« アケミさんアゲイン | Main | コスモスとガマ »

2009.09.14

地酒BAR膳で雄町三昧

 地酒BAR膳さんが、10月末でお店を閉めると聞いて、あわてて土曜日に伺いました。
Sh380176
 お店に入ると、カウンターにはずらりと「アンフィルタードサケ」が並んでいます。さっそくそれをお願いしました。
 これは「梅の宿」の(右から)平成11、12、13年の「備前雄町100%」です。若いほうからきいてみると、11年のものがえらく辛く感じました。辛いっちゅうか、残るっちゅうか、なんとも印象的。どれも雄町の甘さを感じました。
 これらは着いたばかりなので本当は2~3日落ち着かせてからのほうが本来の味になるはず、とのことでした。デリケートなんですね。
Sh380177
 それから、「不老泉」。3年後に赤ラベルになるお酒の無ろ過生原酒で、責め。搾って出て来た順番が最後のお酒って意味です。普通は、あまりよくないという評価なんですが、ちょっと違うわーこれ。原酒って感じがしないくらい、スッキリして軽く飲める。びっくりしました。タンクで常温熟成させているものは全然違ってた。
 こういうのが飲めるから、パンチさんとこに行っとかないとねwink
Sh380178
 平成8年の生の大吟醸「天保正一」。天保さん!!今、能登で何をしてはるんだろう……。13年経過して、なおフレッシュな印象を失わず、キレイさに深い幅が出ている。やさしい甘さが天保さんの穏やかな笑顔を思わせてほっとします。なんてすごいお酒なんだろう。
 パンチさんは「天保さんに飲ませてあげたい」とおっしゃってましたが、ほんと、たぶんご自身では残しておられないことでしょう。
Sh380181
 またまた、「不老泉」の「備前雄町」。
Sh380180
 右は中汲み。……って、せっかくのスペックがピンぼけでわかんなくなってるしcrying
 「雄町」の独特の甘味、ちょいと私には甘ったるいなあと思ってたのに、こちらは後口が辛くてキレまくりでした。
Sh380182
 パンチさんのお茶目な肴、今宵は生パイン山葵添え。泣きながら「???」でしたsmile
Sh380184
 それと、この濡れおかき?じゃなくって亀田の「ちぎれ餅」。これも不思議な食感で、お酒のアテになりました。おかきじゃなくてお餅。もっちりちぎれました。
Sh380183
 最後はこの2種類。左は、兵庫県の加西市の蔵、富久錦の「夢濾過あらばしり」です。もちろん「山田錦」。右は何だっけ、今年のだったと思うのですが、山廃純米、バランスがよくておいしかったです。山田錦、やっぱ美味しいなあ……。

 パンチさん、またすごいお酒ばかりありがとうございました!ちょこっとずつ味見させていただけてありがたかったです。


▼地酒BAR膳

京都市東山区祇園北側347-55番地 ぎおんグランドビル 一階 どんつき  
075-531-2507
お仕事 当分の間 PM 6:00~深夜  
不定休

このお店は10月末までの予定です。でも、次のお店の計画もしてらっしゃるのでご安心を。

|

« アケミさんアゲイン | Main | コスモスとガマ »

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アケミさんアゲイン | Main | コスモスとガマ »