« 京都薪能 平安神宮 | Main | ノーパンの夜 »

2009.06.02

狂言「福の神」に松尾様

 京都薪能の狂言「福の神」を見ていると、信者が福の神にお酒をお供えせよ、と言われます。
 その時、まずは松尾明神からという台詞がありました。

 全国の神様の最初に、お酒の神様、松尾様が出てくるなんて、さすが。

 お酒を注ぐ、お酒を飲む、その所作には広げた扇子が使われています。それだけで「お酒」が表現できるんですね-。


 それにしても、福の神の笑いは豪快で、さすがプロと感心させられました。
 出で立ちも、いかにも福々しい装束。ちょこなんとしたかわいらしい存在感。愛さずにはいられない神様でした!

|

« 京都薪能 平安神宮 | Main | ノーパンの夜 »

2009年スクワットと笛」カテゴリの記事

日本酒全般」カテゴリの記事

Comments

あひるさん、こんばんわ。happy01

松尾様と言えば梅の宮様と共に京都の我が実家の氏神さま。shine
そして私達夫婦が式を挙げたとっても縁のある神様。confident

でも地元に居ている時はあまり意識していませんでしたが、よく考えてみたらお酒の神様で猛神だったんですよね。coldsweats01bottle

Posted by: 紫香楽 秀山 | 2009.06.02 at 07:48 PM

紫香楽 秀山さん

 おおー、松尾様でご結婚なさったんですか!すてきですー!
 滋賀の蔵元さんも、そういうところがありますよ。全国の酒造家の守り神ですねー!

 すばらしい氏神様をお持ちです!
 

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.06.02 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京都薪能 平安神宮 | Main | ノーパンの夜 »