« 冷凍葡萄 | Main | 今年ラストの夏野菜の煮物ランチ »

2008.09.25

オトンの皿

 オトンにもらった皿を出してみました。

2008924akamai
 ご飯は、野良師さんの「天地の唄」と、マック次郎さんの田んぼの古代米を混ぜてみました。古代米は、水を吸うのに時間がかかるので、ちょっと生っぽかったです。でも、糠漬けとすごく相性がいい! 考えてみると、糠はお米の服だったわけですから、相性がいいのも当たりまえなんですねえ。

 それに、オトンの皿に鰆の粕漬け。これも贅沢な味でした。
 味噌汁には、粕床を混ぜてみました。体が温まるぅ。
 
 ご飯と味噌汁と魚と漬物。ほんとに。元気が出ます。

2008924otonsara

 これはオトンがもう10年以上前に焼いた作品です。たぶん、型をとって作ったもの。
 何枚も焼いて、いいものはよそ様に差し上げ、ひび割れているのを自宅用にしていたので、それをもらったんだと思います。めっちゃワイルドなつくりでしょ?オトンらしいです。最近オトンは、土もさわってないし、窯にも草が生えてる。。。

|

« 冷凍葡萄 | Main | 今年ラストの夏野菜の煮物ランチ »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冷凍葡萄 | Main | 今年ラストの夏野菜の煮物ランチ »