« オウバイ | Main | 農を変えたい!学習会 »

2009.02.21

「舞美人」純米吟醸 無濾過生原酒17BY

2009221maishan ほんまに、ほんまに、これって無濾過生原酒?それで、平成17年に醸造された酒なの?

 ほっぺたをつねりたくなる酒です。
 普通、蔵の中のタンクにほったらかしにはできないでしょう、生の純米吟醸を。あかんでしょう!それが3年の時間を経てこんなに旨くなっているなんて、信じられません。

 奇跡の酒ですね。
 陶芸が最後に火の神様にできあがりをゆだねるのと同じように、酒も、最後、時間という神様の手にゆだねるところがあると思 うのです。

 この「舞美人」、時間の神様に愛されたんだわ~。


 って、ちびちび飲みながら5時間以上。
 3合くらい飲んだけど、酔っ払ってない~。不思議。
 スーパーで買ってきた、カキフライ(With松田のマヨネーズ&PAPAYA有機ウスターソース)にもあう。不思議。

|

« オウバイ | Main | 農を変えたい!学習会 »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

あひるさん、こんばんわ。happy01

確かに私たちには最後に火の神様にゆだねると言う言葉がありますが、時間と言う神様にゆだねると言う言葉。
とってもいいですね。shine
私の作る酒器も時間の神様に愛されるような物を作りたいと思います。confident

Posted by: 紫香楽 秀山 | 2009.02.21 at 02:42 AM

紫香楽 秀山さん

 「炎の芸術」ですもんね、陶芸は。
 お酒も、人間が持てる限りの技術と知恵と経験を生かしてモロミをコントロールし、お酒を完成させます。

 でも、最後の仕上げは時間。
 温度管理でかなり変わりますが、それでもある程度の時間をかけて熟成させなければ落ち着かない。

 また、造り手の予想を越えて旨さが増す酒もあります。そういうお酒を飲むと、時間の神様に愛されているんだと感じます。

 器も、使い込めば、手になじんで魅力が増すものがありますね~。大切に使いたいです。
 そんな器と出会いたい!
 がんばってくださいね~。

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.02.22 at 05:50 PM

小生も蔵元さんからネットショッピングでお取り寄せしました。

味わいも驚きでしたが、その艶やかな黄金色のお酒の色に一目惚れしました。lovely

Posted by: ほろよい | 2009.02.24 at 05:37 PM

ほろよいさん

 えーっ!お取り寄せされたんですか!
 3年熟成と4年熟成では全然違ってました。
 
 でも色はしげしげ見なかったですわ。残りはあと、ほんの少しだけです。見てみます。

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.02.25 at 01:21 PM

あひるさんの舞美人とHPで売ってるのとはラベルは同じなんですが違う商品かと・・・。

見にくいでしょうが、肩ラベルが違うんですよ。

あひるさんのは17BYの当時しぼりたてで出荷されたお酒の熟成酒で日本酒度はマイナスのヤツやったと思います。

HPで買えるのは2004年醸造の無濾過生原酒 常温熟成ってヤツでうちも2種類売ってたんです。もう17BYのは蔵にもないと思います、うちが全部買ったんで。

ほろよいさんの買われたのは2004なので5年モノのかと・・・。色も17BYよりもかなり濃いです。17BYは蔵で冷蔵庫に入ってたのでね。2004は5年間常温タンク熟成ですから・・・。

Posted by: おすぎ | 2009.02.25 at 04:17 PM

おすぎさん

 あれ?
 H17BYのほうは、冷蔵保存だったんですか?
 だからフレッシュなのか~。

 なぜか2004とH17BYという西暦と年号表記。計算しにくいsweat01

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.02.26 at 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オウバイ | Main | 農を変えたい!学習会 »