« 韓国のじゃがいもラーメン | Main | ワラ焼き鰹のタタキ »

2008.05.21

「大治郎」とホタルイカの干物

 子どもから送ってもらった、ホタルイカの干物をあぶって、「大治郎」純米吟醸 滋賀渡船6号 生にあわせました。こ、これは~!

2008521himno
 うまい!うますぎる!
 ホタルイカの干物は、スルメイカの干物に比べて、キモがあるのがキモ!(笑)
 身が薄い代わり、キモの味がからむので、ほろ苦さとコクが加わるんですよ。
 生のスルメイカをさばいて、刺身にした残りのゲソなどを、キモといっしょにホイルに包んで蒸し焼きにします。熱々のところキモをゲソと混ぜて食べると、これがまた酒の肴として絶品なんです。口の中いっぱいに、そのスルメイカのキモ焼きを凝縮したような味、そこへ「大治郎」を流し込むと、たまりません。酒の若さ、苦味なんかが旨みに変身します。

 あぶっただけで食べられて、手間いらずだし。
 ホタルイカの干物、これは酒の肴の女王様かも~。ありがとう、子ども。

|

« 韓国のじゃがいもラーメン | Main | ワラ焼き鰹のタタキ »

滋賀の地酒【湖東】」カテゴリの記事

酒と肴の相性」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 韓国のじゃがいもラーメン | Main | ワラ焼き鰹のタタキ »