« 赤と金の箸置き | Main | 東京国立近代美術館 工芸館 »

2010.05.04

東京国立近代美術館 

記念に買ったお箸と箸置きを紹介したので、その流れで東京近代美術館の記事から始めることにします。

東京メトロ竹橋駅1B出口から徒歩3分。
194
竹橋を渡ると、そこには東京国立近代美術館が。
195
ほんまに竹橋だぁ。
196
お向かいは御苑。新緑が目にまぶしい晴天です。


2階から4階までがそれぞれ時代ごとの展示フロアになっています。いまは所蔵作品の「近代日本の美術」展前期が開催されていました。4階が一番古い明治・大正の美術 文展開設前後。それから下へ降りていくと現代へ近づく、という構成です。

そんなこととは知らず、私は2階から順に昇っていったので時代をさかのぼることとなりました。
200
現代美術って、苦手でした。ヘタに集中して鑑賞するとエネルギーを吸い取られ疲労してしまうからです。それよりは、美しいものを描き何を表現したいかわりやすい印象派あたりからそれ以前のほうが楽だから好きです。

でも、今回は現代アートがすんなり入ってきました。作品のチョイスにもよるのでしょうが、まるで毎日暮らしている世界そのもののような自然な感覚で接することができたのです。

特に何度も何度も見直してしまったのが、ブリジット・ライリ-さんの「賛歌」という作品。

とても大きくて壁一面の正方形。キャンバス地にアクリリックで描かれているのは、縞模様です。全面太さ1.5センチから2センチくらいのタテ縞なのです。息がかかるほどの距離で見ると、それは赤と緑と赤、赤と青と赤、青と緑と青などの組み合わせでしかありません。それが3センチくらいの白い縞と交互になっているだけなのです。

ところが、作品から離れていくうちにその色が派手なピンク、黄緑、オレンジ、紫などに変化します。

もっと離れると、まるで着物の帯の織物のような上品な色合いの縞模様に変わります。

驚いて再び近寄って見ると、やはり青、赤、緑、白の組み合わせに過ぎないのです。


計算された目の錯覚。その不思議さに、長らく近寄ったり離れたりを繰り返しました。
198
↑竹製のキリンが2階にも首を~!楽しい。

3階までは調子よくいろんな作品を鑑賞していけたのですが4階に入ったとき、疲労感に襲われ休憩することに。ここのイスはたぶんアーティストの作品なのでしょう。皮製で、座ると心地よいのでした。2階のテラス前でしばらく新緑を感じながらじーっとした後、やっと4階も鑑賞することができました。


アートを楽しむには、心身ともに余裕がある時でなければ無理ですね。

自分用の写真なら撮影は受付で申告しておけば、NGマークの作品以外はOK(確かフラッシュはダメだったはず。詳しくは受付でご確認くださいね)。そういう配慮がいいなあ。高校生以下は無料だし。
欲しいと言えば展示品目録ももらえました。

周囲の緑の多さも含め、また来たいと思える美術館です。

観覧料(所蔵作品展)
420円

あ、そうそう。現代の写真家の作品があり、そのクレジットに「近江高校野球部部員」という固有名詞を見つけました。北野謙さんの、その場にいた人数十人のポートレイトを重ね合わせて一人の肖像にするという連作「our face」のうちの一枚です。

東京のキャバクラ嬢29人を重ねた肖像、出羽三山神社八朔祭の修験者(山伏)60人を重ねた肖像など。目を重ねてあとはズレがあるのですが、一人の人の顔になっている。不思議な存在感です。これもおもしろかったなあ。(前期のみ展示)


もうひとつ、追加。
音声ガイドの貸し出しもあったのですが、自分のペースで見たかったので借りませんでした。その代わり、フロアごとに置いてある下敷きのような資料。セルフなんとかという名前で、学芸員さんからの「この作品だけは押さえて!」という作品がいくつかピックアップしてあり、鑑賞ポイントを書いてあるのを見ながら回ることに。

これで、ぐっと作品群の中にまで入り込みやすくなりました。パウチしてあって、見終わったらまたボックスに戻しておくシステムでした。


|

« 赤と金の箸置き | Main | 東京国立近代美術館 工芸館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

私も4月末の横浜行きの際、時間があったので東京国立近代美術館に行きましたよ~。
キリンさんはまだ胴体あたりしか出来ていませんでした。こうなったのか・・・
意外なマッチングでおどろきました。
「our face」たのしかったですね!
私は、詳細は覚えてないですが、菖蒲の絵に感動しました。

Posted by: きたい | 2010.05.05 at 11:38 PM

きたいちゃん

キリン、まだ組み上がってなかったのですか?残念でした。見事でしたよ-。

目録によると「菖蒲」の絵は徳岡神泉さんのものですね。印象的だったので覚えています。だって、ほんまに霧雨に濡れているように見えたから!!

もうひとつは、蓮。これも蓮の葉の水玉がリアルでした~。

Posted by: あひる@地酒 | 2010.05.06 at 12:22 AM

皆さんGWはお上りさんだったのですね~♪
近くにおりながら声掛けもせず申し訳ありませんでした。

Posted by: ナベ | 2010.05.06 at 11:18 AM

ナベさん

あら、ナベさんも東京方面にお出かけなさってたんですか?

まさか東京ですれ違ったりしてないでしょうね~happy02

今度は三本会ですね!!

Posted by: あひる@地酒 | 2010.05.06 at 04:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 赤と金の箸置き | Main | 東京国立近代美術館 工芸館 »