« 辻一:打ち上げ その2 | Main | 洋食のアケミ:打ち上げ その1 »

2008.11.05

あだればえ

 おーちゃんの畑でとれた、大根の間引き菜をいただきました。大根葉、大好きheartありがとう、おーちゃん!

2008115mabikina
 おーちゃんが、しきりに「植物ってすごいな、タネを蒔いてない、知らんところにトマトやら生えてきて実をつけてるんやわ。すごいなあ」と感心してはりました。

 うちのオカンは、そういう芽生えのことを「あだればえ」と言っていたを思い出して、おーちゃんに伝えました。
 きっと、岡山の地方で言っている、限られた表現なのでしょうが、私にはなんとなく生物の必死の芽生えがうまく表現された言葉だと思えるのでした。

 オカンは生け花を習っていて、子どもたちにも植物の名前を覚えさせようと、いろんな種類を庭に植えていました。コウホネ、カイドウ、モクレン、コデマリ、ユキヤナギ、トクサ、バベ、レンギョウ、ロウバイ、ヤマブキ、コンフリー、シャガ、オオバギボウシ、シラン、ボケ、ヤマブキ、オモト、ザクロ。
 受験には役に立たないかもしれませんが、そんな知識こそ、生きるうえでは大切なのかもしれません。

 って、どう大切か、と具体的に実例をあげることはできないなあ…。ただ、名前を知っているのと知らないのでは、同じ花を見ても本質をつかんでいるかいないかに通じると思います。「名もなき花」というのは、身の回りにはほぼ無くて「私が名前を知らないだけで実は万葉集にも詠みこまれている花」だったりするわけで。

 どっちかというと、「この花の名前知っとるか?シラン」「もうかなりボケとる」「ロウバイが咲いてロウバイする」などのオヤジギャグ・ダジャレで脱力させられることのほうが多かったかも(笑)。
 そういう意味でも、人生を豊かにしてくれる知識をありがとう、オカン。

|

« 辻一:打ち上げ その2 | Main | 洋食のアケミ:打ち上げ その1 »

おいしいもん」カテゴリの記事

岡山」カテゴリの記事

草花」カテゴリの記事

Comments

私も大根葉、大好きです。
最初「その葉っぱください!」と言ったら
義母に「何に使うの?」と聞かれたりしましたが。
よく作るのは「およごし」。
私には懐かしい味です。

生け花、いいですよね。
私もずっとやってはいるのですが、
花の名前がさっぱり覚えられません。
全然子供に教えられない・・・(-_-;)

Posted by: とも | 2008.11.05 at 01:56 PM

ともさん

 およごしとは?
 ゴマよごしみたいなものですか?
 教えてください!
 大根葉の調理法といえば、炒めて白ゴマやおジャコを加えて醤油で味付けし、パラパラにしてふりかけ、くらいしか。
 味噌汁とか、スープにも入れますけど。
 あ、浅漬けもおいしいですね!

 生け花習ってらっしゃるんですか、お子さんと競争したら、きっとよくお花の名前が覚えられますよ!うちもきょうだい3人で競争してました。
 母が習っているのを見ているだけでも、活け方の基本やらを教えてもらったりして、ちょこっと知識がありますもん。お子さんにとっては、いい環境になっていますよね~。

Posted by: あひる@滋賀 | 2008.11.05 at 02:01 PM

今の家鴨ちゃんのなんともいえない魅力はこのおかんとおとんにあるのですね~。

お酒といっしょで、おいしかったら綺麗やったらもうそれでOKなんやけど、名前をしったり味わいを知ったりするとちょっと深くしることができますよね。

お笑いも含めて・・・・spa

Posted by: おーちゃん | 2008.11.05 at 09:36 PM

おーちゃん

 名前を与えるというのは生命を与えること、にも似ているかもしれません。

 おいしいお酒とめぐりあっても、
 名前を知らなければ、もう一度飲みたくても飲めない。
 ひとに説明しようにも、伝えられない。

 やっぱりお酒も名前を知ることは大事ですよね。

 洋食のアケミさんとお名前がいっしょというのも、深い御縁があったのかも
(o^-^o)

Posted by: あひる@滋賀 | 2008.11.05 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 辻一:打ち上げ その2 | Main | 洋食のアケミ:打ち上げ その1 »