« 権座(ごんざ)までの船から見た空 | Main | 権座とオトン »

2009.02.16

「滋賀渡船6号」をつり下げてみた

 ありえへんくらい長い! 根元部分の太さに、たくましさを感じます。
2009216wataribune
 160センチくらいありそうです。テレビの上には「竹生嶋」のミニ菰樽(こもだる)。姉御から頂いたものです(中身はとっくに飲んだ)。高さは12センチくらいでしょうか。
2009216wataribuneho
 穂は、鳥かネズミが食べたのか、籾(もみ)が少なくなってさびしくなっています。ぼう(のぎ)と呼ばれる、籾の先に付いている毛みたいなものも失われています。

 湖からの風が吹きわたるあの権座で、これだけ背の高い稲を無事収穫するのは大変だろうなあ。
 あ、落ちてたのを拾ったのではなく、はさ掛けしてあったものを頂いたのでした。だから曲がっているんです。

 ほんとは高温で殺菌したほうがいいんでしょうし、このまま置いてたらホコリもかぶりそうだから、大きなビニール袋ですっぽり包んでしまおうと思います。


|

« 権座(ごんざ)までの船から見た空 | Main | 権座とオトン »

滋賀の地酒【湖東】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 権座(ごんざ)までの船から見た空 | Main | 権座とオトン »