« 心にうつりゆくよしなしごと | Main | 21世紀出陣弁当 »

2008.09.29

滋賀から持参するお土産 秋編

 岡山の実家には、できれば滋賀の地酒とおいしいもののセットを持参したい。そう考えて毎回いろいろ探しています。

 今回は、マキノの燻製屋さんの鯖を小川酒店さんに取りよせをお願いしておきました。同じ町内の「竹生嶋」とセットにしたかったのですが、300ml入りがなく、同じ湖西の「そまの天狗」になりました。

 鯖っておいくらだったのかな~。(半身1000円でした)

 北陸の海から京都に通じる鯖街道。きっとマキノ町海津から琵琶湖を経由して運ばれたものも多かったでしょう。そんな土地でていねいに燻された鯖は、日本酒にあうようにと桜のチップを使ってあるそうです。

 湖西のお酒と相性はいいはず。とにかく、これは日本酒だけでなく、アツアツの白御飯にもあわせたら、御飯がすすみそうですよ。

 真空パックなので、日持ちもしますし、冷凍保存しておけばもっと長もちします。

 それと、京都の七味唐辛子の竹筒付き(1200円くらい)。母は唐辛子が好物なので、時々持って行くと喜ばれるのです。

 この3点セットで秋のお土産は決まり!好評でした~。

 ▼鯖の燻製の写真は小川酒店ブログでチェック

|

« 心にうつりゆくよしなしごと | Main | 21世紀出陣弁当 »

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心にうつりゆくよしなしごと | Main | 21世紀出陣弁当 »