« しがじゃが ほんのり塩味 | Main | カレイの縁側缶 »

2009.07.13

串揚げ三昧 honobono (ほのぼの)

 Kちゃんにお声掛けいただき、初めてのお店、串揚げ三昧 honobono (ほのぼの)さんに行ってきました。
 
 メンバーはおなじみの日本酒好きな皆さん全5名(自分含む)。
 場所は、JR大津駅のロータリーの外れを線路京都・山科方面に平行に続く道沿いで、花一番さんの2軒か3軒先になります。花一番さんより向こうに行ったことがないので、どきどき。

 無事、店の前のKちゃんを見つけてお店に入りました。

 料理一品と串カツ10本(12本だったっけ)、デザート付きのコースが確か3000円だったと思います。同じコースだけど、串を自分でストップできるほうを選んで開始。
2009712b1maguro
 最初は6品くらいのメニューから好きなのを選びます。私はマグロのほほ肉の刺身。
2009712b2sanma
 これはKちゃんの選んだサンマのマリネです。
 ビールは、プレミアムモルツの生でした。缶とは全然違う!うまい!
2009712b3byu
 最初は牛肉のカツ。塩、しょうゆ、タレの3種類のどれがあうか、奥様が串をその3つのうちの一つの方へ向けてくださるのです。
2009712b5poteto2009712b4anago2009712b7sukiyaki2009712b8sinshoga
 次はあなご、ミンチコロッケ(写真無し)、カクテルグラスに入っているのはポテトサラダ。
 うずら卵につけて食べる、すき焼きも楽しい。牛肉とタマネギの甘辛カツです。
 魚の卵がぷちぷちと弾ける食感の子持ち昆布は、日本酒が欲しくなりました。(写真無し)
 右下は新ショウガ(たぶん)。
2009712b10retas2009712b11nagaimo
 左は牛肉しぐれ煮のレタス包み。右は長芋ベーコン。カレーの風味でした。
2009712b9kuchinaoshi2009712b12nira2009712b13kinoko2009712b14kinpira
 左は、お口直しのシュガートマトとメカブ、以下、オクラのあっさりした酢の物。お口さっぱり。
 右はニラと豚。マッシュルーム、きんぴらです。
2009712b15yomogifu
これは、ヨモギ麩の揚げ出しです。アラレで衣ができていてカリもちっ。あとは砂肝、それからもちベーコン、白身魚と明太子串で打ち止め。
2009712b16d
 デザートとお茶。バニラアイスクリームにかなり固めのコーヒーゼリーがのっていました。

 どの串も、一手間かけてあって、美味しい。時々サプライズ。
 ひと串の中に、いくつかの味が合体してて複雑。
 Kちゃんが言ってた「揚げ物なのに繊細なんです!」という言葉が理解できました。
2009712b17wine
 カツなのにお酒が欲しくなるものも出てくるのです。ワインも合いましたよ。ワイングラスは……ブリュゴーニュだった?これで飲むと香りがすばらしく感じるのでした。
2009712b18masumi 日本酒は3種類しかないのが残念!!!
 滋賀は「松の司 楽」でした。

 口の中で素材同士が素敵なハーモニーを奏でるという、幸せな時間を何度も味わうことができました。
2009712b19taishomama
 強面マルガリータ大将、笑顔は意外とあどけないのねheart04。奥様美人shine。お二人の細やかな心配りを感じました。
 また、改めて行きたくなりました。Kちゃんお誘いありがとうございました!
 
 赤ワイン1本、生ビール各1~2杯、焼酎や日本酒「松の司 楽」など飲んで、串17本食べて、一人割り7250円でした~。(実際払ったのはもう少し安くしてもらいました。支払い幹事さんありがとうございました)

2009712b20tento
 串揚げ三昧 honobono (ほのぼの)

滋賀県大津市春日町6-15 かすがマンション 1F
   JR大津駅より徒歩3分
営業: 16:30~22:00(L.O.)、日曜営業
定休: 不定休
※予約可

|

« しがじゃが ほんのり塩味 | Main | カレイの縁側缶 »

お店2」カテゴリの記事

滋賀の地酒【湖東】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« しがじゃが ほんのり塩味 | Main | カレイの縁側缶 »