« 大津プリンスホテル 37階ニューヨークのランチバイキング | Main | まっちゃんの卵+おーちゃんの間引き菜 »

2008.11.07

神亀「かるくいっぱい」

 神亀の「かるくいっぱい」です。しゅわしゅわでした~。

2008116kame
 キャップをゆるめながら、炭酸ガスを逃がして時間をかけて。
 もろみが湧きあがります。

 「阿波山田錦」精米歩合80%、甘さごく控えめ、どっしりしたお酒でした。もちろん純米酒。

 アテは、ホタテの貝柱刺身に平兵衛酢(へべす)こしょう。フレッシュなかんきつ系の香りと、低刺激な辛さ、ちょっぴり酸味もあっていいですねえ。

|

« 大津プリンスホテル 37階ニューヨークのランチバイキング | Main | まっちゃんの卵+おーちゃんの間引き菜 »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

神亀のしゅわしゅわ、いいですね~。
結構、辛口だった記憶がありますが・・・。

シメイのグラスもなかなか合ってます。^-^v

Posted by: はんな | 2008.11.08 at 05:50 PM

はんなさん

 このしゅわしゅわは、一般のにごりとは全然違って甘くないですね。
 一般のしゅわしゅわにごりをイメージして買ったらちともの足りないかも。

 ドライなにごり生ですね。
 「かるく」ってことはないと思います~。
 吹いたらと思って、大ぶりのグラスを選んでみました。全然大丈夫でしたけど。

Posted by: あひる@滋賀 | 2008.11.08 at 09:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大津プリンスホテル 37階ニューヨークのランチバイキング | Main | まっちゃんの卵+おーちゃんの間引き菜 »