« 藤陶 | Main | 嵐の後の夕暮れ »

2010.12.03

陶芸家・安見勇人さん

今日、信楽の藤陶さんに伺ったのは、大好きな器を作っていらっしゃる作家さんを訪ねるためでした。

藤陶の藤田さんが、連れて行ってくださいました。

安見さんの作業場には、完全品と、釉薬をかけている最中のものとが、いっぱい並べてあります。
陶芸家・安見勇人さん
雲と波とが白い粉引きと青い釉薬で描かれ、酒を注ぐと動くように感じる、とか、厚みのある縁が柔らかくて口触りのよいこと、ぐい飲みが私の手にジャストフィットすること。

いつも、いいなあと思いながら使っています。
陶芸家・安見勇人さん

作品の好きなところを安見さんに直接伝えられ、とても満足しました。

絵は奥様のご担当だそう。素敵なコンビネーションですね!

安見さん、藤田さん、ありがとうございました!

|

« 藤陶 | Main | 嵐の後の夕暮れ »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 藤陶 | Main | 嵐の後の夕暮れ »