« 海老キター! | Main | 近江米めん カレーとナポリタン »

2009.12.06

ドラマを見ながら腹筋を

NHKの「坂の上の雲」、二回目も見てしまいましたー。

オトンが司馬遼太郎のファンで、新刊が出ると必ず購入していたから、ずっと実家の本棚に並んでいます。

今の時代、先行きに希望が見いだせないから、もっともっと貧しくて後進国だった明治時代の日本に光を当てようという意図でのドラマ化だそうですね。

見ているうちに製作者側の思うツボにはまりつつあります。

地方の下級武士の貧しい家に育ちながらも、実力で学校に行く権利をつかみとり、頭角をあらわしていく兄弟。
二人は「シンプルな生活」をモットーに、普段は赤貧洗うがごとく、それでも青雲の志を常に胸に抱いている。
日本のみんながエネルギーにあふれている時代。街角も田舎も、生命力がみなぎっている。

明治を舞台にしたら、「時代劇」になってしまうんですねえ。着物、言葉、なにからなにまで、今の日本とは違う。


ドラマの中のオトコマエ秋山兄弟を見ながら、腹筋とスロー筋トレをしたので、より充実感がありました!

阿部寛さん、ええなあ~heart04 深夜番組「TRICK」の怪しい教授役、大好きでした~!

あ、ドラマの間じゅうずーっと筋トレしてたわけじゃありません。10回1セットずつですから10分弱のことですcoldsweats01 「ながら」だとあまり苦にならないのでおすすめです。

|

« 海老キター! | Main | 近江米めん カレーとナポリタン »

2009年スクワットと笛」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 海老キター! | Main | 近江米めん カレーとナポリタン »