« きのこの山…だったもの | Main | 今日のお弁当 »

2010.06.14

はやぶさの最期に『男おいどん』(SF編)を見た

つい先日、ついったーのHayabusa_JAXAさんをフォローし、大気圏に再突入とかリアルタイムでつぶやきを読んでました。すごく身近に感じられ、「はやぶさ」がんばれ!みたいな気持ちに。

2010614ster
「はやぶさ」は大気圏に突入して美しい流星となった。
(この写真は、流星ではなく彗星ですけど)

その映像を朝のニュース番組で見ながら
松本零士の『男おいどん』のSF編の最後のシーンを連想してしまいました。

本編とは別のSF編で未来社会に生きる主人公は『男おいどん』の大山昇太の子孫。同じような容姿をしていて同じような四畳半に暮らしている。
しかし地球はもう末期的だというので、 選ばれた人だけがこっそり宇宙へ脱出する計画が実行される。

主人公はさえない青年なので地球に残され、置き手紙で真実を知る。
主人公が密かに心を寄せるスレンダーで高学歴な美女は、脱出組だったが 最終的には主人公と地球で生きることを選び、地球の外に出た時点で一人小型の宇宙船に乗り地球へ向かう。

ところがその宇宙船は故障していて大気圏で爆発。美女は主人公の名を呼びながら星となる。

主人公はその星を見上げて
「おお、流れ星が自分を祝福してくれている!」と(博多弁で)つぶやき、 地球での新たな生活へ旅立っていく……。


小学校の頃、近所の散髪屋さんで読んだ少年漫画雑誌。
このお話の終わりが切なくて子ども心に忘れられませんでした。
宇宙船が燃えて流星となるシーンは、 まさに「はやぶさ」の燃え尽きる映像そのものでした……。


#すみません、めちゃめちゃ古い話です。『男おいどん』は全巻持ってましたが学生時代オカンに廃棄処分されcrying記憶があいまいです。間違っているかもしれません。

|

« きのこの山…だったもの | Main | 今日のお弁当 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« きのこの山…だったもの | Main | 今日のお弁当 »