« 森のBe-cafeでデザート | Main | 富士酢 »

2009.01.19

野洲市 銅鐸博物館

 昨日は取材で銅鐸博物館に行きました。野洲市は日本最大の銅鐸が発掘されたところなのです。
2009118dotakuhaku2
 銅鐸のレプリカを実際に鳴らしてみることができます。カランカランnote
 でっかい銅鐸のレプリカも、ぴっかぴかで展示してあり、並んで記念写真を撮ることもできます。
 発掘された銅鐸の量も多くて展示場に並んでいるのを見ると迫力ありますよ~。
2009118dotakuhaku1
 白いものがあるなあ……、って雪やん!?
 大津市の東側には雪なんてカケラも残ってないのに、野洲の三上山や銅鐸博物館にはこんなに雪snowが残っていたのです。びっくり。
 銅鐸博物館の前に広がる公園には弥生式住居がいくつかと高床式倉庫が再現してあり、、当時の集落らしい雰囲気になっています。6月には古代のハスも咲きます。
 以前は夏にここに宿泊して、弥生人の生活を体験するイベントを開催していたのだそうです。すごいですね~。だって、私が小学校時代、運動場にテントを張って泊まったことでさえ、今も強烈に覚えてるくらいですもん。いつもの学校が夜中は別の全く知らない場所に思えて怖かったんです。ましてや弥生式住居に泊まったら、一生忘れられない思い出flairになりますよね~。

 ちなみに、銅鐸をモチーフにデザインされた野洲オリジナルのゆるキャラもいて、名前はドウタクくんといいます。背が高くてオトコマエ。色はもちろん、緑青色!銅鐸博物館がオープンした20年前に誕生したのだそうで、今年の野洲市の成人式にも参加したそうですよ。「最近のブームで作られたキャラとは年期が違う」と学芸員さんが主張してはりました(笑)。
 博物館が20周年でリニューアルしたので記念品として数量限定のドウタクくんチロルチョコを作って売ってたそうです。(残念ながらもう売り切れ) やっぱ、ゆるキャラブームにキッチリ乗ってはるわ~。

 ▼ドウタクくんはこちらでチェック滋賀ゆるキャラ大集合の運動会に出ている、緑色のカレです!

 残念ながら、銅鐸博物館に行けば必ず会える、というわけではありません。
 博物館の夏祭りイベントには必ずやってくるそうです。ドウタクくんファンの方は今からスケジュール要チェックです!
 ▼ドウタクくんと野洲市スタッフのブログ

銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)

野洲市辻町57-1
077-587-4410
会館:9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:月曜・祝日の翌日(祝日は開館)
P50
料金:常設展200円(特別展・企画展は別途料金)、体験料:まが玉500円、土笛300円、土鈴500円、土器700円、陶芸1200円ほか


森のBe-cafeは博物館から近いので、博物館で楽しく歴史にふれた後は、カフェでお茶してってくださいね~!※営業は土日のみです

|

« 森のBe-cafeでデザート | Main | 富士酢 »

日記1」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 森のBe-cafeでデザート | Main | 富士酢 »