« 浜大津こだわり朝市 吉田酒造 | Main | 文化ゾーン »

2009.06.21

近江富士花緑公園のバラ園

 昨日の土曜日は、NPO法人びぃめ~る企画室の総会でした。森のBe-cafeにて。総会は1時間ほどで終わり、それからびぃめ~るのイベント検索エンジン「びぃさ~ち」の更新作業のためのエクセル講習を受けました。毎週、当番が交代で最新情報にしているのです。かなりプログラムで自動的になってはいるものの、細かい修正や間違い探しなどはやはり人の目と手。
 これから、お当番がんばるぞ~!
2009620ofkkb1_2
 講習が終わって、ランチを食べコーヒーを飲んで、残った数人でとりとめのない雑談をしました。こういう時間って大切ですよね。普段はメーリングリストでやりとりするだけなので、顔を見ながら近況を話したり、昔の趣味の話を聞いたりして笑うって、貴重な機会なのです。
 
 とは言うものの、おやつの時間には解散です。

 それから私は一人で近江富士花緑公園のバラ園へ向かいました。もりやまバラ・ハーブ園でバラの香りのトリコとなり、さっそく『香りの薔薇』という本を購入しました。花の名前と香りを覚えようという新たな野望がっっ。(そんな余力がどこにある……)
2009620ofkkb2

2009620ofkkb3
 ミニチュア「インディアン・メイアンディナ」という札が立っていました。
2009620ofkkb6
 「天津乙女」、あると思います!
2009620ofkkb4
 「ブルーライト」紫色系、という札が立ってました。
 
 鼻の届く範囲にある花は香りを嗅ぎました~。どこかすえたような、酸っぱさが混ざっているものが多かったです。
2009620ofkkb7
 真っ赤な「ラブ」。名前の後に書いてある「HT」というのは、ハイブリット・ティの略かな?まだあまり意味がわかってません。
2009620ofkkb5
 ミニチュア「オレンジ・メイアンディナ」という札が立ってました。

 時折、小雨がぱらつく薄暗い日だったので、イマイチ色がキレイじゃないのが残念です。

 バラは香り!『香りの薔薇』によると、バラは一日のうちでも時が移れば香りも変わるのだそうです。あまり鼻を近づけ過ぎないほうがよい、と書いてあったのですが、淡い香りの花だとどうしても鼻をくっつけたくなってしまいます……。

 ※花の色と明らかに違う名前の札もあったので、もしかすると花と名前が一致してないことがあるかもしれません。ご存じの方はご指摘くださるとありがたいです。

|

« 浜大津こだわり朝市 吉田酒造 | Main | 文化ゾーン »

草花」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 浜大津こだわり朝市 吉田酒造 | Main | 文化ゾーン »