« 能「葵上」で舞う鬼は | Main | マグロのぶつ »

2008.06.04

能パン

 平安神宮薪能二日目を見終わって、お酒が飲めないHさんとは別れ、同じ師匠に能管を習っている占い姉さんと落ち合って地酒BAR膳へ。占い姉さんは、今夜はお着物。すてき!

200863nopan
 占い姉さんは能に夢中。いろいろ勉強しておられるし、師匠の追っかけ(笑)としてあちこちの舞台も見ておられます。占い姉さんは師匠が「葵上」で笛を吹いておられたというので、感激されていました。私は気づかず、かなりショック。
 ほかにも「おばんと光君」はちょっと悲しい……。「葵上」の気持ちちょっとわかる。なんて二人で、感想を言い合って、今回の能をもう一度味わったのでした。
 パンチさんにはお任せでお酒を出していただきました。「満寿泉」これは香りが苦手でない酒、というので(笑)。

200863nopan2
 もう一杯はにごり。とろーり濃く熟成されててまるで甘酒のような甘さ。上品な甘さ。
 
 能の後のパンチ、で能パン。師匠はいらっしゃらなくてちょっと残念でしたが能観劇の後でとろりとした熟成酒をいただくのは最高のぜいたくですね。パンチさん、占い姉さん、すてきな時間をありがとうございました。


地酒BAR膳
〒605-0073  
京都市東山区祇園北側347-55番地 
ぎおんグランドビル 一階 どんつき  
TEL:075-531-2507

お仕事 当分の間 PM 6:00~深夜  不定休

|

« 能「葵上」で舞う鬼は | Main | マグロのぶつ »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 能「葵上」で舞う鬼は | Main | マグロのぶつ »