賛。
2008511takeuchi_2

 うんうん、そうだね、と言いつつ途中で別れ、北島酒造の「純米渡船」生へ。専務さんのお話では生は今OK、火入れのほうはまだ、とのこと。確かに味はもう乗ってましたね。
2008511kitajima

 美冨久酒造の「美冨久」渡船は、今バランスもよくて生は売り切れだそう。
2008511mifukus
でも火入れはありますって。確かに味がもうちょうどよく乗ってますわ。これからどう変わるかは不明ですが。今年はどうかな?
2008511mifuku

 松瀬酒造「松の司」純米吟醸 渡船、こちら今年初めて出されたお酒です。生は昨年末に飲んでフレッシュ&フルーティで驚きましたが、それはもうなくなって、ビン火入れのものだけだそうです。やはり生とは違う気が。ちょっとおとなしめかな~。こちらも、今後変化するかもしれませんね。
2008511mastunotukasa

 喜多酒造は「喜楽長」特別純米・特別本醸造。米自体のお値段が高めの「滋賀渡船6号」、お酒もどうしてもお高くなります。ところがこちらは特別純米と当別本醸造ですから比べると安い!掛け米だけに使ったのかな?と喜多社長に聞いてみたところ、「100%渡船ですよ!」と胸を張ってお答えになりました。これなら手軽に飲める!ただ、「滋賀渡船6号」が前面に出てこなくて、ちょっと控え目の印象なんですね。それはしかたないか~。
2008511kita

 近江酒造「しがさかり」渡船 純米吟醸は1601号酵母使用で華やかな香り……。ほんま、「うち、吟醸酒ですから~!!」とめちゃ主張してます。しかも、こちらはお値段も高めに設定されているので、贈答用にはいいかもですね!もらった人はうれしいはず。滋賀の新しい名産として。
2008511sigasakari

 福井弥平商店の「萩乃露」吟醸純米 無ろ過生原酒 源流 渡船 2008は、同じスペックの米違い「名流 山田錦 2008」とセットで買うのがおすすめ。米違いが堪能できます!
2008511fukui

 そして、今年初参加の平井商店「浅茅生」渡船、これは平井さんのところのお酒にしてはボディがあるお酒では?酸が独特です。また他社の「滋賀渡船6号」の酒とは違ってるんですよね~。写真撮れませんでした、すみません!

 昨年は8社が、そして今年は12社となった「滋賀渡船6号」の酒造り。飲み比べが楽しいです!

 以上、エスサーフきき酒会報告その1終了です。

| | Comments (0)

ゴーヤチャンプルー

 ゴーヤと豚肉と豆腐と、まっちゃんの卵で作ったゴーヤチャンプルーです。

2008512goya
 ゴーヤをゴマ油で炒め、味付けは塩と酒と淡口醤油。やさしい味わいに仕上がりました。まったくの自己流~。だから本場の味とは違うかもしれませんけど。

 まっちゃんの卵、おいしうございました♪ありがとうございます。

 ゴーヤとの出会いは20年以上前、兵庫県に住んでいたときのこと。
 大家さんが庭の垣根にはわせていたのが立派なゴーヤで、それをおすそ分けしてもらったのです。でも当時はゴーヤが珍しく、店でも売られてない時代。食べ方が分かりませんでした。教えてもらって料理にしたのはいいけれど、苦味がきつくて、とても食べられなかったのを思い出します。
 スーパーで売っている今のゴーヤは、当時の味と比べると苦味が少ない気がしませんか。

 その後、沖縄にも行くことができ、ゴーヤはもちろん、海ぶどう、豆腐よう、じーまーみーどーふ、そうみんチャンプルー、くーすー、大好きになりました!

| | Comments (0)

2008.05.14

キャッフィーのエビマヨせんべい

 スポレク滋賀150日前イベントで販売されていたキャッフィーグッズ&お菓子の中から、これを買ってみました。

2008510caf
 キャッフィーはエビが好物!
 なるほど、確かにエビとマヨネーズの風味満点でした。さくさくっと食べちゃいましたよ。
 ビールのお供にいいですね。

 キャッフィーグッズはいろいろ出ていますね。びっくりです。
 カテゴリは「甘いもん」になってますが、お菓子のくくりってことで……。

| | Comments (0)

中之舞 初段

 大津でお稽古。
 中之舞 掛り、なぜか師匠の前だとメタメタになってしまうのですが、初段に進みました。

 ひとくさり、とちょっと。
 初めての指づかいなので、何度も何度も見せていただいて、自分も繰り返しましたが、
 リズムがはっきり取れない。自信がなくてやっぱりメタメタ。

 ↓今回教えていただいたひとくさりとちょっとの指づかい。

 六夕・六夕夕 夕 ・夕 夕    夕
     二    二    二    二

            二     二

 次回までになんとかモノにしたいです。
2008513hariogi
 これは、お稽古のとき、鼓の音の代わりの音を出してくれる張扇(はりおおぎ)です。普通の扇子を皮で包んだもの。師匠が両手で鼓方をしてくださるのでそれにあわせて笛を吹くわけです。

 今回、「張扇と書いてハリセンと読む?」と、関西のお笑いステージには欠かせないあのハリセンとこの張扇の字が話題になりました。事実はどうなんでしょうね?

| | Comments (0)

2008.05.12

滋賀ゆるキャラ運動会

 雨の土曜日、滋賀県希望が丘公園で
 スポレク滋賀150日前イベントが開催されました。
 スポレク滋賀とは、第21回全国スポーツ・レクリエーション祭のことで、秋に滋賀県で開催されるんです。

 テーマソングの披露などが行われ、
 スポレクのキャラクター、ビワコオオナマズのキャッフィーが大活躍。
 その後、滋賀のゆるキャラが集まり、運動会をしたのです。
 もう大コーフン!!


2008510y0
 第一グループと第二グループとでは、運動能力が違いすぎ!
 写真を見てください。
 第一グループでは、ゆるさを忘れて勝ちに行く匠ポン山先生とドウタクくん。
 それに比べて第二グループはどれがボールかキャラなんだか、よくわからない世界です。
2008510y1
 かけっこして、ボールを転がしてゴールするんですけど、
 キャッフィーはゴール寸前で転倒!
 土下座して再試合。ちびっ子の前でそういうの、ええんか?
 
 再試合は他のキャラも空気を読んで、
 キャッフィー見事にトップでゴール。
 それでも、あの頭の大きさを考慮すると、
 その動きのキレのよさは特筆すべきでしょう。

2008510y2
 ひとつひとつ説明されてた、
 ゆるキャラの設定もおもしろかったです。
 写真上のキャラ 左から
 高島市の中江藤樹先生も、7歳、幼名のゆるキャラ「よえもんくん」として出場してましたし。
 野洲のドウタクくん、さすが、緑青色! 日本一大きな銅鐸が出土したことにちなんでいます。(現在は日本一ではなかったような……)
 タヌキの信楽の陶芸家、匠ポン山(たくみ・ぽんざん)先生、妻子持ちとは!
 大津の「源氏物語千年紀」の大津光ルくんは、雅なお子ちゃま。
 そして全国区のひこにゃんは、もう貫禄さえ感じられます。
 写真下左から
 スポレクのキャッフィー。
 MCのお二人の後ろに、笠しか見えないのが石部宿のいしべえどん。
 でっかい黄色いのが、BBC(びわ湖放送)のびびちゃん。
 JA近江富士の、おうみんの頭はメロン、頭についてる軸はJA型、しっぽが稲穂。
 ビバシティのビバッチェくんは、つい10日前に立体化、このイベントになんとか押し込んでもらえて感謝しているとか。
2008510y3 
 もう、我を忘れて、いっしょに行った人と二人で
 「ポン山先生!!」「ドウタクくーん!」と
 声援を送るわ、ツッコミ入れまくるわ。
 すぐ近くでビデオ撮ってた人の映像には、私達のそんな絶叫が入ってて 困っただろうな~。ごめんなさい。

 帰宅後、夕方のテレビニュースでは、さっそくこの運動会のようすが放映されてました♪
 
 しかし、落ち着いて読み返すと、
 滋賀の人でないとわからないネタですねえ。


| | Comments (0)

「菩提もと」にごり酒

 先日、岡山の妹に「御前酒」の「菩提もと」にごり酒をもらいました。これ頂くのは2回目です。

200858bodai
 前回は、少し炭酸がからんでましたが、今回はなく、まったく違う酒という印象でした。4段仕込みで甘さもしっかりあり濃いので、少し冷やしたほうがいいみたいです。少々疲れ気味だと、うすにごりやオリがらみのお酒を冷やして飲みたくなる私です。
 ありがとう>妹

| | Comments (0)

2008.05.11

ニラ炒め

 姉御のお宅のニラを頂いて、野菜炒めにしました。

2008510nira
 もらって帰る道中は、かなりにおってたのに、炒めて食べてみるとほとんど臭くないのでおどろき。今年の春一番の新芽なんだそうです。色も鮮やかですっごく体によさそう!ありがとうございます。

| | Comments (0)

近江富士花緑公園のバラ 土曜日

 雨の土曜日、近江富士花緑公園の森のカフェから帰ろうとすると、バラ園にちらほらと咲いているバラが見えました。

2008510r0
 バラのアーチも、花壇も、まだまだこれからですね。

2008510r1
 雨のしずくが丸い玉のように花びらにちりばめられてきれい。

2008510r2
 お天気でなくても、そこだけ光っているみたいに美しいバラの花。

2008510r3

2008510r4
 名前がわからないバラ。プレートに記してあるんですが、花といっしょに撮れないから結局わからない。「薔薇の名前」……昔、はやったっけ。

2008510r5
 イマイチ、ピンボケ。残念。桜のあとは藤、ツツジ、そしてバラ。このバラ園の満開の季節が楽しみです。

アクセス
 国道8号線の御上神社前の交差点を山の方へ曲がり、希望が丘交差点を左折、道なりにすすんでいくと右手駐車場が見えるので2つめの駐車場に入ってください。木製の歩道橋をくぐる手前です。

滋賀県希望が丘文化公園
近江富士花緑公園
〒520-2551
蒲生郡竜王町薬師1178
TEL: 077-586-2111(これは公園事務所の電話です)
FAX:077-586-1799


| | Comments (0)

森のカフェでケーキセット

 土曜日の近江富士花緑公園は寒い雨で凍えました。ホットコーヒーとケーキセットで元気回復!

2008510ch
 ケイミーさんのNYチーズケーキ。さすが、生クリームとミントがおっしゃれ~!甘さもしつこくなく、それほど重くもなく、かといって食べ応えもあり、ちょうどよいチーズ具合。おいしかったです。

2008510f
 テーブルには、こんなふうに本日のケーキのお知らせが。これも全部ケイミーさんの手作りなんです。

 ぜひ、土日にお近くをお通りの際は森のBe-cafeにお立ち寄りくださいね!

| | Comments (0)

森のBe-cafeふわとろオムハヤシ&ランチ

 土曜日、雨の中、近江富士花緑公園の森のBe-cafeに行きました。

2008510omu
 お昼ごはんは、ふわとろオムハヤシ!
 これ、お客として食べたかったんだ~!!おいしくてボリューム満点でした。850円

2008510l
 こちらはほかの人が注文したランチです。880円だっけ?
 シャケのゴマ焼きは、牛乳に浸して臭みをとったあとに小麦粉をまぶして焼き、醤油・味醂のタレをつけて再度焼いてゴマを振ったもの。手間がかかってます! 付け合せもそれぞれに酸味があったり、甘かったり、食感がシャキシャキしてたり、香りが違ってたりでメリハリがきいてます。
 
 ご馳走様でした~!

森のBe-cafeは土日のみ営業です。
11:00~17:00


アクセス
 国道8号線の御上神社前の交差点を山の方へ曲がり、希望が丘交差点を左折、道なりにすすんでいくと右手駐車場が見えるので2つめの駐車場に入ってください。木製の歩道橋をくぐる手前です。

滋賀県希望が丘文化公園
近江富士花緑公園
〒520-2551
蒲生郡竜王町薬師1178
TEL: 077-586-2111(これは公園事務所の電話です)
FAX:077-586-1799

| | Comments (0)

2008.05.10

近江の酒を味わう会atマンボウ

 ◎近江の酒を味わう会◎

 大阪のお好み焼きマンボウさんを会場に
 近江の酒を味わう会を開催させていただくことになりました。

 マンボウさんは長年お手頃な料金でのお酒の会を
 継続して開催してこられています。

 会場はお好み焼き屋さんですが
 お酒をお好み焼きにあわせるわけではなく、
 肴は持参という形の会です。
 そして、〆にマンボウオーナー自ら打ってくださる
 おいしい蕎麦も付きます!

 お酒は家鴨あひるが
 今、一番紹介したいものをチョイスいたします。
 お近くの方だけでなく、遠くの方もぜひご参加ください!

 お申込み・お問合せは、マンボウさんへ直接お願いいたします。

---------------------------------------------

5月25日(日)受付2時30分 開始3時
場所:マンボウ
〒542-0073
大阪市中央区日本橋1-21-18
TEL 06-6632-7728
   http://www2u.biglobe.ne.jp/~manbou/

会費:2,500円

問い合わせ申し込みは
manbou-1@mte.biglobe.ne.jp
--------------------------------------------

| | Comments (0)

ゆめふうせんでの滋賀のお酒を楽しむ会 第五弾

◎ゆめふうせんでの滋賀のお酒を楽しむ会 第五弾◎

 簡単・豪華!デパ地下風弁当を手作りで
 お酒と肴を楽しむお料理講座
   
20085
 ※画像はイメージです。

 緑輝く季節、
 野山に出かけて行楽弁当で一献。
 どうせならお弁当も手作りで。
 だけど見た目はちょっと豪華にしたい!

 そこで調理の専門家、長塚えみさんをお招きして
 基本の一番ダシをとり、
 そのダシを使いまわし
 本格派の味付けと盛り付けのポイントを
 教えていただきます。
 素材は生協の食材を使い、
 下ごしらえの手間を省いて簡単に。

 ちょっとしたコツを押さえて、
 手作りお弁当をおしゃれなデパ地下風に
 グレードアップしましょう。

--------------------------------------------

日時:2008年5月24日(日)午前10時~12時
参加費:2500円
定員:先着10名限定 
※参加者全員で作ったお弁当を滋賀の地酒といっしょに
 ご自身で召し上がっていただきます。お吸い物付

申込先・会場:0120-294-589(滋賀県内)
  滋賀県外からのご連絡は→077-571-1560

コープしが社会福祉ネットワーク「ゆめふうせん」
主催:滋賀の日本酒を愛する 酔醸会

※お酒の会ですのでお車でのご来場はお断りいたします

--------------------------------------------

| | Comments (0)

畑酒造訪問

 5月18日の日曜日、朝市で扱わせていただくのは畑酒造の「大治郎」と中沢さんの「一博」です。そのお酒選びに9日、姉御&おーちゃん、辻一の辻さん、Tさんといっしょにうかがいました。

200859daijiro2
 蔵の応接室でお酒についてお話してくださる大治郎さんと一洋さん。この部屋には吐き(きき酒した後、飲み込まないで吐き出すための容器)も、燗をするためのミニ燗すけと保温ポットまで完備されています。さすが!

200859daijiro1sake_2
 今年の新酒、昨年のもの、数年寝かせた古酒など、すごい種類を並べていただきました!
 ひとつひとつきいていくと、どれもおいしい。でも、それぞれの好みによって選ぶお酒は変わってきますね。今回、好みが別れたのが「酸」でした。酸が突出しているか、ほかの味とのバランスがよいか。全部の味わいがバランスよい酒が好みの姉御と酸が前に出ている酒が好みな私では、選ぶ酒がことごとく違いました。
 あと、今回驚いたのが「大治郎」の火入れ古酒です。落ち着いた味に熟成をしていて、「大人の大治郎」を感じます。純米の2007年火入れはぬる燗でええ按配でした。ほっと緊張が解けるような。生原酒のイメージが強い「大治郎」ですが、火入れもええなあ~。

200859daijiro3kome
 「渡船」「山田錦」「吟吹雪」の玄米を見せていただきました。どれもふっくら大きい粒です。心白(しんぱく)もよく見えます。

200859daijiro4t
 関西の蔵元さんで結成された、末廣会オリジナルTシャツ。似顔絵似てる?似てない?みんなでツッコミ。

200859daijiro5
 朝市で売るお酒は3種類。どれも自信を持っておすすめできるお酒です。「大治郎」と出会って7年目になります。あの頃の酒とは、少しずつ変わってゆくのがまた楽しみです。
 ぜひ、5月18日日曜日午前中の京阪浜大津駅そばの朝市においでください!
 今回は、蔵元のお二人もおいでくださいますよ~!!

| | Comments (0)

2008.05.09

博多うどん<小麦屋>

 姉御に大津市小野の国道161号線沿いにある、博多うどん<小麦屋>さんに初めて連れていってもらいました。

博多うどん
 博多は長浜ラーメンしか食べたことがないので、どんなうどんか想像できません。
 実際に食べてみると、びっくり!
 一口すすると、ふわふわっとした麺がはいってきて、噛んでみるともちもちなんです。よそで食べたことのないうどんでした。見た目も、讃岐うどんのようにつやつやでぷりぷりとした感じはありません。表面がもやもやっとした感じで、艶などはありません。だからダシが麺にからむんやろな~。そんな分析をしたくなるところは、ラーメン感覚です。

 しかも、載っている具は、ゴボウの天ぷら、牛肉のしぐれ煮、温泉卵、ワカメ、ネギ。ゴボウの天ぷらにダシがからんでうまいわ~。ダシは牛肉のしぐれ煮のせいか、関西のうどん一般のダシに比べて少し甘口な印象です。讃岐うどんもコシがあってうまいけど、この博多うどんもクセになるふわふわもっちりです。
 食べたのは、どんたく 830円。お値段もええ値段ですが、ごちそう食べたって気がしました。

 ご飯とのセットメニューも充実していましたし、いろいろトッピングを選んでオリジナルうどんにもできるみたいです。

博多うどん<小麦屋>
大津市小野175ー1
電話077-594-3307

| | Comments (0)

2008.05.08

トマトの冷製スープ

 オープンセサミでランチしました。メインはジャガイモとチキンのマスタード焼き。イモはほっこり、チキンはねっとり脂がうまい。それと大豆とひじきのサラダに、ツナと野菜の和え物、カブの豆乳グラタン。

トマトの冷製スープ
 今日、なんといっても一番うれしかったのが、トマトの冷製スープでした。
 トマトの酸味がさわやかで、どろりとして「食べる」感じの冷たいスープ。玉ねぎとニンニク、パンが入っているのだそうです。飾りにあさつき。スプーンで何口かなのですが、それだけで夏の到来を喜べる旬の味!

 今日も満足♪ありがとうございました。

open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084
email opensesame@mbg.nifty.com
OPEN 11:30~20:00
  定休日  日 月 祝日

| | Comments (0)

津山名物B’zの…

 帰省した折、津山駅の売店でお土産を物色していたところ、あるお菓子のポップに書かれていたのが、「B'Zの稲葉さんのお兄さんの会社のお菓子です!」

津山名物B’zの
 これなんですけどね。
 もうB'Zは立派に津山の観光資源。

 こりゃ、話のタネになるわ、と買って今日仕事先に持って行きました。ひとしきり話題にした後で「この女の子の体が見たい!」というKさんの要望に応えて、DのNさんが描いたのが↓です。

津山名物B’zの
 すごい!武田久美子ばりの貝がらの水着を着けた人魚姫。豊かな想像力に脱帽ですわ~。

 中身のお菓子は、ふわふわの生地のドラ焼きみたいな感じでおいしうございました。このお菓子自体は私が学生の頃からありま~す。
 
 稲葉くんも津山におった頃は「じゃあじゃあ」よ~ったんじゃろうなあ。うちら兄弟みな同窓じゃけん、うちでは「くん」付け。私と妹は会うたこたーねーけど(笑)。

| | Comments (2)

2008.05.07

『もやしもん』卒業

 あんなに好きだった『もやしもん』ですが、特製フィギアが付いた号で突如として近寄りたくなくなりました。

 あの主人公が見ている世界のように、菌が本当に見える存在となったら、私はダメになってしまったのです。
 二次元はよくて三次元はダメなのか?菌への耐性が無くなったのか?
 憑き物が落ちたようです。自分でもまったく不可解です。

 さらば!オリゼーよ。S・サケよ。特にヒオチ!

 でも、菌が見えるわけじゃないから日本酒は飲むよ~♪

 ▼アニメ「もやしもん」サイト

| | Comments (0)

ヤマダヤのショコラベリー

 紅茶をいれたら、生ケーキが欲しくなる! 以前食べた大津市の洋菓子店ヤマダヤさんのショコラベリーの画像をアップしてみます。(ベリーショコラだっけ?すみません、ちょっと前なもんで、名前は忘れました)

2008330yamadaya
 チョコのほろ苦さと、ベリークリームの甘酸っぱさがフレッシュ感を盛り上げる♪
 たまには甘いもんもね~。

 ヤマダヤさんでは、浪乃音酒造の大吟醸を使った日本酒ボンボン、日本酒ケーキなども発売されています。JR膳所駅前のお店ではドアを開けたとたんにチョコやクリームのいい香りに包まれ、甘い誘惑に気が遠くなりそう……。

| | Comments (0)

メイプル紅茶

 姉御家のお子さん、ぱあちゃんのカナダ土産としていただいた、紅茶です。メイプルシロップの香りがつけてあって、疲れた時にいれると、ほっとします。

200857m
 ほんのり甘い香りと味。もちろん、苦味もあって!メイプルシロップ風味で、癒されます……。お菓子あればいいけど、無しでもOK。

 ぱあちゃん、ありがとう!

| | Comments (0)

2008.05.06

炭火でバーベキュー

 実家で過ごした連休最後の夜、弟のうちが主催でバーベキューをご馳走になりました。

200854bbq
 総勢10人。妹の実家は海の近くなので今回ご両親が魚介類を持ってきてくださいました。弟は同級生が肉屋さんをやっているのでそこから牛肉を仕入れてきました。子どもはおむすびを結ぶ手伝い。私は眼精疲労で寝てて、食べるとこだけ手伝いました。とほほー。大きな貝柱、珍しくて特においしうございました!

 弟んちには、WiiもあればWiiFitもあり、ジョーバも有線LANもあります。今回はWiiでゴルフとボーリングをやらせてもらったし、ジョーバも15分乗らせてもらいました。満足満足。どちらも一回やってみたかったんだ~!

 いつもお世話になってばかり。本当にありがとう>妹

| | Comments (0)

みのひとつだになきぞかなしき

 見事な八重山吹が咲いているのを見ると、滋賀県草津市の蔵元さんを思い出します。

200853yamab
 太田道灌が狩りに出かけた途中で雨に降られ、民家に立ち寄り雨具を貸してほしいと頼んだところ、家の人が山吹の花を黙って差し出したというのです。わけがわからず怒った道灌でしたが、帰ってからこんな歌があることを教えてもらいました。

 七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに 無きぞ悲しき

 自分の無知を恥じ、それ以後道灌は歌の勉強に励んだということです。


 そういうエピソードを思い出すのでした~。 「実の」と「蓑」をかけていたのですね。教養がないと理解できないですよね。ひらかなにすると、みのもんたさんみたいですね~。 
 一応検索して確かめてみました。小学校の頃、確か「マンガ日本の歴史」で読んだきりか、あるいはオカンに教えてもらったかどちらかなので、かなり私の記憶はあいまいでした。山吹を差し出したのは少女になっているらしいです。

 太田酒造さんの蔵に行くと、この伝説にちなんだ絵があったような……。ってこれも覚えてないんかい!

 ▼太田酒造
 このサイトの「おきばりやす」というコーナーの中の「道灌物語4」に、山吹の歌に関する記述があります。

| | Comments (0)

タンポポの綿毛

 空き地には、タンポポの花が咲き乱れ、綿毛もいっぱい。

200853tanpopo
 子どもはタンポポの花で花輪を作りかけ、中に綿毛をひとつ混ぜてみましたが……すぐに散るちゅうの!
 ボーズが一個混ざった花輪になりました(笑)。


| | Comments (0)

レンゲ

 実家の周辺の田んぼが、一面のレンゲ畑となっていました。

200853renge1
 肥料になるからわざわざ種をまいて咲かせているのだそうです。きれい!

200853renge3
 向こう岸だし、行けないけど。サギは舞い降りていきました。

200853renge2_2
 レンゲの花もそろそろお仕舞いのようです。中には種になりかかっているものもありますね。蜜蜂たちはおいしい蜜をたっぷりと集めることができたことでしょう。
 

| | Comments (0)

2008.05.05

メインディッシュはサワガニ

 岡山の実家で過ごす連休、第一日目はとってもよいお天気でした。甥っ子たちとうちの子は、じいちゃんと張り切って出かけて行きました。そして、意気揚々と連れ帰ったのが、こちらの昼食のメインディッシュになる……、

200853kani1
 活きのよいサワガニさんたち。

200853kani2
 妹がカラリと揚げてくれました~♪ 逃げ出すサワガニもいて、大騒ぎ。油もはねるし、妹もちょっと腰がひけてます。
 右手の鍋ではうどんがゆでられています。

200853kani3
 塩を振って、頂きま~す! 幸い、ハサミが刺さることもなく食べられました。風味はカニ……。でも小さいから身はほとんど感じられないのでした。

 しかし、甥っ子たちも、うちの子もバリバリと食べて「うまい!」と大満足でした。
 うどんとサワガニの昼食、ごちそうさまでした~!

| | Comments (0)

藤色の季節

 中国道の車窓から見える山々の新緑が美しいこと!その緑の中に点々とうす紫の花が見えます。藤が咲いているのです。
200855huji1
 明るい黄緑色の葉との取り合わせもいいですが、針葉樹の深緑と明暗がまたきれい。

 藤の花はどうして豪華に感じるのでしょう。深山に、まるで藤娘が舞を舞う姿のような華やかさが点在します。藤は房が垂れ下がり、風に揺れる様がいいのかもしれません。重力に逆らわないところが葡萄の房も同じ。花の重みが豊かさを感じさせます。

 でも、藤は木に巻きつき、締め付け、より上に葉を茂らせて光をさえぎってしまうので、巻きつかれたほうはたまりません。山の斜面が一面藤色に覆われている部分は、木々の悲鳴が聞こえてきそうで美しいというより生存競争の現場として凄みがあるのでした。
 
 藤棚で観賞用に育てられている花を見るほうが心は安らかですね。

200855huji2
 これは、ICの公園に整備された藤棚で咲いている藤です。野生の藤に比べると優等生っぽい。
 写真左手、かわいいコイノボリが料金所の屋根にさしてあるんですよ♪

200855huji3
 藤よりも派手な色合なのがツツジ。あ、サツキか~。
 山の4月は桜のピンクが圧倒的優位を占めていましたが、5月の連休ともなると藤と桐のうす紫色が幅を利かせていました。

| | Comments (0)

亀の甲

 JR津山線に乗っていたら、亀の甲の駅のホームでえらくリアルな亀の像を発見!

亀の甲

 昔はなかったのにな~!と思わず携帯のカメラで撮ってしまいました。弓削にはカッパ像がいるし。

| | Comments (0)

2008.05.03

子ども笛

 連休は岡山の実家に。

子ども笛
 甥っ子の町の子ども御輿が練り歩く時に、お囃子に使うヤマハの横笛です。
 小さい子がお囃子を吹くのはええもんですね。
 
 うっかり自分の能管を忘れて行ったので、練習しちゃお、と思って吹いてみましたが、
 小さいので吹きにくい。(当たり前だ)

 能管では、息の角度と強さで高低を吹き分ける必要がありますから、それを体得するのがちょっと難しいです。でも、この子ども笛は裏にも穴がひとつあって、それを押さえると高い音が出るようになっています。比較的簡単に吹きこなせそう。

 がんばれ甥っ子!がんばれ世話役の弟&妹(弟の名前が役員にあがっていますが、実質は妹が動くらしい……)!

| | Comments (0)

2008.05.02

「妖怪人間ベム」とフレミングの右手の法則

 「妖怪人間ベム」は、テレビアニメとして1968年に放送されました。暗く悲しく強烈なお話でしたから、リアルタイムで見ていたのは小学生時代でしたが成長してからも忘れられるものではありませんでした。

 中学生になって、クラスの男子にはこのアニメの主題歌を歌いつつオリジナルの振り付けを考えて踊っている人もいました。

 歌いつつ、口で伴奏や「パリーン☆」といったフラスコの割れるような効果音も入れるのです。めちゃめちゃおかしくて、みんな大笑い。

 もうすぐ高校受験というのに、お気楽にも放課後の廊下で男子二人の踊りを見ながら私たち女子も笑いこけていました。

 「早く人間になりたい~!」
 と、そこへ英語の先生(女性)が声をかけてこられました。
 「あなたたち、放課後に何を遊んでいるんですか?その指は何なの?」
 
 そう、男子が妖怪人間になりきって手を伸ばしていた、ちょうどその手の先を先生が通りかかられたのです。その手は、親指、人差し指、中指の3本を立て、あとは握られていました。

 叱られるかも?
 すると男子はとっさに「こりゃあ、理科で習うたフレミングの右手の法則です。先生知らんのですか?」と答えました。
 先生はいぶかしげな顔をしながらも「あら、そうなの?わかりました」と立ち去っていかれました。

 フレミングの法則(左手が本来使うべきものかもしれません)が実生活で役に立ったのは、この一回だけでしたから、私には妖怪人間とセットで記憶されることになったのです。

 ちゃっちゃらっちゃっちゃっちゃちゃらー

 歌と踊りは「ベム!ベラ!ベロ!」で、周囲にいる女子たちが一人ずつ指さされてクライマックスとなり、さされた女子の文句(あたしベム?いやじゃー、ベロのほうがましじゃがー。あんたはベラそっくりじゃけど~)とともに

 よーかいにーんげん 

 で幕を閉じるのでした。おバカだったけど楽しい中学時代の思い出です♪

| | Comments (0)

2008.05.01

第14回エスサーフきき酒会

 エスサーフのきき酒会がもうすぐ開催されます。
 清酒49社約300品、焼酎60社約400品、泡盛7社約30品。
 滋賀県は17社が出品されるようです。

 今年は入場料が1000円になっていますが、時間をとってゆっくりきき酒するなら損はないと思います。今年は行きたいな。

●第14回きき酒会

[日]2008年5/11(日)13:00~16:00
[場]大津プリンスホテル コンベンションホール淡海
[¥]1000円/1名
[問]077-548-9558株式会社エスサーフ
※予約不要

| | Comments (0)

知酒聞酒の会 藤本酒造・浪乃音酒造

 大津プリンスホテルの知酒聞酒の会、今度は藤本酒造・浪乃音酒造がご参加だそうです。
 定員20名を毎回はるかに越える参加者でにぎわっているのだとか。
2007127nami
 これは浪乃音酒造の2007年1月の仕込み中の中井社長さんです。

 蔵元さんといっしょに飲める貴重な機会ですし、
 和食料理長北野登さんのお話もあるそうです。
 食事とお酒代、サービス料・消費税、全部込みでこのお値段は
 とってもお得だと思いますので、もういっぱいかもしれませんが、お知らせいたしますね。

2007831hujimotosan
 これは昨年の夏に藤本酒造に伺ったときの専務さんの写真です。

●知酒聞酒の会 藤本酒造・浪乃音酒造
[日]2008年5月22日(木)19:00~21:00
[場]大津プリンスホテル 和室宴会場「御幸」
  コンベンションホール「淡海」1F
[¥]8000円/1名
[問]077-521-1111知酒聞酒の会係
※要予約

 知酒聞酒の会は、大津プリンスホテルで継続している企画です。
 次回は何ヶ月か後に違う蔵元さんが参加されます。
 ご希望の方はお問合せしてみてください。

| | Comments (0)

自主制作ドキュメンタリー「栗東のたまご屋」

 栗東市の卵屋さん、中辻さんが自主制作映画を作らはりました。その題名が「栗東のたまご屋」。コッコッコッココケッコー♪なんて音楽が聞こえてきそうなタイトルですね。

200851nakatujisan
 中辻さんとお子さんが映像を撮り、編集はプロにしてもらったのだったかな。滋賀会館のシネマファンクラブの方が協力されていたんだと思います。
 内容は、中辻さんのお仕事と家族のようす。ビデオカメラ自体を初めて持って撮ったものだそうで、まさに「初めて撮りました」って感じ。お世辞にも上手いとは言えませんが、正直な仕事を続けてこられた中辻さんがそのまんま映し出されています。特に、奥さんとの会話シーンは、中辻さんしか撮れないええ場面でしたよ。


 「誰か殺してくれ……」。
 この映像自主制作は、中辻さんがアルバイトに行った先で出会ったビジネスマンのこの言葉がきっかけになって立ち上がった企画です。

 中辻さんご自身脱サラで養鶏業に飛び込みました。気候に左右されるために収入が不安定で、アルバイトに出なければならない状況にもなります。でも、農業仲間といっしょなら夢をいくらでも語ることができる。
 殺してほしいと思いながら仕事をして高給をもらっている人と、お金はないけど楽しく仕事をしている自分。どちらがしあわせなんやろ?気がついてなかったけど、自分らの農業ってもしかしたらええのんちゃう?

 中辻さんはドキュメンタリー映画を撮って、自分たちの農業をもっとたくさんの人に知ってもらいたいと考えました。
 中辻さんの養鶏は、平飼いで完全オリジナル飼料、しかも原料は滋賀県内のものがほとんどというものです。私は、中辻さんとこの鶏肉が、しわい(硬い)けど味は一番だと思っていますし、卵も変にオレンジ色してなくてあっさりした味が好きなんです。中辻さんって性格はへんくつ(笑)だけど、信用できるもん。見えないところでもきちんとしてはると思えます。

 でも、作品の中に、そういうシーンはほとんどなかった!なんか、栗東浪漫卵&鶏肉ファンの私には残念なんですけど。よく言えば全然コマーシャル色はありませんね~。


200851kadotasan
 こちらは同じく、栗東市農業後継者クラブのメンバーの門田さんの作品「とある日の門田」。
 門田さんはご自身もカメラを持っておられて、日頃から何でも撮っているのだそうです。この作品も、本当に淡々と仕事をする門田さんが、三脚で固定されたカメラで映されています。伊丹さんが「料理を作るシーンだけでも作品ができるかもしれない」と映画「たんぽぽ」を作ったと聞いたような記憶があるんですが、同じように農業のシーンだけでもじゅうぶん作品になるもんですね。
 門田さんの仕事、畑での日常がよく伝わってきます。私も実家で手伝わされたことを思い出しました。農作業ってこんな感じだったなあ、って。


 今年、4月に栗東市農業後継者クラブが滋賀会館で、朝一番に上映会と農産物直売を「映画の朝市」と題して開催したら、立ち見も出る大盛況だったそうです。よかったー!
 

 数が限定されていますが、このDVDは分けてもらえます。非売品です。欲しい方は中辻さんまでお問合せください。上映会も食育のためなどなら出張開催してもらえる場合もあるそうです。まずはご相談を。
 090-8825-9939栗東浪漫卵

| | Comments (0)

滋賀から持っていくお土産

200851ogawa_2

 GWにお出かけするとき、滋賀からのお土産には何を持っていこう?

いつも悩むんですよね~。

 今回のラインナップ。

鮎甘露煮 中型鮎4匹入り 620円(税をいれないで)
鮎塩焼き生麩巻き1匹入り 600円
赤コンニャク味付け     400円
この3品は常温保存という点で選びました。

滋賀の和菓子詰め合わせ 1500円くらい     

「不老泉 そまの天狗 うすにごり」300ml 610円
「アドベリー」リキュール 1680円

 小川酒店で、お酒2本はこんなにきれいに飾っていただきました♪おーちゃんありがとう!

 酒と肴の相性と、子ども受けという点からすると、どうかわからないです。ただ、あまり清酒が飲めない人にお渡しするので、果実リキュールなら喜ばれるだろうと選びました。
 前回は時間がなくて京都駅で選んだもんですから、全部京都名物になってしまいました。それはちょっとね。

| | Comments (0)

「常きげん」

 これは無ろ過生原酒。そのままでもじゅうぶんうまい。でも燗のほうがやっぱりうまい。

2008428jokigen_2
 てなわけで、開けてから1か月くらいかけてちびちび飲みました。

 バランスがいいですね。若いのになあ。

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »