« 大津港 | Main | ミニノートキター! »

2009.06.05

アニメ「けいおん!」の学校は

 アニメ「けいおん!」の舞台となっている学校は旧豊郷小学校なんですね~。
 高校の女子軽音学部、その校舎、階段の手すりのカメとか……、まんまやん。

 なんて、知ったかぶりしてますけど、まだ現地には行ったことないです。
 豊郷町にある、岡村本家さんに伺った折、岡村専務さんに車で「ここですよ」と前を通って紹介していただいただけです。

 ヴォーリズさんの設計。趣きがありますね!
 「けいおん!」の部活の舞台になっている音楽準備室も、扉など飾り窓が付いてて、なにげにおしゃれ。いいな、こんな学校で育ったら知らないうちに、よい心(うまく言えないけど、将来を担う子どもたちに対する期待や温かい気持ちで見守るよ、みたいな)が染み渡るのではないかしら。そんな思い込みをしてしまいそうです。少なくとも、どこの学校もおんなじような、コンクリートの味気ない建物よりは絶対いい。


 旧帝国ホテルを設計した、フランク・ロイド・ライトさんもそう。少し似た空気があります。時代でしょうか?
 子どもが通っていた東京の幼児生活団で、運動会の練習をしたのが、池袋と目白の間にある、明日館というところでした。芝生を使わせていただいたので、中には入ってないんですけど。気持ちのよい芝生が広がっていて、平屋の建物が昔のまま。でも、周辺には高層ビルもそびえている、不思議なところでした。
 お向かいには礼拝堂があったなあ。ここも同じライトさんの設計と聞きました。中は独特な雰囲気で天井が低いけど狭苦しくない。細部は忘れても温かい空気を感じた記憶があります。

 そんな建物を思い出しました。

 深夜「けいおん!」見て、登場人物とか展開もおもしろかったけど、背景にも目を奪われていたのでした~。

 情報は、mixiマイミクさんの日記からwinkどもっ!


 このアニメ、超お気楽で可愛い女子たちが、軽い気持ちでバンドを始めて……。まあ、くくりは「スゥイングガールズ」系。でも、この背景への入れ込み、ロケ地も雰囲気ある場所をとことん選んでる細かいとこなど、「らき☆すた」のように京都・滋賀のロケ地巡礼に結びつく要素ありあり。(しったかぶりしてるけど「らき☆すた」見たことないcoldsweats01
 
 そしたら~、豊郷町のあの町並みを歩く人も増えて~、美しい酒蔵に寄る人も増えて~、お土産に「金亀」「大星」を買って~……。ふふふsmile、ますます岡村本家さんのお酒が売れるぞ~。
 お土産用に「けいおん!」ラベルheart04なんてどうでしょう>岡村専務さん 亀つながりで!
 って、安直すぎ。ダメかhappy02
 何がきっかけでもいいから、とにかく、あのお酒を飲んでみてほしい!飲む人が増えるとうれしい!!

 そのうえ、豊郷町には『近江楽座のススメ』の中の「とよさと快蔵プロジェクト」の学生さんたちが改修して、生き返らせた空き家もいっぱいあります!これらの取り組みを現地で見てもらえたらいいなあ~!

 なんて、あひるの妄想は限りなくふくらんでしまったのでした。


 それにしても、アニメ深夜枠のCM。メタボ防止のためのサプリメント……。やっぱり、こういう年齢層が見てるんでしょうかね?

|

« 大津港 | Main | ミニノートキター! »

日記1」カテゴリの記事

Comments

生で見たんですか?
主人公の名前が「ちとコマッタちゃん」な以外はお気楽でユル〜く楽しめるアニメですね。
あれの舞台モデルが実在するとは思ってもいなかったですけれど、
メタボCMが目障りならYouTubeで探すといいですよ。

Posted by: 燗酒おやぢ | 2009.06.05 at 05:59 AM

おやぢさま

 リアルタイムの放送を見てしまいました~。
 ほんま、名前って後から付けられたらどうしようもないですね。うちの子は「めぞん一刻」に出てくる人の名前からとりましたけどsweat01

 CMがイヤなわけではなく、アニメ自体が対象としている年齢層とCMのそれが違うのではないかと思われたからなのです。違和感があって。

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.06.05 at 01:47 PM

店番しながら「けいおん」「豊郷小学校」をキーワードにネットサーフ。

コアなアニメファン(アニヲタと言うらしい)の中には「聖地巡礼」と称し、アニメに出てくる場所を特定し、現場に足をはこばれる方がおられるようです。

オープニングの1コマ1コマの現場を特定する見る側のエネルギーにも脱帽ですが、作成する側もアニメだからといい加減に作画するのではなく、作品にふさわしい場所をロケし、作画に反映しているところはまさに職人芸、「ディティールに神はやどる」とはこのことをいうのでしょう。

「けいおん」の舞台の学校は「豊郷小学校」がメインで「八幡商業高校」も少しまざっているそうです。

付近のまちなみは、京都修学院界隈がもとになっているそうです。

Posted by: ほろよい | 2009.06.07 at 05:33 PM

ほろよいさん

 京都の町並みも、
 地元に住んだことのある人なら、
 「あー、あそこ」と思うでしょうねー。

 テキトーな背景だと、全く作品全体から受ける印象は変わってしまうでしょうね。
 かなり情報が多いと思いますし。

 ドラマのロケ地巡りも、昔から人気がありますが、アニメのロケ地巡りも楽しそうです~。

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.06.08 at 02:50 AM

一時は取り壊される運命にあった建築物が、メディアも絡んで町を二分するほどにまで盛り上がった取り壊し反対運動の末に、修復及び防災・耐震補強を施し生き永らえることが出来た、豊郷小学校旧校舎群。
「けいおん!」放送のタイミングに同じくして、生まれ変わった旧校舎群の竣工式が執り行われたのは、全く以って天佑であったとしか思えません。

予定通りに取り壊されてたら、どっちも無かったんでしょうねぇ~きっとsweat02

5月末に竣工式に参加して、実際の校舎を拝見させてもらいました。

そのまんま、

「けいおん!」でしたnotes

あのアニメには、製作者の血と汗と涙、そして美しいものを記憶に留め置きたいとする人々の美学が息付いてるんだな、と実感しましたweep

<「金亀」で「けいおん!」
あ、竣工式の後岡村本家行って園田杜氏と喋ってたのに、話振ってなかったですぅ~coldsweats01
あひる姉さん、Nice Idea!! Fine Play!!です!!good

血糖値が気にならなければ是非(爆impact)

Posted by: ごんた | 2009.06.18 at 12:37 PM

ごんたさん

 情報ありがとうございました!
 ほんと、残ることになってよかったですよね。壊すのは一瞬。(とは言うものの、保存にはお金と時間とが掛かる……)

 豊郷の皆さんが、残すことを決断なさったから、「けいおん!」もあんな素敵な高校時代を演出することができた……。
 
 アニメになって改めて価値を認識できますねー。

 階段の手すりの亀、印象的です!!
 ぜひ「金亀」で……wink

 体調がよければ~。現地に行ってみたいです!

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.06.18 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大津港 | Main | ミニノートキター! »