« April 2009 | Main | June 2009 »

2009.05.30

吉田酒造軒先には

 昨日の吉田酒造の玄関先の写真です。
2009529yo2noki
 皆さん見上げています。何が見えるの?
2009529yo3tusubame
 ツバメが今年初めての子どもを育てている姿が見られました!
 去年の巣をそのまんま使って、現在2羽のヒナが育っているそうです。巣の土台に利用されている照明器具の電源は、ヒナが育つまで抜いておく、と吉田社長さんはおっしゃっていました。
 それと「前は4、5羽が普通やったけど、ツバメの世界でも少子化が進んでいるみたいですな」と。ちょっと寂しいですね。


 大ケヤキの下からは、琵琶湖の湖面を低く飛んでエサを集める姿が見られました。親ツバメがんばれ~。

| | Comments (0)

吉田酒造へ

 昨日、姉御の車に乗せていただき、ファミれすひろせでランチを食べた後、向かった先はマキノ町海津。吉田酒造さんで、6月の朝市で出すお酒を選ぶためです。
2009529yo1misemae
 ああ~、めっちゃ久しぶりに伺いました。

 朝市お酒選びのお話は、小川酒店の表紙記事をごらんください。

2009529yo4keyaki1
 吉田酒造駐車場の端っこ、湖岸の石垣に生える大きなケヤキ。
2009529yo4keyakil
新緑の木陰にたたずんで湖をながめていると、心地よい風。そしてさまざまな鳥たちが横切って行くのが見られました。↑PCの方は拡大できます。
2009529yo5sagi
 こちら、誰もだましそうにない白いサギ。ほかにも、「マンボNO.5」に登場する鵜、笑わないカワセミ、ピンヨロピンヨロ鳴くトンビなどが見られました。
2009529yo6kaitsuburi
 水面に広がる輪っかは、カイツブリがもぐった跡です。カイツブリ自体取り損ねました!
 みんな「知ったかぶり~」と必ず頭に付ける。
2009529yo4keyakis
 生きてるってすばらしい。そんな気持ちになれる場所です。こんなすばらしいロケーションに建つ蔵で生まれたお酒は、美味しくなるわ。と、変なところで納得happy01(って、ちゃうやろ!)
 朝市3人組はあまりの美しさに、しばし立ちすくんで、吉田社長さんと会話を楽しみつつマキノ町海津を堪能したのでした。

 今回も、吉田社長さんがていねいに対応してくださり、美味しいお酒を選ぶことができました。ありがとうございました!
 6月の朝市にもおいでくださる予定です。社長自らサーブしてくださるソーダサイフォンでのすだち入り「竹生嶋 初しぼり」ぴちぴちカクテル、お楽しみに!
2009529yo7reizou
 ↑紫外線カット効果のある吉田酒造の冷蔵庫。見てるだけでよだれが~。

 お天気もよくて琵琶湖の北から南までのドライブは最高でした。思わず車窓から写真を撮りたくなる景色の連続です。

 そのままお仕事の姉御。一日運転、ほんとにお疲れ様でした。ありがとうございました!

| | Comments (0)

2009.05.29

ファミリーれすとらん ひろせ ランチ

 今日は、湖西へ!
2009529hirose1
 おひさしぶりの、ファミリーれすとらん ひろせ すし正にランチを食べに行きました。
 姉御の車でheart01
2009529hirose2_2
 店内には、珍しい魚の名前がいっぱい。
2009529hirose22 
 仕入れた魚の写真をアルバムにしてあり、まるで魚のカタログみたいなのもありました。クロソイがあると「ソイヤ!ソイヤ!」と歌う私……coldsweats01
 見てるだけでbottle飲みたくなる~、けどがまん!
2009529hirose3_2
 日替わりランチ。ノドグロともう一つ魚(何だったかなー?)の天ぷら。魚のアラの味噌汁、モズクとイカの酢の物、茶碗蒸しなど。これで1000円ポッキリ!素材の活きが違う!お得です!
2009529hirose4
 天ぷらのアップheart04

ファミリー れすとらん ひろせ  寿し正
代表 廣瀬 正幸

住所 滋賀県大津市北小松741-8 (JR湖西線北小松駅前)
電話 077-596-0260
営業時間 AM11~PM2(時間外相談に応じます)、PM5~PM9   
定休日 水曜日 


| | Comments (2)

いぶし切立両口ぐい吞み

 信楽で開催されていた、「ほろ酔いうつわと地酒」展は5月10日までで終了し、予約しておいた器を送っていただきました。
2009529sakazuki
 たぶん、澤鳳山さんという方の作品だと思います。
2009529sakazukiup
 これ、上と下では入る容量が違うぐい吞みなのです。右と左は向きが違うので、深さが違っているでしょ?

 「あったらいいなこんな酒器」として、いろんな思いつきをお伝えしていた中のひとつのアイディアが、これだったのです。発案は、おけいはん。

 実際にはまだ使ってないので、どんな感じか試すのが楽しみです。

 一個1890円


 


| | Comments (0)

母の日&父の日ギフト

 毎年、母の日&父の日ギフトはまとめることにしています。舅&姑には、滋賀の日本酒とワインを贈りました。これは変わっていません。

 同じ予算で、いつも実家の父母にも同じものを贈っていたのですが、母が体調を崩してからはお酒はやめました。今年、実家へは低カロリー食のレトルトパック4食セットにしました。

 病気になってから母が家事をせず父が食事を作るので、たまには息抜きに簡単に食べてもらえたら、と。


 しかし、ワガママな母は「出来合いのものは甘すぎる」と言ってほとんど口にしないそう……。

| | Comments (0)

2009.05.28

ジャズが溢れる街を  第1回大津ジャズフェスティバル

 ジャズバー パーンの笛で伺ったジャズフェスnotesの詳細です。
 高槻のジャズフェスをイメージして、大津でも!と盛り上がっているそうです。
 わくわくしてきますね!


---------------------------------
ジャズが溢れる街を
第1回大津ジャズフェスティバル


■実施日:2009年10月31日(土)~11月1日(日)の2日間
    
2009.10.31(sat)12:00~17:00  
 ※おまつり広場ステージのみ 12:00~19:00
2009.11. 1(sun)12:00~17:00  
 ※びわ湖ホール(中)のみ 18:00~20:00

■目標:20会場以上/バンド200組以上

■会場候補:浜大津からにおの浜周辺(20会場以上)
<オフィシャルステージ>
●おまつり広場ステージ(水上派出所付近/食灯祭開催会場)
●びわ湖ホール(中ホール) 屋内のメインステージ。(11月1日のみ)
●センターステージ(勤労福祉センター/大会議室) 運営スタッフの本部。
●大津港ステージ(浜大津港の前)
●なぎさのテラスステージ(食灯祭開催会場)
●スカイプラザステージ(スカイプラザ浜大津/スタジオ1)
●お祭り広場ステージ(食と灯りの祭典共催会場)


<企業協力ステージ>

●びわ湖遊覧・船上ステージ(びわ湖汽船)
●京阪電車 de jazz ステージ
●京阪浜大津駅前ステージ(浜大津駅ベストリアンデッキ)
●JR大津駅前ステージ
●アーカスステージ
●PARCOステージ
●大津イトマンスポーツクラブステージ

<ライブハウスステージ>

●パーンの笛
●tio
●どない屋
●マイルストーン


▼オフィシャルサイト


主催:大津ジャズフェスティバル実行委員会
共催:大津市
協賛:費用及び物資負担していただけるスポンサーの皆様
後援:朝日新聞大津総局、エフエム京都、エフエム滋賀、京都新聞滋賀本社、KBS京都、BBCびわ湖放送、読売新聞大津支局
協力:大津駅前商店街、膳所駅前商店街、浜大津商店街
運営スタッフ:全てボランティアで運営

| | Comments (0)

やっと笛のお稽古に復帰

 二ヶ月近く、笛のお稽古をお休みしていたのですが、やっと復帰しました。

 自宅で吹くよりも師匠の「ぃよーお、ほーん」というかけ声やパンパン!というハリセンのリズムがあるからか、笛の音もより響く気がします。
 いい音が出ると気持ちいいscissors

 「中之舞(ちゅうのまい)」の初段、ヲロシから最後の繰り返しまで、まだクリアできてません。
 どうも拍子が取れてない部分があって……。

 「中之舞」、今度の平安神宮薪能で、師匠の「絵馬」のお囃子でしっかり聞いてこなければ!
 でも、自分が練習してる「中之舞」とは、ちょっと違うんだよな……。

 目指せ!「猩々(しょうじょう)」、いつかは「敦盛(あつもり)」!rock

 「猩々」は本来「乱(みだれ)」という酔っぱらいのお囃子だそうですが、「中之舞」が使われる場合もあるそうです。酒好きなら、やっぱ「猩々」はデフォルトですね(意味不明)。
 「敦盛」は、熊谷次郎直実とふるさと岡山のご縁からです。

| | Comments (0)

久々に辻一

 笛のお稽古、大津の練習場の帰り道は辻一さんでアフターです。師匠と、姉さんと、学生さんとで。まずは生ビールから。
2009526t1age
 ズッキーニとナスの揚げ浸し。これこれ!味染みてるし~♪
 師匠、姉さん、学生さんに、おこじょのにくきゅ~を強制的に触っていただきました!ほほほsmile、気持ちいいでしょ~!と、心の中で勝ち誇った笑い。しかーし!師匠はおうちに帰れば、ウーニョくんのcat生にくきゅ~さわり放題!しかも、指がそれぞれに色が違うらしい!完全に負けだわcrying
2009526t2sasami
 初めて頼んだ、ササミとキャベツの粒マスタードあえ(うろ覚え)。これもキャベツの甘みが美味しかった♪
2009526t3yaki
 焼き餅のバターソース。お餅とバターは危険なくらい相性がいい!
2009526t4nankotsu
 鶏軟骨のおろしぽん酢あえ(これもうろ覚え)。衣をつけて揚げてある、コリコリの軟骨とおろし大根がからまっててぽん酢が絶妙-!
2009526t5kinoko
 キノコのクリームソース。まず、具を食べてから、残ったソースをバゲットにつけて食べる。これが正しい食べ方だそうです。キノコの味が引き立ってたわ。
2009526t6sake
 ここでKちゃん乱入catface
 お酒は「山笑ふ 其の参」燗。これって古酒を3種類ブレンドしてあるので、なんか、味わったことのないタイプでしたわ。其の弐’の印象が強すぎるのかな……。
 Kちゃんの「ヤマサン正宗」生酒も味見させてもらいました。なんか、おいしかった。もちろん落ち着いてない、けど荒々しくもなく、フレッシュな感じで~。生で飲むのがいいんだろうなあ。
2009526t7cha
 〆のチャーハンです。

 美味しかった~。辻さんありがとうございました!
 メニューを撮るの忘れたから、また間違って紹介してるかも~。(辻さんチェックして、「あれ間違ってるし」と後から言われる~bearing

四辻の辻一(よつつじの・つじ)

大津市長等3の3の12
TEL:077-522-8932
 090-8237-4616
営業:17:00~24:00
 ※予約すればお昼もOK
定休 不定休

席が少ないので、予約しておくと安心です。

| | Comments (0)

2009.05.27

笛の後の笛2

 昨日は大津での笛のお稽古日でした。

 ああ、久しぶりの笛、
 師匠のハリセンで調子があがるわ!!

 で、終わったら辻一さんへ。
 なんとKちゃんも途中から合流。


 で、京都組の皆様と、大津の商店街でお別れしてから
 大津駅へ向かっていると、ほら、ジャズバー パーンの笛の明かりがともってるし。

 生ビール「ハイネケン」一杯だけ。と寄って見ると、
 やっぱり、このお店を紹介してくれた、とらちゃんが!

 お客様、オーナー、みんなでわいわい、思わずビール「デュベル」でお代わりしてました。 キュートなチューリップ型のグラスに、クリーミーな泡がたっぷり。ちょいと酸味が効いた豊かな味わい。アルコール度も高め。
2009526duvel
 ボケボケで~す。よっぱだな~。楽しかったな-!

 今度秋に、大津でジャズフェスがあるので成功するよう協力したいと思いました。 イベント情報としてまたUPします。

 ▼パーンの笛 以前のうちのブログ記事

住所:滋賀県大津市中央2丁目2 たぶん
    中央2丁目交差点角
営業:17時~23時

▼笛の後の笛、前回はちょうど1年前のことでした…

 やっぱし、デュベル飲んでるし……。

| | Comments (0)

2009.05.26

なんちゃってチーズケーキ

 福砂屋のカステラの残りを冷凍しておいたので、それの上にとろけるチーズピザ用をのせて焼いてみました。
2009526ch
 なんちゃってチーズケーキcoldsweats01

 いや、もちろんチーズケーキと呼ぶには無理があって、結局はチーズとカステラの味なんですけどね。
 カステラがカリッと焼けてるところなんて、香ばしい風味が加わっておいしかったです。

 20年くらい前の、『クッキングパパ』の読者投稿レシピです~。


| | Comments (2)

東京での近江のお酒の会のようす

 東京高輪プリンスホテルで先日開催された、近江の蔵元が語る日本酒と和食料理長 村上公夫の特選料理の会、大盛況だったそうです。

  また、その翌日には、彦根市の日本酒ガールズバー「サムライガール」の女将さん主催の近江のお酒の会も開催されたのだそうです。

 2つの会のようすを吉田酒造の吉田専務さん、おっといけない、4月からshine社長さんが日記にUPされていますので、チェックしてください。どちらも、すてきな会だったようです。

 ▼海津ほろよい日記

 関東でも、滋賀のお酒がこうして浸透していくのがうれしいですね!

| | Comments (0)

2009.05.25

今日の夕日

今日の夕日
夕方、買い物に出たら夕日があまりに赤いのでビクッとしてしまいました。空に大きな火の玉が浮かんでいるなんて。


それは、夏の夜、なんとなくしんみりと見つめてしまう線香花火。落ちる直前の火の玉のようだったのです。


携帯しか持ってなかったので、写真では赤い色が全くわからないのですがcoldsweats01

| | Comments (0)

豆バターサンド

 ランチは、またまたサンドでパンだを使ったサンドイッチです。
2009525sand
 下は卵マヨネーズとトマトとキュウリ。上は、甘く煮た金時豆とバターです。金時豆とバターが、まるでお菓子のようなハーモニーを醸し出していました。

 あー、美味しかった。
 

| | Comments (2)

2009.05.24

皿鉢風

 帰宅したら、なんだか左肩が重くて泥になったみたい。パーッといきたいぞ!
2009524sawachi
 てなわけで、スーパーで買ってきたものを大皿に全部盛りつけて皿鉢料理風にしてみましたwink

 はっはっは、なかなか豪勢じゃないか!トゥース!(オードリーの春日調で読んでね)
 生ものは全部「半額シール」付きですけどね!(同 若林調で)

 すみません、盛りつけが美しくなくて……早く食べたくて食べたくてhappy02

 お酒は「萩乃露」蔵内原酒。それと銀河高原ビールでした。

 やっぱり、マグロの刺身とホタルイカは日本酒だねheart04
 長芋もわさび醤油がうまかったです。


 実は本場の高知には何度も行っているのに、皿鉢料理は食べたことがありません!
 噂によれば、刺身もフライも、そしてデザートの羊羹も、みーんな大皿に盛りつけられていっぺんに運ばれてくるのだとか。
 まあ、そこまで盛ってないから皿鉢「風」ってことで。

| | Comments (0)

おこじょのにくきゅ〜

おこじょのにくきゅ〜

おこじょのにくきゅ〜
いくらなんでも、これはおこじょの足じゃない!

横幅5センチくらいあるし。おこじょはもっともっと小さいし!肉球はもっと薄いはず!ネコでしょ。

……でも、さわると気持ちい〜い!

いやされるから許す!(*^-^)b

| | Comments (0)

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク
I'm going WEST with a cup of COFFEE.

 と書いてあるカップで熱~いコーヒーを飲みましたcafe

| | Comments (0)

2009.05.23

下高原辰巳展 開催中

 現在、滋賀県甲賀市図書館にて、行動美術協会会員だった下高原辰巳氏の作品展が開催されています。

 確か100号の大作も飾ってあるとか。娘さんご夫婦が記念館を管理なさっていて、ご縁があり今回お知らせをいただきました。

 84歳でこの世を去った画家下高原氏が一生を賭けて描いた絵を、どうぞこの機会に!!

 まだ実物を拝見したことがないので、私もスクーターで行けたらなあと思っています。

●甲賀市図書館
会期:開催中~6月1日(火)10:00~18:00
休館:木・金曜日、第四水曜日
会場:甲賀市甲賀町大原中889
花風香の湯の近く
電話:0748-88-7246

●滋賀銀行水口支店ロビー
会期:開催中~6月4日(木)9:00~15:00
会場:甲賀市水口町宮の前1-7
休館:土日曜日、祝日
電話:0748-62-0900

 お名前を間違えておりました。大変失礼いたしました!

| | Comments (0)

サンドイッチがマイブーム

 サンドでパンだを使ってサンドイッチ作るのがマイブームheart04
2009523buta
 これは、豚バラ薄切りを炒めて塩で味付けしたものと、キャベツの千切りサンド。味付けはマヨ&ケチャップ&ウスターソース。見栄えはイマイチだけど、美味しかった~♪
2009523tomato
 これは、トマトスライスにキャベツの千切りサンド。味付けはマヨのみ。それでもうまい!
2009523jam
 デザートはシンプルなアンズジャムサンド。たまりません。って、食べ過ぎやろ~delicious

 計6枚分のパン耳が出ますが、これは適当に切って冷凍しておき、フレンチトーストみたいにして美味しく消費いたします。
 しかし、つい具を盛り上げてしまうので、美しくシールできない食いしん坊な私です……happy02

| | Comments (0)

「彦米酒(げんまいしゅ)の会」田植えのお知らせ

 彦根の田舎からの贈り物・彦米酒(げんまいしゅ)の会から会報を頂いていたのでした。 すみません、直前のご紹介で……。
 ここで植えた稲が育ち、来春の新酒「楽々」になります!

 第31回 田植えのご案内

日時:5月24日(日)午前10時集合 
   ※雨天決行、要雨具、受付で登録を

集合場所;彦根市本庄町の契約栽培田
持ち物&服装:田植えに向く服装、タオル着替えなど
懇親会会費:大人3000円、子ども1000円(田植え後懇親会)
参加申し込み:みずほの郷0749-43-7201、澤酒店0749-43-2102

電車の場合、JR能登川駅西口噴水前に朝9時半集合。
申し込み時に、電車かマイカー利用かを申告。

懇親会はバーベキューでお酒が出ます。運転者は禁酒を。

詳しくは、お電話でお問い合わせを!

▼みずほの郷の、彦米酒の会のページ

| | Comments (0)

鯉が泳ぐ田んぼのお米で醸したお酒、頒布会 募集

 高島市今津町の池本酒造さんからハガキが届きました。
 今年も「みんなで造る純米酒」頒布会を実施されるということです。
 でも、名前は「鯉が泳ぐ田んぼのお米で醸したお酒、頒布会」となっていました。

 一口4合10本で1万4千円。

 そして田植えから稲刈りの作業に、希望すれば参加できます。田植えは6月上旬予定、頒布会&田植え参加希望の方は、池本酒造にお問い合わせのうえお申し込みくださいね~。

池本酒造
滋賀県高島市今津町今津221
0740-22-2112

| | Comments (0)

幻の中華そば 加藤屋

 師匠に教えていただいた、大津市のラーメン屋、加藤屋さんに初めて行きました。
2009521katoya1
 これは、煮干し中華そばの醤油味780円です。
 煮干しの香りがすごかったです。ダシはとってもあっさり。でも、背脂が入っているのであっさりしすぎない。バランスがとれてます~。最後のほうは、煮干しの苦みも感じられてきました。この苦みは嫌いじゃない。実家の味噌汁は、ずーっと煮干しのダシでしたから懐かしいのです。で、スープをほとんど飲んでしまいました!
 麺は細めで、堅め。独特な味でした~。こんなラーメン初めて。おいしかった~。今度は、鶏ガラダシの、幻の中華そば680円を食べてみたいです。

幻の中華そば加藤屋
滋賀県大津市中央3丁目4-20
077-526-2600
営業:11:30〜14:30/17:30〜20:30
定休日 毎週月曜日(昼営業あり)

 メニューにカップ酒もあります。水のコップに使われていたので、もしかしたら「秋鹿」のバンビカップかも~?写真に写っているカップに入っている液体は、水ですよ~。念のため。

 それと、このお店はコショウはスープの香りを消してしまうという理由で置いてないのでした。説明書きが貼ってありました。

| | Comments (0)

2009.05.22

入港の予定変更

 ゆうべ、百町館で伺ったお話。

 滋賀県の小学5年生が交代で全員乗る、環境学習船「うみのこ」が、おととい大津に入港予定だったのに変更して今津に行ってしまったのだそうです。pigインフル騒動で。
 乗船していたのは、県北の小学生たち。あまり大津市内に来ることもないので、市内見学の一環として、百町館もその予定に組み込まれていました。
 古い商家ですから、お座敷や中庭、台所のおくどさんなど、昔の生活のようすに触れることができます。最近はマンション暮らしで畳の部屋がない家で育つ子どもも多いそうで、お座敷に寝っ転がって天井をながめる体験など、喜ばれるということです。

 うちの子どもも研修船も月末、神戸に入港予定だったのにインフルエンザを恐れて関東の港に変更となってしまいました。半年ぶりに帰省する予定だったのに~crying

| | Comments (0)

大津百町館に行った

 ゆうべは、仕事で大津市内のまちづくり百町館へ。
 市民熱人(しみんねっと)の第28回熱人談義「地球が遊び場だ!~子育ちサポートの20年」で、草津市内のNPO法人、子どもネットワーク天気村の歴史をご紹介されるのでした。

 スピーカーは、天気村の山田村長さんと、辻事務局長さんの両巨頭。お二人がそろってしゃべるのは、めったにないということ。

 天気村は、天井川・旧草津川の堤防のすぐ下にあります。主に幼稚園に通う前の年齢の子どもたちを週2回、自然の中で遊ばせる「こんぺいとう自然保育」をメインに、古民家で過ごすプログラムや、子育て防災プログラム、草津市からの委託事業「つどいの広場」など、本当に多岐に渡る活動を続けておられます。

 12年前くらいに、びぃめ~る企画室が事務所を持ってなかった時、編集会議の場所を借りたこともありましたし、その後事務所として部屋を借りていた時期もあります。

 「子どもたちは自然の中で遊ぶことを通して、いろんな力を育てていると信じてやってきた。そこは20年続けてきて、ブレてないし変わらない。これからもずっと続けられるはず」と村長さんが自信を持っておっしゃっていたのが印象的でした。

 会場は、大津の町屋を考える会の百町館。ウロウロおばさん(私はウロウロお姉様と呼んでいました)の愛した拠点です。土間には、藤娘を描いた大津絵の顔出し看板も飾られているというのに、もう二度とお会いできないなんて信じられません。

 ふっと、ふすまの向こうからあの笑顔を見せてくださりそうな、そんな気持ちになりました……。

 ▼2006年に伺った折の百町館
 ▼NPO市民熱人サイト
 ▼NPO子どもネットワーク天気村サイト

| | Comments (0)

サクランボ

 なぎさ公園を歩いていると、桜の木にサクランボがなっているのを発見!
2009521sakura2
 鈴なりです~。
2009521sakura1
 熟れているものは、アメリカンチェリーみたいな紫っぽい赤。
2009521sakura3
 シルエットもきれいでした。

 付近の鳥たちにとっては、おいしい贈り物になっているでしょうね。

| | Comments (0)

なぎさ公園のムクドリ

 冬の渡り鳥たちは、とっくに北へ旅立ってしまった琵琶湖。でも公園には、こんな鳥の姿もありました。
2009521muku1
 クローバーが咲く芝生に、ちょんちょんと飛ぶように歩く小さな鳥。
2009521muku
 ムクドリ、ですよね?確か。大群になると恐いくらいですが、一羽だとかわいいです。サクランボつついた?
 

| | Comments (0)

大津市なぎさ公園散歩

 なぎさWARMSに行くのに、少しなぎさ公園を歩きました。
2009521biwako4
 あいにくの曇り空で琵琶湖の色も鈍い。
2009521biwako2
 左のビルは、滋賀県警。県庁のそばにあったのですが、今年ここへ引っ越ししてきました。右のお城みたいなのは、びわこ文化館。てっぺんに大きなトンボが飾ってあります。休館中。
 なぎさのカフェの前に立って撮りました。
2009521biwako1
 琵琶湖ホールです。手前の石造りの灯籠は、常夜灯です。ベンチでは、会社員風の男性が横になって眠っていました。
2009521biwako3
 木々の緑が鮮やかだったのですが、暗くなってしまいました。残念。
 この前方ずーっと湖岸添いになぎさ公園が続きます。正面、そびえる左のビルは、大津プリンスホテルです。

| | Comments (0)

なぎさWARMS

 オープンセサミさんが産休に入ったため、ランチ難民と化した私は、お店開拓に乗り出すことに。
2009521na2
 大津市の琵琶湖湖岸にひろがる、なぎさ公園に大津市の活性化をになってこの春新しくOPENしたなぎさカフェ。そのひとつのなぎさWARMSさんに行ってみました。オープンセサミのオーナー、きよちゃんお勧めのお店なので。
2009521na3biwako
 琵琶湖側にはテラス席もあり、開放感がありました。
2009521na5tennai
 2階は座敷になっているそうです。さすが、建築関係の方が経営されてるだけあってインテリアもオサレだわ~。すだれみたいなのが目隠しになっていますが、向こうには作家ものの器のギャラリーになっていました。酒器や食器が展示販売されています。
2009521na4l
 プレートランチ950円です。お味噌汁付き。
2009521na4up
 ご飯は、たぶん古代米を混ぜているのでこんな色になっているのでしょう。お米は7分づきみたい。
 赤こんにゃく、ひじきの煮物、もやしのおひたし、ベビーリーフのサラダ。メインは、たかきびのハンバーグです。
 食材はオーガニック、料理はマクロビオテックを取り入れたもの。とってもヘルシー!でも男性には物足りないかも。腹ぺこで行った私は、ちょっと物足りなかったです。(どんだけ食べるねん>自分)店内のお客さんは全員女性でしたsweat01 平日の昼時を外してるから、当たり前か~。
2009521nagisacafe1
 琵琶湖側からカフェを撮りました。こんなふうに4軒が並んでいるのです。いままで、琵琶湖の湖岸添いの細長い公園には全く飲食できるところがありませんでした。カフェがあると、なんとなくほっとしますね。
2009521na6harb
 これは、玄関前のハーブ園。とってもかわいい!

なぎさWARMS
滋賀県大津市打出浜15番5号
(びわこホール隣り なぎさ公園 打出の森)
カフェ&レストラン: 077-526-8220
11:00~22:00(21:30LO)
定休日 火曜

| | Comments (0)

2009.05.21

Fit’s ガム

 ロッテのペパーミントガムです。これ、包み紙を開くのがめっちゃ簡単で感嘆!happy02
Fit’s ガム
 一個ひっぱって出したら、もうガムが顔を出してるので、すぐに食べられる状態なのです。
 びっくりしたー。
Fit’s ガム
 よくスクーターで走っているときに信号待ちの間にバッグの外ポケットからガム出して、食べることがあるんですが、あせりあせり。
 でも、このガムは箱を取り出して、ガムをすぐに食べられる!いやあ、これ便利です。

 味はちょっと甘ったるいけど……sweat01

| | Comments (2)

2009.05.20

北海道ラーメン インスタント

 草津市の酒屋さん、十四代金澤で買ったラーメンです。
2009520men
 インスタントなんだけど、麺が生っぽくておいしかった~。
 少し麺をゆでる、というか煮込む時間が長め。
 「野菜をたっぷり入れてください」という金澤さんのアドバイス通り、塩ラーメン、キャベツてんこもりにしました。
 栗東浪漫卵の鶏ミンチも入れて。

 汗だくsweat01満足noodle

| | Comments (2)

「権座」生酒発見!草津市十四代金澤さん

 昨日、用事があり、草津市の酒屋・十四代金澤さんに伺ってみると、なんと、もう売り切れてしまったと思い込んでいた「権座(ごんざ)」生酒の一升瓶が数本並んでました。

 4合も何本かありました。

 「いつまであるか、わかりませんけど」と金澤さんはニヤリとしておられました。

 「権座」の生を飲みそこねた方、
 今ならたぶん間に合いますよ~!

2009215gsake

 十四代金澤
 滋賀県草津市追分町700-24
 077-562-0038


 「貧血で体調悪くて最近お酒飲めないんです。だから冷蔵庫いっぱい…」と、お酒欲しくても買えないことを訴えると、金澤さんに
 「いつからですか?」と聞かれ
 「ここ一週間です」と答えて。。。。。

 我ながらたった一週間で、お酒飲めない~とdownへこんでたのかと可笑しくなりました。
 

| | Comments (4)

サンドでパンだ失敗ほか

 今朝は、サンドでパンだで、ツナサンドにしましたが、失敗です。
 電子レンジで加熱していないし、パンが早くも劣化してるので、うまくシールできない。具を盛り上げたせいで亀裂が入ってしまいました。味はよかったけど…。
 やっぱり電子レンジ欲しいな~bearing

 今朝のラジオでは、滋賀でも新型インフルエンザの感染者が一人出たというニュース。
 マスク売り場には「売り切れ」の札が掛かってて入手できず。
 手持ちのマスク最後の1枚を使ってスーパーに行ったのに。

 月曜日、やっと元気が出たので池本酒造に電話をしました。
 前に煮酒どんからコメントが付いた件について質問をして答えていただきました。

 ▼質問への答えコメント付けました

 池本社長さんありがとうございました!

| | Comments (0)

2009.05.19

トルコキキョウ

 これ八重のトルコキキョウ、だと思います。スプレータイプで、これだけで1本だったんですよ。お得dollar
2009519to
 つぼみは黄緑色なのが不思議。

| | Comments (0)

サンドでパンだ でサンドイッチ

 ヤマザキのランチパックってサンドイッチ、ご存じありませんか?2枚の食パンを四角にぴっちり閉じて中に具が入っているものです。
 それが、おうちでできるという!ここ2ヶ月くらい、欲しくて欲しくて……。で、ついに昨日買っちゃいました。
2009519pan1
 「サンドでパンだ」です!
2009519pan2
 このように、2つのプラスチック部品(?)を組み合わせています。茶色いほうが、外側でパンをカットする役。白いほうは、2枚の食パンを接着させる役。
2009519pan3
 さっそく作ってみよう!本当は、電子レンジで食パンを温めなければならないのですが、うちには電子レンジがないので、省略。中身はゆで卵をマヨネーズであえたものと、トマトです。
 真ん中に、丸く置きますが、あまり多すぎると接着できなくなるので注意。
2009519pan4
 食パンをもう一枚、上に重ねて置いたら、サンドでパンダで上からカット&シール!
 って、ただ押すだけ。
 パンダの絵のついた穴と同じくらいの範囲に具をのせるとよいそうです。
2009519pan5
 できた-happy02 
 ……よく見ると、周囲がキレイに切り取れてないし、中身多すぎて閉じられてないところもありますがsweat01楽しい!うれしい!
2009519pan6
 もう一個、今度はキュウリと卵で作りました。中身の量を控えめにしたからか、今度は結構うまくいったぞgood
 食べてみると、普通のサンドイッチに比べて、フチが閉じられているので食続けても中身が手にはみ出さない!いい感じでしたheart04

 この、サンドでパンだ、一個780円です。もっと上手に作るために電子レンジ買ったら、ちょっと割高になるかなyen

 ▼曙産業のサンドでパンだのページへ

| | Comments (0)

2009.05.17

沈殿日曜日

 浜大津こだわり朝市の今日、出かけられず一日家で沈殿してましたdownヘドロか!>自分

 午前中、曇り空だったのに午後からは雨。次第に強さが増しています。
 朝市においでくださった皆様、ありがとうございました!
 上原酒造の藤井さん、姉御&おーちゃん、すんませんでした!

 調子よくない…。
 お酒も、月曜日から今日まで、ゆうべ5勺ほど飲んだだけ。飲めませ~んsweat01
 お酒の味は体調のバロメーターbottleですよね。

 不況の影響もあり、気持ちも沈むな~think

 明日から、また元気出して行こうrock

| | Comments (8)

2009.05.16

近江の蔵元が語る日本酒と和食料理長 村上公夫の特選料理のお知らせ

 東京は高輪プリンスホテルにて、滋賀のお酒bottleの宴!
 しかも蔵元さんが滋賀から参加されるんです!
 単独で蔵元さんを囲む会は、いままでも開催されていますが、
 これだけ規模の大きい滋賀の酒の会は初の試みだそう。
 
 いーなー。
 でも大津プリンスホテルにも参加できてないのに、滋賀からbullettrain参加はちと遠いdown
 はっ!逆に東京から大津プリンスホテルまでわざわざ参加しにいらっしゃる、江戸の姉御は、すごいってことですねcoldsweats02 
 改めてリスペクトshine

 

 ブログ読んでいらっしゃる皆様、
 東京の滋賀の日本酒ファンのお友達に、教えてあげてくだされ!


「近江の蔵元が語る日本酒と 和食料理長 村上公夫の特選料理」

日時:5月22日(金)18時~
会場:高輪プリンス「七軒茶屋」にて
会費:10,000円

▼詳しくはホテルのサイトへ

| | Comments (0)

コブダイのアラ煮

 草津の脇本陣で毎月第2・4木曜日に開催されている、季ごころ市で、コブダイのアラ一袋600円を買いました。毎回、そのとき仕入れた美味しい魚介類と、無農薬、有機栽培の野菜を特価で提供しているのです。
2009515kobu
 醤油とみりん、酒と砂糖で煮付けたら、皮がぶりぶりしてうまーい! 写真は、ちょっとグロいですけど……sweat01だって、ほろほろになっちゃったから。
 ショウガは要らないと、季ごころのシェフがおっしゃってたので、入れませんでした。
 
 白ご飯にあう~!晩ご飯のメニューは青菜と昆布の味噌汁と、ミンガ村さんところのアスパラとスナップエンドウの塩ゆで。
 美味しうございました。

 お酒もちょっぴり飲んだよね~♪


| | Comments (0)

京都観世会館 -第60回記念 京都薪能-

 今年も行われます、薪能。6月1日(月)・2日(火)です。
 師匠は1日目にご出演♪

▼京都観世会館 -第60回記念 京都薪能-

| | Comments (0)

1歩進んで2歩さがる

 能管の練習したら目が回る……。
 やっっぱ貧血だと酸欠になりやすいみたいです。

 「中之舞」を卒業したら、「猩々」と「敦盛」目標rockと勝手に思っているのに、
 お稽古もお休み続きです。

 パンチさんから「あひるさんはお稽古の日になると調子悪くなるんやから!」と耳の痛くなる指摘。
 いえいえ、決してそういうわけじゃありません、たまたまお稽古の日に体調悪くなるだけですcrying

 
 スクワットも全然できてましぇーんcoldsweats01
 森光子さんは、スクワット回数を一日300回に増やしたとか!
 恐るべき80歳!

| | Comments (2)

明日は浜大津こだわり朝市

 明日は、月に一度の浜大津こだわり朝市です。

 今回、お酒は「不老泉(ふろうせん)」です。蔵から、藤井さんがおいでくださる予定。お酒のことはもちろん詳しいですし、お米も生産されている方なので何でもお聞きしてください!!

 場所:大津市 京阪電鉄浜大津駅改札すぐスカイサーカス
 時間:5月17日朝8時から12時まで
 問合:小川酒店
   滋賀県大津市浜大津2丁目1-31
   電話077‐524‐2203

 ▼扱うお酒については、小川酒店ブログでチェック!

| | Comments (0)

2009.05.15

黄色い花

 このお花、なんていう名前なのか聞かず。なんなのかな?
2009515f
 キク科だとは思うのですが。

 のどの途中に引っかかった感じで、とっても落ち着きません。以前、口にしていた気がしています。うー、なんだろう???

| | Comments (3)

チキンとポテトのマスタード焼き

 オープンセサミさんでランチ。もう、お店が産休に入っちゃうのでこれでしばらくランチも食べ納めとなるのです。
2009515ol
 チキンとポテトのマスタード焼き、ひじきと大根のサラダ、黒豆の冷製スープ、豆の白和え、ニンジンとゴボウのサラダ。
 
 オーナーシェフのきよちゃんと会えてよかった。「よいお産を!」

▼open sesame

滋賀県大津市馬場2丁目6-17
TEL / FAX 077-521-0084
OPEN 11:30~20:00
定休日  日 月 祝日

★5月16日(土)~8月17日(月)まで産休。(予定)


| | Comments (2)

2009.05.14

京都 酒バー よらむ

 先日の、地酒BAR膳のパンチさん主催「不老泉」秘蔵酒の会が終わってから、同じテーブル4人の魔女で、よらむさんのお店に寄りました。私は、この日が、よらむさんデビューscissors
2009510y1sake
 かなりこってりと「不老泉」の熟成酒を飲んできたばかりなので、それの〆になるお酒を、とお願いしました。
 それぞれに、好みをお伝えすると、よらむさんが熟成酒を選んでくださるのです。
 選んでいただいたのは、↑お酒は何か、見ていただけると思います。
  姉御のリクエストはチーズに合うお酒。そのため「このお酒にはこのチーズを」と、3種類のチーズを出していただきました。
 チーズは、えーっと……もう忘れてるわーsweat01。私に選んでいただいたのは、一番手前、「長久」貴醸酒と、チーズの一番手前、黄色い3年ものの……なんだっけ……。忘れてしまったsweat01ゴーダやったかな? 姉御のお酒「ダバダ火振り無手無冠」には、花びらみたいな真ん中のテット・ド・モワンヌ(のはず)。おーちゃんとKちゃんのお酒(真ん中の2種類)には、一番右の白い△、ブリー。

 それが、また絶妙な組み合わせだったのでみんな感嘆の声を上げてしまいました。ええ加減酔っているので、もう、キャーキャーheart04 (すみません)
 4杯を4人で交換しつつ幸せな一口一口。
2009510y2che
 ↑ご主人のヨラムさん。
 チーズをまるで花のようにこそげ取る機械、これは以前浜大津のアケミさんで見せていただいたっけ。
 チーズと日本酒の熟成酒との組み合わせの深さ。よらむさんでも楽しむことができて幸せな夜のステキな幕引きとなりました。
2009510y3omote
 以前、私が日本酒好きと自己紹介したら、相手の若い女性に「京都によらむさんという日本酒バーがある」と教えてもらったのですが、もう何年前になるでしょうか。それからずっと機会がなく、やっと伺えました。うれしい。

京都 酒バー よらむ
京都市中京区二条通り東洞院東入る南側
075-213-1512
営業時間 18:00~24:00
定休日 月曜&毎月第1日曜

| | Comments (6)

2009.05.13

京上賀茂 御料理 秋山でランチ

 マイミクのはんなさんにお誘いいただき、秋山さんに五月のランチに。
2009513a1mon
 昼間だと、新緑の色が鮮やかで、また夜と違う顔で迎えてくれました。
2009513a2machiai
 ウエイティングバー、じゃなくて待合の窓から見たお庭。窓際に活けてあるのは、ミヤコワスレとキウイのつる?
2009513a3cha
 紫蘇湯でしょうか。塩味のない、香りだけの。いろり端でほっと一息。静かな待合で、今日のお料理は何が出てくるのか、わくわくするひとときを過ごす。
2009513a4koi
 季節感たっぷりの飾り付け。鯉のぼりとシラン。
2009513a5sora
 空豆のすり流し、白身魚、キクラゲ、サヤエンドウ。山椒の香り。とりビー、いつもお料理が出てきた瞬間に「ビールには合わん!」と後悔。
 ランチのお客様は全員年上の女性で、うちら二人以外アルコールを召し上がる方は皆無でした(ふっconfident
2009513a6shinjo
 ぐちのしんじょ、コシアブラ。添えてあるのはきっとカラスノエンドウ。しんじょのやさしい味付けと椀に張られたお出しが格別!コシアブラは山菜の苦みほのかに。
 はんなさんが「全部食べられます!」と自信を持って言い切られたので、私もカラスノエンドウまで食べました。春の野原の味がしましたhappy02
2009513a7yaki
 ご主人の秋山さんが、バーナーでイサキを炙ってらっしゃいます。
2009513a8sashimi
 芸術的な刺身盛り!なのにブレブレだったので小さい画像にしました。本当にごめんなさい。
 菖蒲が中央に大胆に飾り付けられ、わさびの葉を敷き、カラシナの花とヨモギがあしらってあります。ええ、もちろん、これらも菖蒲とヨモギ以外は味わいましたよ!カラシナの菜の花は、やっぱりカラシナ。ピリッとするんですね。わさびの葉も、ちょっと辛かった。わさびはお庭に生えてるのだそうです。
 お刺身は、タイ、スズキ、そしてイサキの炙り。イサキは脂がのってます!ぼんぼり小鉢には貝のニシの和え物、バイガイの小鉢には鯛の皮などの和え物(あいまい)。
 この、少量でいろんな味付けの出てくるところが、酒飲みにはたまりません!
2009513a9okuhari
 っちゅうことで、ここは燗酒ですな!当然。「奥播磨」です。山廃純米、たぶん16BY(ブレて見えない……)。
 カウンターの向こうには、濡れたような裏庭の緑が。夜は見えない景色も見えていいですね~。
2009513a10take
 焼きタケノコ、コゴミ、スナップエンドウ、それと魚(忘れてしまった)をダシのきいたアンでまとめてあります。
 これもまた、春の味わい!
2009513a11akishika
 お酒、やっぱ欲しくなる!っちゅうことで、次は「秋鹿」純米吟醸を燗していただきました。なんで秋山さんとこの料理を頂いていると、燗でお酒が欲しくなるんやろ?
2009513a12suki
 地鶏のすき焼き!鶏は焼き目が付けてある?新タマネギも、鶏肉と同格の扱い。甘い!それと、ネギ、こんにゃく。山椒の葉がてんこもり。炭火で一人鍋って贅沢の極みですね-。しかも、卵が出番を待っています。美味しい燗酒が控えてます。
 刺身盛り写真が失敗したので、これが本日一番の幸せショット。
2009513a13sukiup
 煮えました!麩も入ってましたね。このダシが絶妙でした。甘すぎず辛すぎず。そして、いつもの土鍋ご飯を頂きました。「ちょっとだけ」と言いつつ、お焦げもいただいて、結局お代わりしたという。鍋は卵とじでフィニッシュを決める。
2009513a14kuzuzakura
 温かいほうじ茶と、夏を感じさせてくれる、葛桜。こんなきれいに丸くする方法なんかも教えていただきました。小さな杯みたいな器に入れて固めるそうです。それに、冷蔵庫で冷やしすぎると濁ってしまうので、お客様に出す直前に冷やすんだとか。ほんのりした甘さがおいしうございました。
2009513a15mon
 満足して外へ出るとまだこんなに明るいのでした。秋山さんにお見送りいただき、北山駅方向へ歩きました。
 
 夜とはまた違った魅力のある秋山さん、季節の味を堪能させていただきありがとうございました!
 はんなさん、またお声掛けくださいね-!

京上賀茂 御料理 秋山
京都市北区上賀茂岡本町58
075-711-5136

 イサキの炙りを食べながら「イサキ~巡りの~バスは~走る~♪」
 スナップエンドウを食べながら「やっぱ、これってスナップをきかせて摘まなあかんのでしょ?手首をこう返して…」

 ま、二人とも昼間酒が回ってたってことで……(笑)。

| | Comments (2)

チーロ エスポージトのモッツアレラ

 先週、水牛の乳で作られたモッツアレラチーズを白ワインと楽しみました。
 小川酒店の限定販売で予約しておいたものです。
 「冷蔵庫に入れてはいけない!」
 と取り扱い説明書に大きく書かれているし鮮度が命ということらしいので必死に食べる。

 トマトと塩とオリーブオイルと黒コショウがよいということでしたが、我が家のオリーブオイルは逆さまにして待っていても滴がぽたり。。。状態。とほほ。
200957mo 
 ナイフとフォークでチーズを切り取って、トマトといっしょに食べました。
 確かにモッツアレラの味は濃い!歯がキシキシいうけど、コクがある!

 トマトを食べ尽くした後はチーズをクリームスープに入れてみました。熱いスープで表面がとろけてまた、美味い! きっとこれをマルガリータピザにしたら絶対美味いに違いない。

 もう、1年くらいモッツアレラは食べなくても大丈夫o(^-^)o

チーロ エスポージト

| | Comments (0)

2009.05.12

福砂屋の焼き菓子

2009512fukusaya1 昼下がり、一息入れようとコーヒーを準備していると、宅配便。

 下の子どもからの荷物でした。開けてみると「祝母の日」……っていつから祝日になったんじゃ~?

 中身は長崎名物、福砂屋のカステラと焼き菓子「オランダケーキ」詰め合わせでした。

 あと数ヶ月で社会人デビューするだけあって、今年は忘れず母の日メールを送ってきたと思ったら。ちゃんと母の日の当日に航海実習で寄港した、長崎から送る手配してくれてたんや~。

 しかも、コーヒーいれてるところへ。なんかお菓子欲しいな、でも何も買ってなかったな~と思ってたところへナイスgoodタイミング。
 さっそくココア味の焼き菓子「オランダケーキ」を切りました。
 クルミとレーズンがマッチしてます。

 ほんまにありがとう!! shipよい航海を!

2009512fukusaya2

 えー、ついでに。福砂屋さんのマークは、縁起のよいコウモリです。中国ではコウモリは幸運を呼ぶ生き物なんですよねclover

| | Comments (0)

サクランボ

 以前、花が満開の時に写真をUPした、サクランボの実cherryが熟していました。
サクランボ
 ちょっと見えにくくてごめんなさい。
 鳥よけにネットがしっかり巻いてあります。

 かなり赤くなっているのでもうすぐ収穫されることでしょう。

 サクランボcherryで、「うる星やつら」の錯乱坊(チェリー)flairを思い出す私は、かなり昔のアニメファン。。。sweat01

| | Comments (0)

2009.05.11

「不老泉」秘蔵酒の会 スタッフ編

 「不老泉」秘蔵酒の会 スタッフ編です。
2009510f8okan3
 真ん中が主催のパンチさん。
 今回はなんと、赤いハッピもまぶしい、お燗三兄弟が全員参加されました!
 手前が燗二郎さん、奥が燗三郎さんです。三兄弟、フル回転!ありがとうございます。
 業務用かんすけと、錫のチロリで、「熱めで!」「ぬるめで!」と、ワガママな注文に応じた燗をつけてくださいました。ああ、幸せheart04

2009510f9isaosan
 そして、主役の「不老泉」の産みの親、上原酒造の上原専務さん。
 終始ニコニコ上機嫌で、料理も食べずお酒も飲まず、テーブルを行き来してお酒の説明をされていました。
 写真は、〆の「ウコン」で乾杯の音頭シーンですhappy02
 
 「今日のこのお酒と同じお酒は?」「もう全部ありません!」とキッパリ。

2009510f10aretto
 会場のあれっとの皆さん。
 本当に美味しいお料理ありがとうございました!

2009510f11aretto

食楽工房 あれっと
京都市中京区二条通柳馬場東入ル南側
TEL/FAX 075-212-3413
営業 PM5:30~10:00 
定休 木曜日
     

| | Comments (2)

「不老泉」秘蔵酒の会 お酒と料理編

 ゆうべは、京都のイタリアンレストラン あれっと さんで、パンチさん(地酒BAR膳のオーナー)主催のお酒の会がありました。出される12種類のお酒は全て「不老泉」。それも冷蔵庫の奥から出て来た熟成酒で、もう他に残っていないものばかりです。
 開始時間を間違って30分遅刻。不覚!皆さんは一通りひやできき酒をされた後でした。すみませんでした>スタッフの皆さん!
 それからお料理が出てきたので、お料理の写真を順に。
2009510f1zensai
 前菜。海鮮のゼリーがけ。ネギと香草のアジのタルタル。(だと思う)
 海鮮はウニとアジとカニかな、それにマイクロトマト。ゼリーはダシが洋風で少し酸味があり、なかなかお酒に合わせるのは難しいと思われたのですが、18BY「不老泉」山廃仕込 純米吟醸 生原酒 うすにごり が合いました。酸味と仲良くなってしまう。
2009510f2es
 温かい、エスカルゴのフリカッセ。エスカルゴはまるで巻き貝みたいに見えます。食べてみると、結構脂っこい印象。クリーミーなソースと4BY「不老泉」山廃仕込 特別純米 原酒の燗とよく合いました。
2009510f3hotate
 ホタテのグラタンと太刀魚のロール巻き。野菜はソバージュというフランスのアスパラと、ちっちゃなカブのようでした。
 グラタンのホワイトソースに合わせると、バランスが取れているお酒の酸が突出する印象がありましたが、18BY「不老泉」山廃仕込 純米吟醸 生原酒 備前雄町の燗だと、まろやか~なので不思議でした。雄町独特のカラメルっぽい香りとクリーミーな甘さがバターや生クリームと相性がよいのかしら。
2009510f4ebi
 エビのマスタード焼きとタコのオイル煮。タコはブラックオリーブ添え、パプリカなどでイタリアンな一品です。エビは、合う酒を見つけられず。
2009510f5siroebi
 白エビの唐揚げ。味付けはごくごく薄い塩味。もしかしたら塩使ってない?油っこいから、負けない生原酒がよい気がしました。
2009510f6sisi
 シシ肉のベリーソース掛け。甘酸っぱい果実ソースに、日本酒というのは別世界の味、なのですが。シシ肉はとっても歯ごたえがあり、よーく噛みしめてもかみ切れません。そのうちにソースの味がなくなって、シシ肉の脂の甘みと塩味がでてきます。そこからは日本酒OK。ただ、4BY「不老泉」山廃仕込 特別純米 原酒の燗は果実ソースを邪魔しなかったのは驚き。「不老泉」のラインナップにも料理に添う酒ってあるんだ-。
2009510f7choco
 デザートはこってり甘くて苦み走ったチョコレートケーキ。こういうチョコ(バターで固めてある)系には、絶対に少し熱めの燗!13BY「不老泉」特別純米 生原酒の50度燗と、18BY「不老泉」山廃仕込 純米吟醸 生原酒 備前雄町の燗が、チョコをとろけさせてくれました。燗酒がビターなチョコレートケーキと溶け合って、後味がすっと消えていく~。

 酒だけで美味しく飲めてしまう「不老泉」。特に長期熟成されているとデザート酒向きだったり、ダシを中心にした一般的な和食にはなかなか調和してくれなかったりしますが、今回のようなイタリアン、油や肉、クリームにはよく合うんですね。あれっとと、パンチさんはたぶん、お酒と料理の相性を検討されて料理を選ばれたのだろうな~。


 今回の「不老泉」は全部が熟成酒。若いのは18BY(平成18年度醸造)から、古いものは4BYまで。だから、誰でもが「美味しいheart04」と受け入れられるかというと、そうではないでしょう。この会は参加者が23名程度という限られたものだったので、地酒BAR膳のお酒が好きな人だけとなったそうです。
 生熟成(冷蔵)酒の古酒&燗酒の魅力にはまっている人ばかり。だから「不老泉」の古酒が問題なく楽しめたわけです。
 お酒って、嗜好品だから。自分の好みにあったお酒と、それに合う肴と、気の置けない仲間と楽しめたら最高ですよね~shine
 もちろん、常に自分の世界の幅を広げていこうという柔軟な気持ちがあるともっと日本酒の奥深さが体験できることでしょう。「まだ古酒を飲んだことがない」という方は機会があれば、積極的に味をみてくださいね~good

 新酒に対する古酒というのは醸造されてから1年以上経ったお酒のことと定義されています。一口に古酒といっても、常温保存・冷蔵など、保存状況、年数、その酒自体の質によって、味がかなり変わってきます。同じ酒でも、保存状況で別の酒になります。そこが熟成の怖いとこであり、面白いところでもあるんですよね~。

 同じテーブルには、姉御&おーちゃん、そして若いKちゃん。みんなそれぞれ、わいわい言いながらお料理とお酒の相性について盛り上がりました。楽しかった~!
 年々歳々酒同じからず。まさに酒も料理もこの一度きりの出会い。一期一会ですね。

 パンチさん、上原専務さん、燗酒ブラザーズの皆さん、あれっとの皆さん、本当にありがとうございました!

 お料理とお酒の相性編は以上。続いてスタッフ編です。


 今回の会場
食楽工房 あれっと
京都市中京区二条通柳馬場東入ル南側
TEL/FAX 075-212-3413
営業 PM5:30~10:00 
定休 木曜日

| | Comments (2)

2009.05.10

一重のバラ

一重のバラ
京都の町を歩いている時、キレイに咲いているバラと出会いました。

一重でシンプルなので、ぱっと見ハマナスか椿かと思うほどでした!

すてきでしょ!

| | Comments (2)

知恩院

 何度も祇園のパンチさんのお店に行ってたというのに、知恩院さんには行ったことがありませんでした。
 まあ、両者とも営業時間が絶対に重ならないので、「ついで」というのができないんですけどね。
200958chi1mon
 祇園会館の前の道を歩いていくと、向かい側に立派な山門が見えてきました。
200958chi2fuda
 そうそう。800年忌の準備中です。途中、なにかの建物の工事がされてました。
200958chi2mon2
 山門を入ってまっすぐ行くと、またしても門。でっかい!人が歩いていました。これが国宝の三門で、特別拝観できるところだったらしい。
200958chi3yamal
 門の向こうに見える初夏の山の美しさ。植林されてないんですね。拡大できます。
 で、またしても800年!周知しなきゃ、ですね!
200958chi4mon3
 これは三門の近くに行って仰ぎ見たところです。お上りさんは口をあんぐり開けて「すげー」しか言えません。
200958chi5hondo
 本堂も、これまたスケールがでっかい。さすが浄土宗の総本山だけあります。中途半端に下がっただけでは写真に入り切りませんでした。
 今日、10日まで三門を特別拝観できるということだったんですが、たどりついたら既に4時前。受付の窓は閉ざされ「お帰りは円山公園から~」とガードマンさんがハンドマイクで呼びかけていました。とほほー。京都のアフター5ってこんなに早いの!?
 でも、別にいいんです。一度ご挨拶に伺いたかっただけなので。一応、知恩院デビューは果たしたdash
200958chi6tahodo
 多宝塔だと思われる建物やいろんな建物が本堂を取り囲んでいます。

 「平家物語」にちなむ「敦盛(あつもり)」という能があります。まだ10代の武者・平敦盛を討ち取る、熊谷次郎直実という武士はその後世をはかなんで出家してしまいます。熊谷次郎直実が入門するのが浄土宗開祖・法然上人なのです。
 法然上人は岡山出身。あひるの郷土の偉人なのです。うちの小学校には、郷土の偉人コーナーとして、法然上人の一生がイラスト展示されていたのです。幼少の頃(勢至丸と呼ばれていた)夜討ちされ、復讐を禁じる父の遺言に従い出家して岡山県北にある菩提寺に滞在、その後京都へ……。浄土宗を開いた人として教科書にも載ってますね~。(うちの実家は浄土宗ではありませんがsweat01)

 法然上人つながりの「敦盛」の能の舞を、私の能管で吹いてみたいものです。その前に「中之舞」卒業だ~rock

 ▼浄土宗総本山知恩院

| | Comments (0)

2009.05.09

円山公園のカモとアヒル

200958ma6kamo
 美しいカキツバタ(?)とカモ。でも、もしかしたらアイガモかも。カモの側にハトが近づくと、首を振ってけん制。ハトはそのたびに飛んでさがります。こんな小さな池にも縄張りがあるのかな。
200958ma7ahiru
 盛んに羽づくろいをしていたアヒル。池の中には緋鯉もいますよ~。アヒル同士、思わずちょっと対話をしたくなる私。
200958ma8nekamo
 念入りに羽づくろいをして終わったら、このカモはすっかり寝る支度。周囲には観光客もいっぱいなのに、落ちついたもんですわ。
 カモさんおやすみ~sleepy

 実は、忌野清志郎さん(合掌)の「カモナベ(カモンベイビー)」という曲を前夜聴いた話などして、「美味しそう……」と聞こえるようにつぶやいてしまったあひるなのでしたsweat01 どこが同志やねん!

| | Comments (0)

京都円山公園の草木

 昨日の知恩院、もう閉館ということで、帰り道は円山公園経由となりました。公園入ったとたんにそびえたつ巨木が。
200958ma1kyoboku
 幹は緑色に苔むし、鮮やか。葉は萌え出たばかりの輝くような緑。すてき~。
200958ma2ayame
 庭園の池には、ちょうどあやめが咲いているところでした。カキツバタかな?どっちかわかりません。とほほー。
200958ma3satsuki
200958ma4satsuki
 白、ピンクなどのさつきが満開。
200958ma5momiji
 花だけじゃなくて、やっぱり輝く緑が美しい。モミジも蛍光色でした。
200958ma9moeyamal
 山全体がうるうる萌えています。生命の躍動が伝わってきて感動的。拡大できます。
 桜の季節だったら、きっと人混みでとてもゆっくりできないところでしょうが、新緑なら人も少なく、ベンチでぼーっとできました。本当に気持ちのよい午後でした。
 池にも生き物がいて、シャッターチャンスを提供していましたよ。池に浮かぶ島の上にも、カメがいます。見えるかな?

200958ma10yasakaj
 円山公園から、八坂神社への鳥居をくぐって後ろを振り向いたところ。
 池の側のベンチには、外国の方がカントリーのナンバーをアコースティックギターで弾き語りしておられました。その近くには、カモのメスがよたよた歩いていて、曲に合わせてクワクワッと鳴いていました。ナイス合いの手scissors
 最後に聞こえてきたのは、日本語で歌う日本の曲でした。題名はなんだったっけ……。やっぱ、英語のカントリーナンバーよりは日本語のほうが合う場所のように感じました。上手な歌で、公園をいい雰囲気にしてくれていました。

| | Comments (0)

八坂神社

 昨日の京都のコースを逆に報告しています。地酒BAR膳に行く前に通ったのは八坂神社でした。
200958ya1chochin
 円山公園から八坂神社への鳥居をくぐり抜けると、ちょうちんてんこ盛りの建物があります。
200958ya2honden
 本殿にご挨拶。檜皮葺きの屋根が見事です。
200958ya3nagame
 八坂神社正面の門を出てから見渡したところ。まっすぐの道が神社にぶつかって三叉路となっています。右に行けば祇園です。祇園会館もすぐ見えます。祇園会館の向こう側の角を左に曲がったら、地酒BAR膳への道です。
200958ya4mon
 階段を下りて門を見上げたところ。朱色が新しく、ぴっかぴかです。竜宮城もかくあらんという派手さ。
 

| | Comments (0)

地酒BAR膳でまったり

 昨日は、京都の知恩院→円山公園→八坂神社→祇園で泉門店の餃子&ビール→地酒BAR膳。
 まずは、〆の地酒BAR膳からご報告。
200958p1jokigen
 開店直後の7時に入店。「上喜元」の「押切」つまり「せめ」を飲み比べさせていただきました。
 ラベルにご注目を。「上喜元」の文字が裏返ってます。普通の流通に載せない、裏商品という意味だそうです。ちょっと怪しげなところが楽しいwink
 大吟醸と、純米大吟醸。違うのはそれだけじゃなく、米も違います。左は35%精米の「山田錦」、右は45%精米の「愛山」です。味と香りが全然違っていました。「山田錦」のほうが、甘ったるい感じ。「愛山」のほうは、きりりと辛口。なんか、持っているイメージと逆でした。でも、「山田錦」の甘さと「愛山」の甘さは違うからな~。
200958p28bee 200958p38beeyama
 次は「酒屋 八兵衛 うぶ」。特別純米の無ろ過生酒。19BY。フレッシュさそのままで、こってり。辛口だった気がします。「酒屋 八兵衛」山廃純米 無ろ過生。「これって、うっかり八兵衛のイメージじゃない!しっかり八兵衛って感じ」と叫ぶ私。一口め、とろりと甘いと思わせて、その後は辛かったな~。今年の酒だということで、若さぴちぴちでした。燗はやめておこう、ということで、パンチさんに燗向きを選んでいただきました。
200958p4kikuhime
 「菊姫 純米酒 山廃仕込 生詰原酒」2000年氷温独自熟成酒という表示が。
 えーっと、かなり忘れてしまっているので、確か……。冷えた状態で飲んだ時よりも、燗のほうがよかったんです。
 パンチさんにもご登場していただきました。ねらった笑顔が撮れてよかったscissors
200958p5matsu200958p6tatsuriki
 「松盛」、「龍力」。燗をお願いしました。
 最初は単パン(一人きり)でしたが途中から、2人連れのお客様が。お二人が帰られてからも、まだ飲んでました。最後は「龍力」特別純米の古いもの。いつのやったかな~、覚えてません。
 かなり酔いが回ってきたので、パンチさんから打ち止め宣言をされて帰りました。
200958p0sara
 これは、アテを食べてしまったあとのお皿。すてきだったので。
 ゆうべも楽しいお酒をいろいろありがとうございました!
 
京都市東山区祇園北側347-55番地 
       ぎおんグランドビル 一階 どんつき  
075-531-2507

お仕事 PM 6:00~深夜  
不定休

▼お店へのアクセス地図(地酒BAR膳のサイトへ)

| | Comments (4)

2009.05.07

「琵琶の長寿 みんなで造る純米酒」一回火入れ

 ゆうべは「琵琶の長寿 みんなで造る純米酒」一回火入れ原酒を飲みました。
200957biwacho
 こってり濃い原酒。いますぐ飲めるんだけど、でもやっぱり、もっと寝かせておきたいな~。という味です。もっとまろやかなお酒になるだろうに。
200957biwacho2
 ラベルの端には、こんなメッセージが。新聞紙にくるんで寝かせておくといい、とありますね。そうなんですが、もう冷蔵庫は一杯なんですsweat01 もう野菜が入りませんsweat01
 
 よく読むと、「冷蔵庫に入れて」とは書かれてないですね、「冷暗所」ですね。失礼いたしました。

| | Comments (5)

ニンジンサラダ

 rainの木曜日。ランチはオープンセサミさんへ。
200957l
 ニンジンサラダは、独特の味付けなのです。レーズンと、塩漬けオリーブと、ニンニク?なのかな。
 ポテトサラダ、ゴボウとニンジンのサラダ、ツナと大根とキュウリのサラダ……なんだか全部にニンジンが入ってて、全体的に赤い印象のランチになりました。

 オープンセサミセット以外に明太子パスタを別注。おいしうございました。

 お店を出る頃には、rainが再び本降りに。近江大橋の風速表示は4メートル。カッパからしたたり落ちる雨水が靴に染みこんで、冷たい。春の嵐typhoon

| | Comments (0)

牡丹

 オープンセサミさんのカウンターのお花は、牡丹。たぶん牡丹。
200957b2

200957b1
 牡丹といえば、思い出す「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は由利徹」というフレーズを。R-35でしょうが、一応、笑うとこです。
 

| | Comments (0)

2009.05.05

Meijiのアソートチョコ

 雨降りの日のおやつは、Meijiのチョコレートのアソート。ゲーセンでクレーンゲーム(じゃなくて、お菓子のタワーを崩し、落ちたお菓子をもらえる)みたいなので、高く積み上げられているお菓子の5種類セットです。
 子どもの頃の気持ちが忘れられないせいなのか、今も子どもっぽいからなのか、こういうちっちゃなお菓子の詰め合わせに、小さな幸せを感じてしまいます。
090505_21560001
 ピントが合わない……、ごめんなさい。

 一番左の箱は、マーブルチョコです。これだけ裏にしています。箱の裏はトランプになっているのですが、マーブルチョコの裏はその絵柄が間違い探しになっていました。

 「上と下の絵に3つの間違いがあるよ!」

 バカにするな~!子どもだましじゃん。

 と思って探し始めたら、意外に見つからないsweat01
 ただ、マーブルチョコよりもチョコベビーの裏の絵柄のほうが、手強かった……。

 思い込みって目を曇らせるんですね~。

 チョコベビーには、いくつか星やスマイルマークの模様が入っていました。金太郎飴方式。ほんま、芸細かいわ。
 コーヒービートはカフェオレ味。ミルクがきいたマイルドなお子様向け仕様でした。
 マーブルチョコは一箱がイチゴ味。うえっ……苦手っす。

| | Comments (2)

『レベル7』宮部みゆき

 朝からどこかに出かけたくなるような快晴でもなく、端午の節句は午後から雨。
 魅力的なお誘いもお断りして結局うちで読書……。BGMは、キース・ジャレット、ビル・エヴァンスなどのピアノでrainしっとりと。
200955syobu
 宮部みゆき『レベル7』。

 これはかなり初期の作品のようで表紙が少し古いデザインのように思える。SFっぽさも感じられる。
 表題のレベル7とは、RPGの主人公のステイタスがあがっていくレベルに由来しているのかも。

 女子高校生の失踪と記憶喪失事件の謎をそれぞれの関係者が追ううち、殺人事件と昔起きた悲惨な事故が浮かび上がり、それらが全て一人の男に収斂していく。

 登場人物の過去も次第に明らかになる。謎が謎を呼び、クライマックスまで一気に引き込まれていくミステリだ。

 宮部みゆきの作品は殺人事件を解くミステリなのに読後感がよい。例えば東野圭吾と比べると、ハッキリと異なることがわかる。何故なのか、考えていたのだが、ヴォルコシガン・サガの作者ビジョルドの言葉でわかった。
 「本の中は正義や愛について学べるものであるべき」というような意味だった。
 
 そう、現実社会が正義や「こうあるべき」姿とは全くそぐわないものであればあるほど、私たちはそれを物語の中に求めているのだ。不条理や悪はいくらでも目の前に転がっているのだから、せめて物語の中では世界はあるべき姿であってほしい。

 いま日本では法律に触れなければ、何をやっても罪に問われない。司法と官僚・省庁などの行政機関は一国民の利益を守るために存在するわけじゃない。そんな社会に住んでいることを思い知らされた時から、物語やドラマの中で悪が法律を越えて裁かれる場面に心の中で快哉を叫ぶようになった。

 宮部みゆきの描く社会は、いくら不条理な事件であっても、例えスパッと悪が裁かれなくても、人知れず虐げられた人々に対して正当な評価が与えられる。普通の人々のまっとうな感覚が貫かれる。背負っている傷を決して無かったことにはしない。弱者の、死者の、声にならない声をすくいあげる。だから何度も読みたくなるのだ。

| | Comments (0)

2009.05.04

連休はマンガ

 連休は帰省するにも遊びに行くにもbullettrainrvcar混んでてイヤ。

 ということで、本とマンガを買い込みました~book

 マンガは『3月のライオン』『ちはやふる』『青春少年マガジン』。
200954tokyo1 
 『ハチミツとクローバー』の羽海野チカさんの『3月のライオン』、高校生のプロ棋士の少年が主人公です。家族を失って心に傷を持つ孤独な彼が、東京の下町に住む三姉妹とのふれあいで少しずつ変わっていく。
 将棋の世界は勝ち続けるしかないわけで、年齢も体調も人格も何も関係ない。ただ、勝ち続けるためには正気で健康を保つ必要があるだけです。
 そんな危ういバランスをとる彼にとって、三姉妹と一緒に食べる夕飯は生命線のように思えます。
 まだ2巻まで。これからどう展開していくのかな…。
200954tokyo2
 『ちはやふる』は、なんと百人一首の競技カルタの世界で名人とクィーンを目指す少年少女の成長を描くマンガです!
 カルタ名人戦・クィーン戦といえば、滋賀県大津市にある近江神宮が戦場となるのですから関係ありありscissors
 自分も、実家ではよく家族で戦ってましたから、親しみがあります。このマンガの千早(ちはや)のように思い詰めたりしませんでしたが、勝つために自作の単語カードで暗記したもんですわ。といっても、競技カルタは暗記だけでなく反射神経も必要なスポーツですtennissoccerbasketball
 カルタをメインにした、友情と自己実現と(たぶん三角関係)恋愛heart04すてき!
 このマンガ、6巻くらいまで出てるようですがとりあえず2巻まで買ってきました。主人公がカルタと、親友2人と出会う小学校時代。卒業とともに離ればなれになる3人。そしていきなり高校入学。学校になかったカルタ部を作ろうとする、ちはや。『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公ハルヒと同じく、「おもろい部がなければ作る!」お約束ですな。
 これから3人は再会できるのか?カルタ日本一はゲットできるのか?
 カルタの世界のミニ知識も知らず知らず身につく、学習マンガでもある。みんな、『ちはやふる』読んで百人一首取ろうぜ!
 めざせ!近江神宮。(アクセスは、JRなら膳所か石山で京阪に乗り換えると便利train
200954tokyo4
 『青春少年マガジン』は、小林まことさんが少年マガジン50周年記念企画として『1・2の三四郎』を連載していた時代を振り返った作品。新人3バカトリオと呼ばれた三人の漫画家のうち、生き残っているのは小林さんだけ……・。小林さんの記録によると、2本の連載を同時進行するために、「次に眠れるのは5日後」とか、鼻血を出してぶっ倒れて初めて休載できたとか。
 なんと恐ろしい世界なのだろう。「鶴の恩返し」の鶴のように、漫画家が自分の血と生命力で織った作品(夢とか友情とか、とにかく面白くてわくわくする作品)を私たちは読んで育ってきたのだ。
200954tokyo3
 以上は、今年のマンガ大賞候補作というコーナーで並んでいたものを選んできました。

 画像は、『3月のライオン』に出てくる東京のイメージにしてみました。

| | Comments (0)

つるばら

 普通に仕事があるので、連休という意識がなく、ちょっと失敗してしまいました。
 違う会社の人にしてもらっている作業を連休に入る前に依頼しておくのを忘れていたのです。その指摘のメールが入って、とりあえずの対応。それから買い物へ。
つるばら
 途中で毎年咲く黄色いつるばらが美しいお宅の前を通りかかりました。小さくて花びらの多いバラが垣根一面に咲き、壁の上の方の窓を覆うくらいにまで伸びています。
つるばら
 華やか~shine

 買い物から帰ったら、会社から対応してもらえたとメールが。お休み中にすみませんでした~。ありがたや!

| | Comments (2)

2009.05.03

モーニングロール

 お腹がすいて、昨日仕入れた食材で作る計画を立てていた、ソーセージドッグみたいなサンドを早く食べたくなった。

 ヘルスステーションけんこう舎さんで買った、ロールパン(麦の薫 全粒粉)に縦に切れ目を入れてトースト。
 ソーセージと菜の花をボイル。トマトをスライス。
090503_07460001
 ↑使った食材。

 ロールパンからかなりはみ出すソーセージ!(最近よくテレビCMで見かけるみたいな……)
 味付けは松田のマヨネーズ(辛口)と、洋ガラシ。
 だから、茶色と緑と赤とカラシ色で結構彩りよく仕上がった。

 それに、挽き立てコーヒーをドリップしてマグカップに注ぎ、王林を半分切って添える。
 できあがりを写真に撮る前にぱくぱく食べちゃったsweat01

 ソーセージはパリッと音がするし、ロールパンはもっちりとした充実感がある。
 おおー、かなり理想的な朝食洋食バージョン。(味噌汁とご飯もいいけど、たまには洋風も)
 青空が広がる、すてきな休日の始まり!
 

| | Comments (0)

キイチゴの花

 先日伺った折、姉御のお宅に咲いていた、キイチゴの花です。白くてシンプルな花。この花がやがて真っ赤でつやつやの実を結ぶんですね。
 あ、そういえば今年はミツバチが少ないとニュースになっていましたが、一匹花にとまって夢中で仕事してましたよ。よかった。
2009428kiichi5
 食べられる実がなる木って子どもの頃から大好きですheart04
 実家に植えてあったのはユスラウメ、ザクロ、スモモ、柿、イチジク、栗。ああ、オトンの桃もありますね。
 
 木イチゴなんかあったらステキhappy02 外国の絵本に出てきそう。

 食いしんぼだったので、絵本も美味しそうな食べ物が出てくるお話が好きでした!
 ぐりとぐらのホットケーキや、虎がバターになった場面なんて、どんだけ食べたかったか!
 パンが人形の形になって逃げ出す絵本も、いくら食べてもご馳走を出してくれる魔法のテーブルの絵本もお気に入りでしたscissors
 
 

| | Comments (0)

2009.05.02

初夏のきらめき

 さわやかな五月晴れsunの今日、午後から用事があったのでスクーターでお出かけしました。
 帰り道は瀬田川に掛かる瀬田の唐橋を渡り、湖岸に沿って少し走りました。

 瀬田川周辺と県営漕艇場あたりには、ジャージ姿runの学生の群れがやけに多いなと思っていると、どうも大きなレガッタのようでした。湖面には多くの競技用のカッターが行き交っています。

 風に波立つ水面には夕陽がきらめきshine、まさに「瀬田の夕照」といったテーマの絵のようです。

 湖岸の柳の新緑はしなやかに風になびく。

 そんな景色の中、スクーターを停めて写真を撮る気持ちの余裕もなく、爆走dashして直帰しました。

 ▼3年前の湖岸の柳のようす
 ▼3年前の漕艇場あたりの夕暮れ

 
 年々歳々、柳の新緑は同じように萌え出るけれど、人は同じじゃない。
 なんて、考えながらもカーブできれいにリーンインの姿勢になるように、ちょっぴり気取って運転して。

| | Comments (0)

ガーベラ

 またまた、ガーベラの花束を連れて帰ってきました。6本で400円しない。お手頃ですheart01
20095ga
 やっぱり生きたお花って気持ちを穏やかにしてくれますね。
 しおれていく姿は正直悲しいけれど、だからこそ美しく咲いている時間が更に愛おしくなります。
 うちへようこそ!ノートパソコンのそばで咲いていてね。


| | Comments (0)

マツさんの卵で写楽焼き

 先日頂いたレタスを敷き、マツさんの卵を使って、写楽焼きscissors
20095gohan_2
 アトムの子どもの姉御なら、すぐにおわかりでしょう。三ツ目焼きで~す。ベーコンもいっしょに焼きました。
 今回は贅沢にも烏骨鶏のみを選抜。ちょっと予定より堅焼きになってしまったけれど、とっても美味しかったです。
 ごちそうさまでした~!
 
 味噌汁はアラメとナメコと豆腐と小松菜。カブのぬか漬けもポリポリ美味しかったです。
 本当に美味しいご飯を食べることができて感謝!ありがとうございます。

| | Comments (2)

2009.05.01

第5回 夏の生酒 選手権  彦根会場のお知らせ

 日本名門酒会が行う全国イベントとして、滋賀県でも2会場で生酒のきき酒会が行われます。
 彦根と草津、一週間ずらしてあるので、両方参加可能ですね~。
 残念ながら滋賀県内の酒はありませんが、県内でがんばっておられる酒屋さんが参加されますよ!

滋賀支部加盟店主催「第5回 夏の生酒 選酒権大会 彦根会場」

日時:2009年 5月 24日 (日曜日) 13時~16時
場所:グランドデュークホテル 滋賀県彦根市佐和町
入場料:500円 (事前予約不要)
連絡先:077-543-3300(株)エスサーフ※平日営業時間内

詳細:11~12の蔵元が参加。日本名門酒会加盟店もブースを担当して
   出品酒20蔵(20ブース)ご用意します。
   一般のお客様、料飲店様に試飲頂きご予約を頂けます。
   コンセプトは「蔵元が持ってきた地元のうまいもん」

参加:

 「大山」  山形鶴岡 かぶら漬け
 「一ノ蔵」 宮城大崎 紫蘇巻き(味噌)
 「信濃錦」 長野伊那 馬肉の燻製
 「長良川」 岐阜各務原 母袋燻り豆腐
 「春鹿」  奈良奈良 大和煮肉鶏炭火焼
 「白嶺」  京都宮津 鰯オイルサーディン
 「嘉美心」 岡山浅口 ままかり酢漬け
 「五橋」  山口岩国 岩国れんこんちっぷ
 「司牡丹」 土佐佐川 酒盗
 「越の誉」
 「賀茂泉」
 「月の桂」 

| | Comments (0)

第5回 夏の生酒きき酒会 草津会場のお知らせ

 草津市の酒屋さん、十四代金澤さんから毎月「楽酔だより」を送っていただいています。
 5月末の魅力的なイベントのチラシが入っていましたので、皆さんにもお知らせいたします。

 10蔵から、蔵元さんか社員さんが、地元のおいしいもんを持参でおいでになるそうですよ!
 残念ながら滋賀県内の酒はありませんが、このラインナップは魅力的heart04

 「大山」  山形鶴岡 かぶら漬け
 「一ノ蔵」 宮城大崎 紫蘇巻き(味噌)
 「若竹」  静岡島田 鮪しぐれ煮
 「信濃錦」 長野伊那 馬肉の燻製
 「長良川」 岐阜各務原 母袋燻り豆腐
 「若戎」  三重伊賀 牡蠣の燻製
 「春鹿」  奈良奈良 大和煮肉鶏炭火焼
 「白嶺」  京都宮津 鰯オイルサーディン
 「嘉美心」 岡山浅口 ままかり酢漬け
 「五橋」  山口岩国 岩国れんこんちっぷ
 「司牡丹」 土佐佐川 酒盗
 

 日本名門酒会加盟店のお店が協力して主催されるんだそうです。

 お問い合わせは金澤さんへ
 077-562-0038

------------------------
日本名門酒会 滋賀支部加盟店主催「夏生選酒権」草津会場

日時:2009年 5月 31日 (日曜日) 13時~16時
場所:クサツエストピアホテル(滋賀県草津市大路町)
入場料:500円(事前予約不要)

内容: 11~12の蔵元が参加。加盟店もブースを担当して出品酒20蔵(20ブース)ご用意します。
  一般のお客様、料飲店様に試飲頂きご予約を頂けます。
   コンセプトは「蔵元が持ってきた地元のうまいもん」
   会場でのお酒の販売はありません。酒販店にあなたのお好きな生酒ご予約下さい。
------------------------


 ※イベント名が微妙にどれも違うのは、日本名門酒会のWEBイベント情報での表記と、金澤さんから頂いたチラシの表記が違っていたからどれが正しいかわからなかったのです~。統一してなくてすみません。
 一応、彦根の情報についてはエスサーフさんに問いあわせしてお聞きしたものです。
 WEBのほうは、開催時間とかに間違いがあったようです。

| | Comments (0)

給食の思い出 笑い話編

 給食の思い出というと、献立にまつわるものだけでなくクラスメイトの奇行や事件も強烈な印象として残っています。


 中学校では、掃除や理科の実験の時のグループとして、4~6名程度の班編成がされていて、給食時間は机を向かい合わせで食べるのが決まりになっていました。(男子・女子だいたい半々)

 風邪などによって欠席者が出ると、希望者が余った牛乳を消費することになっていました。なぜか牛乳の一気飲みの早さを競うのが流行していて、「用意、ドン!」で200cc入りのビンを一気!その勝負は真剣です。
 この時、誰かがふと可笑しいことをつぶやき、それがヒットしてしまうと、同じ班の人には悲劇が!白い雨rain、あるいは霧が降り、教室は一瞬のうちに阿鼻叫喚地獄thunderと化すのでした。

 また、ある時、私の班に、犬猿の仲の男子と女子がいました。その日、二人は給食時間にささいなことで派手に言い争い、頭に血が上った女子は、何を思ったか突如自分の牛乳を相手の学生鞄にぶちまけたのでした。
 一同呆然。女子は勝ち誇ったように笑い、男子はその後ずーっと牛乳の臭いdashのする教科書を使わなければなりませんでした。(この事件は一度書いたことがある気がします)

 ビン入り牛乳の箱は給食当番が2人で3階まで階段を運ぶことになっていました。年に一度は、手がすべって……bombimpact こんな事件も起こったものです。

 牛乳というと、「ちらり~鼻から牛乳~♪」という嘉門達夫さんの替え歌もあるように、笑いを誘うアイテムなんでしょうか。きっと、皆さんの給食時間にも、必ず一度は事件の思い出が……あると思います!
 
 まあ、ほかにも学年の終わりの掃除の時に、誰かの机からカビルンルンに醸されまくったパンbreadが発掘されたり、苦手な献立を無理して食べようとした子がこらえきれずdown……など、給食にまつわる事件は尽きませんでしたね-。

 うちの子どもの時代には、給食時間にグループごとに机を向かい合わせにすることもなく、男子と女子が仲良く話しながら食べることは皆無だったそうです。そういう意味では、うちら豊かな給食時間を過ごさせてもらっていたんですね。


 

| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »