« 旬鮮味処 かつら | Main | 弥生にお別れ »

2011.02.28

お帰りなさい「日置桜の会」

マック次郎さんが無事帰還され「帰りました」の会をされました。

場所はいつものさらむむさん。たっぷり量のある、新鮮な魚介類を堪能しました!
457
お酒のラインナップはこちら。壮観!
459
まずはこちらから~。
460
豪快刺身。盛り盛りの盛り。
クエの味は忘れられません!分厚く切られた白身。甘くて、弾力があって。もっちもちheart04夢のような味でした。さすがハタ科だ、とわけのわからない納得をした私。
463
ギンギラギンと呼ばれたラベル。
「強力」と書いて「ごうりき」と読む酒米は鳥取県の酒造好適米です。これも、とても丈が長くて倒れやすい米らしい。あの夏の酷暑にもかえって無農薬(無化学肥料だったか?)の米は、作柄がよかったのだとか。改良された種よりも原種に近いと強さがある、と聞き、なるほど~。

など、いろんな話を聞いたはずだがあまり覚えてないなあ……。
464
これ、人気でした。
ほかにも活性にごりもおいしい。もうひとつのにごり、燗したらちょっとにおいが好きじゃないけど。
465
スズキのカマ焼き。
466
シマアジのカマ焼き。
467
タイのアラの酒蒸し。
468
カツオのたたきサラダ。
469
粕汁。粕自体のおいしさ。「美味しい!!」しか言えなかった。
470
人影もない時間になって帰りました。さらむむさんの店の外観です。

お酒はみんな、魚にあってて飲み飽きない。
魚は脂がのって、カマ焼きは特に骨の回りをしゃぶる。その舌に残る脂を燗酒で洗い流す。すっきりする。また魚を食べる。飲む。エンドレス~bottle

マック次郎さんが燗を次々に繰り出してくださり、贅沢にどんどん飲みました。なんか、最後に残った酒から考えると、一人5合以上飲んだことになるらしいcoldsweats01

今回の参加者は、おひとり(スタッフ)を除いて一度はご一緒したことのある方でしかもかなり日本酒のお好きな方ばかりです。くつろいで、楽しくおしゃべり。ほんまに、ご無事でようお帰りでした。マックさん。こちらにまでこんな福を分けてくださって、ありがとうございました!
ご一緒の皆様も、ほんまにありがとうございました。

さらむむ
大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10番 B-0205
あべのベルタ 地下2階 TEL06-6649-7309
地下鉄谷町線 7番出口・ベルタ連絡口より2分

営業:  昼AM11:00~PM2:00 夜PM 5:00~PM11:00 水曜日は昼のみ
定休:日曜日

473
帰りの時間は結構遅くまである琵琶湖線。うちに楽勝で帰ってきた、と思ったらその電車が最終だった…shock

|

« 旬鮮味処 かつら | Main | 弥生にお別れ »

おいしいもん2」カテゴリの記事

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

遠くからのご参加、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした~。

自分で「帰りました」の会をするのも何だかなあとは思いましたが・・・山根社長や蔵の出荷担当の方から、かなりレアなお酒を色々頂いて(しかも従業員割引適用!)、ひとりで味わうのがもったいなくて・・・(笑)

日置桜は、どのお酒も魚介類に合うと信じてましたので、さらむむで味わうのがベストと思いましたが、予想以上でした。
皆さん、こんなに飲む人だったっけ?と思うほど、見事な飲みっぷりでした。

Posted by: マック次郎 | 2011.03.01 at 03:01 PM

マック次郎さん

ほんま、レアなお酒と聞いてても、全然遠慮しないし、特別ありがたがらないでどんどん燗でいただいちゃいました。

ほんまに贅沢な時間でした~heart04

確かにおうちでちびちび一人で飲むよりも、ずーっと美味しく飲めたと思いますhappy01 お蔵の皆様にも感謝shine さらむむさんにも感謝shine スタッフさんのサービスにも感謝ですhappy02

Posted by: あひる@地酒 | 2011.03.03 at 04:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 旬鮮味処 かつら | Main | 弥生にお別れ »