« 滋賀からの手土産 | Main | 清水白桃 »

2009.08.11

オカンが美術書を読んでいた

 オカンに手土産として、小学館ウィークリーブック 週刊 西洋絵画の巨匠のコローとゴッホを持って行きました。

 なんと、オカンはベッドに腰掛けて、前に持って行っていたルノワールを開いているではありませんか!

 持参したコローは、見覚えのある絵「モルトフォンテーヌの思い出」を探し出して「これがええ」と。
 ゴッホを渡すと、絵を見て「タンギーじいさん」とすぐに題名を言うのでした。

 オカンは病気になってから、本を開くような余裕がなかったので、ほんとうにうれしくなりました。よかったhappy02


 ゴッホの「糸杉のある風景」や「ひまわり」などの絵は色彩がハッキリしていて、抽象的でシンプルな構図、独特な力強いタッチ。とてもきれいです。毎日毎日寝室で過ごすオカンには、よい刺激になるのではないでしょうか。改めて優れた絵画の持つ力を感じました。

|

« 滋賀からの手土産 | Main | 清水白桃 »

岡山」カテゴリの記事

Comments

いいですね。
うらやましいです。
私はもう何もしてやれることが無くて、寂しいです。

もうすぐ、初盆・・・ほんまに帰ってきてくれるんやろうか・・・?(苦笑)

Posted by: はんな | 2009.08.11 at 07:20 PM

はんなさん

 初盆、きっと帰ってこられますよ。
 
 ケンカしながらでも、まだ何かできることを本当に感謝しています。

Posted by: あひる@滋賀 | 2009.08.12 at 10:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 滋賀からの手土産 | Main | 清水白桃 »