« くるりと秋の雲 | Main | オーストラリアのカンガルーQP »

2010.11.07

第22回 赤米講演会と試食会 野洲銅鐸博物館

野洲市にある、ドウタクくんのふるさと、銅鐸博物館からお声かけいただき、滋賀の日本酒についてお話をさせていただくことになりました~。ぜひ、おいでくださいませ。

2008510y2
(これは、ゆるキャラ運動会の時のドウタクくん。今回、ドウタクくんはたぶん来ません)

▼以前に行った時の銅鐸博物館の記事
------------------------------------------

第22回 赤米講演会と試食会 

日程:11月21日(日)14:00~16:00
演題:近江の地酒と米
講師:家鴨あひる(滋賀の日本酒を愛する酔醸会)
会場:銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)
料金 : 大人200円、高大生150円、小中学生100円
問:077-587-4410

※野洲市民の入館は無料
※講演後、弥生の森歴史公園で収穫した赤米を試食。当日受付、定員120名(要入館料)


当日は、画像を使いながら、近江のお米を使った日本酒造りや、酒米についてなどを説明します。

身近に田んぼを見ていても、どんなお米を栽培しているか、知らないまま通り過ぎていることが多いのではないでしょうか?

酒造りに使われる米を中心に、日本で長い時間、研究を重ねられ、愛されてきた日本酒は、お酒だけ切り離して考えることはできません。

材料の米、水、農業、酒器、食事、祭事など、日本の生活文化と密接にからみあって今日まで生き残っているのです。

そんな日本酒について、少し知るだけで、食の世界が広がります。

お気軽にお越し下さい。

|

« くるりと秋の雲 | Main | オーストラリアのカンガルーQP »

これからのイベント情報」カテゴリの記事

滋賀の地酒」カテゴリの記事

Comments

畑の裏の博物館ですね・・・一度行きたかったので、良い機会と思ったのですが・・・残念ながらその日は大阪にいませんweep

Posted by: マック次郎 | 2010.11.09 at 04:05 PM

マック次郎さん

そうです、裏手にある博物館です。

残念、ご不在ですか。
これから敷地内のライトアップもされますから、畑仕事の終わりを少し早めにして行ってみられては。

Posted by: あひる@地酒 | 2010.11.09 at 05:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« くるりと秋の雲 | Main | オーストラリアのカンガルーQP »