« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.31

甘酒 23時

 NHK紅白歌合戦では、SMAPが歌っている23時。
20081231amazake23
 炊飯器のふたを1センチくらい開けて、おかまにはラップをかけておいたら、温度は60度ジャスト!
 適温です。味見してみたら、かすかな甘み。さっきより甘くなってるとうほどでもない。うーん、急激に糖化が進むわけじゃないみたいです。

 水分が多すぎるのかな…。シャブシャブしてます。
 がんばれ糀菌。

| | Comments (0)

甘酒 22時 少し甘くなった

 NHKの紅白歌合戦で、サラリーマンNEOのセクスィ部長が応援に出演した22時。
20081231amazake22
 糀とお粥が、かなりゆるゆるしたものに変わっています。味をみてみると少し甘さが出ていました。
 この調子だ!

 それにしても、セクスィ部長の出番短すぎ!
 予想通り、女性歌手の皆さんをあふれるフェロモンheart01でなぎ倒していましたね~。司会の仲間さんを除く。あそこはやはり、倒れつつ、曲紹介をするべきでしょう!

| | Comments (0)

甘酒仕込み中 糀

 お米と糀を使って、炊飯器で甘酒作りに初チャレンジしています。できあがるのは来年ですね(笑)。
 年越し甘酒です。仕込んだ量は、お米0.8合、糀1.5カップ。水、適当。
20081223koji
 こちら、笑四季酒造さんから初しぼりを送っていただいたとき、一緒に送っていただいた糀です。
 市販されている、塊状のものに比べ、バラバラで一粒一粒がきれいshine

 まず、お粥を炊き、アツアツのところから冷まして、糀を加えました。糀を加えた時間としては、夜8時くらい。ちょうどNHK紅白歌合戦が始まって少し経ったところです。
20081231okayu
 温度は、55度から60度が最適らしいので、この温度は低すぎ……。
 熱いお湯を混ぜて、温度を50度くらいに上げました。

 さて、これから炊飯器の保温機能で、発酵させていきます。70度になると、糀菌が死んでしまうらしいので要注意punch
 まだ先は長いぞ。がんばろう!
 

| | Comments (0)

豚の角煮粥

 昨夜、仕込んだ豚の角煮の途中経過を報告します。
 なにせ、初めてなので、恐る恐る。
20081231buta1
 米のとぎ汁を火にかけて豚肉をゆでます。これは火にかける前。
20081231buta2
 火からおろして、シャトルシェフに入れて2時間保温。
20081231buta3
 シャトルシェフからとり出したら、一度こぼして水洗い。
20081231buta4
 調味料を合わせて鍋に豚肉とともに入れて煮ます。ショウガ、酒、みりん、醤油、水。ゆで卵も追加!
20081231buta5
 煮えてからシャトルシェフに1時間以上保温しました~。できあがりだ~。
20081231buta6
 さらに、今日になってから火を入れて保温しました。
 味がかなり染みてましたよ! お粥とともに、頂きました。おいしかったです~。

| | Comments (0)

煮えてます

煮えてます

| | Comments (2)

2008.12.30

角煮煮ています

角煮煮ています

| | Comments (0)

シャトルシェフ

 電気屋さんに行ったらシャトルシェフが安くなってたので、つい買っちゃいました!本当は、炊飯器を買おうと思ってたんですけど……。

シャトルシェフ

 わーい、わーい、何作ろう?
 おでん? 豚の角煮? シチュー?

| | Comments (0)

孫猫たち

 新幹線に乗って子どもの猫たちに会ってきましたheart04 なんだか孫みたいですね~。

20081229neko1
 こっちが年上の兄ちゃんなんですが、前回はシャーシャーすごい形相で拒否され、挙句の果てに猫パンチまで食らったのです。今回、自分から近寄らないようにしてたら、シャーシャー言われませんでした。かなり前進!
20081229neko2
 弟(とはいっても血はつながってませんsweat01)のチビ猫です。3キロくらいありますが。
 こちらのほうは、人見知りしないで初めて会った私にも、ゴロゴロとのどを鳴らしてなでさせてくれました。かわいいぞ! ネコじゃらしにも素直にちょっかい出すので楽しかった~。

 子どもには、滋賀土産としてコスチュームキューピーの琵琶湖キューピーをプレゼントwave
 子どもは「ちょっとうれしいかも」と、笑顔半分戸惑い半分といった感じで受け取りましたよ~。
 多賀の糸切餅キューピーの話をしたら、「ちょっと欲しいかも」だそうです。血筋だ~。

| | Comments (0)

2008.12.29

新幹線の車窓からの夕陽

 新幹線からながめる夕空、きれいでした。
20081229yuhikawa
 野洲川(だと思われる)を渡るとき。もう、すっかり雪は残っていません。
20081229yuhi
 草津市か大津市か。
20081229setagawa
 瀬田川を渡る頃には、すっかり夕日は隠れてしまっていました。

| | Comments (0)

雪景色の滋賀

 新幹線で通る滋賀、米原あたりは雪がなかったのに、近江八幡あたりから雪景色となりました。

雪景色の滋賀

| | Comments (0)

今日の伊吹山

 今日の午後、新幹線の車窓から見た伊吹山です。白いのは雪?

今日の伊吹山

| | Comments (0)

2008.12.28

『京都はんなり暮し 京都人も知らない意外な話』

ひとつひとつの項目が短いので、
一気に読むのがもったいなくなった。

必要に迫られて読む本の殺伐とした内容に疲れたとき、
開いて、ひとつのエピソードの余韻を楽しみながら読むことにした。

一項に必ず京都の歴史や文化の知らない話が出てくるので「へぇ~!」と心の中でボタンを叩いてしまう。

「らしさ」を作ることなく、
ええかっこすることもなく、
京都に住む人の感覚そのままを伝えようとしている姿勢がわかる。

時に落語のように笑え、時にぞぉーっと総毛立つような、京都の持つさまざまな顔がさらりと描かれてている。

時事ネタ、流行ネタも散りばめてあるので、
ご賞味はお早目に。

京都はんなり暮し 京都人も知らない意外な話 (徳間文庫 さ 31-4)
澤田 瞳子
徳間書店
2008年6月6日

| | Comments (0)

サラリーマンNEO年末スペシャル「宴」

 サラリーマンNEO年末スペシャル「宴」見ました。だって、猫柳くんからメルマガ来るんだもん。

 あの哀愁、あの間の悪さ。
 
 NEOだぁ~!

 さりげなく、紅白応援団のセクスィ部長CMもふんだんに流して、大晦日のアピールも。

 「今日のセクスィheart04講座」笑いました。

 いつしか、エリカ先生の指導のもと、倒れている自分を発見し我に帰りましたわ(赤面)。

 やっぱ、紅白見てセクスィ部長今年の見納めしなきゃですね。

| | Comments (0)

2008.12.27

「竹生嶋」初しぼりザルごし濁り 朝市限定

 吉田酒造「竹生嶋」初しぼりザルごし濁り(朝市限定)を水で割って飲んでますheart04

20081225c2
 朝市の日、夜飲んだら酸味が勝っていましたが、少し日が経って落ち着いてきたようです。

20081225c1
 ふつふつと泡が湧いています。生きてます!
 野菜たっぷりの鍋といっしょに。おいしうございました~!


| | Comments (0)

2008.12.26

Mステ

 今日は7時からテレビで「MUSIC STATION SUPERLIVE 2008」。
 今年ヒットを飛ばした人、ユニットがこれでもかこれでもかと出演します。ライブ放送なので緊張感もあるし、11時までずーっと楽しめそうheart04

 しか~し!

 今、Mステといえばこの「ミュージックステーション」ではなく、「あいとうマーガレットステーション」(滋賀県の道の駅)を連想してしまうのは「知ったかぶりカイツブリ2scissorsのせいで~す!

| | Comments (0)

近江屋で忘年会

 先日JR草津駅東口から徒歩数分、近江屋(おうみや)さんで忘年会をしました。
20081223o8gaikan_2
 レモングラスさんと二人の、プチ忘年会です。2年越しでやっと実現sweat01
20081223o1beer_2
 まずは生ビール。
20081223o2sashimi_2
 そして刺身5種盛り合わせです。やっぱ刺身には日本酒ですよね。ということで、北島酒造の「奥の手」本醸造の燗をお願いしました。うーん、辛口です。脂っこいのも、あっさりでもなんでもあうわ。
20081223o3ebiimo_2
 海老芋饅頭のタコワサ庵かけ。海老芋を一回蒸すか煮るかして、団子にして揚げてあります。うまうま~。それに生のタコの塩辛のワサビ風味がアクセントになっています。レモングラスさんお気に入り。
20081223o4kabu_2
 鶏のセセリと風呂吹き蕪。柔らかいし、ダシ染みておいしい。
20081223o5kaki_2
 手前はオリジナルタルタルソース添えカキフライ。奥は生麩のピザです。生麩のもっちりした生地にチーズたっぷりで簿ボリュームがあります。これに合わせるのはやっぱり「麩老泉(ふろうせん)」、ちゃう「不老泉(ふろうせん)」の熱々燗!山廃特別純米を煮酒か、というくらいに熱い燗にされていましたが、冷めてもおいしいお酒ですから、大丈夫。チーズとの相性もいいんですよね~heart04
20081223o6d_2
 もうお腹は一杯。でもデザートは別腹ですよね~。そこでレモングラスさんが「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」風に「スタッフ~up」と小声で呼んだとたん、背後から「はい!」とスタッフがっ。びっくりしました~sweat01
 そして、出てきたデザート盛り合わせ。どれもおいしく半分分けしていただきました~。

 楽しかったです。二人で1万3千円くらいでした~。
20081223o7kanban
 
彩食健美 近江屋
滋賀県草津市渋川1-3-32 キャッスル草津1F
077-563-7711
営業 17:30~24:00(L.O.23:30) 
無休 

| | Comments (0)

2008.12.25

クリスマスケーキ

クリスマスケーキ
仕事先でケーキをいただきました!

京都のチーズケーキ専門店パパジョンズのチョコレート味のクリスマスケーキです。イチゴみたいな赤い粒は、たぶんラズベリーだと思います。

美味しかったです!ありがとうございました!

これで今年の仕事は最後となりますが、来年元旦からフツーに仕事はじめです…。がんばろ!

| | Comments (0)

オープンセサミのクリスマス

 オープンセサミでランチ、今年の食べ納めです~。

オープンセサミのクリスマス
 
081225_15250002
 今年もいっぱい元気をいただきました。ありがとう~!


| | Comments (0)

地酒キユーピー

地酒キユーピー
子どもが京都駅の売店で地酒キユーピーを採集してくれました!伏見の酒というラベルが付いています。

背景のイラストは蔵で木桶に櫂棒を入れているキユーピーの姿が。いまどきこんな光景がどこの蔵で見られるんだろう?記念館には仕込みで働く人はいないだろうし。

もちろん、木桶仕込みをしている蔵もありますが、それはごく一部。そんな状況で昔のイメージをそのまま使っていることは必要なんでしょうか。

地酒キユーピーをじっくり見ているとそんな疑問が湧きあがってきたのでした。

たかがコスチュームキユーピー、されど地酒キユーピー。

| | Comments (0)

2008.12.24

「笑四季」新酒到着

 注文していた「笑四季」のしぼりたて生酒とにごり酒
 4合1本ずつが届きましたー!

20081223emishiki
 にごり酒用に、穴の開いた替え栓まで付いている!
 さすが。

 冷蔵庫に入れて、年越しやお正月に飲みますね~
 今年はどんな味かしら。楽しみです。

 ▼笑四季酒造サイト

| | Comments (0)

2008.12.23

杜氏キューピー地酒キューピー

 少し前に、子どものコレクションと私のを掲載した、コスチュームキューピー。
 実は、日本酒関連のものもあるんです。

 京都の杜氏キューピーと、地酒キューピー。ラベルは「伏見酒」です。
 ▼地酒キューピー&地酒キューピー(京都)

 新潟には、酒樽&酔っぱらいキューピーがっ!
 ▼酒樽キューピー

 岐阜にはどぶろく!
 ▼どぶろくキューピー

 そして、たぶんただ一体、オリジナルラベルのお酒がありました。「南部美人」キューピーです。す、すごすぎ…。

 ▼南部美人キューピー

20081223biwaqp
 
 heart01今後採集したいもの一覧shine

 ・杜氏キューピー(京都)
 ・地酒キューピー(京都)
 ・酒樽キューピー(新潟)
 ・酔っぱらいキューピー(新潟)
 ・どぶろくキューピー(岐阜)
 ・糸切餅キューピー(滋賀)
 ・オコジョキューピー(長野県・岩手県)
 ・オコジョキューピーセピア(信州)
 ・白浜アドベンチャーワールド
  ラッコキューピー(和歌山)

 次点
 ・あひるキューピー(中部限定)

 日本酒とイタチ科だけに絞っても、これだけあります。なんだかんだいって、結構欲しくなってしまう。恐るべし、あらゆる方向から物欲をくすぐるコスチュームキューピーの魔力。(って引っかかるのは私くらいか?sweat01

 写真は、すでに採集済みの滋賀県・琵琶湖キューピーです。

| | Comments (0)

ドイツビールとチーズディップ

 朝市においでいただいたinugaoさん、お着物を素敵に着こなしていらっしゃったんですが、その荷物の重そうなこと!
20081223bd_2
 荷物の中から今年のカレンダーとともに、ドイツビール(アンデックス ドュンケル)をいただきました。さっそく朝市の夜、トーストに佐知さんのチーズディップをつけたアテとともにいただきました。ディップにはツナや玉ねぎのみじん切りなどが入っていてとってもリッチな味わい。

 ビールbeerはコクがあって、うまうまscissors 香りが、とっても香ばしくて豊かなので幸せになります。500ml入りでボリュームたっぷりで大満足。 

 inugaoさん、重いのにすんません。ありがとうございました!inugaoさんはこの秋NHKご出演&テキストご登場と大活躍!今年も残念ながら個展には伺えませんでしたが、来年こそpunch

| | Comments (0)

姉御のお漬けもん

 姉御より手作りの大根のお漬物を頂きました!

20081223tuke
 なにせ、大根からしてマツさんが畑で作ってはるものなんです。麹と塩と砂糖だけで漬けたということで、ほんまに力強い漬物の味がします!かじるとええ歯ごたえですnote
 姉御、ありがとうございます!

| | Comments (0)

おーちゃん畑の蕪と大根

 朝市の帰りに、おーちゃんからお大根と蕪を頂きました!

20081223kabu
 こーんな、渋い存在感のある蕪、スーパーでは売ってません!舞台に立ったらきっと名脇役。もちろん、作品(料理)によっては主役を張れる実力の持ち主といったところ。
 おーちゃんダーリンの作品だそうです。
20081223kabu2
 さっそく、蕪は皮をむいて栗東浪漫卵の手羽先といっしょにポトフにして美味しくscissors頂きました!
 おーちゃん、ありがとう!
 
 皮は浅漬けにしよっと。
20081223kabu3

| | Comments (0)

2008.12.22

知ったかぶりカイツブリ2

 知ったかぶりカイツブリの第二弾が出てました!昨日発売になってたようです。

知ったかぶりカイツブリ2
 これから見るのが楽しみです。

| | Comments (4)

ひこにゃん自由帳

 こどもがスーパーのひこにゃんのコーナーで、自由帳を買ってきました。やっぱり、あのゆるゆるの魅力にまいってしまったようです。

ひこにゃん自由帳

| | Comments (0)

「知ったかぶりカイツブリ」大受け

 子どもに「知ったかぶりカイツブリ」のDVDを見せたら、大受け。特に「告白の唄」を何度も繰り返しヘービーローテです。
081006_22220001 山科で乗り換えたら湖西線に行ってしまったところがツボみたいです。もう覚えて口ずさんでいます。さっそく携帯の着メロをダウンロードして、「あそこのカラオケでも歌えるらしい♪」と情報を仕入れて教えてくれました。

 ちょっとうれしいup

 知ったかぶりカイツブリのサイト

 第二弾も発売中!おたのしみお菓子袋も?すごい勢い。
 カイツブリ(兄つぶり?)の着ぐるみ、見てみたいheart04
 

| | Comments (0)

最近の『近江の酒蔵』

 2005年9月に出た『近江の酒蔵』。小川酒店さんでも平積みで売っていただいていますheart04

Sakagura180 先日、おーちゃんに「サイン入れて」と言われて、一生懸命書きました。「サイン入れると古本屋さんで値が下がるんじゃない?」なんて言いつつ。

 すると、数日後「あれ、ほとんど売れてもーてん、またサイン入りで本持って来て」とおーちゃんからうれしい電話。「やっぱり、なんか念が出てるんかなあ、いままで買わへんかった人も買ってくれはってん」
 
 ありがとうございま~すsweat02

 取材した蔵は健在。どこもがんばっておられるのがうれしいです。
 『近江の酒蔵』もうちょっと売れてほしいな~。

| | Comments (2)

2008.12.21

浜大津こだわり朝市 にごり!

 今日はお天気もよく、冷え込みもせず、浜大津こだわり朝市5周年の感謝のイベントも無事終わりました。

20081221asa1kesasibori0
 なんといっても、姉御のおかげで今年も無事に吉田酒造の「竹生嶋」ザル漉しにごり酒を売ることができました。
20081221asa1kesasibori2kame
 濃さを均一にするため、いったんカメに入れてからすくいます。
20081221asa1kesasibori1
 吉田酒造にて、姉御が今朝の新聞の一面とともに記念写真。今年は景気対策の記事でしたね~sweat01
 せめて、朝市でお酒を買ってくださったお客様には、一本締めのサービスで景気づけをさせていただきたい!今年も朝市の会場に拍手が響き渡りました。
 みなさん、とってもよい笑顔で。本当に、よいお年を。

 そして駆けつけてくださった、おなじみの皆様、初めてのお客様、本当にありがとうございました。
 皆様の笑顔と会えるだけでも朝市を続ける甲斐があるというものです。来年も、どうぞごひいきに!

 姉御&おーちゃん、遅刻しながらも今年の最後の朝市は手伝えました。ほんまに今年は欠席が多くてご迷惑をおかけしました。来年はもっと元気になって早く行って働けるようにしたいです。どうぞよろしくお願いしますね~heart04

| | Comments (4)

立ち呑みダイニング くらや

 先週の朝市忘年会の二次会は、こちら、立ち呑みダイニングくらやさんへ流れました~!くらやも湊町倶楽部と同じく、酒の卸会社エスサーフさんの直営店なんです。だから、行く前から期待が高まっていたのです。
20081213k2kanban_2
 京阪浜大津駅からすぐの大きな交差点の角に、こーんなでっかい看板がありますから、すぐにわかります。
20081213k1soto
 入口はこんな感じ。つい、ふらふらと入ってしまいそう……。

20081213k3kabe
 店内、壁ぎわの席はこんな感じです。席といっても、すべて立ち飲みですけど。

20081213k4naka
 カウンター席はこんなふう。スーツ姿の男性が似合う気がするわ~。

20081213k5sake
 うちらが陣取ったのは、丸テーブル。まずは「松の司」活性にごり。これはこの時期にしか出されてないお酒なんですよね~。すぐに売り切れちゃうから出会ったら、飲んでおかないと。少しにごっているのは「喜楽長」あらばしり、今年の新酒です。これらは、貼りだしてあったり、黒板に書いてあった「本日のおすすめ滋賀地酒」から選びました。

20081213k6gyusuji
 牛スジ煮込み。これ、すっごく柔らかく煮込まれてて400円、お得。

20081213k7hasu
 ハス寿司280円!これ、「天井川」の燗とナイスコンビネーションを発揮してくれました。うふふ。古川さーん!うまいっす。焼き物の酒器は、温かさが長持ちするような気がします。いいですね。

20081213k8shogaten
 これが「触媒アテ」とでも呼びたくなった紅ショウガの天ぷらです。たぶん、1.5皿分くらいの盛り。1皿100円なのですが、これを食べて、地酒を飲むとアラ不思議!まったく違う酒のような印象に変身してしまいます。酒とアテの化学反応を激しく実感させてくれるのが面白くて、いろんな組み合わせを試しました。
 しかも100円でっせ、奥さん!これちびちびかじりながら、燗酒なんぼでもいけまっせ~!たまりまへんな~!

 なーんて、思わず私もあやしい関西弁になっちゃうくらい、おもしろいアテです。
20081213k9menu
 メニューです。拡大できます。ほかにも、赤こんにゃくピリ辛煮180円。これと紅ショウガの天ぷらだけ注文するお客さんとかいないの?大丈夫なの?心配になってきます。
 29蔵の酒が常時すべてそろっているわけじゃないみたい。お勧めの酒はあるけど、切れてる酒もあるってところがちょっと期待はずれでしたが、それでも廉価で気軽に楽しめるお店でした!!今後、スタッフがもっと滋賀の地酒を覚えてくださって、前掛けが酒屋さんのに変わればいいな、と期待していまーす!

 お酒によってお値段も違います。「萩乃露」でも、280円のと山廃仕込み辛口特別本醸造「芳弥」350円のとありました。「不老泉」赤ラベルは500円でした。


立ち呑みダイニング くらや [居酒屋]

滋賀県大津市浜大津2丁目1-26
077-510-7216
アクセス 京阪線 浜大津駅より徒歩3分
営業 月~土 17:30~00:00(LO 23:30)
定休 日曜日・祝日
※2階にはイス席もあるそうです。

| | Comments (0)

2008.12.20

明日は浜大津こだわり朝市!

 いよいよ、明日で今年の朝市も最後となりました。

 恒例の「竹生嶋」活性にごり 朝汲み蔵からの直送rvcarです。ほかにも、おいしいお酒をご用意。

 吉例、手締めもれなく付いてきます~up

 クリスマスxmasやお正月用fujiに、ぜひお買い求めください。

 12/21(日)8:00~12:00浜大津こだわり朝市
 会場 京阪浜大津駅そばスカイサーカス
 取扱蔵 吉田酒造(高島市)
 問合せ 077‐524‐2203 小川酒店(地酒ブースについてのみ)

| | Comments (0)

湊町倶楽部で忘年会

 先週、朝市のメンバー3人で忘年会をしました。

 まずは噂の湊町倶楽部です。滋賀のお酒の卸売会社大手のエスサーフさん直営のお店なのです。小川酒店から歩いて数分。初めてなのでわくわく。
20081213m12ap
 湊町倶楽部は、アプローチから別世界。
 青いライトで照らされて、建物の入口まで歩けば、もう夢の世界へ(笑)。
20081213m12l
 中は個室になっていて、 ずっと同じ店員さんがサービスしてくれるので、 とっても落ち着きます。
 「これ、いつの醸造?」 なんて聞いても、ちゃーんとあとで答えてくれました。
20081213m1zensai
 お酒も、私たちの好きな蔵が、そこそこ種類そろえてあるし、
 さすが近江牛の店、牛肉のコースが充実。評判だということで、せいろ蒸しをチョイスしました。
 写真はオードブルです。ハマチのカルパッチョ グレープフルーツ仕立て、ムール貝のバジルソース、ファンタード(キジ科の鳥)とイセエビの春巻き。
 最初は生麦酒で乾杯。バジルソースをちびちびなめながら、ビールがお代わりできそう(貧乏くさー) 。
 この後、舌びらめの白ワイン蒸し ホタテホワイトソースとバルサミコソースが出たのですが、すっかり写真を撮るのを忘れて食べてました。
20081213m2yasaimae
 テーブルの真ん中のIHコンロの上にせいろを置き、野菜を蒸します。
20081213m3seiro
 野菜が蒸しあがったら、薄切りにした牛の霜降りロースを、蒸した野菜の上に広げ、
 まだ生っぽい赤みの残るうちに取り上げて、お皿にサーブしてくれます。
20081213m3oumiusi
 蒸す前の牛肉。
20081213m4nikuato
 蒸しあがった牛肉。 こんな食べ方初めて!でした。
20081213m4nikuatol
 まだ見た目は赤いくらい。脂が温められ、ごく柔らかく、さっぱり食べられるのです。 拡大してご覧ください。
20081213m5nikul
 白ゴマと酢醤油の2種類のオリジナルソースがまた美味。 野菜も甘く、たっぷり食べられるのがうれしい。
 これが一人3枚なので、かなりボリュームがありました。100から120グラムくらいと聞きました。 この写真も拡大できます。
20081213m6sakebiwacho
 もちろん、お酒も滋賀の日本酒があります。
 最初は、「琵琶の長寿」の純米吟醸「蔵人」から。19BY。キリリと冷やして。やっぱ、ここの酸は独特やわ~、いけるね。なんて言いつつ、みんなニコニコ。
20081213m7sakesuzumasa
 次は、牛肉のせいろ蒸しに合わせよう、と「鈴正宗」純米吟醸無ろ過火入れ原酒のぬる燗です。さすが、鈴ちゃん。肉もOK。
20081213m8sakehagi
 そして、「萩乃露」特別本醸造の熱燗。これは辛口で、魚でも肉でもいけそう。
 酒器はどれも信楽だそうで、とっても手になじむ形といい、見た目の温かさといい、楽しめました。

 もしかしたら冷酒はグラス、燗酒は漆器や磁器のほうがよりお酒を味わうという点ではいいのかもしれません。でも地元食材をメインにした「おもてなし」という意味で地元の焼きものを合わせて使うこともアリだと思えました。
20081213m9gohan
 ご飯とみそ汁、お漬物も、上品。 ご飯、滋賀のこだわり農産物だそうです。おいしかった。
20081213m10cake
 デザートには、ちょっと驚きのリンゴの薄切り。 向こうが透けて見えるくらいでした。 シロップに漬けてから乾燥させたのだそうです。
 アイスクリームと、ゆず風味のチーズケーキ、フランボワーズソース入り。
 ホットコーヒーお代わり自由heart04 (もちろん、お代わりしました。せこっ)
20081213m11genkan
 贅沢な気分を満喫できて、年に1度はお客様を接待したいな~という気持ちになりました。(できへんけどね)
 だって、個室だしサービスも気持ちよいし、お値段は高いけどそれだけのことはありました。
 なにより、久しぶりに3人でお酒が飲めていろんな話ができて、ほんまに楽しかった!

近江牛のせいろ蒸しコース 一人7500円(税・サービス料込)
・シェフのスペシャルオードブル
 ・本日入荷のお魚料理
 ・近江牛ロースと季節の有機野菜を使ったせいろ蒸し 自家製だれで
 ・ご飯 赤だし 京漬物
 ・シェフパティシェのスペシャルデザート
 ・コーヒー 又は 紅茶

20081213m0shihainin
 支配人の内貴さん。おーちゃんといっしょだと、エスサーフの皆さんが顔なじみということでごあいさつしてくださいます~。おいしかったです>お店の皆さん
20081213m00kanban
湊町倶楽部

〒520-0047
滋賀県大津市浜大津一丁目2-33
077-510-1010
info@minatocho-club.jp

年中無休(年末年始は除く)
Lunch11:30~15:00(L.O.14:00)
Dinner17:30~23:00(L.O.22:00)
 日曜日、祝日のDinnerは17:30~22:00(L.O.21:00)

| | Comments (0)

2008.12.19

鶏野菜味噌鍋松茸入り

 ゆうべは子どもが鶏野菜味噌鍋(とりやさいみそなべ)をやろう!と、味噌を買ってきました。

20081218nabe1
 私は仕事先で、なぜか松茸を頂いたheart04ので、鍋にも入れることに!

20081218nabe2
 鶏肉と松茸と、ほかは普通の鍋と同じ野菜です。
 北陸では一般的な鍋料理だそうで、滋賀県でも平和堂などで売ってます。
 味噌ベースに、唐辛子などが混ぜてある調味料を、お湯に溶かしたらあとは具を入れて煮るだけ。ただし、うちでは昆布と日本酒を入れます。市販の調味味噌を使うと、ちょっとアミノ酸が口に残るけど…。
 簡単でおいしい。〆は断然うどん。ごちそうさまでした~!

 とり野菜みそのサイト

| | Comments (0)

2008.12.18

コスチュームキューピー

 昨日こどもが帰ってきて、
 あちこちで集めたご当地キューピーを見せてくれました。
 
 それまで、「どうせご当地キティちゃんのパチもんやろ」と思ってたんですが、 サイトを見てコーフン!!
 ↓これはうちの子のコレクションです。
20081218qpmiyazaki
 宮崎の東国原知事の、おでこの後退具合が絶妙キューピーshine
 篤姫なんか、色が違うのが4種類あって、それぞれ「恋愛」「金運」なんてお守り化してました(笑)。

 各地の名産品や、ゆかりの歴史上の人物など、
 日本史・地理を勉強していない子どもにはわからず、笑えないのです。
 コスチュームキューピーを完全に楽しむには、 ある程度の日本史などの知識が必要!
 そんな解説を掲載したカタログ本も出てるみたいですね~。
20081218qpkyusyu
  全国のいろんな種類を見て「渋い!」「シュール!」の連発です。
20081218qpnagoya
 エコピットキューピーは違うシリーズです~。
20081218qpshiga_2
 滋賀県にもこんなにあったなんて。 琵琶湖キューピー、信楽狸キューピー、近江牛キューピー、そして、スポレク2008キャッフィーキューピー。これ、もうイベント終わってるから、もう手に 入らないのでは?今日仕事先でもらっちゃいましたheart01
 近江牛ステーキキューピー! これって、シュールです。近江牛キューピーとセットでどうぞ。よりシュールです。
 近江牛ステーキキューピーは、横向きでハイハイしているので、左側に顔が出てて、手の先と足の先だけのぞいている状態です。
20081218qpbiwako
 琵琶湖キューピー! 4連発。
 こんなん、顔出し看板そのものやん!

 ほかには……。
 多賀限定の糸切餅キューピー!  ほ、欲しい!顔出し看板の図案コンクールにも1枚だけ応募があったんですが、個人的にすごいツボやったんです。糸切餅サイコー!
 八幡山ロープウエイキューピー! ついに、キューピーは顔だけに…あまりにもシュール過ぎる。
 紫式部キューピー「セピア」……一世風靡かいっ!? (子どもには通じず)


 こんなに身近に、すごい世界があるとは……。
 恐るべし、コスチュームキューピー。

 コスチュームキューピー

 さっそく、今日大津サービスエリアに行って採集しました。
 ずらりと並んだキューピーは、大阪のタコヤキキューピーや京都の新撰組キューピー、信長、秀吉、家康、お市の方、柴田勝家など武将キューピーなども混じっていて、数えきれないくらいの種類が。
 すごくコーフンしつつ、子どもに頼まれた琵琶湖キューピー3個、信楽狸キューピーなど、7個を採集してレジへ。
 「お土産大変ですね~」とレジの女性に言われつつ、合計3290円支払ったところで目が覚めました。

 数集めると結構高価になるのでとても集められない!

| | Comments (0)

紫芋のマスタードあえ

 オープンセサミさんでランチ。

20081218o
 紫芋のマスタードあえ、色鮮やかできれいです。あとは厚揚げのべジミートカレー炒め、豚バラと大豆のトマト煮、キノコのキッシュ。お腹すいてたんで、パクパクあっという間でした。

20081218r
 カウンターにはバラ。冬のバラだからか、つぼみがかたい気がします。


open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084

OPEN 11:30~20:00
  定休日  日 月 祝日


| | Comments (0)

2008.12.17

輝く雲の夕暮れ

 昨日はとってもよい天気だったというのに今朝は雨模様。昨日の夕方は、こんな輝く雲が見られたんですよ。

20081216yusora
 琵琶湖に続く広い平野からながめました。

20081216yumikami
 振り向けば、三上山。

| | Comments (0)

湖岸でランチ

 昨日はとってもよいお天気だったので、湖岸でランチを食べました。

20081216kogan2_2
 風もそんなに冷たくもなく、公園のベンチで食べようという気持ちになるくらい暖かかったです。

20081216kogan3l_2
 広々とした芝生に、青い山並みと青い湖。拡大できま~す。ランチは、コンビニで買ってきた具たっぷりちゃんぽんでした。

20081216kogan4_2
 
20081216kogan1_2
 写真はきれい~。
 しかし、波打ち際まで近寄って見ると臭いんです。水草が打ち寄せられてたまっていて、それが腐ってるようなのです。がっかりですね。でも、掃除するのは大変な作業になります。なにしろ湖岸線は長いですから。

| | Comments (0)

モルツ<スノーホワイト>

 モルツでも、新しいのが出てました。スノーホワイトって、ホワイトビールってことかなあ。

20081216mol
 ホワイトビールって小麦でつくったビールのこと?

 うう、きめ細かな泡が出てない…。残念~。
 予想通り、軽い。でも、買って後悔する嫌いなタイプでもない。軽く楽しみました。やっぱ、ランチタイムにサンドイッチとかと軽く飲むという場面を想定するといいかな。

 モルツスノーホワイト

 こうしてビールの新しいものをチェックしているのは、より自分の好みの銘柄を見つけるためなのです。
 いま、お気に入りといえば、よなよなエール、ザ・プレミアム無濾過リッチテイストです。キリンラガー明治も。(近所のお店で手に入りやすい銘柄では)
 自分の好みは、のど越しがいいとか、水代わりとかじゃなくて味が濃くてコクがあって、適度な苦みがあるもの、というところまでわかってきました。ぬるめでもOKなタイプ。香りは、よなよなエールみたいな香り高いタイプに惹かれるのかな~。
 
 どこまでビール放浪の旅は続くのか……。一時、真夏でもビール飲まずに日本酒ロックにしていた反動が今頃出ているのか?

| | Comments (0)

2008.12.16

Franパティスリー2種

 Franパティスリーの新しいものが2種類出てました。この色合い、このデザイン!めっちゃ好き。ジャケ買いならぬ、パケ買いです。

20081216fran
 深いグリーンと、鮮やかな紫。このセットがいいんだな~。

 まだ食べてないので、どんな味か楽しみです。

| | Comments (0)

2008.12.15

「不老泉」ビンとっくり

 かむなびさんで、こんなレトロなとっくりを見せていただきました。

20081210k30furosenbin
 「不老泉」のお酒が入っていたビンですが、それをとっくりとして使ってらっしゃるんです。
 えくぼがあるみたいで、とってもかわいいheart04
 いつの時代なんでしょうね~。昭和だよなあ。

| | Comments (2)

味酒かむなび その2

 かむなびさんの画像その2です。
 途中から、だんだんお客さんが増えてきて、ついには最初はなかったテーブル席まで出来てました。
 ご機嫌の私たちは、カウンター席で隣になった方に滋賀のお酒のことを「よろしくお願いします」なんて話しかけたりしてました。かなりよっぱですね~sweat01

20081210k18orokuebi_2
 「王禄(おうろく)」と、トビエビから揚げ。頭っから全部バリバリ食べられました。香ばしい~。

20081210k19jujiasahi_2
 「十旭日(じゅうじあさひ)」。

20081210k29kamo_2
 筑波の西崎さんのバルバリ鴨と下仁田ネギの葛煮

20081210k31hakuin_2
 「白隠正宗」。

20081210k32tako_2
 粕漬タコの焙り。粕の風味のタコと、大根おろし。

20081210k33saganomai_2
 「佐賀の舞」。覚えてないsweat01 

20081210k34inaniwa_2
 稲庭うどんのアサリとエビのペペロンチーノ。うどんなんだけど!でも洋風もいけます。

20081210k35taketuru_2
 「小笹屋 竹鶴」。

20081210k36omusubi_2
 おにぎり。かすかに記憶ありsweat01

20081210k37kidoizumi_2
 「木戸泉」。

20081210k38uni_2
 国後のバフンウニ。

20081210k39okamisan_2
 忙しくなってきた頃から、奥様降臨。とってもすてきなご夫婦です~heart04 ブレブレでごめんなさい!

 蔵朱さん、そしてかむなびさんと、二軒をめぐる大阪ぷち日本酒卍固めツアー。
 どちらのお店も日本酒の品揃えがすごい!ハンパじゃない数。
 そしてもっといいと思うのが、どの酒でもおいしく燗をつけてくれること。

 そのうえに、日本酒にあう肴がいっぱいあること。
 旬の素材を使って、ひと工夫されているので、どれも楽しい。
 大将に酒のことや食材のことを聞けば、 いろいろ教えてもらえる。
 お酒の管理など、本当に大変だとは思いますが日本酒好きにはたまらないお店です。


 至福の時間が過ごせました。ほんとにありがとうございました!
 二人で、何時間食べて飲んだんだろう?
 一人1万円ずつで少しおつりがありました~。なんとか、滋賀に帰れました~scissors おあいにくさま♪(知ったかぶりカイツブリ)

 ▼かむなび その1の記事

味酒 かむなび

TEL 06-6765-0930
住所 大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-12
営業時間 17:00~23:00
定休日 月曜日

| | Comments (2)

味酒かむなび その1

 いとがーさんが今年オープンされたお店、味酒かむなび。大阪市ということもあり、なかなか行くことができず先日やっと伺うことができました。

20081210k1iriguchi
 地下鉄谷町線「谷町四丁目」と 「谷町六丁目」の真ん中あたり。徒歩5分、ということで開店の5時直前に着いちゃいました。まずは撮影から。
20081210k2kanban お店の看板は、丸太。滋賀県高島市の朽木の山で、某蔵元にお勤めのHさんからのプレゼントだそうです。
 かむなびさんは、蔵朱さん、よしむらさんとともに、日本酒卍固めプロジェクトを推進するメンバーです。
 かむなびのオーナー、いとがーさんとは何年も前の、大阪日本橋のお好み焼きマンボウさんで行われたお酒の会で同じテーブルに座ったご縁があるのです~。

20081210k3tukidasi
 開店と同時に入って、どっかり落ち着いてしまいました。付き出しはむかご入りの豆腐(だと思う。忘れてる…)。

20081210k4sp
 乾杯はスパークリング日本酒リヴァン。ちょっと甘口で、オリがらみなのかうすにごり。飲みやすい。
20081210k6taisho
 まだ、ほかのお客さんがいないので、堂々と記念写真。私たち二人ともカメラを持ってる(ブログを持っている)ので、目線がいただけませんでした(汗)。引っ込み思案なんだから~>自分。(滝汗)
20081210k5bora
 村公一さんのボラ刺身です。村さんって、スズキで有名な漁師さんらしいです。あぶりと刺身。もう説明しないでもおわかりでしょう。脂がのってて…。うまいです。

20081210k7akishika
 燗で、ドライな感じということで、「秋鹿」。確かに辛かったわ~。

20081210k8kani
 せこ蟹の甲羅焼き。味噌風味で身とカニミソが混ぜて焼いてあります。
20081210k9kojizuke
 おばあちゃんの蕪ずし。自家製麹漬けだそうです。蕪と、鰆だったか魚を塩漬けにしてから、麹に漬け込んであるそうです。麹の甘みと、ちょっと酸っぱくなった感じと、魚と蕪のナレ具合が絶妙。お気に入り。

20081210k10gangi
 「雁木」。これも燗!

20081210k11chochin
 「長珍」。これも燗!

20081210k12namako
 ヌル燗なまこと野菜の酢のもの。低温でゆがいたナマコは柔らかくなるそうです。野菜はヤーコンと洋ナシ。ナシの甘さが酢にものにあいますね。
20081210k13siomame
 塩豆(ウズラ・パンダ・ヒヨコ・金時・白花・黒)。塩味の豆を蒸してあるんですけど、これが豆のほこほこの甘さが引き立って、うまい。シンプルだけどとっても素材の持ち味が生かされてて酒のアテにぴったり。
20081210k14dakushu
  「金鼓 濁酒(きんこ だくしゅ)」。岡山産アキヒカリという米で造られた、水もとのお酒で、どろりとしていて、飲むというよりも食べる感じ。さわやかな酸味と、いやみのない甘みが私のツボ。お代わりしました。
20081210k15gyoran
 三種の魚卵とクリームチーズ(ヒラメ・ボラ・サケ)。卵のねっとりした生ぐさみも、日本酒なら逆においしくなる。このへん、夢中で食べてしまいました。
20081210k16natto
 納豆の塩辛。食べてみると、確かに納豆なんです。でも、大豆の粒が巨大。塩辛くなって酒のアテとして存在感がありました。出世した納豆(笑)。
20081210k17yoemon_2
 「酉与(2文字あわせて一字)右衛門(よえもん)」。うっ。味覚えてない…。どれも「おいしいおいしい」と飲んでいるだけの私。とにかく、おいしい肴が次々に食べられて「幸せ」を連発してましたheart04

 まだ、続きます。今宵はここまでにしとうございます。

 ▼かむなび その2記事

味酒 かむなび

TEL 06-6765-0930
住所 大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-12
営業時間 17:00~23:00
定休日 月曜日

| | Comments (2)

2008.12.14

ひこにゃんチロルチョコ

 近所のがんこ堂書店に行くと、レジ横にひこにゃんチロルチョコを発見!!!

20081214hikochoco
 井伊直弼と開国150年祭の文字といっしょに、おなじみの3ポーズひこにゃんが。

 味はミルクと、ビスともう一つは不明。

 ひこにゃんを食べる~cafe1個80円ナリ~。中身は普通ナリ~。

| | Comments (0)

2008.12.13

食事の中の心の栄養素

 食物の栄養素、炭水化物やら油脂、タンパク質、ビタミンに食物繊維などなど、健康を維持するためにはバランスのよい食事をすることが大切だと長らく教えられてきました。

 でも、そんな教科書には全然載ってないけど、食べ物にはもう一つ、心のための栄養素も必要なんじゃないかとここんところずっと考えています。

 それは、その人のために作られた料理にだけ、含まれているようなのです。
20081127l
 同じ食材を使った同じ料理。
 片方はコンビニやスーパーのパック入り。
 もう片方は長年通って顔なじみになっている近所の食堂で注文したもの、あるいは、家族でわいわい言いながら作った料理。

 どちらも同じだけ栄養があるはずなのに、片方には心の栄養素が欠けていて、もう片方にはたっぷりと含まれている、そんな気がするのです。

 どうも、人間って一日一食でいいから「自分のために作られた料理」を食べないと元気が出ないようです。若いうちは感じないかもしれないけれど、体調を崩したり年をとったりすると、特に心の栄養素が不足するとダメージを受ける……。あ、ひとに作ってもらうだけじゃなく、自分で自分のために作るってのも含まれます。
 心の栄養素には「おいしい」と「たのしい」が必須。自分で作って「おいしいなー」と思えたら、心の栄養素は含まれているみたいなんですわ~。

 私のなじみのお店、オープンセサミさんのオーナーシェフ、きよちゃんは毎日デリを作りながら、お客さんの顔を思い浮かべていると聞きました。私が行く曜日には、私の好きなデリを作りながら、私のことを考えてくれているというのです。(↑の写真もいつものオープンセサミでのランチです)

 あのお店のランチを食べると、へろへろでも元気になれる。素材を吟味して安心・安全なものを選んであるだけでなく、お客さんのため、そして「私のために作られた料理」だから元気になれるという一面も確かにあると感じています。
 
 誰しも、知らず知らず、「おいしい」「たのしい」心の栄養素がたっぷり入った料理を出してくれるお店を選んでいるのかもしれません。

| | Comments (0)

2008.12.12

キリン明治のラガー大正のラガー

 待ってました!明治と大正のキリンラガーを再現したらしい~。

20081212kirin
 何が違うって、原料が違う。明治は「麦芽・ホップ」、大正は「麦芽・ホップ・米」となっています。
 好みは明治のほう!だって濃いし苦味がきいてるもん。大正のほうがあっさりめかも。

 キリンのサイト

| | Comments (2)

ロマランのマカロン

20081212ma岡山のロマラン洋菓子店でモンブランを引き取ったとき、あんまりきれいなので買ってしまった、マカロンの詰め合わせです。
 マカロンって食べたことなかったのでどんな味かと。。。
 
 ふわっとしてて、まるでメレンゲを焼いたみたいに軽い。サクサクじゃなくてしっとりふんわり。中に、クリームがはさんでありました。意外としっかり甘かったです。
 上からペシュ、シトロン、ピスタチオ、フランボワーズ、カフェ、ショコラ。バラ売りもされてたので、好きなものを選んで詰めてもOKみたいでした。

 これ食べながら、荒俣宏『新編 別世界通信』を読めば一層ファンタジー味にbook

20081212ma2
ロマラン洋菓子店 本店
岡山県岡山市番町1-11-17
電話 086-222-5838
営業 9:00 ~ 20:00
定休 木曜日

| | Comments (0)

2008.12.11

岡山の地ビール独歩 缶

 岡山からの帰りに、サラダセットと地ビールを買い、夕食にしました。

20081211
 7種類のサラダを白い皿に盛り付けると、居酒屋のつき出し風に(笑)。

 前に地ビールをビンで買ったとき、重くて懲りたので今回は大喜びで2種類買いました。
 小さめの缶ってとこがうれしいheart04
200812112

| | Comments (0)

アミノ酸等無添加のツナ缶

 うっかり買ったら、アミノ酸の入ったツナってことがあるので、最近はよくラベルと原料欄を確認しています。
20081127kan
 これが、近所のスーパーで選べる、スープ漬けのツナ缶です。こんなに写真でっかく載せることもないんですけど(笑)。食塩無添加という表示ですが、アミノ酸も入ってません。
 最初は「味が薄い」と感じました。でも異様に旨いのは不自然なんだと気が付いてからはこればっかり選んでいます。知らないうちにアミノ酸の味に慣れてしまってるものなんですよね…。

| | Comments (0)

2008.12.09

ジンジャーティ

 午後から、びぃめ~る事務所に用があって出かけました。雨の中、カッパ着てスクーターはつらいものが。

ジンジャーティ
 つくなりカフェで神社亭、じゃない、ジンジャ―ティ(350円)を注文しました。一番あったまる、という話を聞いて。
 
 確かに、ショウガパワーで体の中から温まる。甘酸っぱい味付けで満足。

 ケーキはこの前と同じ紅玉のタルト。おいしうございました!


 Be-cafe(ビィカフェ)
 栗東市綣2-4-5 ウィングプラザ2F(栗東駅前)

NPO法人びぃめ~る企画室
TEL: 077-554-1774 FAX:077-554-1792
E-MAIL: info@bmail.gr.jp

| | Comments (0)

ザ・プレミアム無濾過<ビアショコラ>

 コンビニで発見。ザ・プレミアム無濾過<ビアショコラ>です。いつもの<リッチテイスト>と比べてみよう! 写真左がビアショコラです。
2008128cho
 数量限定なんですよね。見た目、いかにも黒ビール。香りも味も、苦味走った黒ビールでした。チョコレート麦芽を一部使用と書いてあるので、ちょっとチョコレートの風味がするのかと思ってたのですが、色あいのほうだったのかな。あまり香りは感じませんでした。

 リッチテイストなら、結構和食にもいけるんですけど、黒ビールはやっぱり洋食があうかなあ。。。
 今回はオープンセサミさんのテイクアウトデリのオニオンとウインナのキッシュと、ポテトサラダがあったので、これにはよかった。でも、カツオのたたきサラダにはあまり。当たり前か。カツオのたたきサラダのドレッシングは、ごま油、醤油、酢、へべすこしょう。これ、単純だけどいけますねんheart04
 

| | Comments (0)

癒しの猫写真

 うちの子が飼っている猫です。

Image824_2
 体型自体大きい種類ですし、長毛種なので太って見えます。

Image846
 流行りに敏感なのか。猫鍋志願?

Image891
 ちびっこ猫も最近加わりました。二人は仲良しです

Image884
 すやすや。肉球ぷにぷにheart01

 でも、私にはなついてくれませ~んsweat02 シャーシャー言われます。とほほー。

| | Comments (0)

2008.12.08

旅は道連れ

 岡山から新幹線で帰るとき、隣り合わせた高齢妙齢の女性。80歳を超えたとは見えないお元気な方でした。

 すぐに、のぞみの3列になってるシートの幅は、真ん中だけ広いことを教えていただく。そんなこと、何度乗っても気がつかなかったなあ…。

 「この位置の座席までなら電光掲示板が楽に見られるのよ。これ以上後ろだと伸びないといけないからダメ」
 「ドアから3列目くらいまでだと、空気が悪いから座らないの」
 「ジパングクラブに入っているから割引があるし」

 おおー、快適な旅行をするために、なんて細かいところまで。
 
 山登りもお好きで、白馬の雪渓、尾瀬なども何度もいらっしゃったとか。うちのオトンは喜寿。軽く年下です。でも、足が悪いから登山なんてとんでもない。もっと年下のオカンは病気のため、とても一人で電車に乗れない状態。実家の父母を思い浮かべると、驚異的です…。

 女性のお話に耳を傾けていたら、すぐに京都になりました。どうぞお元気で!心から笑顔で言ってお別れしたのでした。

| | Comments (0)

ラムのスープ

 わけは菊菜~!とラムの組み合わせがお気に入り。

2008128r
 ラムと菊菜など青菜のスープを作りました。ダシは肉と日本酒だけ。カンホアの塩で味つけ。

 しみじみ、滋味あるスープです。体があったまる。

| | Comments (0)

2008.12.07

ロマランのモンブラン(18センチ)

 オトンの喜寿祝いのケーキは、岡山市のロマランに予約しておきました。喜寿のプレートとロウソク7本を付けてもらいました~。

 「ハッピー喜寿、お父さん♪」(ハッピーバースデイの替え歌)と歌ってからロウソクを吹き消しました。
 しかし肝心のオトンはケーキを半分しか食べてなかった。なにしろ、セルフサービスでいきなり燗酒でしたから(苦笑)。

200812677cake
 6人から8人分ということでしたが、普通のショートケーキサイズに切るなら8切れくらいでしょう。6切れにするとかなり大きくなりましたが、オカンは黙々と食べ、とっても満足そうでした。
 大きな栗の渋皮煮がごろごろしてて、見た目も豪華。台のスポンジとクリームがふわっと軽く、栗クリームと栗を合わせて食べれば贅沢な味わい。大人のケーキだわ~。私も大きなピースを切り分けてもらい、知らないうちに全部食べてしまっていました。

 
 ロマランのモンブラン(18センチ)3,685円(喜寿のプレートとロウソク7本込)


ロマラン洋菓子店 本店
岡山県岡山市番町1-11-17
電話 086-222-5838
営業 9:00 ~ 20:00
定休 木曜日

| | Comments (0)

霜の朝

霜の朝
寒いです!

実家の窓の外は白い霜の世界でした。

お天気もよく、風もないというのに日陰には霜が残っていました。

| | Comments (0)

2008.12.06

妹のイタチ体験談

妹のイタチ体験談
実家で午後の紅茶を飲んでいると、応接間の壁の中でカサカサガリガリ音がします。

しかし、誰も疑問に思う人はいません。

そりゃあイタチじゃ!

みんな知っているのです。

昔妹がまだ、実家の改築前の部屋に住んでいた頃、夜中布団に寝ていて、ふと目が覚めたそうです。廊下を何か動物が走っている足音がするのです。それは猫よりも軽く、爪の音もするのです。廊下の端まで行くと足音は止まり、ツーッと滑る音になり、今度は折り返し走って行き、また端まで行くとツーッと滑る音。

まるで、床を滑ることを楽しんでいるかのように繰り返していたそうです。

翌朝、オトンに尋ねると、

そりゃあイタチじゃ!

という答えだったそうです。

イタチ科の動物は、たとえばカワウソは土手を何度も滑って遊びを楽しんでいるように見えるそうですから、妹が聞いたイタチの廊下滑りも、遊びだったのかもしれないですね〜!

('-^*)/写真は以前飼っていたフェレットのくまチャンです。

| | Comments (0)

オトン喜寿祝い

オトン喜寿祝い
オトンの誕生日も近くなったので、きょうだい集まって喜寿祝いをしました。

数えならとっくにしていなければいけなかったのですが、オカンの体調が悪くそれどころではありませんでした。オカンの調子が落ち着いたので、やっとお祝いできました。

ケーキは岡山のロマランのモンブラン、そして花束贈呈とセータープレゼント。オカンにもなんかないと寂しいだろうとフラワーアレンジメントを渡しました。

紅茶でケーキを食べ、最近の近所のニュースの話題で盛り上がったのですが、何故かオトンの特大マグカップ(1.5合サイズ)だけ透明の液体がなみなみと。……いきなり酒かよ!

しかし、オカンの世話に明け暮れるオトンの久しぶりの楽しみなのです。誰も止める者はいませんでした。オトンはとてもうれしそうでした。

しばらくすると、何故か更にゆでモズクカニまで出てきて、オトンはマグカップを何度もお代わりして桜色に。
2008126kani
病院に通い薬もいっぱい飲まないといけない二人ですが、こうして家族揃って楽しいお祝いができることは本当に有り難いことです。

モズクカニの身とともにかみしめた家鴨なのでした。

最初の写真は、母校の最寄り駅で〜す。

| | Comments (0)

Be-cafeでケーキセット

Be-cafeでケーキセット
雨降りの昨日、栗東のビィカフェまで届けものに行きました。

遅いランチをと思ってたのに売り切れ。仕方なくスープとパンで済ませました。

食後はケーキセット!

これぞショートケーキ!というイメージの苺ショートでした。おいしかった!

日暮れ前には寒くなってスクーターで出掛けるのがつらい季節になったのを体感しました。
(>_<)

| | Comments (0)

2008.12.05

ラッキーなカキのキッシュ

 オープンセサミさんで、またしても取り置きしておいてもらったカキのキッシュをランチで食べました。
 これが、ラッキーだったんですよー。カキがごろごろ入ってて、ブロッコリーは茎の部分が少しだけ。あとはチーズとカキばっかり。うふふ~。いつもとりカキがいっぱいのラッキーをかみしめました。

2008124l
 ポテトサラダ、カボチャとさつま芋のサラダ、大豆と豚バラのトマト煮、トマトの冷製パスタ。

 以前取材してくださった紙面の記者さんも、ランチを食べにいらして声を掛けてくださいました。
 同じカキのキッシュと味噌和えをチョイスしてはるな~と思ってたんですよ(笑)。「ここのランチは元気が出ますよね!」と言いあいました。どうぞお元気で!

| | Comments (0)

2008.12.04

ツルリンドウ

 ツリーやリースを飾りつけた、オープンセサミさんのカウンターには、謎の赤い実。お店のAさんがおうちの近くの桃の枝に巻きついていたのを持ってこられたのだそうです。

2008124nazo
 名前はわからない、ということでした。
 帰ってきて、ネットで探してみると、ツルリンドウという、リンドウ科の植物だとわかりました。ツルリン・ドウじゃなくて、蔓竜胆です。ああ、スッキリした~! 

こちらのブログの写真で見つけることができました。すっごくたくさんの種類の美しい草花写真がいーっぱいで驚きました。どうやったらこんな素晴らしい写真が撮れるのかしらcamera
 ▼野草風薫
  

2008124nazo2
 よく見ると、リンドウに似た、しぼんだ花の中から実がついているのがわかります。

 赤い実はどんな味がするのかな? Aさんに味見を勧められましたが、辞退。試す人はチャレンジャーですね~。

| | Comments (0)

やまだ屋のモンマロン

 京阪膳所駅の手前の踏切を渡ろうとスクーターで走ってたら、意思とは関係なく(ウソ)、洋菓子のやまだやさんの前に止まってしまいました。洋菓子も季節感たっぷりのものなんですね~。今はさつま芋や栗のお菓子がいっぱいで目移りしてしまいました。

2008124kuri
 今日は450円のモンマロンが欲しくなり、ええい!と清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってしまいました!!(大袈裟) ほかにも栗関係は懐かしのシンプルな昭和モンブラン復刻版も300円弱で売られていましたし、普通のいまのモンブランが400円弱でしたが、このモンマロンに心惹かれるものがあって。

 帰宅後、熱い紅茶とともに栗クリーム堪能heart04 かわいいカゴに入ってるんです。そして葉っぱはビターチョコ。くるくる絞ったクリームはたぶん栗ペースト。甘さよりも栗の味が強くて楽しめます。中はスポンジ生地と生クリームでフレッシュ感あり。
 幸せ。

滋賀やまだ屋 膳所店
077-526-1047

このケーキ屋さんの二階にあるカフェの「ときめき・The・菓(ときめき坂)」というケーキ4種盛り合わせ。気になっていますが、なかなか行く機会がない…。「売り切れ」表示が時折見られます。ケーキバイキングの気分になれそうだなあ~。

| | Comments (0)

柚べし恐るべし

 先日、新潟から大阪にいらっしゃった燗酒おやぢさまにお土産にいただいた柚べし(ゆべし)を食べてみました。

2008124yubeshi
 ううう、なんと表現したらよいのか。この上品な甘さと口ざわり。柚子風味のお菓子って、あまり得意ではない私でしたが、これは別。もっちもちの生地にほんのりと香る柚子がまた上品なのです。
 おやぢさま、ありがとうございま~す!

 正直、ひとにあげなくてよかった、と思ってしまいました。食べ始めたら止まらなくなって「おいしい!」としか言えないのです。
 
 柚べし、恐るべし! 越後屋といえば時代劇で悪代官といしょに悪だくみする役が多いけど、同じ越後名産の柚べしもあなどりがたし。(あんまり関係ないか~)

| | Comments (2)

よこわの刺身

 いつものスーパーで、よこわの刺身が半額heart わーい、赤身赤身。大喜びで購入しました。

2008122s
 鯖の巻き寿司もいくらか割引。豆腐となめこの味噌汁も作って、いただきました。
 豆腐となめこの味噌汁には、ワカメを入れる主義。なのに、今回はすっかり入れ忘れてました。
 このウッカリもんが~annoy>自分

| | Comments (0)

2008.12.03

ラム鍋

 ラムのロースを入れた、鍋を作りました。味付けは味噌&キムチ。香辛料がラムにはあう気がして。

2008122r
 ねぎ、生しいたけ、山東菜。
 そして、意外といいと思ったのが、菊菜です。そう!わけは聞くな~!の、菊菜です(しつこい)。
 クセがあって香りもあって、ラムの臭みとか全然感じないんです。(もともと、においはない肉なのかもしれないけど)
 お肉は、鍋の具材が煮えてから、最後にさっと熱を通すだけで食べると柔らかくていいかも。

 味噌とピリ辛の鍋は、遠いモンゴルの草原で食べている気分に~(ほんまか?)。おいしかったです~。〆はうどんね。

| | Comments (0)

夜食はラーメン缶

 実は、蔵朱さんのお店に伺ってみるとまだお店の営業時間の前でした。そこではんなさんと二人で暇つぶしに松屋町筋をぶらぶらと歩いていると、安い清涼飲料水の自販機が。そのうち、はんなさんが見つけたのがコレです。

1008479932_248
 ラーメン缶!しかも140円!秋葉原のお土産として話題になっていたのは去年の夏前くらいでしょうか。こんなにお手頃値段なら、ブログのネタに買ってみよう!ごろんと出てきた缶はあったかい。
 よくよく見ると、HOTのところに入っています。そりゃそうですよね。買ったらすぐ食べられるのがいいところなんですから。
 買ったのはいいけど、蔵朱さんでおいしいお酒と肴を食べるから、当然持ち帰り。いつ食べようかと思ってたんですが、今日、夜中に小腹がすいたので、決意しました!お湯を沸かそう。

081203_00230001
 鍋にお湯を沸かし丸ごと缶をお燗(笑)。添付の折りたたみフォークで。やっぱ、雰囲気重視です。缶を開けてみると、ラーメンの香り。中には、糸こんにゃくのような食感と味の麺。そしてメンマが2本、チャーシューのような味付け豚肉が2片。熱いのでタオルで缶を持って食べました。

 つるつるしてるうちに、すぐ食べてしまいました。原料を見ると、アミノ酸やら増粘剤やらの表示があるので覚悟してましたけど、スープはアミノ酸の後味です。それでも、肌寒い夜更けには温かいスープはごちそう。
 スープまで全部食べてしまいました。

 これ、賞味期限は2010年ってことでしたから、非常用保存食にはいいかもしれませんね。ただ、寒い時期にはやはり鍋と水と燃料が必要ですから、缶を開けたらすぐに食べられる、というわけにはいきません。ひやしラーメン缶もあるそうですけど夏しか食べたくないだろうな…。

 カロリーが1缶56キロカロリー、夜中にラーメン気分が満喫できてうれしい。

 ラーメン缶、滋賀県内にも売っているところがあるよ、と教えてもらったのがこちらです。
 意外な場所ですが、出入り自由らしく、ファーストフード店なども地元の方に利用されているそうです。

 ラーメン缶を売っている場所 滋賀県

| | Comments (2)

2008.12.02

「1・2の三四郎2」ドリーム・チームの旗を立ててやるぞ! 小林 まこと

 「1・2の三四郎2」の続きがお店に並んでいました。ウッシャーーーーー!!
 スピーディーな試合シーンはさすが。あまりにも早く読めてしまいます(笑)。個人的には、南米遠征時ミルマスカラスの再来と言われたザ・オコノミマン好きかも。体型が似てるから…って?お腹ぽっこりってとこだけね~(笑)

 またしても、ストーリーとは関係ないところで受けてしまう私。

 プロ柔道の余興で一般のお客さんがプロに挑戦するコーナーが開催されます。もしプロに勝ったら10万円もらえるというので腕に覚えのある人に大人気。
 そこへ警察官を振りきって参加するのが、『柔道部物語』の鷲尾先輩でした。鷲尾先輩は警察官になったわけですが「勤務中です!署長にばれたら怒られますよ!」なんて止められているのでした。大笑い。

 小林まこと、という名前ごく最近どこかで聞いたと思ったら、ノーベル賞受賞されたのが小林誠さんだったんですね~。

 「1・2の三四郎2」ドリーム・チームの旗を立ててやるぞ!

 以下は、前に書いたことがある気がするんですけど(苦笑)。

 学生時代のサイクリング部では、年に1回耐久レースというのが開催されていました。男子は岡山にあるキャンパスを真夜中に出発し、国道53号線をひたすら走って鳥取駅まで行って折り返してきます。順位を競うということと、距離が半端じゃないので闘争心がかき立てられるイベントでした。密かに自主トレをして、トップをねらう人も。

 体力だけでなく、長距離レースは駆け引き上手でなければ勝ち抜けられません。風圧を避けて体力温存するために、集団を作って走るのも有効な作戦です。

 徹夜で走るので眠気との闘いでもあります。水分・エネルギー補給も重要な問題でした。自転車整備は当たりまえ、自転車自体の重さを減らすためにマッドガードを取ったり、その日のためにタイヤをレーサータイプに変えたり。各自秘策を練っているのを傍から見るのは結構おもしろいのでした。

 ある先輩は、毎年耐久レースの直前に「ロッキーのテーマ」をBGMに『あしたのジョー』を全巻読み返す、とおっしゃっていました。そう、一番必要なのは闘争心。

 ある意味、『柔道部物語』と『1・2の三四郎2』は私にとっての『あしたのジョー』かもしれません。悲しみやウツウツとした気分を吹き飛ばして、「ウッシャーーー!!」という気持ちにさせてくれるのです。心が真っ直ぐで、強くて、でもおバカな三四郎のキャラはいっぱい元気をくれます。


 え?女子ですか?女子は岡山津山往復か、岡山・津山・新見・岡山だったかのコースでした。出発は、早朝。前夜はコーフンして眠れませんでしたね~。一回は雨で中止、一回は完走しました。
 あの頃はお腹も引き締まってたのになあ~。顔は日焼けして真っ黒でしたけどね。

| | Comments (0)

午後はチーズケーキとさつま芋プリン

 森のカフェで買ってきた、チーズケーキとさつま芋プリンで日曜日のティータイム。

2008122c
 重すぎず、甘すぎず、お腹に程よいチーズケーキでした~。

2008122p
 こちらは、さつま芋のプリン。さつま芋もプリンも両方大好きな私は大喜びです~。
 昔、自分でも作ったことがありました。子どもたちと奪い合いになった気が(笑)。

 しかし、ケーキ食べ過ぎやろ>自分
 

| | Comments (0)

わけぎのぬた

 わけぎをゆでて、ボイルドホタテといっしょに酢味噌であえました。

2008122w
 ほんまはダシから引かなければおいしくないのですが、適当に酢と味噌と砂糖と酒を煮詰めて衣にしました。わけぎの旨みは元気の源、という気がします。

2008122b
 メインは、ターサイとピーマンのごま油炒めとチャーシューです。わけぎのゆで汁で、ホタテと野菜と海藻の春雨スープ~。

 

| | Comments (2)

金箔酒キター!!

 12月に入ったと思ったら、即座に金ぱく入りの酒(特別本醸造)がキターーーーー!!

金箔酒キター!!
 岡山のオトンから「お歳暮」でございます。

 あううううsweat02
 
 だから…。いっつも私が持って行く酒は違うでしょうに…。酒は嗜好品だってば。

 でも、電話では「ありがとう!」って言ってしまう私。だからきっと来年もまったく同じセットが届くことでしょう。

 オトンーーーー!!(号泣) でも、ほんまにありがとう。

| | Comments (2)

2008.12.01

蔵朱

 金曜日は、すごーくご無沙汰してた大阪の蔵朱さんへ行きました。

20081128b2
 はんなさんとご一緒しました。このビールははんなさんチョイスです。カットの入ったグラスが優雅です。

20081128bkwak
 私が選んだのは、これです。なんとかクワックというビールで、このグラスは、乗馬時に飲むための馬上杯という形だそうです。びっくり。木の取っ手を持って飲みます。オモロー!
 コクがあって深く濃い味わい。満足しました。

20081128k1toshi
 しかし、お通しが来てから、ビールを最初に選んだことを後悔しました。だって、ダシのきいた突き出しの数々は日本酒にこそ合わせたいものだったからです。
 白くて四角いのは、ピーナッツと豆乳を固めたもの。豆腐よりも、もっともっと濃い、でも、こってりとまではいかない感じでした。花豆と身欠きニシンの炊いたん。天王寺かぶらとキノコの煮びたし。右手前は、ロマンなんとかブロッコリー。あ、ロマネスクブロッコリーでした。確か。

20081128k2dobu
 で、最初は「どぶ」のひやと燗を比べてみることに。

20081128k3sakazuki
 杯もいろんなのがあってその中から好きなのを選ばせてもらいました。
 「どぶ」は断然燗がうまい!

20081128k4shirako
 アツアツのタラの白子のグラタン。ホワイトソースに白子が隠れているのです。もー、贅沢な味。

20081128k5kuri
 栗の白あえ。栗以外に生麩も入ってました。あああ、これも贅沢!

20081128k7koikawa
 で、このへんで「鯉川」の燗やったかな~。大将が、このヘアスタイルで燗をつけてくださると、だんぜんうまくなる気がします!(笑)


20081128k6hoya
 なんていう肴だったか覚えてないのですが、中身はホヤとコノワタ。だから、日本酒にあいまくり!
 はんなさんも私もホヤが大好きなので、盛り上がる盛り上がる。「ホヤこそ、日本酒のためにあるようなモノ」

20081128k9rumiko
 「るみ子の酒」これも燗にしてもらいましたが、もうよく覚えてませんsweat01

20081128k8kakiagebi
 牡蠣と柿の揚げびたし。そんなシャレのようなメニュー、アリなのか?試してみよう!と食べてみたら、柿も結構いけましたよ。

20081128k11hakusai
 白菜と湯葉のロールとエビ。なんていう海老だったっけ。上品なダシのきいたあんがかかってました。

20081128k10benten
 「弁天娘」。もちろん、これも燗。

20081128k11negi
 下仁田ネギの焼いたん。これ、二日前くらいからタレに漬けて味を染み込ませているんですって。だから中までしょうゆ味がしたんですねえ。甘くて大好き!赤いのは、かんずりです。かんずりの辛さは日本酒の味を消さないので肴にもってこい。

20081128k12kura
 うーん、なんてお酒だったか。はんなさんが注文されてたのでよく覚えてません。写真のとおりです。
 
20081128k11reba
 チーズとレバー。もうおなかいっぱい!

20081128k13furosen
 〆はこれですね。「不老泉」。文句なし。燗でうまい。

20081128k14taisho
 お見送り、ありがとうございました!

 今回、こんだけ飲んで食べて、一人7000円とちょっとでした。お酒は、だいたい5勺ずつつけてもらいました。
 日本酒の、燗でうまい酒がいーーーーっぱいあって、迷う幸せ。肴も珍しい野菜、旬のものが食べられて幸せです。

 蔵朱

 日本酒卍固めプロジェクト推進メンバー3店のうちのひとつで、いろんなイベントを主催され、日本酒の振興に努めておられます。

| | Comments (4)

« November 2008 | Main | January 2009 »