« 暑中お見舞い申し上げます | Main | トマトの冷製スープ、ちょっと酸っぱめ »

2008.07.19

「竹生嶋」吟醸生 発泡性滓酒

2008716chikubu「竹生嶋」吟醸生 発泡性滓酒。

夏はこれですよ、これ。江戸時代には夏の栄養ドリンクとして甘酒が飲まれてたというではありませんか。モロミの栄養をそのまま頂く濁り酒は現代の栄養ドリンクです。(言い切っちゃってるし)

ただし、このビンに限っては打栓してないので、噴出すことはありませんでした。(ちょっと残念だけど)

滓酒と銘打ってあるものの、モロミのようです。今回は氷を入れてピルスナーグラスで!

軽くなって飲めちゃう、飲めちゃう♪

このお酒は、先ごろ魚忠さんで行われたお酒の会の乾杯(食前酒)に出されたものです。グラスはシャンパン用のフルートグラスです。モロミの優しい香りが逃げなくてオシャレな雰囲気で楽しめます。

もしも、ごっついグラスで供されたら、また全く違う印象の酒になることでしょう。

確か、その会で使われたお酒はきっちり封がしてあったので炭酸がたっぷり含まれていたはずです。炭酸の含まれてる濁り。夏にはたまりませんよね~。

はああ、もうなくなっちゃったよ~、書いてるうちにまた飲みたくなってきちゃった。炭酸シュワシュワのが飲みた~い!小川酒店には入っているかしら?

|

« 暑中お見舞い申し上げます | Main | トマトの冷製スープ、ちょっと酸っぱめ »

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暑中お見舞い申し上げます | Main | トマトの冷製スープ、ちょっと酸っぱめ »