« もりやま芦刈園(あしかりえん) | Main | おうみんち食材で夕食 »

2009.06.19

もりやまバラ・ハーブ園

 火曜日、レモングラスさんに連れてっていただいた、もりやまバラ・ハーブ園の報告です。
2009616mobh1mon
 ここが入り口でーす。
2009616mobh2hunsui
 入ってすぐがバラ園です。こんな西洋庭園風の噴水があったり、バラ園に欠かせないアーチもあちこちに。
2009616mobh3r
 赤いバラもいろんな種類がありました。この赤いバラは「ユーロピアーナ」。とにかく、今回はどのバラも香りをかいでみました。すると、香りのすばらしい品種と、ほとんど香りの無い品種があることがわかりました。
 どんなに美しく大きな花を咲かせるバラであっても、香りが無いとがっかりです。バラの香りがこんなに魅惑的なものだったなんて。
 それはそれは女性の魅力を連想させるのでした。そのバラの香りがどんなイメージかを伝えるために、どんな女性かということで表現してしまう私。(お酒でも、そういう表現してしまうことがあるなあ。……結局、うまく伝わらないことが多いんだけどsweat01
2009616mobh4r
 「クリストンファーストン」。こちらは立派なアーチで花を咲かせています。高いところで咲いていると、香りが嗅げないのでレモングラスさんと一緒に残念がっていましたcatface
 別のお客さんが近づいてくると、香りをかぐのは一旦やめてやり過ごし、誰もいなくなると思い切り花に鼻を近づけて確認happy02
2009616mobh5rosema
 バラ園の次に、ハーブ園へ。ローズマリーが見事に茂っていました。香りが大好きheart04
2009616mobh6c
 巨大なアーティチョーク。食べられるのでしょうか。
2009616mobh9onshitsu
 温室もいくつかありました。
2009616mobh7car
 「カレ^プラント」はカレーの香りを強烈にまき散らしていました。「香りの温室」の中はカレーの日の給食の時間みたいでしたよ。
2009616mobh8be
 ベゴニア専門の温室もありました。ベゴニアってほんとに華やかですね。
2009616mobh10sa
 見事なサボテン群。そこだけ異国のサボテンコーナー。

 小規模ですが、バラ園のバラの香りが印象的でした。
 ハーブ園、温室などもあるので全体的には見応えありました。でも、やっぱりバラが咲いている時期でないと、物足りなさを覚えるでしょうね~。バラは、もう終わったものもありますが、もう少し咲いていると思われます。

 ほぼ全てのバラの香りを嗅ぐのに全力投球した私は、バラ園を出る頃、ぐったりと疲れているのに気付きました。
 後日、仕事先でお世話になっている若い女性にそれを言うと、「それって、何か吸い取られてますよ!」。
 ああー、そうかもしれない! 小規模なバラ園でよかった。あまりにたくさんのバラの香りを嗅いでいると、うちに帰れなくなりそうです。


もりやまバラ・ハーブ園

滋賀県守山市幸津川町2840
077-585-1975
P:180台
料金:大人200円、中学生以下100円
営業: 9:30~16:30
定休:火曜日、祝日の翌日(土日にあたる場合は月曜日) 年末年始

|

« もりやま芦刈園(あしかりえん) | Main | おうみんち食材で夕食 »

草花」カテゴリの記事

Comments

素敵なバラ園ですね。昨日はバラと、ふ入りのギボウシ、を竹籠にいけました。今日は卒業写真の撮影日です、アルバムができたら、先生の写真拡大コピーしようかなあ(^_^)v こちらでは、スイカ、ブドウの出荷始まりました!

Posted by: もも | 2009.06.19 at 10:02 AM

ももさん

 斑入りのギボウシ、さわやかですね。
 バラに香りがあったら、見て楽しむだけじゃなく、香りまで楽しめる生け花になりますね。

 なにげなく写真がゲットできるなんて。いい環境じゃありませんかcamera

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.06.19 at 11:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« もりやま芦刈園(あしかりえん) | Main | おうみんち食材で夕食 »