« 遊亀亭の中はこんな感じ | Main | 田口さんのはさ掛け米「秋の詩(あきのうた)」 »

2009.03.07

「9」辻本店

 岡山に行ったとき、妹からもらったお酒です。「ワインあげる」と聞こえたのと、箱にスパークリングワインと印刷してあったので、すっかりワインをもらったつもりで開けてみると、「9(ナイン)」だったのです。
2009379120093792 
 見た目は、ほんとワインのようなボトル。酒林のイラスト、NEW?OLD?NOW!NINE 9 GOZENSHUと書いてあります。
 裏ラベルには、QRコードがあったので、携帯電話でアクセスしてみると、この酒を開発した9人の蔵人のメッセージが読めました。
 こういう情報の伝え方、今後は絶対必要だと思っています。いいぞ~!
 
 味は、確かに「飲みやすさを重視した」というだけあって、クセがないです。菩提もとという造りですが、特別濃くもなく。私は、酒の味がボトルやラベルからの情報、イメージに左右されることを知っているので……。かなりこのボトルに味を誘導されている気がしています。
 
 というものの、濃い酒、どちらかというと、くどめの酒(笑)好きの私も、この味と香りは嫌いじゃない。バランスがとれてる。スッキリ飲みやすいけど、個性がないってわけじゃない。じゃあ、どんな味?と聞かれても、強烈なイメージ先行でどうにも表現できない。すんません、まだ残ってるので、もうちょっと味わってみま~す。

 ▼辻本店のサイトの9のページ

 妹は、岡山市内の酒屋さん、酒ショップ山本さんで選んだそうで~す。ありがとう>妹

|

« 遊亀亭の中はこんな感じ | Main | 田口さんのはさ掛け米「秋の詩(あきのうた)」 »

岡山」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 遊亀亭の中はこんな感じ | Main | 田口さんのはさ掛け米「秋の詩(あきのうた)」 »