« 信楽へのプチツーリング2 信楽産業展示館 | Main | 信楽へのプチツーリング4 銀の信楽狸 »

2009.10.17

信楽へのプチツーリング3 特別展 北大路魯山人

滋賀県立陶芸の森からの眺めは素晴らしい!信楽が一望できます。ここが日本の首都だった時代もあるんだよな~。それを思うとちょっとクラクラしそう。
信楽へのプチツーリング3
こちらは美術館の建物を見上げたところです。不気味なオブジェも陶芸。
信楽へのプチツーリング3
本日の第二目的は、開催中の展示会を見ることでした。!!「ー美と食の巨人が挑んだ世界ー」 「特別展 没後50年 北大路魯山人」(-会期:平成21年9月19日(土)~12月13日(日)-)です。
信楽へのプチツーリング3
 魯山人の食器類がたくさん展示されていました。欲しい!と思ったのは一閑張りの漆塗りの日月椀とか、備前の四角いお皿、酒器など。
 でも、普通の食器屋さんで選ぶ時みたいに「買いたい!」と思うものは自分が予想していたよりは少なかったです。なんか食器の主張が強すぎて……。
 それでも、所々に実際にお料理を盛りつけた写真が飾ってあるのですが、その写真は美味しそうでした。やはり料理との組み合わせを考えた上で作られたものなのでしょうね。

それと、今回衝撃の事実が!
2006413yushoku
何年か前に小川酒店で購入した、この右側の魚の付いたお皿が、魯山人の写しだったんです。
ミュージアムショップに写しの食器のコーナーがあって、そこに置いてあったのがもっと小さなお皿と、もっと大きなお皿でした。魚の絵も、色調もちょっと違っていましたが、全体は同じ構成です。

知らなかった~!

|

« 信楽へのプチツーリング2 信楽産業展示館 | Main | 信楽へのプチツーリング4 銀の信楽狸 »

日記2」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 信楽へのプチツーリング2 信楽産業展示館 | Main | 信楽へのプチツーリング4 銀の信楽狸 »